記事一覧

石橋記念公園

ファイル 2528-1.jpg鹿児島市浜町の10号鹿児島北バイパス沿いにある公園。

石橋というと大分から熊本、そして長崎あたりのイメージが強いけど、鹿児島にもあるんだ、、と気になったトコで丁度バイパスで対向車も来てなかったので咄嗟に立ち寄ってみた。

鹿児島市内には江戸時代末期に城下整備として架けられた「甲突川の五石橋」という五つの石橋があったけど、平成5年(1993)の集中豪雨でそのうちの二つが流失してしまったそうだ。そこで残る三橋を文化遺産として残そうと川から移築したのがこの公園なんだそうだ。へー。
手っ取り早く三つの橋が見れるスポットとはありがたい。

さっそく傘さして歩いた。
連休で市街の歴史的観光スポットなんか混んでるかな、、と思いきや駐車場も公園もすいててガラガラ。雨だからねぇ。

まず最初にあったのが「西田橋」
案内板もかなり細かく見やすく解説。お金かかってるねぇ。
この橋は橋長49.5m幅員6.2mの一番幅広の四連アーチ橋。弘化3年(1826)に石橋に架け替える前にも木造の橋で架かってて、欄干の青銅擬宝珠はその頃のもの使ったそうだ。
その横にあった無料の「石橋記念館」は後にして先に橋を渡ってみた。

ファイル 2528-2.jpg

キレイでどっしりした橋。なぜか欄干に停まった鳩も背筋のばしていい姿勢。鹿児島の鳩はりりしいなぁ、、っていうかどっかで雨宿りしなよw
この橋は移築するまで現役の市街の道だったらしい。けど、車の通行は無理だよねぇ。車で通れたなら移築する前に通ってみたかったなぁ。(1993年以前じゃまだ九州には来てなかった時期だわ)

橋を渡るとその先には立派な門があった。
これは番所でもあった「西田橋御門」橋の左岸にあった門だけど西南戦争で消失。。写真や遺構を元に、橋からの距離も忠実に復元したものだそうだ。へー。
ちょっと雨宿り。(門の下に鳩がいないのが不思議だった)

ファイル 2528-3.jpg

門を抜けると公園の裏には川があって橋が架かってた。この橋は普通の連絡橋。対岸の先にも公園が続いてるので渡った。
川っていうか、こっちは埋め立て地っぽいから海になるのかな。いや淡水魚のコイが泳いでたから川かな。
っていうかまたここでも浅い水位で背中を出した巨大なコイが泳いでた。(川の水面の写真だと雨の降りがわかりやすいね)

対岸側の真ん中にあったのが「高麗橋」
西田橋より細めだけど5mながいスマートな橋。渡ると石の面も平らでつなぎもきれいだった。

ファイル 2528-4.jpg

この橋は何度も改修され自動車にも対応させたりして原型から変わっていたそうだけど、移築時には明治時代の姿に再現したそうだ。(車で通れたのかー)

そしてこの公園は石橋だけではなく、「祇園之洲砲台跡」という台場跡でもあった。やっぱりこの目の前はもう海だったんだ。
祇園之洲砲台は薩英戦争で英国艦隊に砲撃した砲台の一つ。「たった一度の実戦」なんていう題の案内板があったけど、国内の台場で実戦を経験してるのは薩摩と長州だけなので、図らずもそういうトコに寄れて嬉しい。
この砲台の目の前で英国軍艦のレースホース号が座礁したそうだけど、この砲台も破壊されてて砲撃できず、陸戦に備えつつ曳航されて引き上げる敵艦を眺めてたそうだ。

ファイル 2528-5.jpg

園内には「薩英戦争記念碑」や「西南の役官軍戦没者慰霊塔」などもあり、立派な傘の開いた松の木にはなぜか名前も何もなかった。
それと「岩永三五郎之像」。
この岩永三五郎氏が全部の石橋を設計して工事を指揮した肥後の石工。なんと橋だけでなく水田開発、水道、道路、港の護岸に河川改修までやったすごい人。一族で九州各地に190以上の石橋を架けたそうで、皇居の二重橋は甥が架けたものだそうだ。すげー。(ちなみに岩永三五郎の代表作のひとつという熊本の「聖橋」って四年前に行ったトコだった!

そして公園の一番端にあったのが「玉江橋」
これは公園の外の10号バイパスの方に架かっていた。こっちは海だよね。なんか他の二つは公園内なのにこれだけは外に架かってて雑な感じがしたけど、ある意味現役でもあるので橋的には嬉しいかも。

ファイル 2528-6.jpg

この橋は五つの中で一番上流に架けられたそうで、城下町の郊外の為か建設費も格段に少なく、幅は細めで造りもやや粗末な実用橋だそうだ。
たしかに橋の上の石はボコボコでびしっと並んでおらずに間あいてる。でもこういう方が今日みたいな雨の日には滑らなさそうで歩きやすいし、石の隙間を見ると黒い灰で埋まってて桜島火山の灰の街たる鹿児島らしさを見れた。自転車とか車とかでは渡りたくないけど歩くなら一番いいかも。

そして、公園の裏の小山の上には東郷元帥の銅像があるそうだけど、そこは「多賀山公園」という別の公園なので行く気はなく引き返した。(眺めよさそうだから天気いい日じゃなきゃねぇ)

さて、最初の西田橋まで戻った。
雨は本降りながら充分濃い内容の公園で満足だったので橋の脇にある「石橋記念館」は別に行かなくてもいいかな、、と思って駐車場に向かってたけど、やっぱりトイレがてらちょこっと見てみるか、、と入館。
円形の館内メインルームは大きなガラス窓で目の前の西田橋がよく見えた。あー雨のときはこんな感じで見るだけでもいいのかなとも思えた。
あとはパネルなどの展示で石橋や鹿児島の歴史や風土を軽く解説。パーッとみてまわって、気に入ったのは安政6年の地図を元に往時の石橋の位置や城などの見所に模型を置いたジオラマ。これはかわいらしくて面白く見れた。

こんなとこかなーと帰ろうとしたら受付の女性に「一階が展示のメインになってますので宜しければ見て行ってください」と声をかけられた。この建物は公園からの入り口が二階で、建物内の螺旋の階段で一階に下るのがコースらしい。
また階段上って戻るのめんどくさいなぁ、、とか思いながらもわざわざ声かけてもらったので素直に下ってみた。

ら、
なかなかちゃんとした展示で力入っててすごかった。

ファイル 2528-7.jpg

とくにメインはジオラマ模型。
ジオラマが好きな僕は感激するくらいの凝った模型で、鉱山での石切から始まってい石橋ができるまでの工程を順繰りに作られた大ジオラマ。
もちろんパネルの解説や道具の展示やVTRも等身大の石を割る人形もわかりやすく面白かったけど、やっぱりジオラマだなぁ。見入っちゃった。これで無料は凄いなぁ。

一階に下りてきてよかったし、一番最後にこれが見れてよかった。橋に歩く前にこれを見てたらもう満足して雨の中歩く気がしなかったかもしれないww
二階に戻って受付に「すごく良かったです」とか声かけて出た。

タグ:観:橋 観:園 観:門 観:史 観:像 観:館 観:模 動:鳥 動:魚 植:樹

元祖中川家

ファイル 2527-1.jpg鹿児島市吉野町の錦江湾磯海岸前にある餅菓子店。

10号の渋滞を抜けてそれてみた海沿いの道で何軒も見かけた「両棒餅」の看板が気になってて、停めやすそうな駐車場で咄嗟に寄ってみた店だったんだけど、どうやらここが元祖の店だったらしい。ナイス。

一応どんなものか店先に立ってた店の人に聞いてから中に入った。
「両棒餅」はこれで「ぢゃんぼもち」と云うそうだ。

店の中は正直に言えばあまり片付いてないごちゃっとした感じで昭和な感じの色々並んでる感じ。
奥には座敷があり手前がテーブル席。座敷からは駐車場越しに海が見えそうだったけどどうせ天気も悪いので楽なテーブル席に着いた。(後からきた子供連れが座敷に上がってたのでそっちにしなくてよかった)

ファイル 2527-2.jpg横上には昔の店の写真があった。いつごろだろうか。その写真の頃から改築してない店舗なのかな?形は同じに見えた。

そして「両棒餅」の由来の書かれた紙も貼ってあった。
元々は谷山という地域の名物で島津の殿様に献上してたもので、二本差した竹楊枝が侍の刀をあらわしてるそうだ。
それを明治10年の西南の役の後にこの磯で再現して作られるようになったそうだ。
ってことはこの店は140年前くらいの創業ってことか、、

その「ぢゃんぼもち」思ったよりも一皿に沢山のってて、空腹だったからうれしかった。

ファイル 2527-3.jpg

みたらしの餡はそんなに甘さ強くなく程よい感じ。
焦げ目ついた餅の柔らかさもいい感じでパクパクペロリと平らげた。おいしかった。
そして添えてあったたくあんも何気においしかった。

会計の時に「全部たべられましたか」と店の人に言われ「おいしくてペロリでした」と返しついでにちょっといろいろと聞いてみた「ぢゃんぼ」は両棒の「りゃんぼう」がなまったものだそうだ。
そして厨房をチラッと見ると、ちゃんと餅をひとつひとつ網で焼いていた。そういう所もいい感じ。

ファイル 2527-4.jpgそして駐車場では前の海を眺めてから出発した。
桜島は裾がちょこっと見えだしてたけど、また雨が降ってきちゃった。。

天気悪い上に渋滞に紛れてた後でやっと気ままに寄れた所が、昔からのおいしい名物で大満足。道を逸れて良かった。

タグ:餐:餅 景:海

中茶屋公園

ファイル 2526-1.jpg霧島市福山町福山の県道沿いにある公園。

504号にあった「黒酢のつぼ畑」という案内が気になって折れて進んでみた県道の坂を下り始めて丘の中腹にあった公園。
ターンして504号に戻ろうかなとか思って駐車場に入ったんだけど、何やら展望台っぽかったので、ここから壺畑が見下ろせるかな?と思って車を停めて降りてみた。

で、まず公園で気になったのが手描きっぽい「戦国時代の福山」という案内板。(昭和製かなと思ったけど平成5年と書かれてた)
ここは島津と肝付との戦の発端の「竹原山の戦い」の古戦場で島津忠将の陣があった場所だそうだ。険しそうな戦場だよなぁ。
欲を言えば戦いの経緯などの文章もあったらいいのになぁと思った。

公園の入り口の看板には「日本百景展望所 錦江湾・桜島を一望に」とあった。
この場所がというか錦江湾そのものが日本百景なのでちょっとまぎらわしいけど間違いではない。

それと夫婦イチョウの石碑があった。
文字が読みづらかったけど親子孫二代の夫婦イチョウだそうで、とくに立派なイチョウの樹は見当たらず、親の樹が別の場所にあるらしい。

ファイル 2526-2.jpg

で、その眺望。
桜島が正面(やや左)に見えてる筈らしいけど、もう完全に雲に隠れてカケラすら見えなかった。。残念。

ファイル 2526-3.jpgでも手前の海や入江は見えてて、高く眺めのいい場所に立ってるんだというのは分かったのでまぁいいか。おもわずひさびさのTS。

そういえば「黒酢のつぼ畑」というのも全然見えなかった。(グーグルマップで見たらすぐ下に壺畑があるので、少し下に下れば見えたのかもしれない。。けど知らなきゃ下らないよね)

ってわけでちょっと空振りの寄り道だった。天気悪いから仕方ない。

タグ:観:園 観:史 楽:眺 景:海

高隈ダム

ファイル 2525-1.jpg鹿屋市下高隈町古園の504号沿いにあるダム。

雨のドライブでテンション下がってて、もうどこかで車停めて一休みしようと思って寄ってみた場所。
駐車場という駐車場は無く、三日月湖のように廃道になったカーブの奥の区間が駐車帯代わりって感じになってて車を停めた。

で、最初は車から降りる気は無かったけど、やっぱりせっかくなので傘さしてダムを見た。
少し霧がかった谷に直線的に聳えてて放水してる感じも良く、上部の配色も洒落ていた。

そして水たまりをよけながらダムの管理事務所に行ってみた。
ダムカードとかあるかなーと思って来てみたけど入り口には何も張りだされておらず、中にはノコギリで木材を切って何かを作ってる人がいた。
「あのーダムカードってありますか」と入って聞いてみると「どこできいてきました?」とガサゴソと業務用包装紙に包まれたカードを取り出してくれた。
このダムは実は昨日からカードを配り始めたんだけど、まだ告知はしてなくて、配ったのは僕でまだ二人目なんだそうだ!

ファイル 2525-2.jpg

ってことはダムカード集めてる九州の友達のくにさんもまだ持ってないカードかぁ!いえーい。
とか浮かれてダムとの写真撮って友達にLINEした。

そしてダムを見つつ湖も見た。
湖は「大隅湖」。高隈湖じゃないんだね。雨でパッとしない眺めではあるけど湖上にはボートが沢山浮いていた。(なんか中腰で漕いでるからSUPっぽいんだけど、カヌーっぽい大きさなんだよね)
そういう濡れても平気なアクティビティなら雨でも楽しめるのかな。いやぁでも強い雨だとさすがにヤだよねぇ。

ファイル 2525-3.jpg

あとは車でのんびり。SNS休憩。
15分くらいのんびりして雨も弱くなったので出発した。

タグ:観:堰 観:船 楽:証 景:湖

雄川の滝

ファイル 2524-1.jpg錦江町田代川原の雄川上流にある滝。
実は全然予備知識なく、案内を幾つも見かけたし、地図で見たかぎり山を登らなくても行けそうな場所に思えたので来てみた。

広い駐車場にはこんな雨の朝にも関わらずパラパラと停まってる車があって、来る道が狭くてあやしかった割には人気の観光地らしく思えた。(逆にあまりに観光地っぽすぎてたら気が引けてたかもだけど)
そしてそんな駐車場から見る谷の岩が聳えた景色が雨と相まって密林っぽい雰囲気でかっこよく、思わず写真撮っちゃった。

さて駐車場の写真とは逆方向の谷の奥が滝の方向。
ここからの散策路には「滝まで1,200m」とあった。1200かぁ、、少しあるなぁとは思ったけど、傘さして戻ってきてた観光客も幾人もいたので傘さして歩けるような道ならそんな苦でもないか、、と思い、歩き進んでみた。

道はずっと舗装されてて歩きやすく、勾配も少なく楽な道だった。
谷は木々を伐採してた区間でよく見えて聳える岩を見上げたり、先に架かる広域農道の橋(そっちから下る道は無いようだ)を見たりして歩いた。
道の脇にも変な洞穴があったり「飲めません」とある水が流れ出したりしててわりと変化あって飽きず、雨も強くはならずにゆっくりと進めた。

ファイル 2524-2.jpg

橋で1/3くらいかな。その先少し道は細くなるけどコンクリの道だし、川も近くなってカジカガエルの鳴き声がよく聞こえた。
カエル見つけられないかな、、と周りを見ながら歩いたけど無理だった。

川は曲がってたので先は見えてなかったけど残り1/3くらいで滝が見えた。
そして傘さしてゆっくり歩いてても20分はかからずに滝に到着。歩くのはともかく蒸し暑くて汗かいた。

ファイル 2524-3.jpg滝の手前にはしっかりした木造の観瀑台が立っていた。
登ってじっくりと滝を見た。

物凄い水量の堂々とした太い滝。まさに雄の川の滝。ふとかー滝じゃっどな
その勢いに圧倒されつつ、弧を描いた崖の下に滴るように落ちる幾筋もの小さな滝も素敵でいい感じで見入った。

ファイル 2524-4.jpg

先に来てた人が去り、次の人が来るまでゆっくりしてようと思ったけど、来なかったので10分ほどのんびりして引き返した。

普通は行きより戻りの方が道を判ってる分とよそ見しない分早く通り抜けるもんだけど、ここでは戻りの方が更にゆっくり周りを見て(カエル探して)歩いたので時間かかった。
なので竹林区間では立派な竹の子がニョキニョキ伸びてるのも気がついた。

足元の草には泡みたいなのが付いてて、これはアオガエルの卵かな?ならば近くにいるよな、、なんて思って目を凝らしたけどいなかった。(そもそもそれはカエルの卵ではなくアワフキムシの巣だそうだ、、)
なーんてやってて、雨も行きより強くなって来たので滑らないように更にゆっくり歩いて25分かけて駐車場に戻った。

ファイル 2524-5.jpg

遊歩道入口にあった貼紙を見てみたら、滝の水量が多いのは「上流の発電所の改修工事で堰が開放されて天然の水量がそのまま流れ込んでいる為」だとあった。
そして「その為に滝壺の水はエメラルドグリーンに見えない」そうだ。あーここは水がキレイなスポットだったのね。知らないで行った上に雨だからそんな期待はハナからなかったし、むしろ本来の自然な姿で迫力を楽しめたので満足だった。
ちなみに堰の開放は6/5までの予定だそうだ。調整されて造られたブルーの綺麗な滝がいいか、自然の迫力ある滝がいいか、、それも好みなのかな。
(ちなみに、帰ってWebで見てから知ったけど、この滝って去年の大河ドラマの「西郷どん」のオープニング曲のバックで流れてた映像の滝だったんだね。大河はずっと見てたのに全然気がつかなかったわ。。 動画を見てみたら確かに水量チョロチョロのキレイな滝だった。でも崖の高さはそのままだし、崖の下に滴るような部分も映ってて「コレ!コレ!」と嬉しくなった。)

車に持ったのが9時。駐車場には車が数台しか残ってなかった。あれ?戻るときも4、5組くらいはすれ違った筈だけどなぁ、、(みんな手前に停めてたので自分の車だけで写真撮れたw)
そして、ゆっくりしたつもりだったけど一時間ほどだったのか。
でも雨の朝ながら気まぐれでの観光散策でたっぷり密林っぽい雰囲気と滝の迫力を楽しめて満足。
汗をぬぐって地図見てゆっくり出発した。

タグ:景:滝 景:谷 景:川 景:崖 景:森 楽:歩 観:橋 観:ロ 植:樹

栄養軒

ファイル 2523-1.jpg宮崎市江平西の宮崎神宮前の県道沿いにあるラーメン店。

ここは十年前(09/9/22)に来て以来の二度目の立ち寄り。
おいしかったから是非また来たいとずっと思ってた。
けどやっぱ九州でラーメンと言ったら博多や久留米や熊本が有名だし(僕は熊本が一番好き)宮崎と言えば「チキン南蛮」とか「肉巻きおにぎり」とか食べてみたかったものが他にもあって、、
っていうか、そもそも宮崎市街に来たのがその十年前以来なので、むしろ完全なリピート率ではある。

駐車場は店頭の貼紙で道の向かいにあるのがすぐにわかり楽に停められた。(けど、店の前に停めてもよかったね、、)
鳥居を見上げつつ県道を渡って店に入った。

ファイル 2523-2.jpg半端な時間だからか店内はすいてて、悠々とカウンター席に着席。
普通にラーメンを注文。メニューには「メンデラ」とか「肉デラ」とかあってデラって何だろうかと気になったけど、まぁデラックスのデラで大盛のことかな、、と理解できた。(デラべっぴんのデラだよねw)

そして待ってたら先に蓋をしたアルマイトカップが差し出された。
何かなーと蓋あけて覗いたら擂ったニンニクだった。

ファイル 2523-3.jpg

んーやっぱおいしい。
あっさりして甘みある豚骨だけど、ラードっぽさがイイ味でとてもいい。チャーシューもいい食感の肉で、これなら肉デラでもいいなぁと思えた。
麺は縮れてないものの九州らしくは無い印象のモチモチ麺でおいしく啜れた。
後半はニンニク投入して変化つけて楽しめた。
実は定食食べてからまだ二時間も経ってなくて、そんなに腹減ってなかったんだけど汁まで完食。満足満足。

宮崎ではここでしかラーメン食べてないけど、他の店もこういうラーメンなのかな?次回は別の店にも行ってみようかとも思うけど、やっぱりここに来そうだな。(っていうか次に宮崎に来れるのはいつだろうね)

タグ:餐:ら

鶴松館

ファイル 2522-1.jpg宮崎市佐土原町上田島にある佐土原城跡の歴史資料館。

手前で「城の駅」っていう案内を見かけて、なんでもかんでも「駅」をつけるトコ多いけど「城の駅」というのは初めて見かけたので、気になって来てみたんだけど続きの案内がどこにもなくて、取り敢えず城跡に来てみたらいいかなと思って来てみたのがこの佐土原城跡。

なんか建物があって門が開いてたので4時半だけどまだやってるのかな?と思い傘さして歩いた。

したら、
ちょうど4時半で終わりだったようだ。けど、門のところで手招きされたのでギリギリ入れてくれるのかな?と思って入ってみた。
その管理人さんに「スタンプですよね」
と云われ、城のスタンプ集めてる人だと思われたらしかった。。
スタンプブック持ってないし、素直にちょっと気まぐれで寄ってみただけだと言ったら、ここのパンフをくれた。

ファイル 2522-2.jpg

佐土原城は古くからある山城だったんだけど、江戸時代に山の上の城郭を破棄して麓の此処に館を建てて城とし、佐土原藩庁としてたそうだ。
で、ここにある「鶴松館」はその二の丸御殿(山上部の本丸は破棄してるから実質は本丸御殿)を木造復元したものだそうで、入館無料の歴史資料館。
うわー30分早く来たかったなぁ。。と、軽く後悔。

管理人さんに話を聞いてたら後からも人が来て、また「スタンプですか?」と聞いてたけど、その人もスタンプではなく、「大きなイノシシがうろついてますよ」と知らせに来てくれた人だった。

門を出てみると、少し離れてはいるけどよく見えるくらいの駐車場の外で、おとなしく草をまさぐってまわってるイノシシがいた。

ファイル 2522-3.jpg

管理人さんの話ではよく現れるらしく、門の中にも入って来たりするので警察や市に対応を求めているんだけど、警察では人的被害が出ないとまったく相手にされず、市からはイノシシが嫌う臭いの薬剤を渡されただけだそうで「何かあってからじゃ遅いのになぁ」と嘆いていた。

さてところでそういえば「城の駅ってどこにあるんですか」と聞いてみたら前の道の向かいだと言われた。ああやっぱりこっちであってた。

ファイル 2522-4.jpgってわけで車でちょこっと移動。
(っていうか、この佐土原城跡歴史資料館の駐車場内にあればよかったのに。。こんな広い駐車場がいっぱいになる事は無いだろうし観光的にもわかりやすいし)

「城の駅」はまぁぶっちゃけ普通の産直店。外見も店内も普通。
少しだけ佐土原城の紹介や鎧兜が飾ってあったりはするものの、別に城好きが集まる要素とか、城っぽいグッズや商品とかは無かった。まぁそんなもんかとは思ったけどね。
「城の駅限定しょうがソフト」というのを見かけて食べようかと思ったら、生姜ジュレ完売でしばらく販売中止だとか、、11月から再販予定って、、季節無視かい。

って感じで気まぐれながら空振りの寄道ではあったけど、イノシシ見れたからいいかな。

タグ:観:城 観:建 楽<残 動:獣

道の駅 つの

ファイル 2521-1.jpg都農町川北の10号沿いにある道の駅。

4年前に友達のくにさんに案内されながら九州をまわった時にも寄った道の駅。
そのときは朝のトイレ休憩だけだったので点景にはしてなかったかな。
今回は手前の道の駅で食事出来なかったからここならどうかと寄ってみた。

ファイル 2521-2.jpg店の前には都農神社の「イシモチシンジ」の石が置かれてた。
この「石持ち神事」というのはこの石を持って都農神社へ行き、願を掛けて納めお参り作法だそうだ。
日向国一之宮都農神社、、行ってみようかなとも思ったけど、雨降ってたからヤメた。

店に入ると、ここはバッチリ、食堂コーナーにはうどんと定食の店と海鮮系丼の店の二つがあって券売機のメニューに売切れは無く営業中だった。

ファイル 2521-3.jpgやったここで食事だ!とは思ったもののどれ食べようか目移りして迷いまくった。
もう今日はうどんは無いけどやっぱり宮崎だからチキン南蛮も食べたいし(ここはシイタケ南蛮がウリだったらしい、知ってたらそれにしたかも)
まだ今回のドライブで海鮮系は食べてないからそっちも惹かれた。海近いし。(こっちの店はウニがうりだったらしい。宮崎でウニってイメージじゃなかったけどここらは獲れるそうだ)

で、やっぱり海鮮系の方にしてウニとかイクラとかある中で「漬け定食」にしてみた。こういうのがおいしい店はいい店だよね。

ファイル 2521-4.jpg

思った通りばっちりおいしかった。
漬けの特製甘ダレの味もよく、マグロも意外と沢山でたっぷり楽しめて、最後にトロロめしにも残った甘ダレかけておいしく食べれた。満足。
今回の連休でやっとまともなご飯を食べた気がした。(ずっと麺だったからね)

やっぱ食事おいしいと雨で下がった気分も回復するわ。
食後に調子に乗ってこの道の駅限定のトマトソフトを食べちゃった。

ファイル 2521-5.jpg

ら、これは聊か蛇足だったかも。。
ちゃんとしたトマトの味で青臭さまで表現されていて「あ、僕はそんなにトマト好きな方じゃなかったんだっけ、、」と思い出させられた。
一本さしてあった「トマトひねり揚げ」はおいしかったので、それを袋で買った方が利口だった。

回復した気分がやや戻っちゃった。。
雨はまだまだ降り続いてて、この先もどう進むか考える気にもならずに取り敢えず出発した。

タグ:食:定 餐:魚 観:宮 道の駅

道の駅 日向

ファイル 2520-1.jpg日向市幸脇の10号沿いにある道の駅。

ずーっとまえに一度寝たことのある道の駅。
それと裏の日帰り温泉にも友達と来たこともあったけど両方とも夜で、店が開いてる時間に寄ったのは初めてかな。

やっぱりここも混んでて、停められなかったらスルーのつもりだったけどのつもりだったけど、すんなり停められてラッキー。

で、ここらで食事できたらなーと店をのぞくと、美々津産の日向名物「ちりめん丼」というのが気になって、それ食べてこーと思ったけど、売切れ。。っていうか丼物やご飯ものは全部売切れになってた。。
残念賞。

じゃあお惣菜系でもと店内見たけど特にこれと云うものは無く、気になったのはアイスボックスの「へべす」
聞いたことない柑橘系果実で日向市特産なんだそうだ。
果実自体は産直売り場にもなかったから季節があるんだろうけど、それのモナカと袋氷とあったので氷の方を買ってみた。(「すっきりさわやか初恋の味」と書かれてたけど、初恋はすっきりしてないし爽やかでもないんだけどなぁ)

ファイル 2520-2.jpg

今日はそんなに気温高くはないんだけど妙に蒸しててエアコンつけて走るくらいだったので、袋氷がいいくらい。
ただ、後ろの原材料を見たら人工甘味料が入ってたのでちょっと悔しかったけど、ゆっくりしゃりしゃり袋の端から食べながら走れた。

タグ:餐:冷 道の駅

道の駅 北川はゆま

ファイル 2519-1.jpg延岡市北川町長井の10号沿いにある道の駅。

ここは3回目?4回目?割と寄ってて印象深いトコ。
混んでるだろうとは思ったけど寄ってみた。やっぱり混んでたけど意外とスンナリ停められた。

で、さすがの連休、混んでるだけあって店の前に屋台が並んでて賑わっていた。雨も降ってたのでお客も屋根下に集中してたしお祭りみたいな感じだった。

で、さっそく買って食べたのが宮崎名物の「鶏の炭火焼き」
なんか写真にするとあまり色が良くなくておいしそうに見えないけど、これがおいしい。

ファイル 2519-2.jpg

テーブルで座って食べてたらちゅんちゅんちゅんとスズメの鳴き声。見ると裏の向かいの家の庇の瓦の上で雨宿りしてたスズメがずっと鳴いていた。
いやいやいや今食べてるのはスズメじゃなくてニワトリだから。気にする事は無いんだけどねw

ファイル 2519-3.jpgそれと気になったのが鰻の店。
「自然豊かな地元 北川で育ったうなぎです」だそうで、炭で鰻串を焼いてたし、200円だったしで迷わず一つ購入。
これがまたうまかった!
味も歯応えも脂も最高。しかもあの去年来て青く綺麗だった川で育った鰻だなんて。
もう一本食べようと思って振り返ったら並んで列になっちゃってた。
さっきはタイミングが良かったのか、うまそうに食べてて宣伝になっちゃったか、あー最初から2、3本買っとけばよかったー。。

そして、混み合ってた店内も入ってみた。
入口の西郷さんのキャラ像は二ケ所も立ってた。

店内で見たかったのは水槽のチョウザメ。
もうなくなっちゃったかなーと思ったけどまだあって、食堂前にちょっと地味に置かれてた。縦に変な泳ぎ方してた。

ファイル 2519-4.jpg

で、買ったのは「のべおか茶」と「マンゴー生どら」
気がつけば雨やんでたので出発してから食べて飲んだ。(でもすぐに強い雨に降られた。。)

お茶は少しくせあって変わった風味だけどおいしかった。
生どらはモロにマンゴーの味でおいしかった。凍ってたので溶けるくらいゆっくり食べたかったけど、おいしくてすぐ食べちゃった。

なんか混んでた上にいろいろあって忙しない感じだったけど、色々味わえて九州での最初の寄道として幸先いいような充実した道の駅だった。


ちなみに前の点景 

タグ:餐:肉 餐:魚 食:串 餐:冷 餐:飲 観:像 動:鳥 動:魚 道の駅