記事一覧

大谷の楠

ファイル 2714-1.jpg須崎市大谷の須賀神社境内にある楠の古木。

四国で最大の巨樹で国天然記念物の大クスだということで来てみた。
須崎駅前で見てた案内図では場所がざっくりだったので、分かるかなぁ、、と不安もあったけど、ちゃんと表の道に案内板が出てたので曲がるトコもすぐわかったし、村落内も進んでたらすぐわかったし駐車スペースも広かった。
雨は小雨が降ってるのか止んでるのかってくらいで一応傘持って車を降りてみた。

その正面の駐車スペースから樹の全体がよく見えて写真にも撮りやすい立派な樹だった。

ファイル 2714-2.jpg木の案内板を見てみると、樹齢は塗られて空欄になってた(うっすら2000年というのが見えた。2000年じゃなさそうなのが判明しちゃったのかな)樹高は18m、幹周16mで90年の全国調査で10位、台風などで主幹が折れたりしてるそうだから今はまた少し違うかもね。

案内板読んでたら手押し車を押して歩いてきたお婆さんに「お店が開くのを待ってるんですか」と話しかけられた。
なんでもこの神社前の売店がこの村落で唯一の売店だそうで店の事情(店の人の家族の話とか、、w)を色々と教えてくれた。過疎化と高齢化で大変そうだけど、ここまで歩いてくるのが日課で楽しみだそうで、のんびりして感じのいいお婆ちゃんだった。
クスノキの話を聞くと「わたしがこっちに来た時からあるから、もう70年以上前からの古い木」だといってた、、70年どころか千年単位の古木なんだけど、こういう実体験からの話しはほのぼのする。
店の開店はいつも11時半だそうだ。。ってまだ1時間以上もあるじゃん。まさか1時間も話しこまれては困るので程良いトコロで「では神社と樹を見てきますので」と言って逃げた。ごめんなさいね。

まず先に須賀神社にお参り。
村の中心の集う場所って雰囲気の神社だけど、拝殿の瓦屋根からススキが生えてて、ちょっと荒れてるような、見方によっては髪かざり的アクセサリーのような可愛らしさからそのままにしてるような、、
いやきっとアクセサリーだろう、、と思いつつ参拝。

ファイル 2714-3.jpg

拝殿内は賞状や集合写真や絵画や船の模型などが掲げられていた。村での嬉しかった事や大切なことが飾られてるんだね。

そんな神社の由緒とかの表記は境内に見当たらず祭神とかはわからなかったけど、「須賀神社花取賛歌」という歌碑はあった。
樹の案内板にあった巨木の下で行われるという「花取り踊り」の詩だろう。この境内の広場で行われるんだろうなと思えた。

そしてクスノキ。
大きく元気で古いクスのわりには形が整ったキレイな幹の大樹だった。自分が身軽な子供の頃なら登ってみたくなってただろうなー。危ないし国天だから怒られちゃうだろうけど。。なーんて思いつつ上の枝葉を見上げながら幹の周りを歩いてまわった。

ファイル 2714-4.jpg

この木の前にも案内板があって、こっちにはしっかり推定樹齢2000年と書かれ樹高は25mになってた。これか昭和54年の案内板で道の外のは1995年だから16年の間に測り方が変わったのか折れて低くなったか、こういう表記はあまりあてにならないね。
目で見た迫力と元気な樹の生命力を感じられれば高さはそんなに気にならないけど、樹齢だけはイメージがあるからある程度ちゃんと書いててほしいなぁ。

ファイル 2714-5.jpgそして幹の正面の鳥居の前には深い空洞があって、その奥を覗くと祠があって灯りがついていた。
クス神様を祀ってるんだそうだ。
ちょっと狭くデブには半身しか入れなかったけど、、入口で拝んだ。
たぶん須賀神社もこの楠神と御神木を祀るための神社だったんじゃないかな。

とにかく深い洞と元気な枝葉の立派な楠の木だった。
天気はいまひとつでまた雨も降ってきちゃったけど、地元のお婆ちゃんの話も含めて心安らぐいい休憩になった。

タグ:植:樹 観:宮 景:洞 楽:話

千秋

ファイル 2713-1.jpg須崎市原町のJR須崎駅前にある軽食店。

冬に高知に来たなら是非とも食べたいのが「鍋焼きラーメン」(前食べた時は秋でまだ熱くて汗だくだったw)
その発祥の須崎で朝からやってる店とかないかなーとダメ元でスマホ検索したら見つかったのがこの店。なんと7時からやってるそうだ。(7時からやってる店は他に二軒もあったけど共に日曜休みだった)

ていうか、朝から活気ある地元の食堂!みたいなのをイメージして来てみたら、黄色い喫茶店みたいな感じの店で意表つかれた。
あれ?ここであってるよなぁと不安に思いつつ、それでも店先に「鍋焼きラーメン」の幟が出てたので間違いないと店に入った。

ファイル 2713-2.jpg店の中は地元のお姉さま方(僕から見てかなりのお姉さまという意)が賑やかに談話していて、別の意味で活気ある地元の店だった。
あれ?ここであってるよなぁと不安に思いつつ、それでも店内に「鍋焼きラーメン」のメニューの貼紙があったので間違いないと席に着いた。

メニューには鍋焼きラーメン特大・普通・小とあった。小があるのが高知のいい所。道の駅では軽く食べただけのつもりだったけど意外と腹減らずに一人前は少しキツイかもと思ってたトコだったので「小」にした。

みんなそれぞれ話ししてるからどれが店の人か最初判らなかったけど、一番奥の人かなと声かけたらそうだった。

そしてゆっくりまって鍋焼きラーメン登場。

ファイル 2713-3.jpg

っていうかグツグツ煮えて出てきて暫らく食べられなかった。
そしてふーふーしてゆっくり食べた。おお、おいしい。鍋焼きだもんね。冬にぴったり。
結構濃い味で思ったよりも酸味もあっていい味の鶏がら醤油。これ酒飲みながらとかでもおいしそう。意外と細麺のしっかりした黄色いストレート麺はいい感じで啜れて麺としてもバッチリ。これはいわ。何回か食べたことあって気に入ってた鍋焼きラーメンだけど、今回のが一番おいしかった。
汁まで底まで平らげた。小じゃなくて普通でもよかったかもw

カツオはのがしたけどこっちは食べられて満足満足。そしてまた濃い土佐弁もたっぷり聴けて(普段は若い人の土佐弁しか聞いてないから)楽しめたw
 
 
店を出て駅前を見回したら脇にキレイな絵の描かれたトイレがあった。
「須崎駅開運トイレ ぱぴれっと」と名付けられ、虹を走るSLや、やなせたかしの描いた鍋焼きラーメンのキャラ「なべラーマン」たちの絵を見つつ、中を見ると石で描いた坂本龍馬があった。
おおーと思って入ってみたらその龍馬がある方は女子トイレだった。。あぶねあぶねと慌てて出た。これ、入っちゃう人多いと思うよ。

ファイル 2713-4.jpg

男子トイレには女性の石絵。これは和風なモナリザ?乙女姉さんかな?他にも幾つもの石絵があって、それぞれパワーストーンでできてて金運とか恋愛運とかの運気向上に役立つそうで、ウンがつくトイレだそうだ。
なかなか面白いし、入りたくなるトイレがある所というのも素敵だと思えた。
そしてトイレ前の赤ポストもデコられてた。

ファイル 2713-5.jpgその流れで須崎駅も見ると「土讃線発祥の地」とあって、この須崎が高知県で一番最初に鉄道の走った場所なんだそうだ。
D51の車輪が置かれ、「高知線の歌」なんていう歌碑も壁にあった。へー。

そして壁に貼られた大きなしんじょうくんと高知家のシールもフォトスポットなのかな。
高知家はどこででも見かけるとなんか嬉しくなっちゃうわ。

そして最後に近隣の観光案内図を見て、ちょっと一ヵ所行ってみようかなと思ったトコがあったので向かってみることにした。
やっぱりおいしい食事とプラスで楽しめて気分よくなって、興味も持ちやすくなったんだと思う。須崎いいね。

タグ:餐:ら 食:鍋 観:絵 観:石 観:鉄 観:発

道の駅 なぶら土佐佐賀

ファイル 2712-1.jpg黒潮町佐賀の56号沿いにある道の駅。

ここは初めて立ち寄った。新しいのかな?(2014年開駅だそうだからそんなでもなく何度も通過してる筈)
まぁまだ8時だからやってないだろうな、、と思い、取り敢えずトイレだけでものつもりで来た。

でまずトイレに入ったら、トイレ内のあちこちにやたらとカツオの貼紙があって「ここにきてカツオを食べないなんて勿体ない!」みたいな猛烈なカツオアピール。
いや、そりゃあさ、高知に来たら絶対にカツオは食べたいよ。でもそこまでアピールするなら24時間開いてるトイレに合わせて24時間販売してくれよー!
とかなんとかブツブツ言いながらトイレを出て店へ歩いた。

ファイル 2712-2.jpg何時からなんだ?とみたら「OPEN AM 8:00」とあった。え、やってるんじゃん。
黒くて厚そうな木のドアが閉まってたからまだやってないと勝手に思い込んでたけど、これは自動ドアでボタン押せば開いた。。「開いちょうで」と丁寧な土佐弁のシールも貼られてた。

で、中に入ったけど、カツオメニュー盛りだくさんのフードコートは9時からでまだだった。。
カツオ藁焼き実演ブースとかもあってこんな時間に来た事を更に悔しがらせてくれた。
そして直売所の方にはカツオの惣菜などはなかった。。そりゃそうだ、9時を過ぎたらフードコートでカツオ三昧だもの。

でももう空腹で何か食べたいので取り敢えず軽く食べるものを買った。

買ったのは「魚めし」と「土佐魚肉ソーセージ(四万十あおさ海苔入り)
たぶん、フードコートで食べててもいいんだろうけど、なんか悔しいから外のベンチで雨を見ながら食べた。

ファイル 2712-3.jpg

「魚めし」の原材料名には魚とあるだけで何の魚か書いてなかったけど乗ってるのはアジだな(タイだったりしてw)。だしのきいたご飯がほんのり甘く優しく上品で美味しかった。

魚肉ソーセージは思った以上に海苔が入ってていい風味。ソーセージというより蒲鉾だよね。ペロリと平らげた。

ファイル 2712-4.jpgカツオの一本釣りのオブジェは黒潮町の観光案内図で、見てみたら塩工房とホエールウォッチングが多く、カツオ関係の観るトコとかはなかった。カツオ博物館とか、、

とくに気をひくトコもなかったので、この先どこ行こうかスマホで検索。ネタ帳とか見たり店を知らべたり場所を調べたりして何ヶ所か寄るトコを考えた。
今日はドライブメインだ!とか言ってたけど、毎度のことながらどこも行くとこは考えてなくて、このままじゃホントにただ廻るだけになっちゃいそうだと思えたので(カツオは悔しいけど)丁度いい作戦休憩にはなった。

タグ:餐:飯 餐:魚 道の駅

九島大橋駐車場

ファイル 2711-1.jpg宇和島市蛤の九島にある駐車場。

橋から島の周りをまわってる県道に下る坂の途中にあり、橋と共に新しくできた観光駐車場という感じで橋を眺めるのによさそうな展望所という感じでもあった。キレイなトイレがあって有り難く座った。

橋で渡れる離島なので一周してみようと来てみた九島だけど、島の裏側は車両通行不可ということで諦めた。
っていうか、6時だから島を廻ってる内に明るくなるかな?なんて思ってたけど、冬の朝は遅くまだまだ全然真っ暗な夜で、仮に狭路ながらも一周できたのだとしても、ひたすら不安な雨の闇のドライブだったと思うから、しっかり「車両通行不可」と出ててくれて諦めさせてくれてて助かったと感謝したい。

ファイル 2711-2.jpgさて駐車場にあった九島の観光案内図を見てみた。
どうやら島内の駐車場はここだけのようで、ここから歩くかマウンテンバイクか何かでまわるのが正解なのかな。
特別ここは!と思うスポットは見あたらなかったけど、眺めのよさそうな場所は幾つかあった。もちろん冬の雨の夜に歩く気などなく、天気いい昼間で時間に余裕があるときにまた来れたらなぁ、、と残念に思った。

そして真っ暗な海と灯りのついた橋を眺めた。
暗くても目が慣れればいくらか見えるかと思ったけど全然見えなかった。
写真はレベル補正で幾らか海とか岸の形くらいは出てくるかと思ったけど更に何も写ってなくて、どこまで海かも分からない画像でガッカリした。。
肉眼では海くらいは見えて波に揺れる僅かな灯りも少しはいい感じだったんだけどねぇ。

ファイル 2711-3.jpg

橋の下には赤と青の光が灯ってた。船用の信号なのかな。
宇和島港の方に見えた光は船かな?と思ったけど建物(病院?)のようだった。

なにはともあれ出発してすぐに寄り道出来た事はドライブの景気づけには良くて、ここで楽しめなかった分これから楽しむぞーって思えた。

タグ:観:P 観:橋 観:光 景:海

亀屋うどん

ファイル 2710-1.jpg大洲市徳森の56号沿いにあるうどん店。

ちょうど道が混んで詰まってたトコで見かけて駐車場ひろく空いてそうだったので寄ってみた。
ホントは八幡浜に行ってちゃんぽん食べたいなぁと思ってたんだけど、この時間にやってる店があるのか知らなくてコンビニでも寄って検索しようかと思ってたトコだったんだけど、コンビニ寄る前に気まぐれでも寄れたならうどんの食事でOK。

ファイル 2710-2.jpg店の入口には何かの機械が飾られていた。製麺機かな?

客席は、外の窓側にカウンター席で内側にテーブル席、奥が厨房という広いレイアウト。セルフじゃないので落ち着いて席に着いてゆっくりメニュー見て悩んだ。セルフはセルフで楽しいけど夜はゆっくりメニュー見て悩むくらいがイイねw

メニューにはチャンポンもあって惹かれたけど、写真では八幡浜のチャンポンではなく白い汁の普通のっぽかったのでヤメ。(そういえばここは大洲だったw)
「田舎うどん」というのが他で見かけない初見のメニューで気になったので、それにしてみた。

ファイル 2710-3.jpg

おーカラフルにいろいろ乗ったうどん。うどんもおいしく汁もおいしくなかなか良かった。
茶色い丸い小さいのはナメコだとばかり思ってて食べてみたら歯ごたえあって驚いた。炙った大豆だった!葱に椎茸に油揚げまでは普通な感じで蒲鉾はこっちっぽいなと思ったけど、大豆は意外で沈むからやや食べづらくもあったけど甘みがよくて面白かった。
なるほどーこれがここらの田舎の味かぁ~と楽しんで食べた。

ん、ちょっと待てよ、ひょっとしたら「大洲」と「大豆」をかけてたシャレなのか?とか思いもしたけど、それは考えすぎだよねwwだったら「大ずうどん」とかの名前にした方がいいもんね。
思いがけぬ具で楽しい夕食となった。

タグ:餐:麺 餐:豆

道の駅 ひろた

ファイル 2709-1.jpg砥部町総津の379号沿いにある道の駅。

初めての立ち寄り。山深い場所にあるわりには広い駐車場の道の駅だった。
もう日が暮れるかくれないかという時間で、駐車場に止まってる車はほとんどなく、店も閉まってるかなーと思ってたけど、先にトイレ入った後に行ってみたらまだ開いていた。

ファイル 2709-2.jpg店は大きめで、売り場の奥の方はプチ民俗資料館っぽい感じになってて、軍服とかが飾られていた。
一番奥のもう灯りのついてなかった座敷は休憩コーナーかな?と思ったら、地元のばあちゃんが民話を聞かせてくれる催しとかがある空間らしい。そういえば座敷の前にも椅子が並んでた。

さてさて、客は自分だけなのであまりフラフラしてても店の人に迷惑かなとさーっと見るだけにして、産直物産店の方をみて気になったもの「かんころもち」というのを買ってみた。
これはこのまま食べられますかと聞くと温めないと固いそうでレンジでチンしてくれた。

外に出ると、横の川に木造のつり橋が架かってて「陶街道五十三次」と題された付近の案内図を見るとこの橋から仙波渓谷までの遊歩道が続いてているようだ。
まぁこの時間から歩く気はないけどね。またいつか夏の昼間に時間余裕持って寄れることがあればいいよね。

ファイル 2709-3.jpg

そして「かんころもち」を食べながら出発。せっかく温めてもらったから冷える前に食べなきゃ。
で、一口食べると味はもうイモだった。モロさつまいも。イモそのもの。芋焼酎よりもイモの味。ちょっと驚いた。中にアンコも入ってたけど存在感薄かったw
これは焼き芋か干し芋を食べたほうがいいんじゃないか?って気もしたけど、餅でまとまってて食べやすいといえば食べやすいからいいかな。
愛媛といえば「焼きもち」とをよく食べてるけど、イモまで餅にするんだと思うと少々おかしく楽しめた。(レジではこの地域の物だと聞いたけどネットで「かんころもち」と検索すると、、長崎の名物だったらしい、、)

タグ:餐:餅 観:具 観:橋 道の駅

フジ 砥部店

ファイル 2708-1.jpg砥部町重光にある大型スーパー。

「フジ」はこの愛媛に本店のある中四国地方に何店もあるチェーンで、来る途中でも何店も見かけてた。「フジグラン」というのも系列だそうだ。
今回のドライブはここが目的地。ここでのインストアライブを軸に計画を立てて宿をとり、ドライブできそうな気候なら後はドライブメイン、天気悪かったりやっぱりライブを優先したくなったら翌日の高松のライブハウスも、、と、この後はファジーに考えていた。

地方アイドルグループ「りりこち」を応援し始めて三年になるけど、こうしたスーパーやショッピングセンターでのインストアライブは初めて。(CDショップのインストアライブは行ったことあった)平日とか金土の夜に高知でというのが多かったから行く機会なかったんだよね。。やっぱりせっかくのロコドルなら一度は見ておきたいと思ってたので今回の愛媛は無銭のインストアと知って嬉しかった。(内容の発表はかなり遅かった)
 
どんな感じでやってるのだろうかと思って来てみたら、スーパー奥のフードコートにステージを作ってその一角が別空間のようなライブ会場になっていた。。
これって、店の売り上げや評判につながるのかな??一般客の印象はどうなんだろう、、とか余計な事を思いつつ、到着したのは12時過ぎで、別のグループからもう始まってて盛り上がっていた。
時間押してたようで遅れたかと思ってた妹グループの「虹スタ」の出番はその次で間に合ったし、二年半前からりりこちのオタ客として知り合ってた娘がやってる「リトマス」もその後だったのでここで初めて見れて嬉しかった。
 
そして「りりこち」の番。
オープニングテーマ曲「ILY」のインストが流れるとやっぱりしびれる。円陣作って手を出して「みんなで一緒にいっくっぞぉー」
 
ファイル 2708-2.jpg
 
セトリは
 FEVER★WING
 ポジティブル★
 無敵★IDOL
 FOREVER
 Re:DREAM
 Merry-go-round
 En 無敵★IDOL
 
スーパーという事は完全に忘れて盛り上がった。

さて、ライブが終わり次の番のグループ(そっちがトリで主役)のライブが始まったけどそっちは興味なく、お腹ペコペコなので店内を見てまわった。
フードコートも後ろにはテーブルが残されてたのでそこで食べようと惣菜を物色。盛り上がってるグループの子やオタさんに申し訳ないから一応簡単にささっと食べれるものをと思って「十品目のおばあちゃん巻き」という太巻きを買ってみた。

ファイル 2708-3.jpg

通常の太巻きよりも具の部分が大きく、食べてるとぼろっと崩れそうと危惧したけれどもサニアラズ、しっかり巻けていて崩れる恐れもなくおいしく食べられた。味もよく新鮮な感じでおいしかった。
ペロッと食べちゃって、あーこれなら小さいパックじゃなくて大きいパックで良かったかも。。とか思ってたら、もっと普通の弁当と惣菜を買ってきてガツガツ食べだしたオタさんもいたw しかも彼は今やってるグループのオタだったらしく食べ終わったらライブに入ってった。すげーな。

久々の仲間とも会えたし、全ライブが終わってからの物販も楽しく大満足だった。
前記の通り明日の行程は決めてなかったんだけど、物販では推しに「明日の高松も夜の部だけかもしれないけど必ず行くよ」とか言ってたw 「昼の部から行く」とは言わなかったのがオタとして半端なトコロであり、ドライブ好きの理性を保てた矜持でもある。
「DD」というのはオタ言葉で「D:だれでもD:だいすき」という意味で、掛け持ちで複数のアイドルを推してる一般的なオタの事だけど、僕の場合は「D:どらいぶD:だいすき」のDDなので、せっかくの四国はやっぱりドライブも楽しみたい。

タグ:楽:催 餐:鮨

坂の上の雲ミュージアム

ファイル 2707-1.jpg松山市一番町にある「坂の上の雲」をテーマにした記念館。

「坂の上の雲」は司馬遼太郎の書いた歴史小説で、明治時代のこの松山出身の三人を主人公として戦争と文化を描いたもの。
2009年と10年11年の暮れに大河ドラマ特別版の形でドラマ化されたのでそのドラマに向けた大河記念館かと思ってたけどそうでもない様だった。

司馬遼の小説は僕は二十代の頃に読んでハマってた(竜馬がゆく、坂の上の雲、峠、の三作は特にハマった)けど、その後に他のものも読んだりして「小説は小説、描かれた一つの物語で歴史や人物を知った気になるのは恥ずかしい」と感じて落ち着いた。
けど、そのずーっと後でのドラマ放映だったのでもう一回読み返したり(バルチック艦隊の航海は飛ばしたけどw)して楽しめたし、ドラマは丁寧な作りで満足できるものだった。

さてそんなわけで松山のここはとても興味ある場所で、一度来た事もあったんだけど、駐車場が無く警備員に追い払われて以来ドライブで立ち寄ろうとは思ってなくて完全に忘れてた。
でも今日は松山に来て看板見かけて思い出し、近くにコインPでもあったら寄ってみようかとすぐ前の交差点を曲がってみたらあったので停めた。

なーんて来てみたら駐車場あったりしてーとか思いながら来てみたら、やっぱりなくて袋小路。道の入口に「この先行き止まり」とか「駐車場ありません」とか書いとけばいいのにね。

ミュージアムのある場所は城内かと思ったら武家屋敷跡だそうだ。池泉鑑賞式庭園のある立派な屋敷だったそうだ。

そして入口は袋小路の先の国重文の西洋館「萬翠荘」の門を入るのでまぎらわしかった。
入口の脇には「旧管理人舎」という小屋が立っててこれも国重文だそうだ。

ファイル 2707-2.jpg

案内図を見るとその「萬翠荘」のまわりには駐車場があるらしく、そっちに停めてこっちに来てもよかったのかな?とも思ったけど、そっちも見てる時間も興味もないし普通に考えてダメでしょw
建物も見ずにその庭の植木で戯れる愛らしいメジロだけ眺めてミュージアムに歩いた。

入口はスロープの先の二階の裏。入館料は400円(JAF割-80円)写真は禁止とあるもの以外OKだそうで俯瞰もOKだそうだ。

館内はその三角の辺に沿ってスロープを廻る螺旋式の面白い建物で、、ドラマ出演者などのコメントパネルの展示などを読みながら回って登って展示を見た。

ファイル 2707-3.jpg

で、ロシアの軍艦の模型もあった。おお!バルチック艦隊!と思いきや黒海艦隊の戦艦ポチョムキンだった。。
なーんだぁと思いきや、ちゃんとバルチック艦隊の戦艦ボロジノの模型もあった。こっちの方が黒くてカッコよかった。100分の1の細かい作りで見入ってしまった。
こんな欧州世界の精鋭たるバルチック艦隊をアジアの端の島国の軍艦が奇跡のような完勝で叩きのめしたんだもんなー凄いよなー(そりゃいい気になって軍事国家突っ走っちゃうよなー、、)

以前、甥を連れて横須賀の三笠を見に行った時に「サッカーでいえばアジア予選を勝ち上がって始めてワールドカップに出たような国がいきなりブラジルに4-0で勝っちゃったくらいの快挙」と表現して驚かせたけど、我ながらいい表現をしたといまだに思い返すw

他にも釣島灯台の模型もあって官舎の寝室まで作られててこれもじっくり見れた。

「自由に遊んでください」コーナーでは明治のスゴロクがあったり、古写真の立体ステレオスコープがあったりして、空いてたから手にして楽しめた。

ファイル 2707-4.jpg

それと「日本馬の高さを体験しよう!」というのもあって、日露戦争時の陸軍騎兵隊の乗ってた日本在来種の馬の高さのものがあったので、鞍にまたがってみた。(空いてなきゃ恥ずかしくてできないよねw)
日本の馬は低くてポニーで戦闘に不向きなんて聞いてたけど、ぜんぜん高い視線で意外だった。そして丁度窓の正面には萬翠荘の館が見えてたので、まるで伊集院少尉にでもなった気分で楽しめた。

あとは三角内側の本編背景の資料展示などは少々時間を気にしてさーっと流して見てまわっちゃった。勿体ない事をしたと思うけどじっくり見てたら幾らでもじっくり入れそうな気がしたので。(最後の正岡子規のコーナーは完全に素通りだった。。)

そんな中で「おお!」と思ったのは新聞連載されていた「坂の上の雲」の挿絵入り全書面を並べた壁。あーこんな感じで短い一話一話を掲載されていたのか―と足が止まった。連載で見てたらバルチック艦隊の下りはさぞかし長ーく感じただろうなぁ。。

ファイル 2707-5.jpg

そして四階でアンケート用紙を書いて出したら、定規になる栞の記念品をいただけた。館の人も丁寧で印象良かった。
最後に入口受付で見かけてたマンホールカードをいただいて外に出た。
そのマンホールは一回の自転車置き場の前だそうでそっちにおりた。

明治時代に近代文明国家の坂を駆け上がってその上の雲をつかむ勢いで発展した日本は、暗くてキツイ軍国の山を登って滑落してしまった。。
そして戦後また崖をよじ登るくらいの勢いで這い上がって雲をつかむ気分になれた日本だけど、今度はゆっくり底なしの坂を下っているような気がする。
でも、空も景色も下り坂の途中くらいが一番眺めいいもんだよね。今の眺めを楽しんで、下りきらないところで程よい尾根を見つけるように進んでいきたい。(と、この年で言ってもしょうがないけどww)この点景は前置きが長い分、締めの文も長くなってしまったか。。

館を出ると少し急ぎ気味に駐車場に戻った。
あ、そういえば建物の写真を撮ってなかったかも、、とか思って通りの入口で振り返って看板だけでもと写真撮っといたけど、入る前にちゃんと撮ってたわ。
そして路面電車の通る前の道を渡って駐車場に戻った。松山市の路面電車はこのオレンジが基本カラーなのかな。よく見かけた。

ファイル 2707-6.jpg

そういえば順番逆になっちゃったけど、ミュージアムに着く前にこの道でSL型の路面電車「坊っちゃん列車」が通るのを見て写真撮ってたので最後に掲載。
夏目漱石は10代終盤の頃にハマってて「坊ちゃん」も勿論読んだ筈だけど全然覚えておらず(三四郎の方が憶えてるかも)、この坊っちゃん列車のモデルの汽車の描写もとうぜん記憶になくあまりピンとは来ないんだけど、こういうのが街を走るというゆとりと所縁のものを大事にする感じがいい街だなぁと思えた。

タグ:観:館 観:建 観:模 観:具 観:鉄 楽:読 楽:験 楽:証 動:鳥

レストパーク桜三里

ファイル 2706-1.jpg東温市河之内の11号「桜三里」沿いにある休憩用駐車場。

昨日の伊賀上野のような掘り出し物的なパーキングを期待してたけど、ここはトイレと東屋しかない純粋な休憩用のパーキング。
以前は売店くらいああったんだろうな、、って感じだけど、建物の跡もなかった。。
まぁ、トイレ行きたかったとこでもあるし、松山でほんの少しできそうな時間の余裕をどうしようかという作戦たてる休憩もしたかったので丁度いい。(松山城でも登ろうかと思ってて時間足りるか考えたのと、それが無理なら他に何か無いか探ってた。結局なにも決まらなかったけどw)

トイレ出て周りを見たら「源太桜」という解説板があった。
貞享4年(1687)に地元の代官の源太という人がこの峠道に8240本の桜を植えたそうで、過酷だった工事に使役させられた労働者の怨嗟の謡からこの区間の街道が「桜三里」と呼ばれるようになったそうだ。
その当時植えられた桜の内の残った二本がこの「源太桜」樹齢300年の市指定天然記念物だそうだ。

って、、どの桜?

解説板の横の桜は全然若くて小さいし、駐車場内にも他にそれらしい樹はなかった。

ファイル 2706-2.jpg

周りを見てたらトイレの脇の奥に観音像があるのに気付いた。
大きな鉄の賽銭箱もあったけど、何の像とも書かれてないし何故野ざらしなのかもわからない。交通事故の慰霊かな?

さてもう一度「源太桜」の解説板を見てみると。「対岸の」と文頭にあったので、道路を渡った先かと思い、対抗側にちょっと歩いてみた。

なかなか途切れない車に注意して渡ってみると、そういえば対向側にも駐車帯くらいのスペースがあった。
けど、
その横にある川の手前は藪になってて覗ける部分はちょこっとだけ。覗いて見てみても解説板の絵ような風景は無く、桜の木の気配もなかった。。 

ファイル 2706-3.jpg

あきらめて駐車場に戻った。
ちょっと説明不足すぎな気もするけど、気分転換の休憩にはなったし、一応「桜三里」の由来は分ったので良しとしよう。

っていうか
そもそも看板自体すでに古そうな手書きの物で「東温市」というのが貼り替えてるから、少なくとも平成の合併以前の物だわな。
んー、もう枯れて失くなった樹だっkたのかなぁ。。

帰ってからネットで調べてみたら、
「源太桜」はグーグルマップではここから250mくらい手前のトンネル脇の道の対向あたりにマーカーがあり、通りたくない崖の細道で展望できるとこもなさそうだった。。
現地で半端に調べて行ってみようなんて気にならなくてよかったw(こんな季節にそこまで思うことはないだろうけど)
で、
実はこのマーカーは間違っててw実際の位置はそこから北に峠を登ったダム湖対岸の山中のようだ。徒歩でも細く険しい未舗装路でレストパーク側から歩いて40分、ダムからなら15分の冒険だそうだ。。
この解説板は、、、昔はそっちのダム湖岸に休憩所でもあって移動させたのか、只々いい加減なだけなのかわからないけど、少なくともこの絵のようなのんびりした場所にわかっりやすく二本並んで立ってはいない筈で、パーキングで見る人も「へー」ってくらいにしか関心を持たないだろうとタカくくられて小馬鹿にされてるような印象を持った。。
 
それはそうと、この渡った対岸を少し歩けば川に屋根付き橋が架かってたそうで、そういう案内でもあればそれくらいは歩いてみたかったな、、と思った。
千羽ケ岳もカッコいいせっかくの景勝地なんだから、もう少し案内がちゃんとしててくれたらと残念に思った。

タグ:観:P

伊賀上野パーキングエリア

ファイル 2705-1.jpg伊賀市予野の25号名阪国道にあるパーキング。

この名阪は何度も通っているけど、目立たない小さな入り口で今まで全然気づかなかったPA。見やすかった前の車のナビにも載ってたのかなぁ?
え、こんなのあったんだー知らなかったーと今回はたまたま気付いて咄嗟に寄ってみた。

駐車場は狭くもなく程よいくらいの広さだったけど、少々廃れた雰囲気。駐車場の正面にある「SERVICE AREA」との看板を揚げた廃墟みたいなドライブインの建物は何故か柵の外にあった。。
他には奥の方にトイレがあるだけで、他の停まってる車は純粋に休憩の為だけに来てるのかなぁ、、とか思ったけどアニハカランヤ。良くみたらその建物の右側端の「名物どて焼き」と書かれた食堂は営業してるようで、店から出てきた人を見かけて気づいた。

お!これは思わぬところで「名物」の食事にありつけるかな、、と車を降りて行ってみた。

ファイル 2705-2.jpgら、失礼ながら廃れた印象そのままのジャンクな感じの店で建物の角の二店舗分くらいを通したようなL字型の店。
なんか凄い店を見つけたようなワクワク感で店内に入るとL字型に長ーいカウンター席がつながっていた。
カウンターの中の厨房も雑な雰囲気だったけど、半端な時間ながら意外と客も多かったので「名物」なんだろうなと席に着いた。

で、その名物とあるどて焼きを定食でたのんだ。
目の前でグツグツと煮こまれたどて焼きを青ネギで盛り付けて丼大の豚汁も出てきた。
関西では一般的なのかもしれないけど関東では「どて焼き」というのはなくて知らず、炒め物かと思ってたけど煮込み系だったのか。

ファイル 2705-3.jpg

どて焼きは細かめの牛スジ肉で甘めの味付け。これがネギとあってて風味と旨みが溶け合ってうまかった。いやぁーご飯がすすむ!
そしてそれとは逆に塩っ気ある豚汁もまたおいしく、二つの味を交互に楽しめた。
これはいい。よそのどて焼きがどう云うものか知らないけど「名物」は嘘じゃないと思えた。
(持ち帰りで「どて焼き」を買って行くお客さんも来てた)

そしてまるで知らなかったコアな店を発見できた嬉しさもあって満足な食事になった。
やっぱドライブは何度も通って知ってると思ってるような所にも発見があって楽しいな。

ファイル 2705-4.jpg食事の後はちょっと廃墟っぽい中央の店を覗いてみた。
ガラス越しに見えた中は昭和感たっぷりの食堂。いつまで営業してたんだろうかね。
ショーケースの食品サンプルのメニューは崩れておらず(古い物だと灼けて黒くなってたり皿から浮いてたりするよね)値段はラーメン550円、コーヒー300円、エビフライ定食800円、、値段じゃ分からないかw

でも横の自販機コーナーの自販機は全部新しく、レトロな物は一切なかった。
一応パーキングエリアとしては休憩に難もないので、このどて焼き店だけでもいつまでも残って欲しいなと思った。

(ちなみに一つ難を言うと、このパーキングから本線へ出たトコの合流車線が短く殆ど無くて少々怖かった。。)

タグ:食:定 餐:煮 餐:肉 観:P

ページ移動