記事一覧

道の駅 おおき

ファイル 1820-1.jpg大木町横溝の442号沿いにある道の駅。
初めての立ち寄り。
洒落たモデルルームみたいな道の駅だから新しいのかな?

店内に入ると「きのこ」もぎとりギャラリー「モギリー」という茸室コーナーがあった。
おもしろそうだな、、とは思ったけど此処でキノコを買ってってもしょうがないので軽く覗いて通過。近ければねぇ。。

それより何か食べ物をと直売店を見て、ちょこちょこと買ってみた。

ファイル 1820-2.jpgそして奥の方にジェラートコーナーがあり、ウリの「いちじくシャーベット」が気になったので買ってみた。
この売場のお姉さんが近所でいちじく農園を営んでる人だそうで、少し話が聞けて近隣の祭りの話なんかも聞けて気分良く購入。

程よい酸味のおいしいシャーベット。いいねさっぱりして。
おいしかった。

食べながら外に出て向かいの休憩室で座って食べた。
この休憩室は窓の外にネットで日よけの蔓がのびてて、「フウセンカズラ」の白い小さな花が咲いてて、実もかわいく膨らんでいた。
涼やかでイイね。

ファイル 1820-3.jpg

シャーベットをなめ終えたらすぐに出発。
他の買った物は車を走らせながらひとつずつ順にゆっくり食べた。

まずは「片手で食べるファーストお好み焼き」とか出てた御好焼。
普通においしかったけど、おもったより皮が薄くて腹に溜まらなかった。

そして「かしわおにぎり」。やっぱ福岡と言えばこれですかね。(よくしらないくせに、、)昨夜のうどん屋でかしわ飯を我慢してたので、食べたかった。
味は、まあ普通においしい。見た目通りのスタンダード飯。

ファイル 1820-4.jpg

それと江頭蒲鉾店の「できたてイカ天4枚入り」
4枚は多いかな、、飽きないかな、、なんて思ってたけどとーんでもない。これすごくおいしかった!
止まらずに4枚なんてあっという間にペロリ。もっと欲しいくらいだった。

最後にお菓子「菱クッキーひしっこ」
菱ってあれでしょ、(先月新潟で見た)沼に浮いた浮き草だよね。その菱の実が大木町の名物だそうで菱コーナーがあって「ひし茶」なんてのもあった。
どんな味かな?と興味持って、えぐくても何とか食べられそうなクッキーを買ってみた次第。
けど、
食べてみたら普通に甘くて変なクセなんかなくておいしかった。おいしくて逆にどんな風味なのか分かんなかった。。

と、てんでばらばらな四品だったけど、おいしく楽しめる朝食になった。

タグ:餐:冷 餐:焼 餐:飯 餐:揚 餐:菓 植:花 植:実 道の駅

牧のうどん 片江店

ファイル 1814-1.jpg福岡市城南区片江にあるうどん店。
「牧のうどん」は福岡市近隣だけにある地元の人に大人気のうどんチェーン店。
いつか行きたいとは思ってたけど、今まではドライブ的に福岡の市街なんて道混むから早いトコ抜けるか迂回しちゃいたい区間だったということもあり、店も見かけず、時間も合わず、、って感じだった。けど、今日たまたま福岡の中心をやや避けた市街の道を進んでたら見かけられた。

んーーーでも夜の10時半前、、さすがにいくらなんでもこんな時間に食べちゃダメだよなぁ、、 くやしいなぁ、、 
、、とか思いつつ寄り道。誘惑に負けた。

ファイル 1814-2.jpgこんな時間ながら店は結構混んでいて賑やかだった。
何時までやってるんだろう?まだまだ忙しい時間とばかりに店員さんも多く厨房で元気に動いてた。
カウンター席について注文はもちろん「ごぼ天うどん」。福岡のスタンダード。
周りの人がみんなたべてた「かしわご飯」も惹かれたけどサイドメニューは自制した。

そして「ごぼ天うどん」登場。

ファイル 1814-3.jpg

おお、これはほっんとに柔らかい饂飩。おいしかった。
全国いろんな饂飩あるけどこっちにベクトル延ばした饂飩は福岡だけだよね。
けっしてぶよぶよではなくちゃんと啜れて優しいうどん。

そして一緒に出されたヤカンにはお出汁が入ってて、うどんが吸って無くなった汁を足す用だと言うことだけど、まさか、、とか思ってたらホントに汁吸って減ってた。ごぼ天をゆっくり味わってるヒマもないように思えたけど、逆に吸ったうどんは益々柔らかく、それはそれでおいしかったので焦らずに足しながらゆっくり食べられた。ごぼ天もうまいよねー。

いやぁ、福岡まで来るの自体予定外だった上に、予定外過ぎる時間に食べられたうどん。おいしくて大満足。
福岡の民のソウルフード。ごちそうさまでした。

予定外はいいもんだ。フォースの導きかな。と余裕な気分で出発した。

タグ:餐:麺 餐:揚

道の駅 おおとう桜街道

ファイル 1384-1.jpg大任町今任原の県道沿いにある道の駅。
今回の九州でラストの寄り道ポイント。
ひろーい駐車場も混み始めてたけど、少し離れてたトコはまだ余裕で空いてて停められた。

ここも物産店はもう開いていたけど、フードコート的な食事コーナーはまだどの店も準備中のようで、、
ソフトクリームくらいでも無理かなぁ、、と、駄目元でとぼけて聞いてみたら「ソフトならもうできるよ」と嬉しい反応。
大任名物のしじみのソフトを食べられた。

ファイル 1384-2.jpg

見た目もなかなかのもんで、このソフトは友達のくにさん的にはちょっとオススメしない際物だそうだったけど、食べてみたらおいしかった!
沢山つけられた乾燥シジミは、煮干しのような芳ばしさで塩っ気がミルクのソフトといい組み合わせだった。
っていうかむしろシジミっぽさはあまり感じないので、シジミ好きからするとイマヒトツ工夫が欲しいところかな。

ファイル 1384-3.jpgさてさて、物産店はここもいろいろあったんだけど、コレという惣菜はなかったので何も買わずに外に出た。

で、外に並んだテント屋台で、来たときに目についてた200円の焼きそばを買ってみた。
200円て安くない?
ちっちゃいパックかと思ったら、そんなことない普通のパック。
味も普通においしいソース焼きそば。倍の400円でもおかしくない。

ファイル 1384-4.jpgそれともうひとつ、炭火で沢山焼いていた串物で、「牛カルビ串」
これは130円。安いよね?
道の駅なんかだったら倍でもおかしくないよね。
なんか今回の九州は安い普通の食事ばかりだったけど、九州って普通の食べ物は安いんだね。(今まで何度も来てて初めて思ったけど)

ファイル 1384-5.jpgのんびり話しながら休憩してたら、気がつけば駐車場は空いてたエリアもびっしり満車になってた。
と、いうところで、そろそろかな。
ここで友達のくにさんと分かれた。

一日半の九州ドライブを共にフラフラ廻ってくれて有り難う!
おかげで九州まで来ておきながらまるで近所を廻ってるような楽な感覚でゆっくりと気負いないドライブを楽しめた。なかなか無いよねこういうの。
200円の焼きそばで喜べるような暢気さとかは、旅行で来てたらありえないよね。
またよろしく。

タグ:餐:冷 餐:貝 餐:焼 食:串 道の駅

道の駅 歓遊舎ひこさん

ファイル 1383-1.jpg添田町野田の県道沿いにある道の駅。
ひろーい駐車場に優々停めて休憩。
朝から何も食べて無くて腹減ってたんだけど、まだ8時半前。
店が開いてるわけもなく、あートイレ休憩だけかぁ、、と思いきや、店前の会議テーブル並べた揚げ物売場のから揚げはもう販売OKだった!ナイス。早速買って食べた。(ああ、また今日も唐揚げを食べてしまったw)

ファイル 1383-2.jpg

脇の方には「英彦山 山霊の水」という水汲み場があった。
けどここも有料の給水機が並んでいた。
(買物1000円で1L無料とかになるらしい)

さて、この道の駅は構内にJR日田彦山線の駅もあって、その駅名も「歓遊舎ひこさん駅」だった。道の駅に合わせて名前変えちゃったのかな、、とか思ったけどそうではなく、道の駅ができた後に造った駅だそうだ。へー。
無人駅のホームに入ってみて知らない地域の路線図って新鮮だよねーなんて見てたら、列車の接近放送がかかった。

ファイル 1383-3.jpg

おー来るよ。
と待ってたら、黄色い一両だけのディーゼル車輛(気動車)がやってきた。おお、乗りたくなっちゃうねぇ。
上り方面、田川後藤寺行き。乗降はゼロ。撮り鉄の冷やかしになってしまった。。
さっきの越前岩屋駅といいここといい今日はタイミングいいなぁ。

道の駅に戻ったけどまだ8時半過ぎ。開いてないよなーとふらふらしてたら、奥の「もち工房」というオープンな店で柏餅を並べていた。「できたていかがですか」と言われ思わず購入。ここはもうやってたのか。

ファイル 1383-4.jpg

この柏餅がおいしかった!
出来たてで温かくって当然ながらモチモチ。柏葉の香もさっぱりと、餡子も甘すぎずにほどよかった。
トイレに行ってた友達に「これいいよ、うまいよ」と思わず薦めた。

そんな感じでもう少しフラフラしてたら、また列車の接近放送。
おーまた来るよ。今度は下りの日田行き。

ファイル 1383-5.jpg

到着したのが、ウチの方の常磐線で昔走ってたような白地に青ラインの列車!(ひょっとしたら昔常磐線で使ってた車輛か?なんて思ったけどディーゼルだから違うか。。)
何か懐かしくなってしまった。ウチの方じゃもう窓を開けられる車輛は走ってないからねぇ。
列車は二両編成で車内はハイカーっぽい客で結構混んでいた。

ファイル 1383-6.jpgそして、すっかり満足で道の駅に戻ったら、そろそろ開店の雰囲気で入口に待ってた人達が集まってた。
で、8時45分でオープン。開店前から待ってた人達は何が目的だったんだろうかと思ってたけど、特に目玉に殺到ってわけでもなく広く充実した店内に散った。

そしていろいろ見てまわって買ってみたのが「英彦山豆乳」
黒糖入りであっさりした味でおいしく飲めた。

そんな感じで45分ものんびり休憩しちゃった。

タグ:観:鉄 餐:揚 餐:餅 餐:豆 餐:飲 道の駅

竹地区の棚田

ファイル 1382-1.jpg東峰村宝珠山竹にある棚田風景。
日本の棚田100選。
案内によれば田植えは6月だそうで、まだ水も張ってなかったのは残念だけど、石積みでカッチリした田圃が連なる風景はカッコよく、眺望が気持ちよかった。

ファイル 1382-2.jpg
↑click:2000×600
たまには大きくパノラマ。

この棚田は中世室町時代に造られたものらしく、風景そのものがもう史跡みたいなもんだね。
振り返ると釈迦ヶ岳の山、正面右手前の小山はさっき行った岩屋神社で奇岩が覗いていた。

ファイル 1382-3.jpg

タグ:観:農 観:選 景:山 楽:眺

岩屋神社

ファイル 1381-1.jpg東峰村宝珠山岩屋にある神社。
下の越前岩屋駅で見た近隣案内にあった「岩屋の奇岩群」というのがこの神社内にあるようなので(というか奇岩群内に神社があるって感じかな)、ちょっと登って見れるくらいなら行ってみよう!ってくらいの気合いで寄ってみた。

案内図を見ると、奥までは大変そうだけど手前の岩屋神社本殿までならそんなでもないかな、、、って感じに思えた。
国指定の重要文化財だからね。そこまでは行きたいよね。

で、やっぱ最初からそれなりの勾配。
天然記念物の「玄海ツツジ」を見ながら少し登ると、その上には天然記念物で御神木の「大イチョウ」があった。樹齢推定600~700年、戦国時代の宝珠山焼討ちにも耐え残った高さ36mの巨木だそうだ。

ファイル 1381-2.jpg

そして更に登る。

その上に社殿があったけどこれは琴平神社とあった。
その横は地蔵のエリアになってて、あれ?神社なのに地蔵?とか思いつつ案内を見ると「岩屋の首無し地蔵【千体地蔵・五百羅漢】」とあり、よくみると首のない地蔵だらけだった。
これは神仏習合で共に祀ってた当地で、明治政府の廃仏毀釈で破壊された物だそうだ。
首のある物もあって「合掌童子」というのが可愛らしいかったけど、口に苔が生えててちょっとつらそうに見えた。

ファイル 1381-3.jpg

「馬の首根岩」の洞門をくぐって先に進む。

したら、その先に岩屋神社本殿が見えた。。 上の方に。
長い石段の上の方に。 急勾配の石段の上の方に。
んー、、、やっぱりここは登るよね。国重文だしね。

石段は岩を削ったような段で滑りそうな感じなので慎重にゆっくり登った。(友達のくにさんはスタスタ登ってっちゃった)
勾配はキツかったけど段差が低く細かいので思ったよりは登りやすかった。

ファイル 1381-4.jpg

で、「岩屋神社本殿」国重文。
大きな岩の前に張り付くように鎮座してて近くてうまく写せなかった。
元禄11年(1698)の建立で、中には御神体の「宝珠石」があるそうだ。

社殿の先に出ると朝日が眩しかった。
目の前の岩の上に立てば眺め良さそうだったけど、そこまでは鎖で岩肌を上り下りする道、、、これは諦めた。(太る前に来れば良かったw)
けど、その岩(馬の首根岩)の上から振り返ったのが「岩屋の奇岩群」で惹かれた写真の場所だったそうで、社殿の裏の大岩「権現岩」がよく見えたらしい。

ファイル 1381-5.jpg

岩屋神社本殿から少し後方に「梵字岩」という岩があって「針の耳」という割れ目があった。
説明には、これは女性性器を表した物で親不孝物が通ると石が落ちる。とあった。
どれどれ、、、と、くぐろうとしたけど、太くて通れず、入口を擦って諦めた。。(いやいや変な意味じゃなくて)

これも諦めて梵字岩を回って先に進むと、また見上げた岩の途中の洞に熊野神社があった。

ファイル 1381-6.jpg

貞亨3年(1686)建立の国重文。
説明によると、岩壁に柱穴が残っているので中世にはもっと大規模な社殿があったらしい、、とあった。
ここは登らなくていいよね。見上げてるくらいがいい感じだよね。

そして奥の方へ少し下ると不動像の分かれ道があった。
右正面へ進むと奥の院、左脇に進むと大日社。
入口だけじゃなくてこういう中間の分かれ道にも案内図があったらいいのに。
んーどうだろう、遠いいのかな、進んだら他にもいろいろあるのかな、、と思いつつ、ここまででももう充分いろいろあって満足だったのでこれ以上は進まずに後ろの下る道に歩いた。

ファイル 1381-7.jpg

森の中の木漏れ日も爽やかだった。

降りてきて入口の案内図みたら不動像の先はどっちも急で、長い石段か鎖場のガクブルの岩の道だったようだ。。行かなくて良かった。

タグ:観:宮 観:像 景:岩 景:森 楽:登 植:花 植:樹

筑後川昇開橋

ファイル 1380-1.jpg佐賀県佐賀市諸富町と福岡県大川市の間を流れる筑後川下流部に架かる国重文の昇降式可動鉄橋。

その大川側の袂に日帰り温泉「大川昇開橋温泉」があり、来てみたら橋の部分が公園になってたので、もう暗いけど風呂の前に歩いてみた。
公園の階段を登るとそこは「筑後若津駅跡地」だった。
ああ、鉄道用の橋だったのね。

ファイル 1380-2.jpg

ここは旧国鉄佐賀線として昭和10年に竣工し、昭和62年の国鉄民営化直前の廃線前まで現役の鉄道橋だったそうだ。
でも廃線後も解体されずに平成8年に公園の遊歩道橋に補修。公園内にタイルが線路跡になってるのが寂しいねぇ。
鉄道ファンだったら列車でこの橋を渡ってみたかっただろうね。

そしてライトアップされて彩られた橋を渡ってみた。
ちょっとカップル向けのスポットか?って感じだったけど、そういう人影はなく気楽にゆっくり歩けた。
橋の鉄塔は30mで東洋一、更に現存する可動橋としては最古の物だそうだ。

ファイル 1380-3.jpg

うん、なかなか立派でカッコイイ。ライトアップされた鉄橋っていいねぇ。鉄骨感がイカス。
夜は中間の昇降部は上がりっ放しだけど、昼間は一時間毎に下がるそうだ。

対面の佐賀県側にも二人組の人影があったのでカップルかとおもった、、ら、向こうも男の二人組だった。(いや、そういうカップルだったのかも? なーんて向こうにも思われてたりしてねw)

そして橋を戻って「大川昇開橋温泉」へ行った。


ファイル 1380-4.jpg温泉は入口で見たら『温泉券付き選べる定食セット』で1000円というのがあって(入浴は600円)
「これめちゃくちゃ安くない?」と二人で言い合ってそれにした。

そして入浴。
湯は薄く濁った源泉掛流しで、大きい内湯からも露天からも正面に昇開橋が見えた。

いつもの如く露天風呂で話ながらゆーっくり入ってたけど、そういえば風呂に入り始めたのはもう8時前。「食堂って何時までやってるんだ?」と不安になり、少しあわててあがったのが9時頃。

でも食堂は普通に賑わってて10時半までやってるそうだった。
「なーんだ慌てることもなかった」と思ったけど、選べる定食セットは売り切れメニューが増えてあまり選べない状態だった。。トホホ。
ってわけで「鯖竜田揚定食」にした。

ファイル 1380-5.jpg

うん、ふつーに柔らかい鯖の竜田揚。ふつーにおいしかった。
近所の日帰り湯に欲しい値段のメニューだわ。
友達のくにさんは+500円の「ステーキ定食(だったかな?)」にしてた。見た目豪勢だけど「そんなにたいしたことないから1000円のセットの方がよかったかも」と言ってた。。

せっかく九州まで行ったんだから、リーズナブルな食事で喜んでないで何か特別な料理を食べなよ、、と思われるかもしれないけど(帰ってきてからの自分もそう思う、、)このくらいの気負いなさがいいんだよね。
いいもの、、面白い物、、とか思ってると食事自体逃しちゃうからね。

あーそういば、、近くの席の人が食べてた「エツの南蛮漬け」(エツというのは有明海にしかいない魚だとか)というのも興味引いて追加しようかと思ったけど、、鯖の竜田揚と並べて食べるのもどうかなと思ってヤメた(;^_^A
(そこは喰っとくべきだろうww)

タグ:景:川 観:鉄 観:橋 観:装 観:光 楽:湯 観:模 食:定

帝踏石

ファイル 1363-1.jpg北九州市小倉南区朽網西にある石の史蹟。

ナビ地図で見かけて気になってきてみたんだけど、思い切り閑静な住宅街の中だったので、標柱か案内板ひとつだけで、昔そういうのがありました的なトコかなーとか思いつつ進んでみたら、、
いきなり宅地の間に巨石が現れてビックリ。
おーおー
これはなかなか面白い。車を停めてみてみた。

巨石の上には石柱に篆書体で「帝踏石」とあった。
その下にあるのが案内板かなと思ってみてみたら、、遊んで怪我しても一切責任を持ちませんという注意書きだった。
そういう了解の上で、柵とかで閉鎖せず、立入禁止にすることもなく開放されているのがいいなーと思った。

ファイル 1363-2.jpg

周りを一回りまわってみた。
なんかいいな。わくわくするな。

ってわけで登ってみた。いや登るでしょ。登るよね。
雨で濡れて滑りがちなので一応慎重に登った。

ファイル 1363-3.jpgうん、そんな高くないけどやっぱ登っただけで気持ちいい。
大きくて平らな石がならんでて上から見ても立派。
これは子供なら遊ぶよね。
自分が子供の頃に近所にあったら絶対遊ぶよ。

そして「帝踏石」とあった石柱は裏に「景行天皇十二年~」と由縁が彫られていた。けど読みづらいので諦めた。
帰ってから調べよう。

なんか気まぐれで予備知識ゼロながら面白いトコに寄れてよかった。


ってわけで帰ってから調べると
この石はヤマトタケルの父親の景行天皇がこの地域の土蜘蛛征伐の折に戦いの前に石占いをした石だそうだ。
西暦にすると紀元前かな?
占いには、この巨石が柏葉のように蹴り舞あがるように勝利するだろうと出たとかなんとか。
戦勝祈願に御利益ありそうな石だね。
僕も登って踏んだから戦いに勝てそうだ。(何の?)

タグ:観:石 観:遺

和布刈公園

ファイル 921-1.jpg北九州市門司区門司にある関門海峡を見下ろす山の上の公園。
今度はまず山頂の広い駐車場で停めて歩いた。

でもここ、広い駐車場の割に広場があるだけで何もなく、展望も前に見た第二展望台ほどではない感じ。
たぶん、、花見の季節とかに人が集まるだけの広場じゃないかな?
少し歩いたけど「世界平和パゴダ」という仏舎利塔は興味ないし、、
で、「門司城址」と言うのが目に入った。
そうそう、ここは城跡だったんだよね。

徒歩10分かぁ、、でもこの山を登るんだよなぁ、、なんかマイナーっぽいし、どうしようか。
やっぱり足の疲れとれてない感じなんだよな、、、とか思いつつも身体はもう向かって歩き出していた。

てわけでまた朝から軽い山歩き。
登り始めたところに門司城址の説明石碑があった。
ここもまた途中に「山の神」というのがあった。(あー昨日の滝とかぶってる。)

ファイル 921-2.jpg

ぐるっと山を捲くようにゆっくり歩いて登ってもほんの5分、なのにやっぱ疲れ溜まっててしんどかった。。
坂の上には先ず軍事基地の倉庫跡があった。
あ、ここも砲台とかだったようだ。(あー昨日の佐世保とかぶってる。。)

古城山頂上(標高175m)には「門司城址」と言う石碑が関門海峡を見下ろす前に立ってたけど、城的なものは特になく、案内も説明もなく、砲台跡(じゃなくて観測所跡だそうだ)と電波局のほうがメインの観光向けじゃない頂上だった。(眺望も少し遠く木々で狭く、第二展望台の方がイイかも、、)
まぁ、とりあえず関門海峡を見下ろしながらTS。

ファイル 921-3.jpg

んー、なんか登り切ったのに感激もなく足の疲れだけひしひし感じて失敗した気がした。。
登らずに下の石碑の案内読んで終了でもイイ感じ。。
平家の築いた城で、その後も毛利とかと度々戦場になりつつも江戸時代初期に廃城。で、明治期早々に軍事要塞施設になればそりゃ何も残ってないよね。。
いや要塞なら要塞で、何があったのかちゃんと案内があればいいんだけど、予備知識無い素人ではちょっと楽しみに欠ける寂しい場所だった。
取り敢えず砲台跡を歩きまわって来た道を下った。


ファイル 921-4.jpgで、
車で移動。山を半分下りた第二駐車場、第二展望台。
前にも来たけどやっぱこっちの方が関門橋が間近で断然いい眺め。
源平合戦の説明も充実してて、寄るのはここだけでいい感じ。
んーちょっとガックリ。

まぁいいか。
日陰で寒かったけど、とりあえず独占で関門海峡の眺望を楽しんだ。

左が門司の市街、湖みたいな関門海峡の向かいに下関。
唐津漁港や平べったい巌流島も見えた。

ファイル 921-5.jpg

タグ:楽:登 観:園 景:山 観:城 観:軍 楽:眺 景:海 景:町 観:橋 観:船 観:P

福岡城

ファイル 911-1.jpg福岡市中央区にある城跡。
その中心部の本丸、二の丸辺りは舞鶴公園として整備されている。
個人的に九州で城というと熊本とか鹿児島とか思い浮かぶけど、福岡というのは印象なくて、「現存する櫓がある城」として調べたリストで、ああ、福岡にも城があったんだっけ、、とか気が付いて興味持ったくらいの歴史音痴で申し訳ないです。

さて、城の周りの駐車場は有料で、護国神社前のが一番安かったのでわざわざ少し戻って停めて歩いた。
ので、城には裏から廻って入る形となってしまった。

まず最初に見かけたのが、その現存する国重文の櫓「南丸多聞櫓」この櫓は西角櫓、多聞櫓、北角櫓の三つが続いた合わせ技の城郭建築物。
今回のメイン。

ファイル 911-2.jpg

だ の に、、ぐるっと回ってやっと上に登ると、「多聞櫓中庭は午前9時から午後5時までとなっています」。。。('jjj')じぇじぇじぇ。
まだ7時半過ぎ。。周りからだけ見て諦めた。

歩いてたら「黒田官兵衛」の幟が沢山あった。あ!黒田藩ってその黒田ね!そかそか来年大河ドラマでやるんだっけ。
ここまで来てやっと気づく人も珍しいと思う。。

そして本丸の天守台。
天守は造られなかったとか、造られたけど家康の機嫌を伺ってすぐに取り壊したとか、いろいろな説があるそうだけど、あったら立派だろうね。

ファイル 911-3.jpg

天守台の上は半分テラス台で覆われて広い展望台になってた。
これはこれはいい眺め。
天守がなくてもこれだけ眺め良ければいうことないね。
広く福岡の市街を眺めまわせた。
風も気持ち良かった。

ファイル 911-4.jpg
↑click:3000×440

さてさて、もう少し城内を歩くと、他にも櫓があった。
「祈念櫓」大正時代に寺に払い下げられてたのを昭和後期にこの場所に移築したそうで、古写真と見た目が違ってるのは寺で観音堂として使用するんで改変しちゃった為らしい。

ファイル 911-5.jpg

他にも櫓台跡は幾つもあり、天守がない代わりに櫓だらけの剣山のような城だったようだ。

そして、最後に公園の正面(松木坂御門跡)から下城、、
の、つもりだったけど、公園の外にも現存の櫓があるらしい。
ので少し歩いた。
らば、すぐ先に「旧母里太兵衛長屋門」というのがあった。
これは城下にあった屋敷の長屋門が移築されたものだけど、立派な現存物で母里太兵衛は「酒は飲め飲め飲むならば」と歌われた酒豪の槍武士だそうだ。へー。

ファイル 911-6.jpg

そしてその先に「潮見櫓」と「下橋大手門」
大正期に黒田別邸に移築したものを昭和中期に再移築したものだとか。だけど、、まず「潮見櫓」はこの位置にはなかったそうだ。。
更にこの櫓は近年の調査で違う他の櫓らしいことが判明したそうだ。
じゃあ、、なんでここに?という説明はなかったけど、恐らく堀の脇で見栄えがいいからだろう。天守がない城のアピール役って事ね。
そして「下橋大手門」は形が少し変わりながらも平成まで現存してたものが不審火で焼失。そしてちょっと立派に復元したものだそうだ。

ファイル 911-7.jpgまっすぐ戻るのもつまらないから、少しまわって北丸跡の野原の広場を歩いた。
セアカゴケグモの「毒グモ注意」看板を見て、遠くに来たんだな、、と実感した。(近所じゃ見ないからね)


そして最後に「名島門」を通る。
これは黒田が福岡城を造る前にあった名島城のものだそうだ。
つまり、福岡城のどの建築物よりも古いもので1584年の物だそうだ。430年。。すごい。

なんかちょこっと櫓を見て軽く散策のつもりが思いのほかいろいろ見どころが分散してて一時間チョイ歩き回っちゃったよ。
昨日の砂丘などの疲れも残ってる感じなのに、ついつい歩いちゃうね。
っていうか駐車場100円くらい高くても正面近くに停めればよかった。。
そういえば風邪気味だし、駐車場まで戻るのがかったるかった。

タグ:楽:歩 観:園 観:城 観:櫓 観:門 観:石 景:町 楽:眺

ページ移動