記事一覧

白木橋

ファイル 2258-1.jpg延岡市北川町川内名白木の小川に架かる橋。
(「小川」という名の川)
橋は普通の新しめの広い車道で、ここからは橋からの風景ということで橋の名を表題にしているだけなのでアシカラズ。

友達の案内で10号からは細い川沿いの道に折れて進んで、その川沿いの途中で路駐して歩いた。
こっちの橋の方に路駐しても車の通りは殆ど無かったから平気だったみたいだけど、川沿いの方は通行ゼロなのでいつも安心して停めてるようだ。

そして川を見ながらこの「白木橋」に歩いた。
まず日向の下流側は広い小石の川原の半分に草が生えているんだけど、大雨の時はこの川幅いっぱいに水が流れるらしく、草が流されたように下流に向かって倒れてて水の勢いを表現していた。

その先の方の川が曲がる所で、そんな川の流れがもろに当たりそうな所に一本だけ残った木が立っててさりげなく水面に姿を写しているのがカッコよかった。

ファイル 2258-2.jpg

そしてやや日陰になった上流側が、深く青く見えるポイントだそうだ。
水が少なくて淵が遠く、水面も細かい波が立っててハッキリは見えなかったけど、目視では青いのはよくわかってナルホドのポイントだった。

橋から車に戻る時に近くで覗いた方が、深く青いのが見えたけど、やっぱり岸や山の映り込みと波で写真は難しいね。

ファイル 2258-3.jpg

自然な姿の川が作る色と景色は素敵だけど、自然なだけに暴れる姿も物凄く、一昨年の秋にも台風で氾濫して洪水被害を出したそうだ。
ちょっと立ち寄って綺麗だとか羨ましいとか言って喜ぶのは無責任ではあるけど、綺麗なのは綺麗なのだから仕方ない。

タグ:景:川 景:原 観:橋

深瀬橋

延岡市北川町川内名深瀬の小川に架かる潜水橋(沈下橋を九州では潜水橋と言うそうだ)

ファイル 2257-1.jpg今日は沢山あちこち寄りまくった割にはペースよかったようで「こんな感じなら宮崎の方まで行けたね」という友達のくにさんの言葉に「あ。じゃあ、普段くにさんがよく行くっていう自宅から近い水のキレイな川に行きたい!」とリクエスト。

どんなマニアックな道を進むのかと思いきや、二桁国道の10号沿いに流れる川だと言うから驚き。
っていうか、それよりほんとうにどうしちゃったの?ってくらい車の通りが疎らな事の方が驚きかな。
そんな10号の膨らんだ路肩に車を停めて歩いた。

道を渡って畑の道をまっすぐ歩き、線路の高架をくぐって坂を下るとその道が真っすぐ橋に出た。

ファイル 2257-2.jpg

おお。いいね。沈下橋(潜水橋)だね。
そして川の水は確かに話の通り青く綺麗だった!

今日ここまでは山の中の湧水から流れた水のキレイなスポットを廻って来たから綺麗な川ばかり見てきたけれど、こんな観光地でも何でもない郊外の10号沿いの何気ない川がこんなに綺麗だなんてやっぱり驚くね。
九州すごいや。

もし本州にこんな川があったら間違いなく「○○ブルー」とか呼ばれるだろうね。
勝手ながら「北川ブルー」とか呼ぼうかな。

ファイル 2257-3.jpg

でも写真だと空の映り込みが難しい。
周りの山影の写るとこだけ青く見える。
ちゃんと覗き込んだ真下の水面が青く、底まで見えてて綺麗。

そして下流側には山の上に西日が隠れようとして、最後の輝きを水面に届けていた。

ファイル 2257-4.jpg

こんな時に列車でも通ってくれたらねー。でも本数少ないんだろうねー。「この先の駅は停車する列車は一日二本だけだよ」なーんて話をしてたら、図ったかのように列車が通過した!

それとやっぱり覗き込んで小魚が見れるのは嬉しい。
上からだと何の魚か分からないけどね。

ファイル 2257-5.jpg

友達宅からは30分もかからない距離だそうだ。いいなぁ、うちは30分走って手賀沼だもんな、、

でも地元の人達はだれも見向きもしないという、子供の頃から見なれた当たり前のつまらない風景なのかな。川を見にドライブというと不思議がられるそうだ。。
いやぁいい景色だよ。癒される場所だよ。関東の川と取り替えてぽしいよ。

タグ:景:川 景:陽 観:橋 観:鉄 動:魚

道の駅 宇目

ファイル 2256-1.jpg佐伯市宇目南田原の326号沿いにある道の駅。
何度か寄ってる道の駅だと思うけど日誌を振り返ると二度目っぽい。

友達の話では、人気の唐揚げ屋さんがあっていつも行列になってる道の駅だそうだ。
んーそうだったかなぁ?そういう印象はなかったなぁ。
で、来てみると確かに列になっていた。ホントだ。(前に寄ったのは朝の店開く前だったようだ)

友達が「俺が並んでるからゆっくり見てきていいよ」と言ってくれたので、まずゆっくりトイレ。
そして道の駅の先で北川ダムの湖と架かる橋を眺めた。
ここは前回来た時もゆっくり見た憶えがあって、点景にしてたかな?と思ったけど点景始める前(CR-Xに乗ってた頃)だった。

ファイル 2256-2.jpg

橋は「唄げんか大橋」と言い、手前に「宇目の唄げんか」の歌詞と女の子の像が赤子を負ぶって立っている。母親ではなく子守奉公に来た娘さんが歌ってた地域の民謡だそうだ。

藤河内渓谷の、そこにいるような写真が撮れるコーナーを見つつ、戻ってみたけどまだ列は長かった。
話しながら一緒に並んでたけど「まだかかりそうだから直売所とかも見てきたら?」というので、お言葉に甘えてもう少しフラフラ。

ファイル 2256-3.jpg

屋根の上に戯れるスズメを見ながら湖の反対側に進んでみたら、こっちはキャンプ村になっていた。
その入り口の塚にはヤギがいてかわいかった。

物産店ではまたとくに土産にという物は目にとまらず、またすぐに戻ってきて、あとは一緒に並んで待った。

で、道の駅に来てから25分でやっと順番。
窓からのぞくと確かに話の通り「道の駅らしからぬ大きなフライヤー」でしっかり揚げてて、すっかりちゃんとした唐揚げ店。
唐揚げ購入して出発した。

ファイル 2256-4.jpg

車で食べたいけど、やっぱりすぐに揚げ立ては熱くて食べられず、しばらく走ってからゆっくり食べた。

あー!これはうまいわ。
スタンダードな感じの味なのにしっかりおいしく、今回食べた唐揚げの中で一番おいしかった。
そしてボリュームもあっておなかも満足。くにさんありがとう。

タグ:餐:揚 餐:肉 観:橋 観:像 景:湖 動:獣 道の駅

沈堕の滝

ファイル 2255-1.jpg豊後大野市大野町矢田にある滝。

この写真は県道沿いのビューポイントの駐車帯からの遠目の写真。

そんな手前の駐車帯に丁寧な案内図があったとしても、知ってなきゃ入り込んでいいのかちょっと戸惑う(その入口も見落として通り過ぎちゃった)急坂の下の「ちんだの滝ふれあい公園」に車を停めて歩いた。

その公園から見下ろすと、すぐ下に発電所跡の廃墟が見えた。
その廃墟跡の上を通過して滝を見に行くという面白いロケーションのスポットだった。

ファイル 2255-2.jpg

沈堕発電所は明治42年に作られて、大分-別府間の路面電車に電気を送ってたそうだ。
川側の残った壁は遺跡のように見え、なぜか崖側の裏は映画やドラマなどで見た旅順要塞を思い起こした。

ファイル 2255-3.jpg

そして発電所かの上からまっすぐ滝の近くまで歩いた。

目の前にドーンと幾筋もの並んだ滝。
そしてその上に白く水を流した堰堤がある特異な姿の滝。
じつはこの「沈堕の滝」は昔からの名所だったにもかかわらず発電所の建設で姿を変えた景観で、発電所が現役の頃は滝には水を落としてなかったんだそうだ。

ファイル 2255-4.jpg

そして発電所が閉鎖され、近年になってやっと滝に程よい水量を流せるように改修して復活したそうだ。
なのでどこまでが天然でどこまでが人工なのかわからないけど、半天然のダムみたいに思ってみても中々おもしろい風貌。上の溜池部の静かさと、白く飛沫だった堰堤部、そしてサラサラ落ちる瀑布部に滝の風が細かい波を作った滝壺部。四種類の水の様子が合わさった景観。

そして滝の横の摂理の岩壁。
その岩壁に斜めに入った切れ込みは、かつてアユを遡上させるために作られた魚道跡だそうだ。(ん?自然の地形でも遡上できなかった筈だから不必要じゃない?)

ゆっくり眺めてから来た道を戻った。
下の発電所跡に下る道もあったけど、それはパス。川と先の橋を眺めながら公園に戻った。

ファイル 2255-5.jpg

公園にはそういえば何やら発電装置らしいのが置かれていたけど、遠目に見ただけで出発した。

タグ:景:滝 景:川 観:堰 観:建 観:装

道の駅 きよかわ

ファイル 2254-1.jpg豊後大野市清川町砂田の502号沿いにある道の駅。
ここも初めて来た。

なんかもう腹下してないのに未だにすぐにトイレに行きたくなる変な体調で、緊急ではないけど、行けるならまたトイレ行っておきたいとこだったので丁度よかった。

友達のくにさんは、睡眠時間足りてなくて眠くなりそうだから仮眠するとシート倒してた。

その間にトイレ行って道の駅を見て回った。

ファイル 2254-2.jpg連休だけにさすがに人は多く賑わってて、屋台テントも出てて、真っ先に気になった「白ねぎ豚串焼き」を一本購入。
座って食べた。

うん、おいしいネギを肉が引き立ててて、ネギばかりが印象的だったけどおいしいかった。

店の入口にはさっき行った「轟橋・出会橋」の絵が、立体的に見えそうな騙し絵で描かれていた。
それと気になったのが「犬の駅長はな」の看板。犬駅長がいるのかな?と中を探したけど見当たらなかった。。まぁいいや犬はさほど得意じゃないし。

ファイル 2254-3.jpg

この道の駅はメインの物産店から横にゆるい傾斜で飲食店が並び、その道の前に水が流れてて川と石橋の地域を模していた。
水に沿って歩くとその先は公園になってて折り返した。
結構気になる料理の店が並んでたけど、歩くだけでもイイ休憩になる道の駅で好印象。

でも一番気になったのは名産らしい桃のソフトクリーム。
やっぱ腹を考えて敬遠。シェイクもあるから代わりにそっちを、、とか思いかけたけど、それも冷えて同じだからヤメ。

ももがやや気になってもやもやしつつ、物産店見て回ってから車に戻った。

ファイル 2254-4.jpg買って来たのは桃のシュークリーム「桃っシュ」
車の前で静かに食べようと思ってたら友達を起こしてしまった。。

起きなかったら目の前の「神楽会館」も覗いてみようかと思てたけど、月一回の神楽公演の時以外は何もないトコだそうだ。。でも公演は盛況で遠くから来る車も多く凄く混みあうそうだ。へー。

ってわけで30分弱で出発。くにさん寝れたかな。

タグ:食:串 餐:菜 餐:菓 観:絵 観:園 道の駅

天然橋

ファイル 2253-1.jpg大分県豊後大野市清川町三玉の奥岳川に架かる石橋。
「天然」という名だけど人工の橋。

県道からは茂みが元気な怪しい脇道を進むけど、これがかつての県道の旧道らしい。。
少し進むと案内板と石碑が立ってた。これがよくある協賛者の名の石碑ね。

案内には大正10年(1921)架設の石橋とあり、昭和60年に隣に新橋が架かるまで県道だったそうだ。
ホント、道路状況が整い始めてからドライブを始める世代に生まれてよかったよ。。(なのに酷道とか険道とか通って喜んでちゃ世話ないけどね、、 いや、今だから楽しく感じられるんだろうな)
なんで「天然」という名なのかは書いてなかったのが残念。きになる。。

その先に草も元気な小さい橋が見えた。
ガードレールは錆びてたけど、昭和60年にしては新しく、その後架け替えてそうだった。

ファイル 2253-2.jpg

橋の上を歩くと覗く川がこれまた素敵な谷。
高千穂のような両側崖で瀞場の峡谷で、やっぱりさっきからの奥岳川の下流なので水はキレイで青かった。
深さはあまりなさそうで青の色は濃かったけど底まで透けて見えていた。落ちたらヤバいな。

ファイル 2253-3.jpg

いやー、石橋が続いてさすがにそろそろ記憶混ざるぞーとか思ったけど、景色がそれぞれ違ってて楽しめた。
っていうか、逆にここは橋の印象がなかった。。

ファイル 2253-4.jpgいちおう県道に出て新天然橋の上から石橋を見てもみたけど、草に覆われてパッとせず、静かに青空を映した川の水面に気をとられる。
そういう自然と同化したような姿から「天然橋」なのかな?と勝手に納得して車に戻った。
(いやいや新設した時は堂々と立派に自然を横断した人工物だったに違いない、、)

タグ:観:橋 景:谷 景:川 楽:眺

轟橋・出会橋

ファイル 2252-1.jpg豊後大野市清川町平石の奥岳川に並んで架かる石橋。
アーチの直径が日本で1位と2位の橋が並んだ峡谷だそうだ。

短い横道の急坂の上の駐車場に停めて橋に歩いた。
まず歩いて渡ったのが「轟橋」
橋の上はしっかりアスファルト舗装されてて全然ピンとこないけど、昭和9年架設の二連アーチの石橋でその片方が直径32.1mで日本一だそうだ。(上からじゃ判らんけど)

っていうか、ここも柱状節理の崖が見える峡谷で、ここの摂理の崖は川を受け流すようにカーブを描いていた。
川はさっきの滞迫峡と同じ奥岳川なので、同じように水は少ないけれど青く綺麗に見えた。(うわー印象が混ざりそうだなーと思ってたけど、帰ってからも混ざらずに憶えてられた)

ファイル 2252-2.jpg

駐車したとこから下にくだる道があるそうで、ここはさすがに下からの二つの石橋が並ぶ景色を見てこそのスポットらしく「行く?」と誘われたけど。。やっぱりやめといた。

「じゃあ俺だけササっと行って写真撮って来るよ」と友達のくにさんだけ谷底に下った。

僕は上からゆっくり眺めた。
南側には並ぶ「出会橋」がハッキリ見えた。
こっちの方が古く大正12年架設で29.3mのアーチが日本2位の石橋。
二本並んだ橋の違いは、下の「出会橋」が人道橋で、こっちの「轟橋」は鉄道用の橋ということだそうだ。
なるほど「出会橋」には石の欄干が見えるけど、こっちは後からつけたガードレールだね。

ファイル 2252-3.jpg

橋を渡ると対岸にみえた東屋みたいな屋根はトイレで駐車場だった。(最初の案内板画像はここで撮ったもの)

そっか、こんな停めやすい駐車場があるのに、裏の地味な所に停めたのは、やっぱりそこからの道をくだって下からの景色を見せたかったんだなぁ、、と、断ったことを申し訳けなく思いつつ、、ちょうど行きたいトコだったトイレに入ってゆっくりした。トイレはきれいで洗浄式の新しいトイレだった!

トイレを出て、「待ってる間にあの隣の出会橋まで車で行ってそっちからの景色を見てきてもよかったかも、、」とか思いつつ橋を戻ると、もうくにさんが戻って来てた。
え、早くない?
何かあって引き返してきたのかな?と聞いたけどそうではなく「え、こんなトコすぐだよ」だそうだ。歩きなれてる人は違うなー。
 
 
ちなみに、くにさんが下で撮ってすぐに送ってくれた画像がこちら

ファイル 2252-4.jpg

タグ:観:橋 景:谷 景:崖 景:川 楽:眺

滞迫峡

ファイル 2251-1.jpg大野市緒方町滞迫にある峡谷。

「奥嶽橋」の先で車を降りたので、あれ?古い石橋じゃなくて新しい橋かな?珍しいな、、とか思ったけど、橋目的ではなくて、橋から覗き込む峡谷の眺めのポイントだった。

ちなみに「奥嶽橋」は平成13年に架設したケーブルの吊橋(下路式平行弦新ニールローセン橋)で、川からの高さ75mだそうだ。

早速、車の通りの無いその立派な橋に歩いてみた。
橋の茶色いのは景色になじますための地味な色かなと思ってたけど、道には茶色い筋ができてた。茶色いのはザビか、、

そして峡谷を覗いてみると、おお!いい景色。
立派な柱状節理の岩肌の高い崖が正面に見え、くねりながらも真っすぐ谷間が続いていた。

ファイル 2251-2.jpg

ファイル 2251-3.jpg谷底の奥岳川は水こそ少なかったものの、青く透けてやっぱり綺麗な水だった。
これ最近はやりの○○ブルーとか呼ばれてもいいような綺麗さだよね。(それを言ったら大分県内の川はあちこちでブルー呼びだらけになっちゃうか。。)

反対側を覗くと、高い崖の深い谷が続いてたけど、こっちは片側低めの台地があって駐車場が見えた。
その駐車場から川底まで下る道があるそうだけど、それでもけっこう高低差あってしんどい上り下りだそうだ。「行く?」って聞かれたけど「いやいやここからの景色で充分」と遠慮した。

ファイル 2251-4.jpg

こっち側の川もやっぱり青く透けて綺麗に水面の模様と川底を見せていた。川岸も低めだけど節理の岩壁のようで、下からの景色も興味はあったんだけどね。

今日寄るのがここでラストで、今夜はゆっくり泊まって、、という状態ならいいけど、連休はまだ半分以上あるわけで、後半体力切れにならないようにしないと。
やっぱり日帰りでちょくちょくこんな景色いい(そして空いてる)トコに来れる九州の友達は羨ましい。

タグ:景:谷 景:崖 景:川 観:橋 楽:眺

長瀬橋

ファイル 2250-1.jpg豊後大野市緒方町上年野の緒方川に架かる石橋。

大正十二年二月に架設の橋長78.4mの六連アーチの石橋。
一部欄干は新しいところがあったけど極端に違ってて一目でわかるので、かえってあーほとんど昔のままなんだなぁと思えていい感じ。

そしてここも橋の上はアスファルト舗装されていて普通に車が通行してそうな頼もしい橋。

覗いた川はさらされと流れてた。この先の原尻の滝に流れていく順番待ちの水って感じかな。。

ファイル 2250-2.jpg

ファイル 2250-3.jpgだんだんと橋の感想が短くなっていくけど。
まだそれぞれ個性あって記憶が混ざってないと思う。

そういえばこの橋は、近くに協賛した人の名の石碑が無いのが珍しいと友達が言ってた。
流されちゃったかな。いやいや大雨でも沈下するようなことは無いか。

最後に隣りの県道の橋から見た姿。
昔はあっちが県道だったのかな?

タグ:観:橋 景:川

泉水湧水

ファイル 2249-1.jpg竹田市門田の県道沿いにある竹田湧水群の湧水地。

県道沿いに幾つもの湧水があって、最初に道路沿いに見かけた此処に立ち寄り。
水汲む人で混んでいるだろうからと通過するって予定だったみたいだけど、ここはそんなに停まってる車も多くなく空いてそうだったから停まってくれたのかな?

友達は車から降りず、自分だけ空きPET持って降りた。

ここは水路のような形でその根元の湧水口部分が水汲み場になってた。
先に来てた複数の親子連れがいたので、ゆっくり水草とかトンボとか見ながら歩いた。
少ししたら居なくなったので悠々と水汲んだ。

ファイル 2249-2.jpg

まぁ確かにここはどちらかと言えば見て楽しむような所で、水をくむには高率悪いよな。(この先に見かけた「河宇田湧水」は給水口が並んでて汲みやすそうで、それだけに混み合ってみえた。ので、ちょっと一本だけすぐ飲む用ならこっちで正解だね)

「湧水の吹き出し口の所では、お子さんが水遊びで入らないように保護者の方はご注意ください」という張り紙があった。。そんなのがいたら幻滅どころじゃないな。。(でもいるんだろうな、、)

ファイル 2249-3.jpg

二本の空きPETに水汲んで車に戻った。
ドライブの共にした。おいしかった。
(っていうか、腹の調子不安でトイレ回数多く、ソフトも食べてないくせに、生水は平気で飲むんだなこの人w と、友達に思われてただろうし、後から自分でもそう思ったw)

タグ:景:泉 観:水 楽:汲