記事一覧

潮受堤防展望所

ファイル 1377-1.jpg

諫早湾を閉鎖して作られた堤防上にある諫早湾干拓堤防道路「雲仙多良シーライン」の中間地点の調整池側にある駐車場。
売店は無く、トイレのほかには展望用の歩道橋が架かってるだけのシンプルなパーキング。
なのですることは眺望休憩。簡単でいい。

まずは南の雲仙岳方向の来た道を振り返る。
うーんまっすぐだねぇ。
その道の先に薄っすらと雲仙普賢岳も見えていた。
道からは覗けなかった諫早湾の海が青く見えて、調整池側とはやっぱりもう違う雰囲気。
でもやっぱ地形的には海を分断した姿であって、海の中の一本道に見えるよね。

ファイル 1377-2.jpg

そして北方向。
こっちは正面に多良岳の山々がはっきり見えていた。

歩道橋を渡ると正面の東方向は有明海の海。「海辺におりるな」「釣りするな」としつこく書かれてた。
脇の放水口から放水されていて、脇にいた女性が構えるカメラの先はその放水口かと思いきや、水辺のアオサギだった。
?アオサギが珍しいのか?シラサギはその先の水際に沢山いた。

ファイル 1377-3.jpg

歩道はその先ちょこっと土手の上進んで終了。
自転車専用道路くらいつくればいいのに、、(つくったらそこから海に降りる人がいるだろうね)

そして歩道橋を戻って西方向は調整池。
こっちは対岸の諫早市の低い山と小さい島が見えた。
トイレの脇前に諫早湾干拓事業のパネルの説明があった。

ファイル 1377-4.jpg

タグ:楽:眺 景:海 景:湖 景:山 観:道 観:P 動:鳥

弓張公園

ファイル 919-1.jpg佐世保市小野町の弓張岳山頂にある公園。
九十九島を見下ろせるという展望台があるということで、佐世保バーガーの喫茶店で薦められて来てみた。
あーGWで夕方の展望公園なんて混んでるかなぁ、、なんて思ったけどアニハカランヤ、広い駐車場はゆるゆるで楽に停められた。

早速「弓張展望所」と書かれた展望台に登る。
ちょっと登るだけの展望台で良かった。長いバリアフリーの傾斜路もあった。

で、展望。おお、おお。

ファイル 919-2.jpg
↑click:2000×500

ファイル 919-3.jpg広く佐世保の市街が見渡せて、これは夜景の方が混みそうだな、、と思えた。
佐世保湾も丸見えで、海自のイージス護衛艦や米軍の強襲揚陸艦も見えた。

あーでも九十九島はその外で、ちょっと見切れた感じ。。
まぁこれだけの展望には文句ないけどね。

ファイル 919-4.jpgなんて思ってたら、ちゃんとその奥に第二展望台があった。
こちらは長いスロープの先の新しめの展望台。

ぐるっと見渡せて、西の夕日も見えた。
まだ少し高いけど、下の海はオレンジに染まってた。
んー後何分で沈むかな。。まだちょっと時間ありそうだからこれでいいや。

九十九島も少し遠いけど見渡せた。

ファイル 919-5.jpg

さてさて、展望台に歩く前に駐車場の脇で見かけた「砲台跡広場」と言うのが気になってたのでそっちも行ってみた。

少し登った上に有ったのが円形の広場。。これが砲台跡?大きすぎるよな。。
とか訝しんでたら、その奥にちゃんとそれらしいものが二基あった。

ファイル 919-6.jpg

多分こっちが弓張岳の山頂(標高364m)だろうと思うけど、どこにも何の説明も案内もなく誰もいない場所で、夕日に照らされたゴツゴツの山頂広場は寂しく妙な雰囲気だった。

駐車場に下りてもう六時半前。
佐世保での予定外の寄り道はタップリと楽しめて満足できた。

タグ:楽:眺 景:海 景:山 景:島 景:陽 景:町 観:船 観:軍

喫茶 笹家

ファイル 918-1.jpg佐世保市俵町にある喫茶店。
35年前からハンバーガーを作ってる街角の憩いの店。
佐世保バーガーなんていう最近の呼び名ができる遥か前から、地元の人に普通に浸透して愛されてたバーガー。そういうのっていいよね。
ってことでちょっと駐車場に苦労しながらも無事に来店。

店は感じのいいママさんが、注文してからバーガーを調理。
BGMはずっとサザンですごく馴染めた。(客見てかけたのかな?)

ファイル 918-2.jpg

食べたのはベーコンチーズエッグバーガー。(それとアイスコーヒー)
ドーンって感じだけど潰して食べると食べやすい量で、こぼすこともなく慌てることもなく、美味しく食べられた。
特別なすごさはないけれど、バランスのいい手作りバーガー。

そして気さくなママさんが話しかけてくれて、色々と話が聞けた。近場の観光展望台も勧めてくれた。
いい店だなぁ。

ファイル 918-3.jpgゆっくり歩いて駅前の駐車場に戻った。
その小さい駅舎の北佐世保駅をちょっと覗いてみた。
一時間2本、朝夕は倍の元気な路線。松浦鉄道。

駅の脇は急な階段の崖の上。ホームは半分以上高架の上になってる。
あーこれじゃ、車で来る道は限られちゃうよな。幾ら来ようとしても筋が違うと来れないわけだ。こういう駅前は想像してなかった。

なんか、狭い山の斜面にひしめく住宅街も凄いけど、その合間を縫うローカル鉄道も味あっていいね。
高架とトンネルで谷と町と山を縫って走ってて魅力的。

そして先には烏帽子岳がよく見えていた。

ファイル 918-4.jpg

タグ:餐:ば 餐:飲 楽:話 観:鉄 景:町 景:山

潜竜ケ滝

ファイル 917-1.jpg佐世保市江迎町田ノ元にある滝。
道のどん詰まりの駐車場っぽいトコには犬が2匹ウロウロしてた。
あー犬嫌いなんだよなぁ、、、
とか思ってたけど、この犬たちは実に穏やかで感じよく、まるで出迎えてくれてるかのように尻尾振ってて安心した。

車を降りてみると、かすっ剥げて読めなくなった「潜龍ケ滝案内図」があった。
あー、、こういう案内が剥げてたり錆びてたりしてる観光地ってちょっとあやしいよなぁ、、とは思ったけど、進んでみた。

らば、少し先で長い階段が、、「潜竜ケ滝210m」とあった。
あーどうする?200mくらいなら、、でも足疲れてるし、、
なんて思いながらもゆっくり登り始めた。

ファイル 917-2.jpgら、さっきの2匹の犬がやってきた。
やべ、番犬か?襲われる?なんて一瞬焦ったけどそんなことはなく、
励ますように後ろからついてきたり、先に出て案内するように登ったり、子供のようにまとわりついて一緒に楽しく登ってくれた。

子供の頃に吠えられたり追いかけられたりした記憶から犬は大嫌いだったけど、なんか犬もいいね。とか思えた。

階段を上り山道を歩いて登ると休憩所とお寺のような神社のような家があった。
でも、滝はもっと先らしく段が続いてた。。
犬はここに住んでるらしく、その先にはついて来なかった。

ファイル 917-3.jpgその先は所々に地蔵や金剛像があり、「山の神」とか鳥居とかもあって信仰の滝なのかな?って雰囲気だった。

汗かきながら登ると滝に出た。
しんどかったけど、わずか5分足らずの登りだった。200mだもんね。

ファイル 917-4.jpg

ファイル 917-5.jpg滝は落差こそそんなでもないけど、まっすぐ落ちる滝で、何より落ちた水が岩に当たる音が良かった。
風も涼しくちょっと休憩。

周りにはカワトンボが木漏れ日と新緑の中を沢山飛んでいた。

ファイル 917-6.jpg休憩室まで下ると、もう犬の姿はなかった。
なんだ、つまんないな、、とか思いつつ下まで降りると、駐車場で2匹共寝転がってた。。
帰るお客には興味ないらしい。
ありがとねーって言ってなんかご褒美あげればよかったかな?
気が利かなくてごめんね。

タグ:楽:登 景:滝 観:宮 動:虫 動:獣

紐差教会

ファイル 916-1.jpg平戸市紐差町にある教会。
そういえばドライブ中に教会に寄るなんてドイツで行ったくらいで国内では始めて。
長崎県は何度も来てるしあちこちでカッコイイ教会も見かけて来てたけど、なんかお寺よりも近寄りがたい気がしてた。
でもま、深いこと考えずに、平戸に来たんだから一箇所くらい寄っとこうかと、軽いノリで寄ってみた。

ファイル 916-2.jpgやっぱドイツで凄い教会見ちゃってるからしらけちゃうかなぁ、、とか思いつつ聖堂内部を覗いたら、、
お、おー
結構大きい聖堂で思ったよりずっと立派だった。
目は大きいけどステンドグラスの色彩に照らされて綺麗だった。
天井も高く、模様が素敵だった。
内部の撮影は禁止とあったし、いろいろ注意書きかあったので、少し覗く程度にしておいた。

写真は外装だけ。なかなか立派な建物。昭和4年築だそうだ。
その前の明治中期に建てたものは離島に移築したそうだ。
長い禁制の江戸時代が終わって協会が建った時はさぞかし嬉しかっただろうな。

ファイル 916-3.jpg

案内板にあった内部写真だけ撮ってきた。直に見るともっときれいだった。

協会の裏に「十字架山」という案内があったので行ってみた。
けど、
なんか十字架が立ってて石碑が囲む裏庭があるだけだった。これを十字架山というらしい。

ファイル 916-4.jpg
ひと回りして教会の後ろ姿眺めて車に戻った。
平戸市街からは離れてて観光客もチラホラくらいだったので気軽に見れたし、思ったより雰囲気良くていい教会だった。

タグ:観:建 観:庭

道の駅 生月大橋

ファイル 915-1.jpg平戸市生月町南免の文字どおり生月大橋の袂にある道の駅。
ここは11年前(02年5/5)に来たときに夜寝た道の駅。
夜から霧が濃くて、朝起きてもまだ霧が濃くてガッカリした憶えがある。
この写真の角度で橋が全然見えてなかった。

いやーこんな風に一度来た時の印象が強く残ってあまり良く思ってない場所って他にも沢山ありそうだ。
イイ天気の日にまた来れてホント良かった。

ってわけで、たっぷりと橋を見物。いやぁ大きいトラス橋だねぇ。
この鉄骨感がいいよね。「鉄橋!」って感じだよね。

ファイル 915-2.jpg

橋の先の海には隠れキリシタンの聖地「中江ノ島」が浮かんでた。
橋の手前には「潮見神社」というのがあった。神社もあるんだねぇ。

ファイル 915-3.jpgそして小さな観光売店にも入ってみた。
売店の脇には鯉のぼり、、ならぬ鯨のぼり。
鯉は滝をのぼって龍になるなどと言いますが、鯨は何をのぼって何になるんでしょうね。
ちなみに此の生月島は昔捕鯨が盛んな島だったそうで、かつては江戸時代に日本一の鯨組があった島だったそうだ。

ファイル 915-4.jpgでもそれは昔の話、売店内のお土産のメインはアゴ(飛魚)の物が多く並んでいた。
チョコチョコ試食して歩いて、一番おいしかった「あごみりん」(そのまま食べられる甘煮干し)とフリカケを買って帰った。

「あごみりん」はみんなに土産で配ろうかな、、、とか思ってたけど、結局自分で全部たべちゃった。。うまかった。

タグ:観:橋 観:宮 観:飾 景:海 景:島 楽:買 道の駅

大碆鼻灯台

ファイル 914-1.jpg生月島の北端部の「大碆鼻」にある灯台。
これで「おおばえ」と読む。
駐車場から舗装された急坂を少し登ると頂上の灯台広場に出た。
おお、おお、脇から登れるタイプの灯台なのか。これはいい展望台だ。
早速のぼってみたら、これはこれは大パノラマのいい景色。

ファイル 914-2.jpg
↑click:2000×440

海岸の断崖や、北端になる大碆鼻と鯨島、遠くにうっすら的山大島?等の島々、陸には棚田、海には小舟などどの角度も面白い。

ファイル 914-3.jpg

海でなんか白いのが集まって流れてる箇所があった。
アレは何だろう、、ズームいっぱいで撮ってみたら小魚の群をサメだかイルカだかが囲って追ってる感じだった。

天気は最高で小さいけど白い灯台は青空に雄々しく突き立って見えた。

ファイル 914-4.jpg

この灯台の下に高さ100mという大碆鼻断崖があるみたいなんだけど、足元は見れないのがちょっと残念かな。
遊歩道を歩いて登れば途中で見れたんだろうけどね。

ファイル 914-5.jpgたっぷり展望して駐車場に戻る。
この戻る下り坂も眺めよかった。

駐車場は相変わらず混み合ってて後から後から来る車が困惑していた。

タグ:観:灯 楽:眺 景:海 景:岬 景:島 景:崖 観:船 観:農

塩俵の断崖

平戸市生月町壱部の海岸にある断崖の景勝地。
11年前に来た濃霧の朝は、丸で何も見えずにここで引き返した。
何メートル先が崖なのかも分からないくらいの霧で歩くのも恐かった。。

さて今日は、そんな思い出は何の事やらってくらいスッとぼけられたような晴天で、断崖もバッチリ展望。
おお、おお、いいねぇ。剥けそうな柱状節理の断崖。

ファイル 913-1.jpg

空にはトンビが飛び回ってた。
あ、いやいやこれはトビじゃなくて説明があった「ミサゴ」ってやつなのかな?(腹が白くないからトンビっぽい、、)

で、風も心地よく断崖をのんびり眺めた。

ファイル 913-2.jpg

ファイル 913-3.jpgで、ここでも蝶がまとわりついてきた。
小さな青いシジミチョウで、これは「シルビアシジミ」ってやつかな?
足元の蝶をゆっくり屈んで写真撮ったり追ってみたりしてたけど、展望台の周りで何をしてるんだろう?と不審がられてたんじゃないかな。。(ノ^o^)ノ'''∞

タグ:景:崖 景:海 景:岩 観:地 動:鳥 動:虫

島原武家屋敷

ファイル 60-1.jpg
島原城の西に残る旧武家屋敷の通り。
湧き水が流れる水路が真ん中にある涼しげな未舗装路。
いい雰囲気だ。

ファイル 60-2.jpg

ファイル 60-3.jpg通りには普通の家に混ざって数件の武家屋敷が残ってる。
観光用に解放されていて、靴を脱いで上がることが出来るようだ。
ちょっと覗いてみた。

ファイル 60-4.jpgところで、
島原の乱で島原城の城下町は一揆軍の農民達に略奪され焼討ちされたとあるけど、ここはどうだったんだろう?
ということについては一切触れてなかった。

っていうか暑くて腹減ってたので軽く雰囲気だけ見て歩いた。

そしてずっと歩いて戻るのは表の通りに出た。
さっき車で通った時に、途中に食事できる店を見かけてたのだ。

ってわけでその「食事処 菜かの」という店で昼食。
ファイル 60-5.jpg島原名物の具雑煮を食べた。(暑いのに)
普賢岳噴火の写真集を見ながら料理を待った。島原づくし。

この具雑煮とは、天草四郎率いる一揆軍農民が原城で籠城した際に食べてたものだとか。
へーうますぎ。
どこに感情移入して何を見て喜ぶか、、難しい町だね。

タグ:楽:歩 観:街 観:屋 餐:餅 餐:汁

島原城

島原藩主の居城。
キリシタン弾圧、過酷な年貢と重税、そしてこの火山近くの悪地盤の上に建てた分不相応すぎる立派な城の労役が島原の乱の元になったといわれる。悪名高き庶民の敵の城。。
の筈だけど、
昭和の戦後には天守や櫓をいち早く鉄筋再現。
ってことは後年はそんなに忌み嫌われてたわけじゃないのかな?
(いやいやその後も重税は続いたらしい)

来てみたら。。観光地!って感じの城だった。
(いやいやGWだったらドコの城もこうじゃないかな?)

入城料¥520の復興天守は、(展望用に)最上階まわりが違うくらいで外見は殆ど昔の形の侭らしい。
破風の無い五重五層の四角い城。立派だけど変化が無いデザイン。外見だけ見て中には入らずに城内を歩いた。


ファイル 59-1.jpg三重櫓の西櫓は無料で入れた。
一階は神社になってた。



この三階から見る天守閣が一番いいアングル。ファイル 59-2.jpg

巽櫓は有料。天守とセットらしい。
西望記念館という彫刻家の記念館。パス。

ファイル 59-3.jpg丑寅櫓は無料。
民具資料館。昭和のビルに古道具屋が入った雰囲気。。
三階も展望には不向きな格子窓。歴史的にはこれでいい。



隙間から正面の海が見えた。ファイル 59-4.jpg

以上。
三重櫓×3と五重の天守の城。
(昔は櫓が四十九棟もあったとか。。。wiki)
江戸時代最大の内乱と言われる島原の乱でもビクともしなかった強固な守り。
歴史はこんなに酷いけど平和な今見りゃ立派な城じゃん。
と、そのあたりで納得。何だかんだ言っても僕も観光だしね。

タグ:観:城 観:閣 観:櫓 景:町 楽:眺

ページ移動