記事一覧

トロピカルビレッジ

ファイル 2574-1.jpg袖ケ浦市神納の県道沿いにあるハワイアン農園。
ハワイなどの南国の花「プルメリア」をメインにした店。

妹のリクエストで今回の目的の店。
っていうか実は先週から行きたいって言われてたんだけど、僕はハワイとか興味ないから「それはハワイ好きの友達とかと行けば?」と言ってて却下してたトコ。
そもそもプルメリアという花はまったく知らないし、植物はサボテンでも枯らすような男なので場違いすぎるでしょう。

今日はまあいいかつきあうかと大らかに同行。
駐車場は細道の坂の上の屋敷の門を曲がった脇の奥にあって、大きい車で来たらキツそうだなぁ、、ってトコだった。
で、表に下って店に入った。

ファイル 2574-2.jpg

店は手作り感あるビニールハウスの温室を建て増したような洒落た感じで、入口の横の小物ギャラリーみたいな小屋には猫がいた。
店の人の話では勝手に入ってくる近所の野良猫の子だそうで、親はなつきはしないんだけど逃げもせずいつでも店に入ってくるそうで、話を聞いてる間にも通りかかった。その子を保護して里親を探しているそうで、小ネコ目あてて来るようなお客さんもいるんだそうだ。
うちらは兄妹そろって猫派なので抱かせてもらって癒された。

そして中をみせてもらった。鉢植えのプルメリアが沢山並んでいて、木になってるものもあり中には花を咲かせているものもあった。花はこれからが時季だそうだ。ふーんこれがプルメリアかぁ。
プルメリアは種類豊富で花の色も形も様々でいろんな種類があるそうだ。

ファイル 2574-3.jpg

もちろんプルメリア以外の植物や花もあり、最近充実してきたというエアープラントは花が咲いていた。え?エアープラントって花咲くんだ。。知らなかった。エアープラントも育ててたことあるけどすぐ枯らしちゃったもんな。。

妹は以前プルメリアを育でた事があったそうだけど、根も出る前に腐らしてしまったそうで、店の人とそういう話をしつつハワイの話をしたい感じで、客観的に見てて「ああ、これはまた話すだけ話して何も買う気がないパターンだな」と思えたw
この店は国内のハワイアンイベントとかにもよくでてるそうで今日は旦那さんがどちらかに行ってるそうだ。もちろんハワイにも行くそうだけど、この奥さんは毎回ハワイに行ってもほとんど海で泳いだことなどなくいつも植物ばかり見てるそうで、よっぽど好きなんだと感心したし、こだわりと愛情をもって花を育ててるんだと思えてステキだと思えた。
で、(長くなりそうだし暑いし)カフェメニューもボードにあったので僕は「水出しアイスコーヒー」を妹はビールをたのんだ。

ファイル 2574-4.jpg

でも店の人が丁寧に育て方を教えて暮れてるので「こういうアドバイスがちゃんと聞ける店で買えばうまく育つよ!買ってってみなよ」と妹の背中を押してその気にさせて、一鉢購入。
ちゃんと土に固定して、水の量や梅雨時と夏になってからなどを教えてもらってた。
僕もこういう店でちゃんと話聞けばウチワサボテン(千葉で定着して自生してるものもあるサボテン)くらいなら育てられそうな気がしてきた。

ファイル 2574-5.jpg最後に少し奥のハウスの温室の方とかも見てまわったら、立派なパパイヤが堂々となってた。

車に戻ったのが2時過ぎ。一時間半もいたけど飽きずに楽しめた。
正直まるで興味なかったけど話を聞くとステキだなと思えて少し惹かれた。
妹の買ったプルメリアが花を咲かせたら、自分もエアープラント再挑戦とかしてみようかなと思った。
 
 
後日譚というか、妹はすっかりこのプルメリアを気に入って名前まで付けてかわいがってるそうだ。
俺が背中押したおかげだぞ感謝しな。

タグ:植:花 植:樹 植:実 観:農 動:獣 楽:買 餐:飲

市原SA

ファイル 2573-1.jpg市原市海保中木々音の館山道にあるサービスエリア(の下り線)

今回、館山道を初めて通行したのでもちろんここも初めて寄った。
あ、よーく考えたら昔、会社ん人の車の助手席で釣りに行く時に通ってはいたかもだけど、ここはやっぱり間違いなく初めて寄った。

妙に洒落たリゾート風なサービスエリアでアメリカンというか西海岸というかハワイっぽいというか、そんな感じで妹は気に入って沸いてた。

で、外からガラス越しに見えた青いワーゲンバス、海用品売り場のオブジェになっていた。
まぁどうせレプリカでしょとか思ってパーッと見て通過してたけど、奥にももう一台ピンクのが置いてあった。
なんだろ、ワーゲンバスって海のイメージなのかな。かわいいとは思うけど、錆びには弱そう。

こちらのピンクのはサーフボードのだまし絵(飛び出して立体に見える絵)が前にあった。
妹が乗った写真も撮ったけど、あんまし飛び出して見えないしここに載せるのはヤメといた。

ファイル 2573-2.jpg

このワーゲンは横も開いてて中に乗れて運転席まで入れるようになってた。狭いから入らなかったけど、バエそうなのをたくさん用意しててスゴイなぁ。

店はお土産も充実してて、ビレバンぽい店もあり、ハワイっぽかったりもしてて妹も喜んで見てまわってた。

ファイル 2573-3.jpg空腹な僕は何か食べたくて「市原」の名が入ったメニューを目当てにフードコートを見てまわり、中華の店の「市原醤油ラーメン」というのを食べてみた。

、、けどこれは失敗。今どきなラーメンぽいけど特にどうのということはなく、まぁ悪くはないけど良さは無い感じだった。掲載割愛しようかと思ったけど一応食べたは食べたので。
テーブル席の天井も壁もいい雰囲気だったので勿体ない。もう少し選んで食べればよかった。。
っていうか、外に近隣の紹介コーナーがあって「ホワイトガウらーめん」も紹介してて、妹が気になってたので、高速降りてからそっちの店に行けばよかった。。

外に出て、妹の喫煙タイムの間に口直しのソフトクリーム。
マックスコーヒーソフトを食べた。
マックスコーヒーはコカコーラ社のコービーブランドで東関東限定なのかな?千葉の代名詞的な商品になっている御当地飲料。僕は千葉県民だから普通に知ってたけどそんなに馴染みもなく、こんなに面白がって千葉名物っぽくなってるのが不思議なんだけど、まぁネタとして食べてみた。

ファイル 2573-4.jpg

まぁ普通にコーヒー牛乳味でおいしい。マックスコーヒー自体、やけに甘いだけで個性のあるものでもないから、マックスコーヒーなのかどうなのか違いはわからないけど、ラーメンよりは全然楽しめた。
暑かったしねー。

で、こんな暑いのに妹は「気になった」と云って中華まん購入。
何て言ったっけこれ、一口貰ってみたら辛くてむかついた。。「あ、ほんとだ後からくるわ。ごめんごめん」って、かんべんしてよー

と、なかなかいい雰囲気なんだけど失敗も多いサービスエリアだった。

タグ:餐:冷 餐:ら 餐:饅 餐x辛x 観:車 観:絵 観:P

さくらの山公園

ファイル 2572-1.jpg成田市駒井野の県道沿いの成田空港北西脇にある公園。

夕方ギリギリな時間に来ておきながら、駐車場前の鯉のぼりとか暢気に写真撮ってたりしてたので、その先の売店「空の家 さくら館」は閉店時間。
でも扉は開いてたので中入って土産物を物色しつつ、飲食コーナーの「ひょうたん蕎麦」というのが食べられなかったのが残念だけど、旅客機の模型を見たり飛行機グッズを見たりしてウロウロしながら、何も買わないで店を出た。イヤな客だw

そこから先に進んでゆるい坂を上って、さくらの山公園の展望所に歩いた。

ファイル 2572-2.jpg

道脇の公園の花を見つつ上にあがると、そこは成田空港まるみえの飛行場展望台。
僕はそんなに旅客機に興味ないんだけどね、、妹は大好きでテンション上がってた。
飛行機がというより、海外に飛び立つ乗物が好きという感じかな。メカやスペックや細かいことを話し込まれるわけではないので気楽に見れた。

ファイル 2572-3.jpg

離陸する飛行機も着陸する飛行機も良く見え、着陸時にタイヤの煙が上がる機と静かに降りる機とそれぞれだったりしてそういうのを眺めてた。

妹は飽きずに公園の端いっぱいまで行って観てたりした。
僕はそんな様子を俯瞰で眺めつつ、色んな色の旅客機を見ては海外に行く人や来る人が沢山いるんだなぁ、、とぼんやり思ってた。
まぁ僕はもうこの先海外に行くことはないだろうと思うけどね。

ファイル 2572-4.jpg

タグ:観:園 楽:眺 観:機 観:飾 観:模

香取神宮

ファイル 2571-1.jpg香取市香取にある下総国一宮の神社。

僕は何度も来てるとこで、妹のリクエストで来てみた。
点景にも二回もしてるのでここもあげるつもりなかったんだけど、まぁ前回から六年も開いてるからいいかな。(前々回からは九年)

大きな駐車場は割と混んでて、開いてるトコあってラッキーって感じだった。結構閑散としてる時に来ることが多いからか、正月でも何でもないこんな時期に人が多いのは意外だった。

そして駐車場の前には参道の店が並ぶ。
初めて来た妹はGWに行った伊勢神宮で少し神社に興味持ったらしく、店も並んだ大きな神社ってことでテンション上がってたけど、この香取神宮はその伊勢神宮と肩を並べる『日本三大神宮』の一つではあるのに、比べるべくもないくらいの参道の店数と規模で聊かくすぐったい。(もっとも『三大』に数えられたのは平安時代の話だけどね)

で、店は帰りに寄る事にしてまずはお参り。
商店の先の赤い大鳥居をくぐってゆるいカーブの登り坂の砂利道の参道を進む。
なーんか、僕は帽子かぶってはいたけど熱さにやられたのか(昨日の埼玉での暑さの疲れが残ってたみたい)妙にだるくてゆっくり歩いたけど、妹は妙に元気でせかされた。

そして石の鳥居から階段上って赤い総門をくぐった。

ファイル 2571-2.jpg

手水を使い楼門に進んだけど、その赤い楼門の参道の前に木の船が置かれてて植えられた白いアヤメが咲いていた。
「水郷佐原あやめパーク開花状況」とあったので、これを見てあやめパークに行く人も多いんだろうなとも思ったけど、いやーたぶんアヤメを見てから来る人が多いから混んでるんじゃないかなーと思えた。
ここでもう3時なのでうちらは結局もうあやめパークには行かないだろうと思い、取り敢えず「さわら町屋館」とここで見たからいいかと満足した。

赤い楼門は天気いいからか妙に朱赤がキレイで緑の中に目立っていたけど、僕の香取のイメージは黒なので、勝手ながら赤いのはおとなしくしててほしいと思った。

そして境内に入ってお詣りした。

ファイル 2571-3.jpg

うんやっぱ黒くてカッコいい拝殿だなぁ。
練習艦香取の描を見つつ横から裏に廻って本殿を拝見。朱雀の彫刻もきれいだった。
そして表に戻って樹齢1000年の御神木の杉を見上げつつ、一応「宝物館も行ってみる?」と聞いたけど妹は興味なく境内を出た。

参道を戻ってて、その途中の脇道の先の「要石」を見に行こうと妹に言われたけど、自分は前に行ったから気乗りがせず「なんか疲れちゃったからここで待ってるから一人で行ってくればー」と言ったらゴネられたけど諦めたらしい。もうしわけない。

そして参道の商店街に戻った。
ゆっくり見て歩いて妹が気になったのは店先でタケノコを売ってる店。
朝採ったという「破竹」という伸びかけたタケノコ。すぐ伸びるから「破竹の勢い」というのはこれからきてるんだそうだ。
なーんかまた妹は話だけ聞いて一本剥いてもらったりしながらも買わないんだろうなーとか思って見てたら気に入って購入してて驚いた。買うときは買うんだ。(破竹の写真を撮ったつもりで撮ってなかった、、)

あと、最後に参道の端の店「亀甲堂」で店内に入ってカキ氷。
妹は焼き団子を食べた。

ファイル 2571-4.jpg

「厄落とし氷」という名の抹茶のかき氷。こしあん団子(厄落とし団子)が刺さってた。

タグ:観:宮 観:門 楽:買 植:樹 植:花 餐:冷 餐:菓 食:串

板前割烹 真亜房

ファイル 2570-1.jpg香取市佐原の小野川沿いにある料理店。

引き続き小野川に沿って少し歩いてて、少し人が減って静かになったあたりで見かけた店。
パッと見、普通な小さな旧商店な感じの店で看板に冷やしの五島うどんとか出てたので「ここで食事してっちゃおう」と気軽に入ってみた。

ら、
店内はキレイで洒落た料理店。
あまり気軽な感じじゃなかったけど、着物着た店のおかみさんの喋り方が独特で面白く、楽しい感じで席に着いた。

ファイル 2570-2.jpg妹はさっそくビールとか飲んでた。
(これの為に「芋ペチーノ」は一口だけにしてたらしい)

さて14年前に五島に行って五島うどんを食べなかったことを後悔している僕は迷わずうどんメニュー。あついから冷たい限定メニューで「恋する豚しゃぶうどん」、妹は「恋豚肉みそうどん」にした。
恋する豚は、栗源の道の駅の先にある「恋する豚研究所」の豚肉らしい。(行ったことはあるけど小洒落すぎてて退散した、、)

で、まず先にセットの茶わん蒸しが出て来た。お上品。熱いから冷まして待ってるうちにうどんがきた。

ファイル 2570-3.jpg

豚しゃぶうどんはサラダメインのような感じでゴマドレ効いてて、さっぱりしゃっきり。
うどんは細めのパスタの様な丸い麺。これが五島なのかな。もうサラダ感覚でおいしく食べた。
(でも少しもらった妹の肉みそうどんの方が好みだったかも、、)

食事は気が向いたとこですかさず入らないと逃して結局何も食べなかったなんてことが多いから、いいタイミングで店に入れたのは良かった。おいしかったし。

店を出てゆっくり店先の人形像や鉢の蓮を見つつ、折り返して小野川沿いの道を戻った。

ファイル 2570-4.jpg

来る時の対岸側の道なのでこっちはこっちでちょこちょこ店をのぞきながら歩いた。
まずすぐ先の「正上」という店で前から気になってた佐原名物のワカザギのいかだ焼きを買ってみた。(あれ?これ、買って帰ってから食べてないぞ、、どこやったっけ、、と見てみたら賞味期限8月下旬で余裕だった)

柳の葉の垂れる小野川を眺めると、あまりきれいな水ではないけど水草のコウホネの黄色い花が咲いていた。(「ナガバコウホネ」という千葉ではここでしか自生しない種だそうな)

川を眺める間、妹は寄ってもいない店のベンチで喫煙休憩。たいしたもんだ。

タグ:餐:麺 楽:歩 楽:買 景:川 植:花

上川岸小公園 さわら町屋館

ファイル 2569-1.jpg香取市佐原イの伝統的建造物群保存地区内の小野川沿いにある観光施設。
先月オープンしたばかりだそうで「さわら町屋館」というのは愛称だそうだけど、小公園というには建物主体で聊か違和感があり、町屋館の方がしっくりくる。
佐原はドライブコースでよく通過する町、市街もたまにふらっと歩いたりしててしばらくぶりではあるけどそんなに新鮮味は無かったので、点景に書くつもりなかった。んだけど、ここは初めて来たのでまとめてみた。

で、今日は珍しく妹が佐原市街を歩こうと言い出したので県道の無料駐車場に停めて歩いた。(今まで何度か佐原でも歩くか提案した事あった筈で全然興味示してなかったんだけどなぁ)

まずは八坂神社。
ここに「山車会館」という山車を展示した有料の資料館があり、入るならそこは初めてだから点景にしようかと思ってたけど、それには興味を示さずに「有料は勿体ない」とスルー。
お詣りして御神木の樹齢350年のケヤキを眺めて涼んだ。

ファイル 2569-2.jpg

そして佐原市街は「植田屋荒物店」とその奥の蔵を見物。
妹は何も買う気無いのに平気で店の人と話ししてたりしてスゲーなと思った。

そして「伊能忠敬旧宅」も見物。
ここも以前に点景にしてた筈だから写真は適当に数枚撮っただけだったけど、後で見たら点景項目初めて初期の頃の記事だったから写真少なく、もっとちゃんと撮って再掲載してもよかったかな、、と思った。

日本の音風景100選の「樋橋(じゃあじゃあ橋)」も丁度水が流れてじゃあじゃあ言ってた。

「伊能忠敬記念館」は僕のおススメだけど妹は「別にいい」とスルー。一度行ってるし入ったら僕の方が長くなるから通過で正解。

ファイル 2569-3.jpg

足元にはキレイなマンホールを見かけた。おお、どこかでカード配ってないのかな?とか思ったけど、マンホールカードの幟とかはどこにも見かけなかった。(カードになってはいないらしい)

その後も妹は何も買う気無い店にも平気で入って見てまわってた。女性は強い。

そしてこの「上川岸小公園 さわら町屋館」に来た。
建物の脇から奥へ進むと中庭に出た。
雰囲気よく中心にアヤメがあったので「写真撮って」といわれた。これから「あやめ祭り」に行くのに、、と呟き乍ら写真撮った。(結局行かなかったけど)

ファイル 2569-4.jpg

で、裏から建物に入ってみると、一階はちょっとした売店と休憩用の広い疊座敷になっていた。

ファイル 2569-5.jpg気になったのはカフェ売店の「芋ペチーノ」甘い芋のスムージー。
黒蜜味とショコラ味とあって少し悩んだけど、無難にショコラ味を買ってみた。

これはこれは、しっかりと芋の味と繊維が生きた飲みやすいチョコスムージー。
クリームとけんぴが乗ってパフェ感もあった。
妹は一口だけでいいと遠慮して(こういうのは遠慮するんだ、、)ゆっくり味わえた。

いい休憩になった。これがおいしかったから点景にしようと思った。

タグ:餐:冷 楽:歩 楽:音 観:街 観:宮 観:建 観:橋 観:具 観:館 植:樹 植:花

水辺まつり

ファイル 2568-1.jpg北本市荒井の荒川河川敷にある水辺プラザ公園での催物。
友達のおがぴに誘われて、その一角で行われてる「第3回 北本水辺公園まつりクラシックカーフェスティバル2019」という旧車の集まるイベントを見に来た。

水辺プラザ公園はたいそうな名前だけど、とくに施設や遊具などは無い川原の広場。
車のイベントだけかと思ってたけどそうではなくて地域の休日の催しが主体のようで、消防車や豪雨体験車なども来ており、他にも児童用の体験学習的な催しもあるようで子供連れも多かったし、飲食店テントも並んでいた。

まずは一番奥の旧車のイベント場に歩いた。
車にはまるで興味がないというTOMOちゃんは早速ビールを購入。車は見ないで他を見てるそうなので、おがぴと二人でゆっくりまわった。

ファイル 2568-2.jpg

車は昭和の懐かしの車、、という事だったけど、え、これは平成じゃないの?というのも混ざっててわりと自由な感じ。
わりと普通な感じの車もあったりしたけど、でもさすがに並べるだけあってどの車もこだわり強く、オーナーさんに話を聞くと「これは初期型の最終タイプで、、」とか好きで大切にしてる感じが伝わって楽しめた。

色んな車があったけど(CR-Xは無かった)一番印象的だったのは赤いパブリカ コンバーチブル。すごくキレイでオーナーさんの話も面白かった。

ファイル 2568-3.jpg

やっぱこんな風にずっとずっと愛車を大切にしてるのは憧れるなぁ。
でも僕は雑だし磨くより走りまわるの優先だから無理だよなぁ。

実は僕はあんまり車に詳しくないんだけど、一緒に廻ってたおがぴは詳しく、オーナーさんとの話しでもいろいろ引き出してくれてて楽しめてありがたかった。
間違いなく一人で来てたらオーナーさんには話しかけられないだろうし、つかまって話し込まれちゃっても頓珍漢な対応で呆れられちゃいそうだ。

一時間ほどまわって一通り見て広場に出た。
搭乗体験とかもできるそうだったけど、助手席に乗りたいとは思わなかった。

広場では傘付テーブルのひとつを陣取ってのんびりした。日差し強く暑かったけど湿気は左程でもなく日よけできればゆったりできた。
で、交代ごうたいで飲食店テントを物色。みんなカキ氷を買ってた。

ファイル 2568-4.jpg

沢山並んだ多彩なシロップは好きにかけられて、見てると大人も子供もいくつもの色をかけまくって混ざって汚い色になっちゃってたりした。
僕はシンプルに一色だけで黄色いマンゴー味。まぁシロップなんてどれもそう変わらないんだけどね。
カキ氷日和の暑い午後で気持ちよかった。

ファイル 2568-5.jpgこの後はとくに予定もなくさらにのんびり。
時折吹く強い風で隣のテーブルの傘が倒れてとんで来たりしつつ、エンドレスで流れるBGMのオルゴール風「風の谷のナウシカ」を聞きながら暑い午後を過ごした。

そして、友達はクレープやら東松山やきとりやら買ってきて食べてた。
僕はカキ氷をおかわり、、のつもりだったけど、カルピスフローズンというのもあったのでそっちにした。
さらさらヒンヤリでほどよい甘さ。ちょうどよかった。

ファイル 2568-6.jpg2時半で旧車のイベントは終了して広場を次々と並んで旧車が退場してた。みんなちゃんと動くんだねぇ。
そんな車を眺めつつ、全台退場し終わるまで見送ってもまだのんびり。
飲食店テントも片付け始めた3時過ぎにやっと退散した。

駐車場に戻ると随分車は減ってたけどそれでもまだ残ってる車は多かった。
早い時間だけど風呂でも行こうかと話し合って場所を確認。
ナビ入れて出発しようとした時、ゆらゆら揺れていた。
千葉南部で最大震度5弱の地震だったらしい。
このあたりは震度2か3?友達は全然気がつかなかったそうだ。

タグ:楽:催 楽:集 楽:話 景:原 観:園 観:車 餐:冷 餐:飲

やまがたらーめん きたもと屋

ファイル 2567-1.jpg北本市荒井の県道沿いにあるラーメン食堂。

友達に待ち合わせ場所として知らされた店。
山形らーめんということで、あのおいしい冷やしラーメンが食べられるかなと期待して来てみた。

到着は開店チョイ前で、駐車場に停めて位置直してたところで友達のおがぴの車も到着。丁度いい時間だった。
で、おがぴにお初のTOMOちゃんを紹介されつつ、先ほどの防犯ブザーの失態の話などしつつ、県央道は早いねーとか話しつつ、気がつけば店も開いてたようなので三人で店に入った。

車の正面の席に着いてメニューを見ると、山形のラーメンをメインにしながらも、北本の名物というトマトを使ったカレーやハンバーグの洋食メニューもあり、夜の酒のつまみも充実してそうな多角的な店だった。

で、僕は迷わず「冷やしラーメン」。
それと追加のサイドで「山形だし飯」というのをたのんだ。

ファイル 2567-2.jpg

「冷やしラーメン」はしっかり冷えてて脂もかたまらずにおいしく啜れた。
けど、自分が思ってたようなシンプルな山形の冷やしラーメンとはちょっと違ってていい味付けがされてる感じがした。
とは言っても山形の冷やしラーメン自体店によって違ってて、「これが!」というスタンダードは分からないのでいいのかなと思えた。(考えてみたらシンプルな冷やしラーメンはコンビニに揃ってるから、それだけじゃ弱いよね)

そして「山形だし飯」というのは、実は山形では食べた事がなくて牛丼屋の松屋の限定メニューで食べて気に入ってたもの。
とろとろコリコリでいい味のだしかけご飯。暑い日にいい感じの食事でおいしかった。

食べた後も話したりして1時間弱ゆっくりしちゃった。
でもギリ昼前には店を出たからいいよね。

タグ:餐:ら 餐:飯 楽:集

道の駅 はが

ファイル 2566-1.jpg芳賀町祖母井の県道沿いにある道の駅。

何度か来てる道の駅で点景にも二回書いてるけど、久々に来た。
日帰り温泉施設のある道の駅なので、栃木方面の定番コースをまわった帰りにここで風呂入って帰ろうかなーとはよく思うんだけど、なんかいつもの帰りの道から微妙に外れてて、ちょうど広域農道でスイスイ進めてる区間で通過しちゃって毎度こっちにまわることなく帰っていた。

けど、今日はここで風呂入ろう!と決めて上河内に進まずにこっちに向かって久々の来訪。

まずは道の駅のスナックコーナーや売店や(改装工事中の横の)農産物直売店をひとまわり見てまわった。

ファイル 2566-2.jpgそして目的の風呂風呂。芳賀温泉「ロマンの湯」に行った。
入ったのはいつぶりなんだろう?どんな風呂だったか完全に忘れてた。
まぁそんなに特徴のない温泉なんだろうと思って入ったけど、内湯の湯は濁りのない黄色みがかったぬめる湯で群馬の北橘っぽい湯、露天風呂は無色ながらやや青黒いような群馬の榛東っぽい湯だった。
二種類の温泉?湧出量少ないから他から持ってきてるのかな??
なんて思ったけどそんなことはなく、ここ、2つの別の温泉が湧き出ているんだそうだ。へー
前からそうだったっけ??やっぱり憶えていなかった。。

風呂上りは少しゆっくりしようと奥の座敷広間に行った。その広間の手前の厨房のメニューの「子宝餃子」というのが気になった。
子宝というのは地域に子授け地蔵の寺があるからの命名だそうだ。芳賀特産のニラ使用で、隠し味に梨果汁が入っているとか、、
個人的に子宝は関係ないけど取り敢えずご当地ものなので注文してみた。

ファイル 2566-3.jpg

見た目普通の餃子に餃子のタレの袋がついてた。
素直にそのタレで食べたら、これ最初からラー油入ってるやつで辛かった。。はらたった
醤油と酢で仕切り直し。でも気分は仕切り直せなかったか、別に面白みのない普通の餃子に感じた。ニラの風味も強くなく、隠し味の梨は完全に隠れてた。

ぱーっと食べて少し横になったけどなんか面白くない気分だったのですぐに退室した。

道の駅に戻ってアイス工房で「おとめジェラート」を食べた。

ファイル 2566-4.jpg

餃子はすっかり忘れておいしく食べた。単純なもんだw
 
 
ちなみに前回の点景
  →
  →

タグ:楽:湯 餐:餃 餐x辛x 餐:冷 道の駅

生ゆば処 町田屋 白沢店

ファイル 2565-1.jpg沼田市白沢町上古語父道祖神の120号沿いにある湯葉工場直売店。

ここは「生ゆば食べ放題」(要予約)というのがある注目スポットだそうで、友達のしばおが見つけて予約してくれてた。

本来はどうやら団体さん用のようで、店前の駐車場は観光バス用になっていた。
それとは真逆の車五台で五人の客といううちらだけど、店の人はイヤな顔せずに誘導されて店の横にびっしり寄せて駐車。
「狭いトコでごめんなさい」とまで言われた。

ファイル 2565-2.jpg車を降りて、店先の町田大明神とか見つつ店内に入ると、そこは工場の一角の土産売り場。
飲食店だとばかり思ってたので少々困惑。

で、そんな土産売り場の商品の横から通されて隣の湯葉工場に入った。

目の前には湯葉を作る枡分けされた槽があって、発泡お椀と針金が渡され説明を聞いた。
これでできたてのゆばをすくって食べるそうだ。
へーへーこれはおもしろい。

ファイル 2565-3.jpg

立ち食いだけど、作られ続けるゆばを掬うのを楽しむアトラクションって感じでむしろその方が楽しめた。

ファイル 2565-4.jpg調味料も色々用意されてて試せて飽きなかったし、麺つゆとか鍋汁とかコンニャクもありお茶もジュースもあった。
この鍋汁が野菜も茸も蒟蒻も筋肉まで入ってて特に美味しく何度も味わったし、湯葉を揚げたチップスもあってこれがまたおいしかった。

ゆばはちゃんとした膜になるより、大丈夫かなーってくらいの若いくらいが柔らかくておいしく、五人でまわって飽きるまで食べた。

もうしばらくゆばは食べなくていいやw

あきるほどたっぷり食べて終わる頃に入れ替えで次の団体さんが入って来た。
あーこれ、うちら五人くらいだったから、後から何人か来てもすぐにゆばできて楽しめてたけど、団体さんとかだとゆばがなかなかできなくて競争率高そうでかわいそうだなぁ、、とか思いつつ土産売り場に出た。
土産は別にいいか、、(九州でも買わなかったくらいだしw)自分用にゆばチップス「湯葉のパリパリ揚げ」を買った。

店の人は「僕も車が好きで昔インプに乗ってたんですよ」と気さくに話してくれて、「豆乳甘酒アイス」というのをサービスでいただいた。匙は無く箸で食べたけどおいしかった。

ファイル 2565-5.jpg

店出たけど、車は次の団体さんのバスに塞がれてしばらく出れなかった(裏の道へは出られたけど、少し段差有るので車によっては擦りそうなので無理ということで待つことにした)

ファイル 2565-6.jpgで、店の裏でのんびり雑談してたら「ごめんなさい、これ飲んで待っててください」と店の人が100%リンゴジュースをあけてくれた。遠慮する前にもう蓋を開けちゃってたので有り難くいただいた。
お碗でだったけど美味しいリンゴジュース。そういえばこの辺りってリンゴ多いんだよねーと思ったらこの店の裏もリンゴ林だった。
なんか至れり尽くせりで、団体でもない客なのに申し訳ないくらいだった。

そしてバスが出た後に誘導して貰ってバックで前の道に出た。
気前いいし美味しいし面白いし感じも良くて、とてもいいトコだった。

タグ:餐:豆 餐:汁 餐:冷 餐:飲 観:工 楽:験