記事一覧

勝浦朝市

ファイル 3087-1.jpg勝浦市浜勝浦の市街で行われている朝市。
四百年以上の昔から続く歴史ある朝市で、日本三大朝市に数えられているけど、他の二つの朝市(輪島と高山)に比べて規模が小さくてマイナー。15年前に一度来てそれきりだった。(とはいえ、他の二つの朝市もずっと行ってないけどね)
妹もずいぶん昔に来て以来だそうだ。

今日はまぁ午前中早めに勝浦に着いたので、ちょっと久々にってくらいの気分で寄ってみた。

駐車場からは、とくに何も考えずに前を歩いてた人達を追って歩いて普通に市街に進んだ。あれ?こっちでいいんだっけ?
途中の店で「マリンバーガー」というシイラのフライのバーガーを見かけて食べていきたかったけど、妹に反対されて通過。

そして遠見岬神社の参道前で朝市の通りに出た。
妹が、この丘の上にある神社への灯篭がずっと見えてて気になってたそうで「先に神社行こう!」とか言い出した。「え?登るの?」と聞くと登る気満々で驚いた。まぁ自分も気になってはいた神社だから丁度よかった。

参道の絵馬かけには「勝男みくじ」の青い鰹と「金女みくじ」の赤い金魚(鯛?)も掛かってて鮮やかだった。
妹は御朱印を欲しがってたけど、授与所は灯りついてるけど人がおらず閉まってた。ので先にお参り。その授与所にあったポスターで、最初の急な石段が春の節句で雛人形をズラッと並べる段だと知った。あーここね。「富咲の石段」と名がついていた。

ファイル 3087-2.jpg

妹の方が自分より体動かすバイトとかしてて体力ありそうだけど、階段を登るのは遅く休み休みだったのでゆっくり楽に登れた。

で、お参り。御祭神は天富命。
他に案内はなかったけど、7月に寄った「旧鳴海荘跡地」の展望駐車場の点景を書く時に少し調べてて概要は知ってた。元は勝浦湾の島にあった神社で江戸時代の津波で流されちゃってこの場所に遷宮したそうだ。天富命は四国の阿波から派遣されて房総を開拓された方で、この勝浦の地で没したそうだ。

拝殿の龍の彫刻は少しボテッとしてたけどこれも波の伊八(四代)だそうだ。その下の根肘木には波間に魚があってカツオかと思いきやコイだった。。(これは伊八じゃないでしょ)

拝んで折り返すと鳥居から海が覗けていい感じだった。
そして勝浦の市街を眺望。登るときも休憩しつつ眺めてたけど、下りの方がゆっくり展望できる気がする。

ファイル 3087-3.jpg

手前の朝市の通りも見下ろしつつゆっくり下った。特に最後の石段は急なので手すりに寄りながらゆっくり下った。なんか年とったなぁーと兄妹で笑った。

で、やっぱり授与所は人がおらず、妹ガッカリ。
「お水取り」の水汲み場も蛇口ひねってみたけど水は出なかった。「お水取り」に興味はないけど一応湧水らしいのでちょっと残念。

さてさて、そして本題の朝市。
並んだ露店は少しまばらで人もぜんぜん密ではなく歩きやすいくらい。まず小鯵を網で焼いてて惹かれたけど、脇でネコが食べてたやつだったので取り敢えずパス。

少し進むと、わらび餅の店があって「味見でいかが」とひと船くれた!え、いいの?ラッキー。
このわらび餅は前も食べてたのを憶えてて「昔は屋台でやってましたよね」と聞いてみたら「え?やってないよ」と否定された。。(屋台で売ってたのは「きんつば」という大判焼だった。。記憶混ざってた)
そして、わらび餅は妹にはイマイチと不評だった。ちゃんと蕨で作った天然物なんだけどね。

もう少し歩くとすぐに朝市エリア終了。え?こんなに短かったっけ?
短いというのは憶えてたけどこんなに短い区間だったとは、、新鮮なくらい改めて驚いた。

ファイル 3087-4.jpg

折り返して、途中で見かけてた串焼きやでアサリ串焼を購入。朝ちゃんと食べてないので何か食べたかった。なんか前よりもチョイ食いの店が増えた気がした。そういう方が立ち寄り勢としては有難い。
妹は「アサリでしょ、、いやいらない」とか言ってったけど、ひとつ食べさせたら好評で「めっちゃアサリ」と声が揃った。

その先では焼きそばの店も出てて、これは上の石段から幟が見えてて気になってたんだけど「えーやめなよ」という妹の猛反対で通過。。「だって勝浦カツオ入りって書いてるよ」というと「カツオ節入ってるのは普通でしょ」と言われ納得。あきらめた。

あとは鮮魚や干物の店もあって、見てみるとめっちゃ安かった。
ここでの値段を見てたので、このあと何軒か寄った土産屋の干物などはえらく高く思えた。

ファイル 3087-5.jpgそんなトコで港側に抜けて朝市区間終了。小さな町の夏祭りくらいの感じかな。
妹は「おかしいなぁ記憶と全然違う」と首傾げてたけど、こっち側にあった案内板マップに月の前半は今の区間で、後半はもっと町中の商店街側で倍くらいの長さの区間らしかったので、妹が前に来たのはそっちだったのかも。っていうか16日以降に来ればよかったかも。。

それはそうと、焼きそばをあっさり諦めたのは「マリンバーガー」を食べればいいやと思ってたからで、朝市の区間を出た先の店でも「灰干しさば」を網焼きしてる店で声かけられたり、軽食店の「朝市雑煮」とか気になったりもしたけど通過。妹も興味なさげだった。

だけど、考えてみたら来る途中に通った「マリンバーガー」の店はここからは少し遠いので、面倒になってヤメた。

あとは港前の浜勝浦川に沿って駐車場に戻った。
この川は、浜勝浦橋を渡るときからたくさんのボラが泳いでいるのが見えてて、脇を歩いてるとまるでついてきてるかのように同じくらいの速度でボラの群れが泳いでて面白かった。
魚に興味ない妹は対岸のアロエを眺めてた。

ファイル 3087-6.jpg

ってわけで、結局あさり串焼の150円しか使わなかった。。
味見だけで済んだわらび餅の200円分も消費せずに戻ってしまったw
申しわけけない気もするけど、それよりも、もう少し案内板を設置してほしいと思った。せめて駐車場出るトコに地図とか案内板とかさぁ。そしてこの駐車場が出口がわかりずらくて不便に感じた。千葉らしいと言えばそれまでだけどねw

文章では文句ばかりになってしまったけど、まぁ割と楽しかった。久しぶりに来れてよかった。
 
 
ちなみに15年前のコワク
前よりもチョイ食いの店が増えた気がしてたけど、見返すと前もあまり変わらない感じだった。サザエ串食ったりしてた。

タグ:観:市 観:宮 観:飾 楽:歩 楽:眺 景:海 景:町 食:串 餐:貝 餐:餅 植:草 動:魚

おやなぎ

ファイル 3086-1.jpg八街市八街ほの409号沿いにある食事処。

409号の渋滞の中心のJRの踏切前にある店で、前から見かけてて「アジフライ定食」の幟が気になっていた。
そして踏切を渡った先に同じ「アジフライ定食」の幟が立ってて、そこが駐車場というのも判ってて、寄ってみ見ようかと思いつつ、いつも踏切から先が流れ出すのとこなのでついつい通過してた。
で、今日も少々渋滞してて踏切まで詰ってて、越えて思いっ切って真っ暗な駐車場に入ってみた。歩いて踏切を戻って店に入った。

店内は狭めながら
アクリル板がしっかり立ったカウンター席とテーブル席とあり、カウンター席の奥に着いた。
メニューは少し迷ったけど、やっぱり「アジフライ定食」の幟が気を引いた店なので「アジフライ定食」にした。
それと、横を見ると「八街ジンジャーエール」を大々的にアピールしてて、前から市街で登りを見かけて気になってたので、それもたのんで食事前に飲んでみた。

ファイル 3086-2.jpg

これは甘くいい感じのジンジャーエール。そういえば前に福井でもその地域のジンジャーエールを飲んだけど、それがドライな直線的な印象だったのに対しこちらは優しく感じた。
けど、、飲んでちょっと経ってから一気に辛さが充満。体が熱くなった。
大将が「お酒いれて飲むとまたおいしいんですよ」と言ってたけど、アルコールなくても胸熱くなって、何か酔ったような気分した。辛いのが苦手だから少しキツかったけど、カラシの辛さよりはまだいくらか平気な方だし、料理出るまでちびちびゆっくり飲めた。

ファイル 3086-3.jpgところで、カウンターの前に何やらファイルが立ってて「私が書いた絵手紙です手に取ってご覧下さい」とあったので見てみた。
これがなかなかいい感じ。野菜や猫や魚が大き目に描かれてちょっとした宝箱。大将の性格を表すようなどっしりした文字で一言添えられてて、五冊もあるファイルを順繰りに楽しく観て回せた。

そして「アジフライ定食」
アジフライ3枚もともかく、煮魚まで付いてくる定食でうれしかった。

ファイル 3086-4.jpg

アジフライは(そりゃ房総の海の方の物とはちがい)フワッとはいかないけど柔らかめで食べやすいフライだった。
それよりなにより不意に付いてきてた白身の煮魚がおいしく、なんかアジフライよりこっちの方が主役ってくらいご飯が進んむくらいで、嬉しく箸をすすめた。
おいしい定食で満足の夕食。寄ってみて良かった。

店の人も感じよく雰囲気いい店だったので是非また来たい。
けど、やっぱコロナのご時世だからこの時間でも居酒屋モードじゃなかっただけって気もするので、平時はもう少し早い時間での立ち寄りにしたいと思う。

タグ:食:定 餐:揚 餐:魚 餐:飲 餐x辛x 観:絵

旧茂原海軍航空基地 掩体壕

ファイル 3085-1.jpg茂原市本小轡東ノ妻にある有蓋掩体壕跡。

太平洋戦争の戦争遺跡で、文字どおり海軍茂原航空基地の空襲対策の航空機格納壕。こういった掩体壕はわりとあちこちに残っていて県内では館山でも見たことあるけど、ここのは十数基の掩体壕が倉庫などに使われながら点在して残ってるそうで、高知空港並みに並んでるのかな?とか思って来てみた。
けど、
それぞれ宅地や畑や林に埋もれてて、わざわざ探さない限りは幾つも見かけることはなさそうな感じだった。
そのなかで、ちゃんと案内が出てて道脇にあって見やすかったのがこの三号掩体壕。

ちゃんと案内板もあり、中もスッキリしてて少し剥げたコンクリ面から鉄網がちょこっと覗けたけど、キレイに保存されていた。これだけは茂原市で保存・管理しているものだそうだ。
まぁ形としては他の地域に残る物とそう変わらないので、どうという感慨もないけど、道の前に平然とある感じはちょっと面白かった。

ファイル 3085-2.jpg

この茂原基地は日米開戦直前の昭和16年9月から建設が始まったそうで、なんとそれまであった町の家や学校や寺を強制転移させて築いた基地だそうだ。住民たちは補償などない上に家屋を解体して転居せよという命令に従わさせられたとか。鬼だな。
基地の建設は横須賀の設営隊をメインに地域住民や中学高校の学生も動員されたとある。まぁ真珠湾前とはいえ日中戦争継続中で国家総動員法とかあった時代なので逆らえるわけもない。大変な時代だったんだよな。(それに比べれば今の緊急事態なんて楽園)

掩体壕は前と横から見るだけで、裏は茂みになってて入りこめなかった。左のすぐ脇には用水路が流れてて、なんか不安定そうな場所に思えた。

ファイル 3085-3.jpg

壕の上は半分草が茂ってて、下の方には薄紫の花(ヤブラン?)が咲いていた。
なんか戦争遺跡のものが草木に埋もれてキレイな花とか咲いてたりしてるのってラピュタっぽくていいよね。「人は土から離れては生きられないのよ」航空基地跡で言うのはトンチンカンすぎるかな。

他の十基の掩体壕は全部私有地内で倉庫に使われたりしてるそうだけど、まぁこれを見れば充分かな。そんなに形がも違わないだろうしね。
ってわけでここだけのつもりでゆっくり眺めて車に戻った。

ファイル 3085-4.jpg出発して少し進んだ先で横目に東側のソーラーパネルの合間にも掩体壕が見えた。
なんかちっこくって筒っぽかった。
これは十数基の掩体壕のひとつではなく車両用のものだそうだ。
ってことは、そういうのも含めたらもっと沢山あるって事か。

タグ:観:軍 植:花

茂原公園

ファイル 3084-1.jpg茂原市高師の128号沿いにある公園。

都市部のど真ん中にある公園ながら広い無料の駐車場があるのはアリガタイ。今日は強い雨がいきなり降り出したので逃げ込んだ、、、というわけではなくて、この公園内にある郷土資料館に行ってみようと思って寄ってみた次第。
雨は不安定で、車を停めた頃には小降りになっていた。サンダルで来た事を少々後悔しつつ傘さして歩いた。

公園は中央の池の周りが桜の道になってて「日本のさくら名所100選」に選ばれてるそうだけど、まぁ時季外れ。それでも歩いてる人はボチボチいて、雨は今しがたいきなり降って弱くなったトコって感じだった。
池の中央には弁天堂のある島があって赤い橋が架かってて興味引いたけど、まずは郷土資料館ってことで取り敢えず通過した。

ファイル 3084-2.jpg

歩いてたらまた雨足が強くなって、のんびり歩いてた女の子もキャーとかいいながら駆け出していった。(雨だからだけど、すれ違ってすぐに「キャー」とか言われるといい気はしないね)

池の奥の広場の奥の一番奥まで歩いて郷土資料館の入った美術館に到着。遠いい。雨だからとくに。こっち側にも駐車場つくってほしい。。

この郷土資料館にはこの後行くつもりのトコの資料とか模型とかが目的。入るとこの建物のジオラマ模型もちゃんとした造りで期待できた。

で、受け付けで先に写真はOKかと尋ねてみたら「郷土資料館は現在閉まっております」と言われた。。え?マジ?美術館はやってるのに?
どうやらコロナとかではなく、元々常設展示の入れ換えだそうで来週まで閉館という事だそうだ。。あららー。こんなトコまで歩いてきたのにー。
悔しいから一応美術館の方だけでも軽く見てみた。けどやっぱピンとこなかった。絵画とかももう少し見る目を養えれば面白いのかもだけど、不甲斐無い。(企画展示してたのは「ハルビンソン派のフランス風景画」だそうだ)

ファイル 3084-3.jpg

やっぱり茂原は「空振りの町」なのかなぁ。。それが面白くないから今回は少し調べて来てみたんだけどなぁ。とか思いながらトボトボ歩いて戻った。
戻りは池の対面の南側を歩いた。南の丘側の斜面には「秋の野草の保全活動」とかで野草の名の札が立てられていた。その札に蝶が停まってたりして、写真撮ろうかと思ったら、カエルとカタツムリとかも登ってたりしていい感じ。「もう秋だね、、なんか寂しいね」とか言ってそうなアングル。よきよき。
草花は「ヒヨドリバナ」という白い花がパチパチ小さくはじけるように咲いていた。

そして池の中央の弁天橋。橋の上で池を眺めてたら子供連れが来て、池にパンを放ってカメを集めていた。ちょっとエゲツナイ数のカメが集まっててギョッとした。

ファイル 3084-4.jpg

そして弁天様に参りつつ雨が水面をたたく池を眺めた。
っていうか、たくさん生えて浮き出た蓮の葉の上にカエルでもいないかなーとか思って見てた。幾つか見つけたけど全部ウシガエルだった。。でもカメはクサガメっぽかった。
雨がまた強くなって波紋が蓮の葉よりも目立つほどだった。

後は対岸に渡って駐車場に戻るだけ、、ってトコで、そういえば公園の隣にちょっと興味あった寺があった筈だけど、、と思い出し、また橋を戻った。その南側の寺へ行きそうな道まで戻ってみたけど案内は無かった。。でも墓が見えてたので間違いないと進んだ。

というわけで「藻原寺(そうげんじ)
お寺にはあまり興味がないんだけど、多宝塔形式の山門がユニークな形なのと、この寺の名が茂原という地名の由来となったとかで一応来てみた。
たしかになんか平和そうな竜宮城っぽい山門。屋根の角の生えた鳥が面白かったし仁王像もしっかりしてた。

ファイル 3084-5.jpg

御本堂も大きくて立派。ここは日蓮聖人が南無妙法蓮華経のお題目を初めて唱和した場所なんだそうだ。
さてさて寺をぐるっとまわったら公園の駐車場に出ないかなーとか思って奥に進んでみたんだけど、奥は墓地で抜けられそうになくて諦めた。
その途中で何やらでっかい頭を見かけて、表にまわってみたら日蓮聖人の頭像だった。
なんかでかくてすごいなぁ、、とか見てたら、雲が割れて日がさしてきて驚いた。まずは茂原に来たらこの顔を拝め!さすれば光も差すであろう!とか言われたような感じ。
千葉は日蓮聖人の出身地だしねぇ。そういえば母方の実家は日蓮宗だったっけ。

嘘みたいに差した西日に照らされながら、トボトボと来た道を公園に戻って弁天橋を渡った。

ファイル 3084-6.jpg

日が差すと池の眺めも全然印象違うね。
蓮の葉の上のウシガエルは、よく見るとまだオタマジャクシの名残のしっぽが残っててちょこっとだけカワイらしく見えた。
池を除くと集まってくるカメの自己主張もほほえましく、あげるものなくてごめんねーとあやまった。

すぐ脇の桜の樹ではツクツクホウシも啼きだして夏の終わりをつくづく惜しんでた。

タグ:観:園 観:館 観:池 観:宮 観:橋 観:寺 観:像 観:門 観:蛙 植:花 動:虫

川島食堂

ファイル 3083-1.jpg山武市蓮沼の県道沿いにある食堂。

よく通るビーチラインの蓮沼の店で、気にはなってたけど閉まってる事も多かった気がする。前に店頭のメニューをチラ見して何かは憶えてないけど創作的な定食で興味持ってた気がしてて一度は寄ってみようと思った店なので、通過する時に気付いての咄嗟の寄道で食事休憩。
外にメニューは出てなかったけど「地元の食材 オライのぎょーざ」という餃子の看板があって少し気になった。(「オライ」というのは蓮田の方言で「俺」)

店に入ってすぐは小あがりだけの客室で、増築したような横の部屋にテーブル席があった。そのテーブル席もコロナ対策っぽく壁向きに一人がけでレイアウトされてて、お一人様客には丁度よかった。

ファイル 3083-2.jpgさて、メニューを見てびっくり。中華料理の店だった。
あれー?海鮮系の丼とかで気になってたんじゃなかったんだっけ??そういえば看板は餃子だし、暖簾はラーメンだったっけ。。 まぁいいか

取り敢えずメニューは多く少し迷ったけど、サンマ―麺とかあって気になった。サンマ―麺て横浜のご当地ラーメンじゃなかったっけ? あ、でも元が中華なら他でもあってもおかしくないよな(いやいや実は完全に横浜発祥の和製中華なんだそうだ)と思い、横浜で食べた事無いけど初めて目にするメニューだから食べちゃおうかなーと思った。
サンマ―はラーメンだけじゃなくて、サンマ―丼とかサンマ―かた焼きそばとかもあったので、じゃあかた焼きそばにしよう!
ってわけで「サンマ―かた焼きそば」を注文。あ、それと追加でやっぱ看板が気になった餃子もつけた。

ファイル 3083-3.jpg

さてその「サンマ―」はもやしメインのあんかけ。さすがにサンマが乗ってる?なんて思ったりはしないけど、言葉の響きから酸味が強くきいたあんかけだとばかり想像してた、、けど、まるでそんな事は無く、ふつうのおいしいアンカケ。思ったほどの個性はなくて肩透かし。本場横浜のはどうだろうかという興味も薄く別に特別感なく普通においしい堅焼きそばを楽しんだ。

「オライのぎょーざ」は、なんか黒いな?と思ったら黒ゴマが入ってた。密度の濃い餡でおいしかった。

感想としては普通においしかった。インパクトはなかったにしてもまさか横浜の名物をまさかこんな千葉の外側で食べるとは思ってなかったので面白い食事ではあった。
普通にラーメン食べたい時は、、ここじゃなくて手前の450円のラーメン屋かなぁ、、とか思ったけど、この店も普通のラーメンは500円で何気に安い。メニュー多いから、中華な気分の時はアリだなと思った。

タグ:餐:焼 餐:餃

らーめん一芯

ファイル 3082-1.jpg白井市根の県道沿いにあるラーメン店。

この区間の木下街道は東行きで16号に進むことはあっても16号から西に折れることは滅多になく、そっち車線側にあるこの店は、よく見かけてはいたものの立ち寄る事がなかった。のを思い出して来てみた。

来たのは昼をまわって少々半端な時間だったので、一台出る車と入れ替えに店先に車を停めて店内に入ると、客は自分だけだった。

ファイル 3082-2.jpgカウンター席に着いてメニューを見ると、メニューの表に「人気ランキング」中央下におススメと「(スタッフから見た)店主がよく食べる組み合わせ」なんていうのも書いてあって参考になった。

たのんだのはメインメニューの「煮干醤油ラーメン」細麺で。

ファイル 3082-3.jpg

ぱっと見煮干し濃そうな雰囲気だったけど、口にしてみるとそこまで濃くはなくうるさくないくらいのほど良い煮干し感。ああ丁度いい。そういえばメニューに「追い煮干し+50円」とかあったから、濃いくらいの煮干しを求めてる時はそれで対応できるってわけね。
細麺の麺は縮れのない硬めストレート。これはあまり好みではないタイプの麺ではあるけど悪くはなくおいしく啜れた。

えらべる太麺の方も気になるし、「黒醤油」や「昆布塩」とかも気になるので是非また来ようと思った。近場でラーメン食べたい時の選択肢が増えた!

ファイル 3082-4.jpg外に出ると、店の隣りは梨農園。さすが梨の町白井。
ちょこっとネット越しに覗いてみたけど、梨の実はもう刈り取られて残ってなかった。まぁそういう時期だよね。。
とか思ったけど、ひとつだけ残ってるのが見つけられた。おお梨だ!
でも、なってる実がみつかると、別に盗む気などまるでなくても妙に背徳感。あやしいよなぁ自分。。とか思えてそそくさと車に戻った。

タグ:餐:ら 植:実

富塚鳥見神社

ファイル 3081-1.jpg白井市富塚の宅地奥にある神社。

千葉県ばかり廻っている今日この頃、県内の歴史などいろいろと興味を持てるようになり、近頃「ちば見聞録」という千葉テレビの番組の動画をよく見てたりする。
で、そのなかで「鮮魚街道」という回があって、そこで紹介されてて興味を持ったのがこの神社。
鮮魚(なま)街道というのは江戸時代に利根川から運ばれた魚を布佐で一旦陸に揚げて馬で松戸まで運んだショートカットの道。(松戸からまた船で江戸に運んだそうだ)面白いコトにGoogleマップにはその「鮮魚街道」という表記があって、この神社は若干ルートから外れているんだけど、その街道を歩く人等が途中で立ち寄った場所ではあるようだ。

ってわけで来てみた神社は、駐車場のない小さな神社。
この「鳥見神社」というのはこの手賀沼の南の地域柏市、白井市、印西市だけに点在している神社だそうで、他はわりともっと辺鄙なとこにあ(ってテキトウに車を停められ)る印象。目の前に新興住宅地ができただけではあるけど、駐車スペースくらい残してほしいもんだ。まぁよそから車で来る人はそうそういないのだろうけど。

で、そんな新興住宅地からは隠れるように木々に覆われた林のような神社で、鳥居の前にちゃんと案内板があったのは嬉しかった。
そして石の鳥居にある額面も飾りあってカッコよかった。
さっそく鳥居をくぐって、青面金剛や庚申塔の石の並ぶ参道をまずは一気に奥まで歩いた。

ファイル 3081-2.jpg

ふたつ目の石鳥居をくぐると神楽と社務所の奥に祠のような社殿。拝殿が無く本殿がそのまま表になってて、遠目にはパッとしないけど、近くで見るとかなり派手に彫刻飾りの施された素晴らしい本殿だった。
まずは礼して拝んで、ジックリ拝見。

この柱の龍なんかスゴイよね。惚れ惚れする。
参道口の鳥居前の案内によれば、文化9年(1812)のもので彫工は竹田重三郎だそうだ。

ファイル 3081-3.jpg

横の羽目板の彫刻もしっかりしてて、物語の1シーンみたいな図。裏面にまわったら婦人の乳を吸ってた!なんじゃこりゃ!
勝手に解釈すると、よその女にたのみこんで→乳を吸って→浮気がばれた本妻が怒り狂って虎になった。。ということかな?(全然違って、二十四孝という中国の親孝行話24のショートストーリの内の3つの別の話だそうだ)
これは、、ちゃんと拝めば虎に脅されずに乳が吸えるという御縁にあるつける神社なのかも!とか思ってもう一回拝もうかと思ったけど、そんなわけないだろ、、と思い直してヤメタ。

ゆっくり見てまわって満足。あとは狛犬見たり、裏の末社の浅間神社見たりしつつ参道を折り返した。
神楽の横には「長寿小林せいの碑」というのがあった。地域で生まれ育ち104歳になった女性を讃える石碑。平成19年のものだから14年前かぁ。。

ファイル 3081-4.jpg

中間の鳥居を出ると脇に屋根付きで歓喜天の石像があり案内板もあった。
象顔の二人が鼻を絡めて抱き合う男女和合の神像の塔で、明治8年につくられたものだそうだ。歓喜天は「ディスコミュニケーション」てマンガでよく出てたけど実物は初めて見た。神秘的なエロティックって感じだけどテレビでは「かなり無茶な願いもかなえてくれる」とか言ってた。

そこから入口への参道沿いに青面金剛や庚申塔が並んでて、一番手前が「切られ庚申」という宝永3年(1706)に作られたもの。これは映像で見て憶えてた。
これこそ元は鮮魚街道沿いに立ってた物で、魚を運ぶ鮮魚師が深夜に通行中に火の玉に襲われ刃物を揮った時に付いた刀痕だそうだ。

他にも幾つもの石碑と末社、大きな洞の開いたスタジイやサルノコシカケだらけの木などもあって、本殿の彫刻だけでもなかなかなのに色々と濃い神社。こんな宅地の奥にさりげなく隠れてるのが勿体ないような素敵で面白い神社だった。

タグ:観:宮 観:飾 観:像 観:石 観:伝

鈴賀神社

ファイル 3080-1.jpg長生村一松戊の県道の交差点にある神社。

一宮に行く定番ルートで毎回見かけてて、木の感じがよく雰囲気イイ神社だなと気になってたので、今日は寄ってみた。

けど、とくになにもない神社。
御由緒書きもないし社殿に飾りもない。
ひとまわり歩くだけで終わってしまった。

でもやっぱり樹の感じはよく、写真は撮ってたので、まぁこういうとくに書くことのないトコでも軽い寄道の風景として点景にしとこうかなと思った。(前回のちょっと微妙な佐原公園なんかもあげてるくらいだからね)
っていうか、もともと点景ってそういうもんでいいんだよなぁ、、とか思えた。

ファイル 3080-2.jpg

隅に文字だけの道祖神。
そういえば地面は堅いながら砂地な感じで、大昔はこの近くまで海岸線だったのかもね、、とか想えた。

タグ:観:宮 植:樹 観:石

麺屋一徹

ファイル 3079-1.jpg東金市山田の県道沿いにあるラーメン店。

この大網に抜ける県道は最近定番ルートとしてよく通る道なので、この店も通るたびに見かけていた。ものの、なんか今風な店って印象でとくに寄ってみようと思ったことはなかった。けれど、そういえば昨日別のトコで行ってみたら閉まってた店が魚介系の店で、そういえばこの店も「魚介とんこつ」とか暖簾に書かれてるからじゃあ食べてみようかなと思い寄ってみた。

昼は過ぎてたので停まってる車も少なく、まぁおもいきり郊外だしねーとか思ったけど、暖簾には「本店」とか書かれてた。

ファイル 3079-2.jpgで、カウンター席に着いてメニューを見た。
ら、どうやらつけ麺がメインの店。ああそうなのね。僕はつけ麺は滅多に食べない汁ラーメン派なんだけど、このクソ暑い夏にこだわることもないよなぁと思い、たまにはと思いつけ麺にしてみた。
「魚介豚骨つけ麺」で、塩と醤油と味噌があるそうなので塩にしてみた。

ファイル 3079-3.jpg

魚介で豚骨と来れば味濃くギトギトで凄いのかなぁ、、とか思ってたけど、そんなこともなく程良い味の濃さ。
そういえば魚介豚骨とはいえつけ麺で「塩」は初めて食べたかも?思ったより塩らしい感じが味わえてよかった。
けど、、、やっぱ僕には少し辛かった。まぁ苦手な僕でもそれで箸がとまるほどではなく、和風だしで割って汁まで飲めたくらいだから一般的にはまるで辛くない部類なんだろうけど、食後暫らく舌先と口まわりがひりひりした。
ああ、やっぱつけ麺は少し辛めなのね。歩み寄ったつもりだけどハードルを感じた。

まぁなんというか、普段つけ麺は食べない上に辛いの苦手なのでまるで参考にならない感想でもうしわけない。
でも割と好印象。涼しい季節になったらラーメンのほうを食べに寄ってみようと思った。

タグ:餐:ら

1K sweet potato

ファイル 3078-1.jpg香取市沢の県道沿いにある「恋する豚研究所」にある喫茶店。

恋する豚研究所の「恋豚」はよそでも食べた事あったし、個人的に栗源は豚の地だと思ってて、前に一度来てみた事あったんだけど、やたら洒落てて雰囲気負けした上に食堂は列になっててすぐに転進。それ以降来る気しなかった。

で、今日は平日で手前の道の駅は豚串を焼いてなかったのでスルー。じゃあたまにはとこちらに寄ってみた。
その駐車場の先のこの小屋のような店は前の県道からも見えていて、てっきり「恋豚」の簡易売店スタンドかなんかかと思ってて、豚串とは言わないけどローストポークサンドとかそういうの売ってそうだな、、とか思ってた。
けど来てみたら全然違って、スイートポテトをメインとしたカフェだった。(二階がカフェで一階がスタンド売店)あーそうなんだ。

ファイル 3078-2.jpgスイートポテトは興味ないけど、「いもラテ」というベニハルカを牛乳とハチミツと芋ミツでラテにしたドリンクというのが気になって購入してみた。

これで出発しようと思ったけど、一応恋する豚研究所の方も覗いてみようかな、、とか思って「いもラテ」は車に置いて歩いてみた。
看板に飲食店はラストオーダー14時までとあったけど、直売所は18時とあって、ローストポークサンドの写真があったので、それ買っていこうかなと思って2階に上がってみた。

けど、ローストポークサンドは売り切れてて、「お肉と野菜のバランス弁当」というのは残ってた。3割引きシールがついてたけど千円の弁当。。いけすかないなとは思いつつ、試しに買ってみちゃった。(っていうかローストポークサンドも千円だった。。)

ファイル 3078-3.jpg

で、出発。
弁当は帰ってから食べるとして「いもラテ」は走りながら飲んだ。
これが思いきりサツマイモまんまの濃い味で、焼き芋食べる以上に口の中が芋だった。繊維というか芋のスジをかんじた。これはいいね。さすがだね。おいしかった。
正直、道の駅のサツマイモソフトはそんなに食べようと思わないけど、これなら何度でも飲みたいと思えた。
そういえばサツマイモは栗源の特産物だったっけ。これ、できれば恋豚じゃなくて道の駅にあってくれたらなぁ。また何度でも買うのに。

ちなみに帰ってから食べた弁当は密度濃く堅めのハンバーグがメインで。ポン酢で食べるさっぱり系。ローストポークも入ってるけど、脂身感が薄く、そういう層向けの料理のようで物足りなかった。

タグ:餐:飲 餐:肉 食:弁