記事一覧

浜ゆう

ファイル 3027-1.jpg旭市下永井の県道沿いの食堂。

「磯がき」の幟を見て入った店。(ピンボケもうしわけない)きれいな民宿にある食堂で、テーブル席だけのファミリー向けな雰囲気の店。
だけど、今日はもう飯岡の磯がきを食べる気で来たので思い切って入った。
なんかコロナのせいか元々か飲食店が減った感じで、何度か来てた店も閉まってたし「磯がき」の幟が立ってたのはここだけだった。(ネットで出てる刑部岬の店にはあるだろうけど絶対混んでるから行ってない)

実は前に一度妹と来た時に入ろうかと思った店でもあって、店先のメニューに磯がきはなくて牡蠣はカキフライ定食しかなかったから不安に思って他(岬の方)の店に行ったなんてことがあった。

ファイル 3027-2.jpgで、テーブル席に座りメニューを見ると、やっぱ牡蠣はカキフライ定食しかなく、店員さんに聞いてみると、「磯がきはボードに」あると言われた。けど、写真は貼ってあって「磯がき入荷!」とはあるだけで品目としては無いので更に聞くと「生か焼きの単品で貝の大きさによって値段も変わる」とか、、時価ってやつか。。
これはもう腹をくくって欲望に素直になって生ガキと焼きガキをひとつづつたのんだ。

おひとりさまは他にはおらず、どうやら磯がきを食べてる組も他にはいなさそうだった。贅沢メニューだし、それを目的に来る人は他で予約しとくか岬の方に行くんだろうな、、とか考えながら外の「磯がき」の幟をぼんやり眺めて待った。

で、まずは生ガキ。
うん、いい大きさ。天然とはいえ此れぱっと見牡蠣に見えないよね。

ファイル 3027-3.jpg

で、ぺろり。んーーーんーーーんーーーー
んんんーー (訳:おいしー)
んっんんんんーー (訳:やっぱさいこーー)

もう口一杯にミルクとろけてまろやかで、貝の部分もちゃんとあって「あ、牡蠣だった」と思いだす。
っていうかやっぱこの磯がきは別種だよ。別の貝だよ。他のどこで牡蠣食べても「やっぱ違う」とか思っちゃうもん。

そして、焼きガキ
こちらは少し小さめ。うん、それは他の店でもそうだった。

ファイル 3027-4.jpg

やっぱ焼きは焼で味がしっかりしてイイ!
ミルクもしっかり味わえるし貝の部分や柱もヒモもおいしく、ゆっくり味わって食べたいのにやっぱりぺろりと食べちゃった。酒飲むならこっちだね。いや、酒飲むのも忘れそう。

個人的にはこの焼きガキの方が好きなんだけど、今日は生ガキも凄くよかったので甲乙つけがたくとにかく満足。
ペロリペロリで腹的には全然だけど、これで定食はやっぱ蛇足なので単品で良かった。

個人的に千葉で一番おいしいと思ってる隠れた名物。増々隠れて遠くなった感じで、年一くらいの贅沢で食べたく思いつつ、なかなか来れず久々に食べたけど、(三年ぶりくらい?)やっぱいいわ。贅沢だわ。
千葉スペシャルで千葉から出ないんだから味あわないとね。
(ちなみに生1000焼1100でした。鰻より全然安い)

タグ:餐:貝

関宿城博物館

ファイル 3026-1.jpg野田市関宿三軒家にある千葉県立博物館。

十一年ぶり二度目の立ち寄り。点景を始めた初年に来た場所で、ジオラマ模型が充実してて見やすく楽しく分かりやすく気に入った博物館。それまでは滅多に足が向かなかった博物館や資料館などにもジオラマ模型を期待して寄るようになった大元の場所である。

その後もまたもう一度行きたいなとは思ってたものの、北方向へのドライブの定番の道の千葉を出る玄関みたいな関宿で早々に寄り道という事はなく、帰りも夕方から夜だし、小回りの日でもなかなか開いてる時間には来れなかった。
で、コロナで千葉を出ないつもりの今年二月にやっと来てみたんだけど、休館。。
それでダメかと思いつつ今日また来てみたら、やってた!
休館は緊急事態宣言の間の三月までだけだったらしい。(野田市は現在「まん延防止等重点措置」指定中なんだけどね、、、)

さてさて、11年前に来た時は感激したスポットだけど、その後いくつかの博物館資料館を見てジオラマ模型も見てきた今では、どんな感じでしょうねーと期待半分で入館。
ところで入口にマンホールのパネルがあったからマンホールカード配ってるのかな?と思って来てみたら。これはカードになってないそうな。。まぎらわしいw

まずは当博物館の建物の模型を見つつ入ってロビー。
そうそう展示室の入口と出口の上にまずジオラマ。境河岸の風景と河川工事の様子。これ、見上げるだけでジックリ見れないのに細かい作りで勿体ない。けど下から覗くと水中から見上げるアングルで覗けるのは面白い。贅沢で余裕な配置である。早速わくわくさせられた。

ファイル 3026-2.jpg

そして中央にある往時の関宿城と川と近隣範囲の大きなジオラマをじっくり見てから、200円の入館券を買って中に進んだ。
写真は?と聞くと全面OKだそうだ。(あれ?前はダメだったような。。)「動画もOK」だとか。
ってわけで、撮りまくってまわった。

展示内容はつまり利根川と江戸川の治水と交通の歴史。
まず最初の治水の展示室「房総の河川 近現代」は、いきなり実物大に再現された水塚で始まった。そしてその水塚の説明の模型はボタンで光らすと曇りガラスで水没するのが判るギミック。おお、さすが。
その後も治水工事堤防工事などのジオラマがちょこちょこあって、細かくて、やっぱり思ってた通りの所だった。

ファイル 3026-3.jpg

手賀沼や印旛沼の干拓の変遷なども出てて、その他にも消えてなくなった沼が光る地図とかあって、坂東市あたりにあった「飯沼」は知ってたけど、現利根川流域の関宿から取手まで大きな「藺沼」というのがあったのは知らなかった。っていうかつまりそれは「香取の海」の奥の名残の沼地帯ってことかな?
関宿の川の関のジオラマも細かく大きくゆっくり見つつ、お気に入りはその後の二つ。
土俵を積んでの堤防造成作業のジオラマは人に動きがあり、弁当箱とかあったり、水の感じもリアルでよく見ると水中に鯉のような魚が泳いでいた。

ファイル 3026-4.jpg

もうひとつは石を積んだ「笈牛」で水流を調整するジオラマ。こっちも細かく、特に水の流れや飛沫がリアルで水中の石や魚も細かくて見応えあり。やっぱここのジオラマはいいわ。単に風景だけではなく作業する人達や端々までの表現が良くドラマというかリアルに動きを感じる。

上にあがるエレベーターは取り敢えずスルーして先に次の第三展示室の「河川交通と伝統産業」を見た。
ここには中央に1/3模型の高瀬舟が帆を拡げてドーンとあり、両脇に蔵と宿屋風の展示室が別れて並んでた。
この大きな高瀬舟にも二人だけだけど動きリアルな船員が乗ってて魅了。ふつうこのサイズの人形模型はなかなか乗ってる事ないよね。船の大きさも感じられるし、その後に見た河岸の俵の積込みのジオラマでもサイズ感が判りやすかった。江戸時代の利根川はこういう船が沢山行き来してたんだなぁ。

ファイル 3026-5.jpg

端のコーナーには明治の汽船「通運丸」の1/25模型があった。これは定期貨客船(いわゆるポンポン船)で、関宿から両国まで七時間、逆流の復路は十時間かけて行き来してたそうな。(ここにも人が乗っててほしかった。。)

河岸の賑わいや江戸川沿いの産業や流通などの資料を見て、出口手前で折り返してまた高瀬舟を見つつエレベーターに戻って乗った。

まぁ一応展望室にあがるかな、と最上階に上がって展望。ここは前回の点景でも写真撮っててあげてたと思うけどまぁ一応。
天守閣のような展望室で「ああ、そういえば城型の博物館だったけ」と思い出した。今は模型だけど前回は城としての興味の方が強かったと思う。
展望はもやーっとして山は全然見えず、いつもドライブ帰りにライトアップした此処を見ながら通る境大橋も意外と遠く、あまりよく見えなかった。

ファイル 3026-6.jpg

逆に東にできた新参者の圏央道はよく見えた。(11年前は橋桁くらいしかなかったんじゃないかな)
西、北、東、南とサラリと眺めて階段を下った。

下の三階「多目的室」には企画のパネル展「船の旅」という展示があった。
これは江戸時代の三社詣の船旅を当時のガイドブック(名所図会)の挿絵版画と共に解説。江戸を出た人は行徳から木下街道を歩き、木下で舟に乗って香取神宮-息栖神宮-鹿島神宮の東国三社を巡って三日ほどで帰るという旅が流行ったらしい。へー。

二階の「企画展示室」には常設っぽい「関宿藩や関宿に関する展示」があった。
関宿藩の領地って殆どが利根川の河向いで今の茨城県側だったんだねぇ。ああ、それで河岸の風景のジオラマはみんな境河岸なんだ。千葉県立の博物館なのに茨城県側の風景が多いなぁとか思ってたけど、捻じ曲げてなくて感心。

そして充分満足で外に出た。
一応模擬天守の外観も見とこうかな、、と思って裏に歩いた。途中、さりげなくマンホールがあった。使いこまれてて自然だった。
博物館の裏には低い塀で囲われた日本庭園があり、門を入って裏からの模擬天守を眺めた。
11年前には模擬天守には否定的だったけど、今では丸くなって嫌悪感もなく、史実通り江戸城の富士見櫓を模して造られた模擬関宿城は、多分本来の城の場所よりも見栄えいい場所でいい感じで建ってるし、連郭式風に続く御殿風な博物館との纏まりも悪くなく思えた。

ファイル 3026-7.jpg

っていうか木々が繁って半分隠れてたのと、その木々に毛虫が多くて落ち着かないトコだったし、どこがどう日本庭園なんだか?という感じのトコだった。

日本庭園の外に出て水辺公園を歩いたりもしたけど、実はこの先の利根川と江戸川の河の叉までの岬部分は何の標示もないけど茨城県。公園の道までは千葉かなー、、とか思って歩いてたけど、知らず知らず県境を越えてました。うっかりうっかりw 川を眺めて車に戻った。

いやーしかし今回は写真多い分、文はシンプルに簡単にアップするつもりだったけどダメだなぁ。と反省。
 
 
ちなみに前回の点景

タグ:観:館 観:模 観:具 観:閣 楽:眺 景:川

道の駅 三芳村

ファイル 3025-1.jpg南房総市(旧三芳村)川田の県道沿いにある道の駅。
(名前は「鄙の里」まで含めるのか通称なのかよくワカラナイ)

何度か寄ってる道の駅ではあるけど、館山から北にのびるこの県道は滅多に通る事がなく、多分館山に友達が住んでた頃に一緒に来た時以来だと思うから五年以上は来てないと思う。

ファイル 3025-2.jpgさて、この道の駅と言えばグルメバーガーの「ビンゴバーガー」。でも腹は減ってないので今日はパス。と思いつつ、ちょっと覗いたら意外と並んでる人は殆どなかった。買ってかえって後で食べるのも有りだよね、、とか思ったけど、クジラ皮刺もあるのでいいかとやめといた。引っ込み思案なもんで。

それと月ごとに特製が代わるソフトクリームがおいしく面白かったんだけど、店内で見てみたら、いちごソフトと牛乳ソフトだけという普通っぽいメニューになっちゃってた。。
その代わり地元の牧場の牛乳割りソーダ「三芳グリーン(メロンソーダ割り)」と「三芳ブラック(コーラ割り)」というのがあり、面白そうだから飲んで休憩してくことにした。
「グリーンとブラックはどちらが人気ですか」と聞くと即答でグリーンとかえってきたのでグリーンにした。

ファイル 3025-3.jpg

ってわけで「三芳グリーン」
クリームソーダのアイスが融け切ったのを想像してたけど、牛乳っぽさがあってソーダ感(炭酸っぽさ)が薄いまったりした飲物だった。ぶっちゃけ牛乳は牛乳で飲んでソーダはソーダで飲んだ方がいいかと思えたけど、あやふやな感じがリラックスできるのかもしれない。
緑眩しい外を眺めつつ、店内の「昭和懐かし小物BOX館」というおもちゃの展示コーナーを眺めつつ、ゆっくり飲んで休憩した。

タグ:餐:飲 道の駅

カムカム

ファイル 3024-1.jpg南房総市和田町花園の128号沿いにある食堂。

駐車帯にある鯨肉専門店の隣りにある店で、ここも十年以上前に寄って食事したことあった店。
この駐車帯は市営の無料駐車場だそうだ。正直この先の道の駅よりも立ち寄りやすいから、またちょこっと寄って鯨料理を食べたいなーとは何度も思ったりしたけど、食事処の方は閉まってることが多く前の道で速度緩めつつも寄る事は無かった。
でも今日は暖簾かかってて営業中なのが見えて咄嗟に寄ってみた。店の写真はピンボケだけどアシカラズ。

店前のサーフボードに書かれたメニューを見て鯨料理もあるのを確認して店に入った。

ファイル 3024-2.jpg昼を少しまわったくらいだったけど他に客はおらず悠々と窓際のテーブルに着いた。道の駅とかより楽で静かでいいや。
で、残念ながら鯨の「生姜焼き定食」とか「キムチ炒め定食」は今ちょっとできないと言われ、竜田揚げとか酢鯨とか勧められたけど「着け(刺身)定食」をたのんだ。
そして確か前に食べたときに「皮の刺身」とか絶品だったのを憶えていて単品で頼もうかと思いつつ、安くはないので迷いつつ、せっかくだからと思い切って贅沢にたのんでみた。けど、「ごめんなさい、これも品切れだった」、、ということで諦めた。

ファイル 3024-3.jpg

ってわけで、漬け定食。
タレに漬けて味のついた鯨刺しは、軽くご飯に経由して食べると血のような赤さが残ってちょっとえぐさを感じつつ、食べてみると全然生臭さもないやわらかく食べやすい鯨だった。正直いえば鯨って少しクセがある印象だったけど、馬刺しよりも食べやすくおいしく感じてパクパク食べられた。薬味はショウガとニンニクとあって交互に食べてたけど僕はニンニクの方が好きだな。

昼を過ぎてやっとありつけた食事がおいしく満足で店を出た。
これで出発しようかと思ったけど、やっぱり「皮の刺身」とか食べられなかったのが心残りで、一応隣りの売店「つ印 くじら家」にも入ってみた。

ファイル 3024-4.jpgさすがの専門店で、タレ(ジャーキー風)や佃煮、刺身も冷凍で有り肉に舌に皮も揃ってた。あーやっぱり「皮の刺身」が気になるけど、冷凍パックにしてまで仰々しく持ち帰るのもなぁ、、と迷ってたら「今夜食べるなら保冷材だけでも大丈夫ですよ」というので購入。
「いやぁ隣りで食事したんだけど「皮刺し」はなくて、十年以上前に食べたのを思い出してやっぱり食べたくてねぇ」などと喋ってたら「十年以上前なら今の店ではなくてウチが食事もやってたころですね」と、実は隣の店は以前はこの「くじら家」でやってた店で、食事はやめて閉めてた所に「カムカム」さんが入ったんだそうだ。
そうだったんだ。それで閉まってるイメージが強かったのかな。
っていうか、結果的に十年前に感激した店で皮刺しを買えて良かった。
(そして久々に帰りに日本酒とか買って自宅で晩酌。とろけたー うまかったー)

 
ちなみに以前の写真を見返してみると、前に食事してたのは2007.09.02だった。

ファイル 3024-5.jpg確かに隣りの店も「くじら家」という名前になってた。

そしてこの時食べたのが鯨刺身と皮刺身。それにたしか追加で睾丸も挑戦。これもうまかった!

タグ:食:定 餐:肉 楽:買

三里塚記念公園

ファイル 3023-1.jpg成田市三里塚御料の県道沿いにある公園。

前の県道から何気なく見てて立派な入口と「公園内の施設のご案内」の案内板と駐車場が見えて思わず寄ってみた公園。

成田空港の周りで三里塚といえば空港建設反対派の抗争が思い浮かび、その資料館でもあるのかな?とか思って寄ってみたんだけど、駐車場から表の入口に歩いて案内板を見てみたら違ってた。
ここは空港が建設されるまで宮内庁の「下総御料牧場」があったそうで、その宿舎の「貴賓館」や「牧場記念館」、そして残されてた「防空壕」が公開されている公園だった。へぇー全然知らなかった。

ってわけで立派な木の並木道を真っすぐ歩いた。
すっかり晴れて天気いいから静かな緑の並木道を歩くだけでも気持ちいい。

まず先に右横にあったのが「貴賓館」。でも門が閉まってて「見学希望の方は記念館職員に声をかけてください」とあったので、並木の先の記念館に歩いた。

ファイル 3023-2.jpg

記念館の手前の新山荘輔場長の像を見てから記念館に入ってみた。(岩手の小岩井牧場の建設も手掛けた忙しい人だったそうだ)
この「成田市三里塚御料牧場記念館」は昭和56年に牧場当時の事務所を再現して建てられた復元ものだけど、外見はそれらしい雰囲気ある建物で悪くない。

中に入ると昭和な資料館っぽい雰囲気だったけど広い一室の余裕ある展示で、記名して入館。
まず最初に菊の御紋の入った馬車がキレイに静態保存されていて近くから中も覗けた。館内は一部の写真パネルを覗いて撮影OKだそうだ。

そして館の人の案内で「まずはビデオをご覧ください」とブラウン管テレビの昭和昭和した案内VTRを閲覧。往時の牧場風景と遊びに来られた皇族の方々、そして屋根を外してオープンにしたさっきの馬車も映ってた。オープンに出来るんだ!
VTRを見てる間に他に2名の入館者が来たのでガイド開始。館の人が丁寧に解説して案内してくれた。

ファイル 3023-3.jpg

牧場はかなり広く成田空港の半分以上あったのが空港建設で栃木県高根沢に移転(ホンダの研究所の近くだ)。それまでは静かで広々して景色のいい所だったそうで、桜の並木も名物で、皇族の方々の遊覧や諸外国からの賓客をお迎えしたりしてBBQやジンギスカンなどを楽しまれたそうだ。
ちなみに国内で最初に牧羊したのはこの御料牧場で国内のジンギスカンの発祥地でもあるそうだ。知らなかった。
そして競走馬を育てたことも有名で国内サラブレッドの大元でもあるそうで競馬好きの人の聖地的なところらしい。明治や大正の黎明の開墾用の馬具なども並んでいて興味深かった。

他にも昭和天皇が乗ったお召し機の客室寝室が再現されてたり、成田から八日市場に通ってた軽便鉄道のパネルも興味深く面白かった。

記念館の次に貴賓館。案内は別の人が引き継いで開門。
この大きな茅葺屋根の立派な建物は、明治初期に牧場の構築に招聘したアメリカ人の官舎として富里に建てられたものを事務所として移築し、後の大正に新事務所(記念館の元)を建てた時に改築して、皇族や賓客の宿舎として利用されてた物だそうだ。つまり明治8年築、大正8年改装の和洋折衷館屋敷ということだね。

ファイル 3023-4.jpg

現在茅葺屋根が補修中なのは一昨年の台風被害の爪痕だそうだ。入口からの砂利が円の模様を描かれてたのでどこを歩いていいか迷ったけど、別に模様を踏んでも問題ないようだった。。
建物の中には入れず庭からガラス越しに覗くだけだったけど立派なお屋敷で、パッと見完全に和式にしか見えなかったけど、裏にまわるとしっかり洋式で面白かった。

そしてその屋敷の裏の奥にあるのが防空壕。一般家庭や市井で掘られたものようなものとは違ってパッと見塚のような古墳のような大きな壕だった。
これは昭和16年の日米開戦前に造られた当時の皇太子(現上皇:平成の天皇:明仁様)専用の防空壕だそうで、皇太子はことのほかこの地をお気に召されていたそうだ。
残念乍ら中は写真禁止なのであしからず。
中はエの字型で両側に爆風の吹き抜ける窓があり中間がシェルター的な居室になっていた。冷房が効いてたから涼しかったけど、なかったらどんな感じだろうか、、

ファイル 3023-5.jpg

対向側の出口から外に出た。中に入れるとは思わなかったので貴重な体験に思えた。
皇室の方々はこのように一人一人に専用の防空壕があったそうだけど、現存し一般公開されているのはここだけだそうだ。
っていうか戦前はどういう構想だったんだろうか。帝都の空襲までは想定した上での疎開先ということになるのかな。大戦末期に本土決戦は九十九里からの米軍上陸が濃厚になり当然ながら皇太子は一度も訪れることなく終戦を迎えたそうだ。
逆にまるで使われずに忘れられてたから埋められることもなくそのまま残って、平成になって「ある筈だぞ?」と調べてやっと見つかったのでこうして一般公開されているという稀有なスポット。千葉にこんなのがあったんだねぇ。

最後はちょっと案内の人に質問したりして話してから柵門を出た。
案内でたまに出てきた栃の木というのはどの木か聞いたら、並木の大きな木が栃の木で「マロニエ」ともいうそうだ。これらは牧場ができた時から植えられてたものだから何気に全部樹齢100年以上だそうで、並木道だけ見ても立派な公園だった。

いやぁーたまたま気になって寄ってみただけだけど、思いもよらず色々見れて楽しめた。まだまだ千葉も知らないトコだらけだなぁ。

タグ:観:園 観:館 観:建 観:車 観:農 観:具 観:発 観:軍 植:樹

空の駅 さくら館

ファイル 3022-1.jpg成田市駒井野の「さくらの山公園」にある土産品販売店。

この公園は成田空港に離発着する旅客機が眺められるビュースポットで、前に飛行機好きの妹を連れて来たことあった。
その時にこの売店も覗いて飲食コーナーの「ひょうたん蕎麦」というのが気になってた。
ので、軽めに成田くらいで折り返すような時には食べに来てみようと思ってた。(今回は空港を通過するまで忘れてたけどね)

で、今日は飲食コーナーに直行。蕎麦は冷たいのもあり、天ぷらが「名物」とあったので天ぷらそばの冷たいのにした。

ファイル 3022-2.jpg待つ間に店内を見まわす。成田のゆるキャラ「うなりくん」の大きめのぬいぐるみコーナーとか、ジャンボジェット機の模型(25/1のボーイング747-400)とかを遠目で眺めた。

そして壁にある「ひょうたん蕎麦」の解説も読んでみた。
ひょうたん蕎麦とは、ひょうたんの底にあけた穴からテコの原理で押し出す中国の古くからの製麺方式だそうだ。。 
ん?中華方式で作った蕎麦?なんで蕎麦で?中国でも蕎麦は麺にして食べるの?ってことはこれがホントの中華そば??(ひょうたんの繊維が入ってるとかそういうのかと想像してた、、)
と、わけからなくなりつつ、できた料理をセルフでとってきた。

天ぷらそば 冷やし。うん、見た目普通に蕎麦。つゆも和の蕎麦。
っていうか大きいかき揚げ天!なるほど「名物」なわけね。

ファイル 3022-3.jpg

食べると普通においしい蕎麦。少々硬めでしっかりした感じ
だけど啜りやすいイイ麵。
半分くらい蕎麦を食べたところで天ぷらをドンと入れて香ばしい感じで後半戦。天ぷらもサクサクとジットリと変化もって楽しめたし、しっかりムキエビも入ってておいしい天ぷらだった。
蕎麦は意外とちゃんと量があって天ぷらも食べ応えあって程よい昼食になった。

でもまぁ正直なとこ言えば、左程特異な個性ある蕎麦ってわけでもなく、なんでわざわざ中国式?という疑問をおぼえた「ひょうたん蕎麦」だった。
けど、蕎麦を麵にするのは日本だけじゃないという事も知れてよかったかな。(あれ?でもつゆはどうなんだ?やっぱ日本の蕎麦が一番うまいんじゃないか?)

さて、
今日は別に飛行機を見ようとは思ってなかったけど、まぁせっかくだからチョコと見ていくかと「さくらの山」の展望所へ歩いた。
ら、
平時と変わらないくらいの人が集まってた。きっと飛行機の本数って減ってるだろうにねぇ。でもみんな好きなんだねぇ。

ファイル 3022-4.jpg

ここは着陸の方が機体を大きく近くで見れて迫力ある場所だけど、この時は着陸より離陸の方が多く1対4だった。四機の離陸と一機の着陸だけ眺めて車に戻った。
 
 
ちなみに飛行機を見に来た時の点景

タグ:餐:麺 餐:揚 観:模 観:機

地魚回転寿司 丸藤

ファイル 3021-1.jpg鴨川市広場汐入の128号沿いにある回転寿司店。

広い駐車場の「潮騒市場」の一角にあるので寄りやすいは寄りやすいけど思い切り観光客向けな印象でそういう値段だろうなと思いこんでてちょっと敬遠してた。
けど、鴨川で何か軽く食べたいと思ってて結局また通過しちゃいそうな感じの今日は、高めでも回転なら一皿二皿くらいで出ればいいだろうと考え思い切って寄ってみた。

回転してる前のカウンター席について店内のボードにあるおススメとかを見た。
「本日の地魚」というのが、ヒラマサ、ヒラメ、カンパチ、サワラとあった。お、サワラ!春前に友達と九十九里に行った時に話してて食べたくなってたサワラの刺身!調べたら南房総の方で名物らしいと知って残念と思ってたけど、すっかり忘れてた今になって巡り会えた。

「地魚お試しセット」という四種一貫ずつのセットも惹かれたけど、他はいいやとサワラを注文。
立派な色の皿で出てきた。

ファイル 3021-2.jpg

んーなんか思ってたサワラの独特な風味がしっかり味わえなかったのはいきなりで舌が落ち着いてなかったのかな。。でもまぁ満足。

もうこれで良かったけど、やっぱり一皿で出るのはバツが悪くもう一皿。廻ってる皿で地物とあったスズキを食べた。
けどこちらはサッパリしすぎててやっぱりピンと来ず物足りなく、もう一皿と、メニュー見て安い皿のエンガワをたのんだ。
こちらはケチらずにボードにあったヒラメのエンガワの方にすべきかとも思ったけど、出てきたエンガワはもう充分とろける美味しさで満足。

ってわけで三皿で店を出た。ケチりながらも普通に食事するくらいの料金だった。悪くはないけどやっぱり太っ腹な気分の時に来なきゃダメだね、、と反省。
まぁサワラ食べれたからOK。いっそサワラだけ二皿でも良かったかも。

タグ:餐:鮨

野島崎

ファイル 3020-1.jpg南房総市白浜町白浜の房総半島南端にある岬。

参観灯台の野島埼灯台があるので何回か寄ったことあったけど、そういえば灯台に登ったのは十年以上前なのでこの点景は初になる。
今日は同じように十年以上振りのラーメンを食べてきたトコなので、じゃあこっちもと思って来てみた。

前の道は何度も通ってるので知ってるつもりだったけど、いざ寄ってみると岬の口の飲食店が並んだローターリーは駐車場じゃなくなってて広場になってスッキリしてた。手前に戻って道脇の駐車帯に停めて歩いた。

で、飲食のつもりはなく真っすぐ灯台に歩いて登ろう!と思ってたけど、「海の中が見える」と幟の立ってた遊覧船気になって、料金を見たら800円。ふと横の港を見るとすぐ出航しそうだったので気まぐれに乗船してみた。

野島崎は正直言ってとくに奇石があるようなダイナミックな地形でもなく、洋上から見てこそという景色でもなかった。
案内も灯台前のハートに見える岩というのが唯一のビューポイントらしく、あとは「海のない県から来た人は広い水平線を見て喜んでもらえる」と北関東民をいじってたけど、この時乗ってた客は七人中五人が千葉県民だったようだ。

ファイル 3020-2.jpg

まぁ個人的には景色はどうでもよく、船底に覗ける海中の様子こそ興味の対照で、ほぼずっと下を眺めてた。
港から出ると砂の模様から海藻までよく見え、魚が泳ぐのも見えたのでOK。昆布のような海藻は「カジメ」だそうだ。これがそうかー、刻んでトロトロになった食事でのしか知らなかったわ。
魚の種類までは分からなかったけど青いスズメダイも見れたし、遊びでシュノーケリングして泳いだ数十年前以来の千葉の海を覗けて嬉しかった。
岬くらいで折り返すと帰りにはなんとウミガメが観れた!海で泳ぐ野生のウミガメを見たのは初めてかも。(残念乍ら写真はピンボケ、、)運がイイらしく「午前中のお客さんのお姉さんは二回続けて乗ったのにウミガメには会えなかった」そうだ。
という軽い船のひとまわり。思った以上に楽しめて乗って良かった。

さてさて、そして本題の野島埼灯台。
まっすぐ進んで300円の参観寄付金を払って灯台を登った。
この「野島埼灯台」は幕末に各国と結んだ条約灯台のひとつで、明治2年の初点灯。大正の二代目の灯台が大震災で折れて倒壊して今のは三代目。
中はゆとりある螺旋階段で段も低く登りやすく、77段の階段とラストは鉄梯子をスイスイ登れた。

ファイル 3020-3.jpg

そして外に出て展望。
まずは西方向。洲崎への海岸線とさっき遊覧船で往復した海。船も見えた。
そして北方向。房総半島の山並。すぐ先が白浜城跡だとか。手前には駐車場の自分の車が見えた。
つぎに東方向。千倉への海岸線。こっちに浮かぶ船はアワビ漁の小船で海女さんが潜ってるのが見えた。
最後に南方向。房総最南端と太平洋。船で案内された「朝日と夕陽の見えるベンチ」が見下ろせた。
この灯台に登ったのは確かこれで三度目。でも十年以上ぶりなら新鮮で普通に楽しめるね。登る前に船に乗って案内きけてたのもよかった。ゆっくり風を浴びて眺めてから下りた。

そして灯台資料展示館「きらりん館」に入った。

ファイル 3020-4.jpg

簡単な展示ながら霧笛の音とか歴代の灯台の模型の灯りをつけたりとちょこっとギミックあったし、航路標識測定船 LL01「つしま」の模型も細かくて良かった。

あとは野島崎の岬をひとまわり軽く散歩。岬っていうか楽に散歩して廻れる大きさの小さな半島って感じ。樹上で鳴いてたヒヨドリを眺めつつ、東側にまわってニワトリのいる海洋美術館の林を抜けて海沿いに出た。ら、キレイな遊歩道には逆向きに矢印が書かれてて、どうやらこっちからは逆回りだったようだ。人もそんなには多くないしまぁいいでしょ。

ファイル 3020-5.jpg

南端には「最南端」の石碑や南アフリカの大きな石などがあり、「朝日と夕陽の見えるベンチ」は海側の岩の上で、降りる時少し怖いと聞いてたので興味あったけど、登った人がくつろいで動かなかったので通過した。

遊歩道はこの南端から西側に見るものが多くこっちがメインって感じだった。
まず「伝説の岩屋」という洞穴があり、源頼朝が雨宿りしたという伝説の岩屋だそうで、タコの海神を祀っていて、タコの前に配されたアワビの貝殻に賽銭が入ると開運が叶うとか。。
一円玉があったので試してみてら、三円目で入った。ナイス!と思ったけどそういえば何も願いを掛けてなかったわ。。

ファイル 3020-6.jpg

磯の波際も近かったので少し歩いて磯を眺めるとカニが沢山いた。

あとはいくつかあった緩めの裸像を見つつ、里見のことが書かれた石碑を読みつつ歩いた。
この野島崎は結城合戦で敗走した里見氏が三浦半島から渡った上陸の地だそうだ。えーじゃあさっきの岩屋も里見義実が雨宿りしたって事にしとけばよかったのに、、いろいろありすぎると信憑性うすいよなぁ。
最後にトビウオの像を見て車に戻った。

何度か寄ってるとこだし、、と期待うすく立ち寄ったトコだったけど、遊覧船なんか初めてだったし、細かいとこは忘れてたりしてて新鮮味あったりして、逆にすごく充実の休憩だった。
忘れてるっていうのもいいもんだね。前来た時(07年、08年)の写真を見てみたら「伝説の岩屋」とかしっかり見て写真撮ってたわw

タグ:観:灯 観:船 観:館 観:装 観:園 観:伝 観:像 楽:乗 楽:眺 楽:験 景:海 景:洞 景:磯 植:草 動:魚 動:鳥 動:虫

梅乃家

ファイル 3019-1.jpg富津市竹岡の127号沿いにあるラーメン店。
千葉のご当地ラーメン「竹岡式ラーメン」発祥の店。

以前に何度か来てたけどCR-Xに乗ってた頃以来だから十年以上振りだし点景にしてない。(コワクにはしてたかな)
という感じでかなり久々に来てみたけど、月曜の11時過ぎでもやっぱり店前には待ってる客がいてその人気ぶりがうかがえた。
っていうか通るたびにその行列は見掛けてて知ってたのでやっぱ休日に比べたら少なく、裏の駐車場に車を停めて自分が並んだ時には前には二人組の待ちがいるだけだった。
で、先に注文聞かれて「チャーシューメン」をたのんで待った。
店に入ってラーメンが出て来るまで20分。まぁ順調。

さてこの梅乃家さん、ラーメンの味も極端なんだけど、昔ながらの千葉の大雑把で雑な印象そのままの店の雰囲気もあって好き嫌いが別れる店。僕は好きだけど友達は嫌ってた。
出てきたラーメンも汁零れてたし、レンゲもそこに直に置くのかという大雑把さ。ネットの口コミ全盛の今の世でこれでも人気店なんだからみんな千葉に理解があるよなぁ、、と感心する。(自分も若い頃はこういう雑さがイヤで長い間千葉が嫌いだった)
千葉の魅力wはさておきラーメンラーメン。いただきます。

ファイル 3019-2.jpg

うん、これぞ醤油!これぞ竹岡!
竹岡式ラーメンはその後何軒か他の店では食べてて、どこもおいしく、並ばないからこっちでいいや、、とか思ってたもんだけど、久々に食べてみるとやっぱりオリジナルは違うわ。例えるならビートルズの「ヘルタースケルター」、他のバンドがカバーしたのを聴くと演奏がうまくて纏まってて聴きやすくても、キレた感じやイッちゃった感じが無くてオリジナルこそと常に感じる。そんな感じ。
このラーメンも相当キレてて正直言って日本一の体に悪そうな御当地ラーメン。この濃さがたまらない。
でも汁の濃さもサルことながらチャーシューの濃さも更也で、チャーシューの後だと汁もやさしく、食べ進むと全然問題じゃなくなってきて面白い。
そして賛否両論の乾麺の麺は思ったよりそうと感じずいい柔らかさ。昔は都内でも乾麺のラーメン屋ってわりとあったんだよね。なつかしい。(職場の隣のラーメン屋がそうだった)

ファイル 3019-3.jpg食べてて気がついた。あれ?玉ねぎ入ってないよなぁ、、
店の人に聞いてみると玉ねぎは薬味としての別売りだそうだ。そうだったっけ?「後からでも出せますよ」というのでいただいた。茶碗一杯の玉ねぎは微塵の切り方も中々大雑把だったw

ってわけで後半は玉ねぎの甘味で味の確変。濃さに変わりはないけどね。もちろん汁まで飲み干して御馳走さまでした。今血圧どのくらいだろうねw

店を出た時に店のおばちゃんも外に出てきてたので「10年ぶりくらいの来店ですけど玉ねぎって前から別でしたっけ?」なんて聞いてみた。
ら、昔の先代の頃からずっとそうだったそうだ。でも玉ねぎの値は年によって変動大きくて結構大変なんだとか。「スタイルは変えないけど、値段は少しずつ変えてて申し訳ないです」というので「いやいや人気店は高いくらいじゃないとダメですよ」とか話しつつ、また忘れないうちに来ますと言って店を離れた。

ファイル 3019-4.jpg

で、素直に駐車場に戻るのではなく、国道に出て店を撮ったり、対向車側に渡って港町の屋根の先の内房の海を眺めたりした。
トンビがたくさん空に揺れてぴーひょろろ。うっすらと対岸の三浦半島も見えていた。港まで降りてみようかな、、とも思ったけど、やっぱラーメン屋の駐車場に置いたままはよくないよなと思い、駐車場に戻った。
 
 
ちなみに前に来た時のコワクはメニューに無くて探しちゃった。。
随時版の日誌「05.12.05」からだけのコワクだった。
これは最初に来た時で、その後も来てた筈だけど見つからず、何年ぶりかは分からなかった。。
っていうかしっかり玉ネギの薬味は別になってた。

タグ:餐:ら 餐:肉 餐:菜 観:発 楽:話 景:海 動:鳥

大漁亭九十九里

ファイル 3018-1.jpg九十九里町粟生の県道沿いにある海鮮料理店。

ここは確か十年以上前に来たことがあって、その頃とは店の外見や店名が違ってると思うけど、いかにもパチンコ屋の跡地という感じの広い駐車場が印象的でそういう店は他にはなく、最近前の道を通る度にたしか此処だったよなぁと思い、店頭の看板に「はまぐりラーメン」とあるのを見て間違いないと思ってた。
で、今日は朝食軽く、昼食も軽かったので、おやつはちゃんと食べたいなぁと思ってて「はまぐりラーメン」を思い出してたので(海の駅でイワシを見てインターバルとりつつ)来てみた次第。

やっぱりいかにもパチンコ屋の跡という感じの店内に入ると、中も広くパチンコ屋のホールの広さ。サザエの水槽とか漁船の小船とか置いてても余裕の店内だった。
そして(失礼ながら)パチンコ屋の店員さんのような女性スタッフに通されて席に着くと、テーブルにはハマグリも焼けそうなコンロが乗ってて、そういう料理も楽しめる様だった。
メニューは色々あってちゃんとした海鮮料理もメインで揃ってたけど、そこまでちゃんと食べたいわけではないし最初から「はまぐりラーメン」のつもりだったので迷わずにそれをたのんだ。

そして少し待って「はまぐりラーメン」登場。
おお、大きなハマグリがドンと三つ乗った勇ましいラーメンだった。

ファイル 3018-2.jpg

これはこれは。大きなハマグリも食べ応えあって良かったけど、甘みある汁が貝の風味濃厚でおいしく最高だった。
正直麺は普通で悪くはないけど主役は汁だと思えた。つまり、ハマグリの乗ったラーメンではなく、麺の入ったハマグリ汁!という印象。
この甘みと爽やかな感じは、、、と思いめぐらせて思い出したのが青森の「いちご煮」。そういう方向のおいしさで思いもよらぬ満足感。
これはいい!もっと早く寄ってみてたらよかった。

ところで、食べ終わってから会計の前にちょっと店内を見てまわった。
客席の端にお土産コーナーもあるけど、気になってたのは客席の先にある大きなワタリガニのオブジェ。
荒々しくカッコよくいい造形で、波に乗ってるのかと思ったけどよく見たら違って、酒だるを割って酒を流しているトコだった。

ファイル 3018-3.jpg

もろパチンコ屋跡の店の構えで損してそうだけど面白い店だった。また食べに来よう。
 
 
で、
帰ってから昔の日誌や写真を振りかえってみると、、
点景とか始める前なので大体の時期は読めてたけど、思ったよりも昔でもなく13年前の随時版の日誌で此処をみつけた。日誌つけててよかった。

昔の店名は「海の駅 九十九里パーク」
現在の「海の駅 九十九里」が出来る前で、ここもお土産売場がメインで奥にに食事コーナーがある形だった。繋がりがあるのか無いのか、、どういう経緯で店が変わったのか知らないけど、ネットではゴッチャになっててまぎらわしい。(そしてその時から気になってて写したメニューの「はまぐりラーメン」は今のとは違って小型のハマグリがパラパラと入ってる写真だった。)
で、気になってはいたけどその時食べたのは別のメニューで「さんが焼き丼」を食べてた。「さんが焼きがのった茶漬け風丼。おいしかった」そうだ。ラーメンより丼の気分だったのだろう。
 
ファイル 3018-4.jpg
 
それでもずっと気にしてた「はまぐりラーメン」を13年後の今日になって食べれて良かった。

タグ:餐:ら 餐:貝 餐:汁 観:模