記事一覧

小泉稲荷神社

ファイル 2579-1.jpg伊勢崎市小泉町にある神社。

ネットで見かけてその赤い鳥居の密集度に興味持って来てみたかった所。
小泉っていうからてっきり大泉町の小泉あたりだとばかり思ってたけど伊勢崎市の郊外だった。そんな勘違いでウロウロ探したりしてて見つからなかったりしてて、帰ってからちゃんと地図で確認してた。
ので、今回はバッチリ。っていうかナビにナビさせてたので迷わず来れた。

来てみたら神社前に広い駐車場があって、ガラガラだったから写真撮りやすそうな位置に駐車した。で、車を入れてその特異な濃度の赤い鳥居の写真を撮った。雲が多く、日が陰ったりして晴れを待ったりしながらで少し時間かかった。

そしてそのトンネルの様な鳥居をくぐって進んだ。
鳥居の列は三列。どっちを進めばいいのか分からなかったけど自然に進んで左側の列をくぐって進んだ。

鳥居は鉄柱のもので真っすぐでカッチリしていた。だから崩れることもなく増えて並んで密度濃くできたのかな。

ファイル 2579-2.jpg

通り抜けてる時は赤一色で不思議な気分。
伏見以上の濃い感じながらちゃんと青空も覗けているので、圧迫感は無いけど赤に包まれててまさに参道というか産道を抜けてる気分。

通り抜けて境内に出た時は子宮に辿り着けたような気分だった。(それは言いすぎかなw)

さて境内も燈籠が並んで狛狐が並んでトンネルの続きのようにまっすく拝殿に進んでお参りした。

ファイル 2579-3.jpg

拝殿もしっかりしてて、彫刻も狐だった。
そして賽銭箱の上には油揚げがあった。これは持ってきて納めたものだよね。はじめてみたかも。

横から裏にまわったら本殿は拝殿としっかりつながってて隠れたタイプだった。
その裏にはまた少し鳥居が並んでて小さな狐の陶器製置物が並べられた「白狐納所」というのがあった。

ファイル 2579-4.jpg

ぐるっとまわって反対側には市の重要文化財の「元小泉稲荷社奉納手洗盤」というのがあった。江戸時代末期の手洗盤だそうだけど、柵を作って守るほどのものという感じはしなかった。

そして今年出来たばかりらしい由緒の案内板があった。
御祭神は宇迦之御魂神と大己貴命、つまり稲荷様と大国主。
由緒はこれより後ろの石碑の方が細かく書いてあった。

そして来たのと反対側の列の鳥居をくぐって境内を出た。

ファイル 2579-5.jpg

こっちの鳥居のトンネルはその出口の先に自分の車が見えてて嬉しくなった。いい位置に停めたなぁ自分!と自画自賛。
止まらず一気に車に向って歩き進んで真っ赤な鳥居の空間を抜けた。

駐車場に戻って振り返ると鳥居の横に小屋があったのでちょっと行ってみたら、ここには小型の冷蔵庫が置かれてて「油揚げ1組100円」と貼紙のある無人販売所。あけてみたら中に油揚げが入っていた。
ああ、納めるやつね。
これ、油揚げはともかく、冷蔵庫を持ってかれちゃったりしないのかな。。

タグ:観:宮 観:道 観:像 観:飾

道の駅 きつれがわ

ファイル 2578-1.jpgさくら市喜連川の293号沿いにある道の駅。

何度も来てて点景にもしてたと思うけど、そういえば寄ったのは久々なのかなぁ、来てみたらリニューアルっていうか新しい建物がたってて雰囲気のある洒落た道の駅になってた。

建物の前には足湯の小屋があって人気のようだったけど、それはスルーで店内に歩いた。

ファイル 2578-2.jpg端の入り口から入るとそこは丁度フードコート。
いろいろ気になったけど食べようと思ったのはラーメン。「麺で味わう喜連川」とか「高級ラーメンを売る店」とかいろいろ書かれてて店名が分からなかったけど、「鮎とヤシオ鱒でだしをとったスープ」とか言うのがもうストライク。その「ごちそう喜連川ラーメン」というのをたのんでみた。

オーダーすると「⑱夏の少年」とかいう紙を渡された。出来たらこれで呼ばれるのか。。洒落てるけど恥ずかしいなw
(「なつのしょうねん」かと思ったら「なつのコドモ」だった。矢沢永吉の歌の曲名らしい)

で、呼ばれました十八番-夏の少年w
「ごちそう喜連川ラーメン」はいいにおい。透けた黄金のスープにどっしりした手打ち麺で見るからにうまそうだった。

ファイル 2578-3.jpg

早速食べると、これはうまい。さっぱりしながらいい味で風味が良い。麺ももちもちで少しずつ汁と絡めて啜って楽しんだ。
鱒と鰻のペーストも乗ってて川魚のおいしさ満点なのに、肉も熟成牛肉でなるほどこれは「ごちそう」だわ。大事に味わって完食した。

思いがけずおいしい食事にありつけて嬉しかった。
正直言えば喜連川名物の「温泉パン」でも買って食べながらドライブって考えてたんだけど、もう温泉パンはおなかいっぱいで入らないので買わなかった。これ結構食べ応えのある密度濃いパンなんだよね。
でも「温泉パン」のコーナーも充実してていろんな種類が売ってたので、別に食べながら帰らずとも買って帰らばよかったかな、、と後から思った。

店の方もひととおり見てまわって外に出たら、店頭ライブをやってた。
栃木のアイドルさんかな。どんなもんかちょっと覗いてみた。

ファイル 2578-4.jpg

サインの入ったTシャツを着てるオタさんも結構いたわりに静かな現場で、最後の方でやっと少しコールが聞こえたくらいだった。ふつうは店頭ライブだとこんな感じなのかな。。いやぁたまには他の現場も面白いもんだね。

そして構内にある日帰り湯は前のままあったので、入って行こうかな、、と思ったけど、ライブのMCで「ライブ見て汗かいたらこの道の駅は温泉もあるから入ってってねー」とか言ってたので、まーさか風呂でオタさんに話しかけられたりなんてことはないだろうと思うけど、、一応やめておいた。

タグ:餐:ら 楽:催 道の駅

らーめん 夢道中

ファイル 2577-1.jpg河内町長竿の408号沿いにあるラーメン店。

もうどこの店でもいいから見かけたら入ろうと思ってたトコで、まず見かけた産直店の隣にあったラーメン店。
4時という半端な時間ながら店に入るとお客さんが多く賑わっていた。

っていうか、、ラーメンを食べてる人は無く、もう呑兵衛モードで酒飲みに集まってる感じだった。
わーなんか失敗したーと思いつつ窓側のカウンター席についた。

ファイル 2577-2.jpgメニューはしっかり印刷された物なのでチェーン店かなと思った。
(調べてみるとチェーンではあるけどここ以外に他の店はないらしい)

たのんだのは「おすすめ」とあった「夢旨らーめん」
普通のラーメンとどう違うのか分からなかったけど、「当店オリジナル」ともあったのでまぁなんか違うんだろうなと思ったし、「夢辛らーめん」というメニューもあったからこっちは間違いなく辛くないだろうなと安心できた。

ファイル 2577-3.jpg

あ、色々のってる系かぁ。
正直いってあまり期待はしてなかったけど、野菜が山になって麺にたどり着くのに手間取るラーメンには魅力を感じないので失敗したかな、、とか思って食べた。
ら、思ってたより麺も汁もうまかった。これはなかなかいいわ。
背脂醤油で野菜も丁度よく飽きずに最後まで食べられた。

酒飲みの雰囲気はともかく、おもいきり茨城弁も聞けたので楽しめた。

さて、この隣の産直店「ふるさとかわうち」はもっと手前にあって「改装中」と閉鎖されたままになってる産直店の移転先。

ファイル 2577-4.jpgこの道にきたのはその元の場所の「ふるさとかわうち」が目的だったんだけど、産直店にはべつに用は無く併設されてた天丼の店と河内米のおにぎりのコーナーがお気に入りでめあてだった。
もうそれらは無いので用もないけど一応は覗いてみた。

赤飯が半額になってたので夕食用にと買って帰った。(おいしかった)

タグ:餐:ら 楽:買

ザ・フィッシュ

ファイル 2576-1.jpg富津市金谷の金谷港前にある観光施設。

前々からなんかキレイなのが出来たなーっていうのは知ってて、寄ってみようかなと思ったこともあったけど、金谷あたりは127号でも詰まりやすい場所で早く抜けちゃいたい区間だし、観光モードで混んでそうだから寄ったことなかった。

あーでもこれが出来る前に車と海と夕日の写真撮りたくてこの場所に入り込んできたことはあったっけ。(05/12/5)

今回は妹が寄ろうというので来てみた。

まず、駐車場の奥の方の未舗装の端に浜焼きの店があった。「なんか焼いて食べよう」と妹。(ビール飲みたいんだろ、、)
僕はまるで腹減ってないから「先に中を見てみよう」と促したけど、この時点でもう5時半で閉まってたそうだし、食べ放題らしいし、どちらにしてもないでしょ。

中には「かなにゃん神社」なんていうのがあった。
今日は何かと猫に縁があり、プルメリアの店にもいたし、ここの手前でもかわいい子猫を見かけてた。(帰りの夜道でも車道に飛び出してきてヒヤリとしたし)
っていうか、おみくじ買うんかい。。 また大吉だったそうで。よかったね。

ファイル 2576-2.jpg

で、チョイ食いとして、気になったバークーヘンの店「見波亭」で「濃厚焦がしチーズバウム」と「菜の花たまごプリン」を買い、脇のテーブルで食べた。
うん、期待通りくらいのおいしさだった。

あとはかなり充実した市場や土産売り場を見てまわった。
ここも6時まででもう閉まる寸前だったけどゆっくりみてまわり、魚サンダルが沢山あって気になったけど、Tシャツだけ買った。
妹はーなんかいろいろ見てたけど買ってなかった。

そして駐車場に戻ると夕焼けっぽくなってたので海辺に歩いて夕日を映した海を眺めた。

ファイル 2576-3.jpg

やっぱここで見る夕陽はいいかんじだなぁ。
たしか前に車の写真撮ったのもここだったと思う。
まぁ冬じゃないから富士山までは見えてなかったけど、三浦半島はよく見えたし、裏の南側の鋸山の岩崖も照らされててよく見えた。

タグ:餐:菓 楽:買 楽:眺 景:海 景:山 景:崖 景:陽

魚貝料理 たかはし

ファイル 2575-1.jpg富津市富津の富津公園内にある海鮮食堂。

この並びの手前の「志のざき」という店は何度か入ったことあったけど、今日はもう午後の3時で閉まってた。ので、こちらの店も閉まってるのかなと思いつつ来てみたら開いてたのでよかった。

なんとなくしっかりした店構えから少し高いのかな?って印象だったので一人では入ったことなかった店だったけど、今日は妹となので躊躇せずに入ってみた。

ファイル 2575-2.jpgら、
そんなに堅い感じでもなくメニューの値段もそう変わらず、空いた時間なら一人でも気軽に入れそうな感じだった。

入り口脇の水槽も曇りがち乍らアジやカワハギが元気に泳いでて、下の浅い水槽には貝が沢山入ってた。
こんな日当たりよさげな場所じゃ苔とか藻とか大変そうに思えたけど、客席からよく見える場所なのは嬉しいね。

ファイル 2575-3.jpgさてこちらの店は「あさりめし」がおすすめのようで、割り箸の袋にも店名の前に「あさりめし」とあった。
その「あさりめし」は妹がたのんで先に出て来た。

おおー釜めしなのね。
少しもらって食べてみたけど、これがしっかりとアサリの味が滲みてていい風味。おいしかった。さすがだね。妹も満足。

そして僕は「穴子丼」
そういえばこの店も「はかりめ丼」とは言わないんだ。。
この穴子の丼を富津では「はかりめ丼」といい、あたかも「はかりめフェア」の幟が立った旬な時季だったけど。(この店は「はかりめフェア」には参加してないらしい)
まぁ知らないお客さんからすれば素直に「穴子丼」って書かれてた方が解りやすいだろうけどね。

ファイル 2575-4.jpg

んー柔らかくてほわっとしておいしい穴子煮。
少々薄めの甘ずぎないタレも程良くてさっぱりしておいしかった。

妹に少し分けつつ、おいしかったからすぐにペロリかと思ってたけど、思ったほど腹減ってなかったので逆にゆっくり味わって食べられた。(さっき変なラーメン食べてからまだ三時間か、もう忘れてたw)

この後はできれば富津公園の二月に来たとき工事通行止めで入れなかった「富津元洲堡塁砲台跡」を歩きたかったけど、妹は興味ないだろうから諦めた。まぁそれはまた次回。

砲台跡ではなく岬の先に行って浜辺で流木を探して歩いた。
さっき行ったプルメリアの店で飾ってた流木がカッコよくて興味持ったらしい。
「流木拾いとか新しい趣味になりそうだ」なんて言って楽しんでたけど、あまりきったないのを車に持ち込んでほしくなかったから厳しく選定して無難なのしか拾わせなかった。
まぁそうそうカッコイイのは落ちてないよね。好きな人が拾ってっちゃってるだろうし。

ファイル 2575-5.jpg

それよか浜にはいろいろ花が咲いてた。僕は育てるのよりこういう自然に咲いてる花が好きだな。

タグ:食:丼 餐:魚 餐:飯 動:魚 景:海 景:浜 景:岬 植:花

トロピカルビレッジ

ファイル 2574-1.jpg袖ケ浦市神納の県道沿いにあるハワイアン農園。
ハワイなどの南国の花「プルメリア」をメインにした店。

妹のリクエストで今回の目的の店。
っていうか実は先週から行きたいって言われてたんだけど、僕はハワイとか興味ないから「それはハワイ好きの友達とかと行けば?」と言ってて却下してたトコ。
そもそもプルメリアという花はまったく知らないし、植物はサボテンでも枯らすような男なので場違いすぎるでしょう。

今日はまあいいかつきあうかと大らかに同行。
駐車場は細道の坂の上の屋敷の門を曲がった脇の奥にあって、大きい車で来たらキツそうだなぁ、、ってトコだった。
で、表に下って店に入った。

ファイル 2574-2.jpg

店は手作り感あるビニールハウスの温室を建て増したような洒落た感じで、入口の横の小物ギャラリーみたいな小屋には猫がいた。
店の人の話では勝手に入ってくる近所の野良猫の子だそうで、親はなつきはしないんだけど逃げもせずいつでも店に入ってくるそうで、話を聞いてる間にも通りかかった。その子を保護して里親を探しているそうで、小ネコ目あてて来るようなお客さんもいるんだそうだ。
うちらは兄妹そろって猫派なので抱かせてもらって癒された。

そして中をみせてもらった。鉢植えのプルメリアが沢山並んでいて、木になってるものもあり中には花を咲かせているものもあった。花はこれからが時季だそうだ。ふーんこれがプルメリアかぁ。
プルメリアは種類豊富で花の色も形も様々でいろんな種類があるそうだ。

ファイル 2574-3.jpg

もちろんプルメリア以外の植物や花もあり、最近充実してきたというエアープラントは花が咲いていた。え?エアープラントって花咲くんだ。。知らなかった。エアープラントも育ててたことあるけどすぐ枯らしちゃったもんな。。

妹は以前プルメリアを育でた事があったそうだけど、根も出る前に腐らしてしまったそうで、店の人とそういう話をしつつハワイの話をしたい感じで、客観的に見てて「ああ、これはまた話すだけ話して何も買う気がないパターンだな」と思えたw
この店は国内のハワイアンイベントとかにもよくでてるそうで今日は旦那さんがどちらかに行ってるそうだ。もちろんハワイにも行くそうだけど、この奥さんは毎回ハワイに行ってもほとんど海で泳いだことなどなくいつも植物ばかり見てるそうで、よっぽど好きなんだと感心したし、こだわりと愛情をもって花を育ててるんだと思えてステキだと思えた。
で、(長くなりそうだし暑いし)カフェメニューもボードにあったので僕は「水出しアイスコーヒー」を妹はビールをたのんだ。

ファイル 2574-4.jpg

でも店の人が丁寧に育て方を教えて暮れてるので「こういうアドバイスがちゃんと聞ける店で買えばうまく育つよ!買ってってみなよ」と妹の背中を押してその気にさせて、一鉢購入。
ちゃんと土に固定して、水の量や梅雨時と夏になってからなどを教えてもらってた。
僕もこういう店でちゃんと話聞けばウチワサボテン(千葉で定着して自生してるものもあるサボテン)くらいなら育てられそうな気がしてきた。

ファイル 2574-5.jpg最後に少し奥のハウスの温室の方とかも見てまわったら、立派なパパイヤが堂々となってた。

車に戻ったのが2時過ぎ。一時間半もいたけど飽きずに楽しめた。
正直まるで興味なかったけど話を聞くとステキだなと思えて少し惹かれた。
妹の買ったプルメリアが花を咲かせたら、自分もエアープラント再挑戦とかしてみようかなと思った。
 
 
後日譚というか、妹はすっかりこのプルメリアを気に入って名前まで付けてかわいがってるそうだ。
俺が背中押したおかげだぞ感謝しな。

タグ:植:花 植:樹 植:実 観:農 動:獣 楽:買 餐:飲

市原SA

ファイル 2573-1.jpg市原市海保中木々音の館山道にあるサービスエリア(の下り線)

今回、館山道を初めて通行したのでもちろんここも初めて寄った。
あ、よーく考えたら昔、会社ん人の車の助手席で釣りに行く時に通ってはいたかもだけど、ここはやっぱり間違いなく初めて寄った。

妙に洒落たリゾート風なサービスエリアでアメリカンというか西海岸というかハワイっぽいというか、そんな感じで妹は気に入って沸いてた。

で、外からガラス越しに見えた青いワーゲンバス、海用品売り場のオブジェになっていた。
まぁどうせレプリカでしょとか思ってパーッと見て通過してたけど、奥にももう一台ピンクのが置いてあった。
なんだろ、ワーゲンバスって海のイメージなのかな。かわいいとは思うけど、錆びには弱そう。

こちらのピンクのはサーフボードのだまし絵(飛び出して立体に見える絵)が前にあった。
妹が乗った写真も撮ったけど、あんまし飛び出して見えないしここに載せるのはヤメといた。

ファイル 2573-2.jpg

このワーゲンは横も開いてて中に乗れて運転席まで入れるようになってた。狭いから入らなかったけど、バエそうなのをたくさん用意しててスゴイなぁ。

店はお土産も充実してて、ビレバンぽい店もあり、ハワイっぽかったりもしてて妹も喜んで見てまわってた。

ファイル 2573-3.jpg空腹な僕は何か食べたくて「市原」の名が入ったメニューを目当てにフードコートを見てまわり、中華の店の「市原醤油ラーメン」というのを食べてみた。

、、けどこれは失敗。今どきなラーメンぽいけど特にどうのということはなく、まぁ悪くはないけど良さは無い感じだった。掲載割愛しようかと思ったけど一応食べたは食べたので。
テーブル席の天井も壁もいい雰囲気だったので勿体ない。もう少し選んで食べればよかった。。
っていうか、外に近隣の紹介コーナーがあって「ホワイトガウらーめん」も紹介してて、妹が気になってたので、高速降りてからそっちの店に行けばよかった。。

外に出て、妹の喫煙タイムの間に口直しのソフトクリーム。
マックスコーヒーソフトを食べた。
マックスコーヒーはコカコーラ社のコービーブランドで東関東限定なのかな?千葉の代名詞的な商品になっている御当地飲料。僕は千葉県民だから普通に知ってたけどそんなに馴染みもなく、こんなに面白がって千葉名物っぽくなってるのが不思議なんだけど、まぁネタとして食べてみた。

ファイル 2573-4.jpg

まぁ普通にコーヒー牛乳味でおいしい。マックスコーヒー自体、やけに甘いだけで個性のあるものでもないから、マックスコーヒーなのかどうなのか違いはわからないけど、ラーメンよりは全然楽しめた。
暑かったしねー。

で、こんな暑いのに妹は「気になった」と云って中華まん購入。
何て言ったっけこれ、一口貰ってみたら辛くてむかついた。。「あ、ほんとだ後からくるわ。ごめんごめん」って、かんべんしてよー

と、なかなかいい雰囲気なんだけど失敗も多いサービスエリアだった。

タグ:餐:冷 餐:ら 餐:饅 餐x辛x 観:車 観:絵 観:P

さくらの山公園

ファイル 2572-1.jpg成田市駒井野の県道沿いの成田空港北西脇にある公園。

夕方ギリギリな時間に来ておきながら、駐車場前の鯉のぼりとか暢気に写真撮ってたりしてたので、その先の売店「空の家 さくら館」は閉店時間。
でも扉は開いてたので中入って土産物を物色しつつ、飲食コーナーの「ひょうたん蕎麦」というのが食べられなかったのが残念だけど、旅客機の模型を見たり飛行機グッズを見たりしてウロウロしながら、何も買わないで店を出た。イヤな客だw

そこから先に進んでゆるい坂を上って、さくらの山公園の展望所に歩いた。

ファイル 2572-2.jpg

道脇の公園の花を見つつ上にあがると、そこは成田空港まるみえの飛行場展望台。
僕はそんなに旅客機に興味ないんだけどね、、妹は大好きでテンション上がってた。
飛行機がというより、海外に飛び立つ乗物が好きという感じかな。メカやスペックや細かいことを話し込まれるわけではないので気楽に見れた。

ファイル 2572-3.jpg

離陸する飛行機も着陸する飛行機も良く見え、着陸時にタイヤの煙が上がる機と静かに降りる機とそれぞれだったりしてそういうのを眺めてた。

妹は飽きずに公園の端いっぱいまで行って観てたりした。
僕はそんな様子を俯瞰で眺めつつ、色んな色の旅客機を見ては海外に行く人や来る人が沢山いるんだなぁ、、とぼんやり思ってた。
まぁ僕はもうこの先海外に行くことはないだろうと思うけどね。

ファイル 2572-4.jpg

タグ:観:園 楽:眺 観:機 観:飾 観:模

香取神宮

ファイル 2571-1.jpg香取市香取にある下総国一宮の神社。

僕は何度も来てるとこで、妹のリクエストで来てみた。
点景にも二回もしてるのでここもあげるつもりなかったんだけど、まぁ前回から六年も開いてるからいいかな。(前々回からは九年)

大きな駐車場は割と混んでて、開いてるトコあってラッキーって感じだった。結構閑散としてる時に来ることが多いからか、正月でも何でもないこんな時期に人が多いのは意外だった。

そして駐車場の前には参道の店が並ぶ。
初めて来た妹はGWに行った伊勢神宮で少し神社に興味持ったらしく、店も並んだ大きな神社ってことでテンション上がってたけど、この香取神宮はその伊勢神宮と肩を並べる『日本三大神宮』の一つではあるのに、比べるべくもないくらいの参道の店数と規模で聊かくすぐったい。(もっとも『三大』に数えられたのは平安時代の話だけどね)

で、店は帰りに寄る事にしてまずはお参り。
商店の先の赤い大鳥居をくぐってゆるいカーブの登り坂の砂利道の参道を進む。
なーんか、僕は帽子かぶってはいたけど熱さにやられたのか(昨日の埼玉での暑さの疲れが残ってたみたい)妙にだるくてゆっくり歩いたけど、妹は妙に元気でせかされた。

そして石の鳥居から階段上って赤い総門をくぐった。

ファイル 2571-2.jpg

手水を使い楼門に進んだけど、その赤い楼門の参道の前に木の船が置かれてて植えられた白いアヤメが咲いていた。
「水郷佐原あやめパーク開花状況」とあったので、これを見てあやめパークに行く人も多いんだろうなとも思ったけど、いやーたぶんアヤメを見てから来る人が多いから混んでるんじゃないかなーと思えた。
ここでもう3時なのでうちらは結局もうあやめパークには行かないだろうと思い、取り敢えず「さわら町屋館」とここで見たからいいかと満足した。

赤い楼門は天気いいからか妙に朱赤がキレイで緑の中に目立っていたけど、僕の香取のイメージは黒なので、勝手ながら赤いのはおとなしくしててほしいと思った。

そして境内に入ってお詣りした。

ファイル 2571-3.jpg

うんやっぱ黒くてカッコいい拝殿だなぁ。
練習艦香取の描を見つつ横から裏に廻って本殿を拝見。朱雀の彫刻もきれいだった。
そして表に戻って樹齢1000年の御神木の杉を見上げつつ、一応「宝物館も行ってみる?」と聞いたけど妹は興味なく境内を出た。

参道を戻ってて、その途中の脇道の先の「要石」を見に行こうと妹に言われたけど、自分は前に行ったから気乗りがせず「なんか疲れちゃったからここで待ってるから一人で行ってくればー」と言ったらゴネられたけど諦めたらしい。もうしわけない。

そして参道の商店街に戻った。
ゆっくり見て歩いて妹が気になったのは店先でタケノコを売ってる店。
朝採ったという「破竹」という伸びかけたタケノコ。すぐ伸びるから「破竹の勢い」というのはこれからきてるんだそうだ。
なーんかまた妹は話だけ聞いて一本剥いてもらったりしながらも買わないんだろうなーとか思って見てたら気に入って購入してて驚いた。買うときは買うんだ。(破竹の写真を撮ったつもりで撮ってなかった、、)

あと、最後に参道の端の店「亀甲堂」で店内に入ってカキ氷。
妹は焼き団子を食べた。

ファイル 2571-4.jpg

「厄落とし氷」という名の抹茶のかき氷。こしあん団子(厄落とし団子)が刺さってた。

タグ:観:宮 観:門 楽:買 植:樹 植:花 餐:冷 餐:菓 食:串

板前割烹 真亜房

ファイル 2570-1.jpg香取市佐原の小野川沿いにある料理店。

引き続き小野川に沿って少し歩いてて、少し人が減って静かになったあたりで見かけた店。
パッと見、普通な小さな旧商店な感じの店で看板に冷やしの五島うどんとか出てたので「ここで食事してっちゃおう」と気軽に入ってみた。

ら、
店内はキレイで洒落た料理店。
あまり気軽な感じじゃなかったけど、着物着た店のおかみさんの喋り方が独特で面白く、楽しい感じで席に着いた。

ファイル 2570-2.jpg妹はさっそくビールとか飲んでた。
(これの為に「芋ペチーノ」は一口だけにしてたらしい)

さて14年前に五島に行って五島うどんを食べなかったことを後悔している僕は迷わずうどんメニュー。あついから冷たい限定メニューで「恋する豚しゃぶうどん」、妹は「恋豚肉みそうどん」にした。
恋する豚は、栗源の道の駅の先にある「恋する豚研究所」の豚肉らしい。(行ったことはあるけど小洒落すぎてて退散した、、)

で、まず先にセットの茶わん蒸しが出て来た。お上品。熱いから冷まして待ってるうちにうどんがきた。

ファイル 2570-3.jpg

豚しゃぶうどんはサラダメインのような感じでゴマドレ効いてて、さっぱりしゃっきり。
うどんは細めのパスタの様な丸い麺。これが五島なのかな。もうサラダ感覚でおいしく食べた。
(でも少しもらった妹の肉みそうどんの方が好みだったかも、、)

食事は気が向いたとこですかさず入らないと逃して結局何も食べなかったなんてことが多いから、いいタイミングで店に入れたのは良かった。おいしかったし。

店を出てゆっくり店先の人形像や鉢の蓮を見つつ、折り返して小野川沿いの道を戻った。

ファイル 2570-4.jpg

来る時の対岸側の道なのでこっちはこっちでちょこちょこ店をのぞきながら歩いた。
まずすぐ先の「正上」という店で前から気になってた佐原名物のワカザギのいかだ焼きを買ってみた。(あれ?これ、買って帰ってから食べてないぞ、、どこやったっけ、、と見てみたら賞味期限8月下旬で余裕だった)

柳の葉の垂れる小野川を眺めると、あまりきれいな水ではないけど水草のコウホネの黄色い花が咲いていた。(「ナガバコウホネ」という千葉ではここでしか自生しない種だそうな)

川を眺める間、妹は寄ってもいない店のベンチで喫煙休憩。たいしたもんだ。

タグ:餐:麺 楽:歩 楽:買 景:川 植:花