記事一覧

坂田城跡梅林

ファイル 1093-1.jpg横芝光町坂田から寺方に続く舌状台地上にある城跡の農園。
この時期は「梅まつり」になってる。何度目だろ?4度目の来訪かな。(点景記事も三度目だ)
まつりといっても特別催し物があるわけでも夜店が並ぶわけでもなく、簡易トイレが設置されてテントの売店が幾つか並ぶだけで、基本的には気軽に梅を見ながらご自由に歩いてくださいという感じ。駐車場も無料。ありがたい。
ふらっと来るには丁度いい雰囲気でお気に入り。

ファイル 1093-2.jpgで、今回はトイレついでに珍しく売店を覗いてみたら、お好み焼き250円とか出てたのでひとつ買って、梅を眺めながら食べた。

あー
やっぱ花が咲く季節はいいなぁ。
早くどんどん暖かくなって欲しい。
梅が咲いてやっと冬が終わるって感じなので、個人的には桜より好きかも。

そして城跡に沿って台地を歩いた。
花は七部咲きくらいで梅花の香りが艶めかしく漂っていた。
なんか梅の花の匂いってエロいよね。

ファイル 1093-3.jpg

外郭、三の郭、二の郭と歩く。
一の郭と本丸は森の中なのでそこまでは行かずに二の郭で折り返し。

ファイル 1093-4.jpgだけど、、
なんかやっぱ梅の木減ったなぁ。。
特にこの二の郭は随分減った気がする。

でも集まったところはキレイに咲いていたのでOK。
行きはまっすぐ、戻りはクネクネと梅の多そうな部分に廻って歩いた。

ファイル 1093-5.jpg

タグ:楽:歩 植:花 餐:焼

潮騒ふれあい広場

ファイル 1085-1.jpg旭市横根,萩園にある海岸前の無料駐車場。
昔からサーファーの車で混んでることが多いので少し先の駐車場に停める事の方が多いけど、今日は空いてたのでここで休憩。
なんていう駐車場かわからないけど「潮騒ふれあい広場レストハウス」というのがあるからきっとそういう名前の広場なんだろうと思った。

このレストハウスというのはただのトイレ+自販機コーナー。
震災の津波で大破した公衆トイレを新装したもの。そういえば前に来たときはまだ工事中だったから思えばしばらく来てなかった気がする。

このレストハウスの通り向かいには「座頭市物語発祥の地」の碑がある。ふーん。

レストハウスから駐車場をはさんだ東側脇には2階の高さの展望台がある。
そういえばここって登ったことなかったっけ。何度も来てる場所だけど初の眺望。

ファイル 1085-2.jpg

東には屏風ヶ浦の端の刑部岬、南西はここら辺から始まって長く続く九十九里浜。
高さがそんなでもないから展望というよりは浜辺の見張り台って感じかな。

展望台から下りて浜辺も歩いてみた。
ここの砂は割とミチッと固く、砂がまとわりつかなくて楽に歩けた。
なので、少し南の砂浜では割と野放図に車が浜に出てたりする。あまりよろしくはないんだろうけど気持ちはわかる。

ファイル 1085-3.jpg

これは雪が溶けて流れた影響とかかな?
砂浜の表面に水が流れた後のような模様が出来てて青黒くきらめいていた。

波打ち際まで楽に歩ける。
冬の午後の日なのに今日はまっずぐな日差しで海は輝きまくってて眩しかった。
ながーい浜に続く波打ち際も青空を映してきれいで、気分良く散歩できた。

ファイル 1085-4.jpg

タグ:楽:眺 景:海 景:浜 観:発 観:P

側高神社

ファイル 1084-1.jpg香取市大倉の356号脇の崖の上にある神社。
前々からこの356号を通ってて、眺めいいんじゃないかと思って気になってた。

で、来てみたら森の茂みの中の神社だった。。
でも香取神宮の第一摂社だとかで歴史のある神社。
本殿は江戸時代初期の建築物で文化財、お祭りも鎌倉時代から続く酒の飲み比べの奇祭だそうだ。

境内は朝からおばあさんがきちんと掃除されてた。
何の神様が祀られてるかは表記無かったけど菊の紋章もあったのでそれ系かな。

まずお参り。

ファイル 1084-2.jpg

ファイル 1084-3.jpg境内を見ると、「千年杉」という真っ直ぐで形のいい立派な杉の御神木があった。
これはなんともカッコいい樹。
見上げて眺めた。

それと「四箇の甕」という水瓶が並んで埋まってた。
これはその年の四季の降水を占うものだそうな。

歴史ある神社だけに色々あって面白かった。

ファイル 1084-4.jpgさて、最初の目的の眺望はどうだろうと神社の裏の崖側に歩いてみた。
けど、、やっぱり見た目の通り樹が生い茂って展望はゼロ。
そんな木々の間に荒れた廃道のような石段があって、正面の線路と国道に続いてた。
ああ、昔はこっちが表だったんだね。

すぐ脇を通る高速の東関道くらい見えるかと思ったけど、おもったよりも離れてて全然見えず高速の騒がしさも感じなかった。

そんな感じで裏をうろちょろしてたら怪しいと思われたのか宮守のおばさんに「何かお探しですか」と声かけられた。。
「展望いいかなーと思って来てみたんですけど、、」と言ったら、
「先の東関道の佐原PAが少し眺めいいですよ」と教えてくれた。
「高速乗らなきゃ無理かぁ、、」と言ったら
「歩いていけば搬入口から入れますよ」だとか。。

んー行ってみようか、、、こっそり勝手に進入、、少しワクワクするけどちょっとそれはまずいよね。ネットに乗せづらいネタだww

ってわけで、少し迷ったけどそっちには行かずに車に戻った。
展望なくとも神社自体が雰囲気良くいい休憩になった。

タグ:観:宮 植:樹 観:飾 観:具 楽:話

川の駅 水の郷さわら

ファイル 1082-1.jpg香取市佐原の356号沿いにある道の駅に併設された施設。
物産店や飲食店があって賑やかな道の駅側とは対称的に、河川事業や防災管理などの資料館になってるこちらは人も少なくとても静か。
休憩するならこっちの方がいいね。

ちなみにレンタル自転車はこちらで貸し出してて1日300円だとか。佐原の街を巡るのに良さそう。(腰が治ったら借りてみようかな)

建物のロビー入口入ってすぐ端に小さな水槽があって、「白ザリガニ」というのがいた。
青いザリガニ(アルビノ)とピンクのザリガニ(そういう個体?)を掛け合わせたら白くなったそうだ。へー。
青いのとピンクのはいなかったけど、白いのは確かに白くて面白かった。

ファイル 1082-2.jpg

ロビー中央には藁?で作った大きな鯉がある。
川の駅っぽくっていいね。
これは祭りで使うものだそうで、山車の上に乗せて町中を練り歩くそうだ。
祭りの時に来てみたいなー。

ファイル 1082-3.jpgさて、そういえばここの2階って上がったことなかったな、、と思って階段を登ってみると「防災教育展示室」という無料の資料館になってた。
「撮影もOKなのでご自由に見てってください」と声かけてきた管理人以外に人はおらずガラガラだったのでゆっくり見てみた。

防災教育っていうから、ちょっと子供向けの教育チックな感じかなとか思いきや、利根川の河川の治水防災だけでなく堤防や水運の歴史などが解説された大人向けの資料館になってた。
利根川近辺はしょっちゅうドライブする馴染みの地域だけに割と興味深く面白かった。

奥の大型モニターは少し隠れた形になってたのでベンチにくつろいで、「利根川物語」と言う7分間のVTR見ながら横になったりして腰が伸ばせた。ありがたい。

特に面白かったのは歴史コーナーの「利根川絵巻」という幕末の地図。
銚子の河口から上流の群馬の山までの利根川流域が書かれてて、ここに明治時代の古写真も貼られててゆっくり見て楽しめた。
まだ霞ヶ浦も手賀沼も印旛沼も大きく川とつながってて、街道沿いより水辺に村が連なっていたようだ。

ファイル 1082-4.jpg

洪水と稲作の歴史は小さめの模型で解説されてた。
ほうほう、田圃の中に盛土の道があったりするのは洪水対策だったのか。

治水コーナーでは伊能忠敬の佐原付近を測量した地図とか利根閘門も解説されてた。
「浚渫船利根号」の1/20模型もかっこよくいろいろゆっくり見れた。

ファイル 1082-5.jpg

腰も伸ばせたし、いい休憩になった。
そして少し勉強になった。
利根川については知ってるようで意外と色々と知らなかった。
昔の利根川が中川となって東京湾(江戸湾)に流れてたのを江戸幕府の治水工事で鬼怒川まで流れを変えて銚子を河口とする川に作り変えたっていうとこは知ってて、「栗橋から守谷までは作られた水路だったのか、、江戸幕府スゲーなー」、、なんて思ってたけど、そうではなくて、いつ頃からかはハッキリしないけど、度重なる洪水などでこっちに流れる川は自然に出来てたんだそうだ。それを整備して本流にしたってことなので水路じゃなくて川は川なんだそうだ。
それを知って「実はここら辺はホントは利根川じゃないんだけどねー」というわだかまりも少し薄れた。

タグ:観:館 動:虫 観:飾 観:模

大六天神社

ファイル 1081-1.jpg印西市浦部にある神社。
県道からの案内もなく前の道は不安なくらいの細さなのに、入り口にあった「大六天」という柱は洒落てて棕櫚などの植木も整ってて少し如何わしい感じがしたけど車を停めて歩いてみた。

神社の入り口にはプールがあった。
近くの小学校のものらしく施錠されて監視カメラまでついていたけど、使われてるのか使われてないのか少々荒れてて怪しい雰囲気。ウロウロしてて大丈夫かな?

とか思ったけど、その先の神社は丘の上にこんもり盛り上がった塚のような頂点に残った小さな林になってた。(帰ってから調べたら古墳だったらしい。。)
おお。
これはこれは、どんな神様を祀っているのか知らないけど、随分と神聖でいい雰囲気の漂った場所に思えた。
脇には「印西八景 大六天の手賀沼」という標柱や「手賀沼干拓発祥之地」という大型の石碑も立っていた。へー。

ファイル 1081-2.jpg

神社としては石祠を覆っただけの小さなものだったけど、この塚林そのものを社と思えば立派な神社。
拝んでから天辺に登った。

ファイル 1081-3.jpgその先は思った通り東屋のある展望広場になってた。
この東屋と柵を下の道からいつも見あげてて気になってたのだ。

広場の中央には「高松宮殿下お手植の松」というのあったので、思ったよりもちゃんとしたトコのようだ。

植え込みの整備に切り株の敷石が続いてたりして広場まではウッドチップが敷かれて軟らかく歩きやすく、腰が痛い身にはありがたかった。
いかがわしいなどと思ってしまって申し訳ない。

そして手賀沼方面の展望は思った通り眺めよく、広く大きく見渡せた。

ファイル 1081-4.jpg

手賀沼の水面としては下沼の一部が見えるだけなんだけど、干拓される前は目の前の広い田圃の全面が手賀沼だったわけで、それを思って心の目補正を加えれば可也のレイクビュー。
「手賀沼干拓発祥之地」の石碑だけじゃなくてそういう説明をした案内板を立ててほしいと思った。

そして今日は薄っすら霞んでたけど筑波山も正面に見えていた。

ファイル 1081-5.jpg地面にはドングリが沢山落ちてた。
子供でなくとも少しはしゃぎたくなるような密度。
崖側には柵があったけど丘の先は下に降りられるくらいの斜面になってたりして、公園みたいに区画がハッキリしてるわけでもなく、自然のままの感じもよかったけど、子供連れてたら少し怖いかもね。

整備途中な感じなのでちゃんとした公園になればいいな、、と思う反面このままの穴場であってほしいなとも思える場所だった。
憩えた。
いい休憩になった。ナイスナイス

タグ:観:宮 観:発 楽:眺 景:湖 景:山 植:実

白鳥の郷

ファイル 1080-1.jpg印西市(旧本埜村)笠神にある田圃の中の白鳥飛来地。
以前は毎年来てたけど、なんか年々白鳥の数が減ってきててちょっと寂しく、もういいやって感じでここ数年は来てなかった。

けど、
久々に来てみたら、思った以上に白鳥も(人も)集まってて賑わっていた。
白鳥の鳴き声は吹奏楽団のリハ前の音鳴らしみたいでいい声だよね。

今年現時点での飛来数は594羽だそうな。

ファイル 1080-2.jpg

ファイル 1080-3.jpg白鳥たちも元気で時折羽を広げたりはしゃぐように動き回りながら水に浮いてた。
白鳥たちにはこのくらいの気温が心地いいのかな。
もっと寒いところから越冬で来るんだよね。人の体感温度的にはもっと温かいトコまで一気に飛べばいいのに、、とか思うけど。

これはなんの行為だろ?
たまに喧嘩なのか合唱なのかじゃれ合ってるのか数羽の白鳥が首延ばし合ってるのをよく見掛けた。

そして、少し見てたら飛び回ってた数羽が廻り降りて着水。
と、思ってたら後から続々と続いて飛んできて次つぎに着水しはじめて又更に増えた。いいねいいね。

ファイル 1080-4.jpg

近くを低空で飛んだり、また飛び上がって旋回したりしててしばらく見飽きずに眺めていられた。
けど、さすがに寒くてそんなに長くは見てられずに、ほどほどにして車に戻った。

タグ:観:池 動:鳥 楽:音

道の駅 水の郷さわら

ファイル 1079-1.jpg香取市佐原の356号沿いにある道の駅。
ここの点景記事は四回目、まぁよくくるトコはそれなりに記事も多くなきゃ変だよね。

この道の駅は場所も市街から近く人気で、こんな日暮れ時にもかかわらず駐車場は結構埋まってて、物産店を覗いたら、やっぱりまだお客さん多く賑わっていた。

軽く見てまわって、奥に並んだ水槽も見てみた。

ファイル 1079-2.jpg四つの水槽が上下に置かれてて、ここには目の前の利根川の魚が飼われている。
気になったのが下の段のウナギの水槽。
なんか、、死んでない?
、、と思ったけどちゃんと案内に「11月から3月までは腹を上にして冬眠します」と書かれててホッとした。
ウナギって冬眠するのか。。知らなかった。
でも、、やっぱなんか見た目悪いよね。ちょっとグロだよね。
天然物だから捌けば高級品なんだけどね。。

さてさて、表示価格半額になった弁当とかも魅力的だったけど、食堂コーナーが半端な時間で空いててガラガラだったので、ここでゆっくり食事。
ウナギ見てきたから「うな丼定食」でも食べちゃおうかな、、とか思ったけどやっぱりケチって「掲げ丼定食」にした。

ファイル 1079-3.jpg

おお。なんか厚み有る凄い掻揚げ。
あれ?確か前にも食べたことあったと思ったけど雰囲気変わった?バージョンアップかな。(まえにたべたの
この厚い掻き揚げの中には餅まで入っていて、とろりとしてもちっとして面白い掻き揚げで美味しかった。

タグ:食:丼 餐:揚 動:魚 道の駅

道の駅 多古あじさい館

ファイル 1075-1.jpg多古町多古の296号沿いにある道の駅。
たまに寄る道の駅で、前来て点景にした後も何度か寄ってると思う。(前の

やや空腹。
トイレの後で何か食べたかったんだけど、二階の食堂はもう閉店。。っていうか、ここ、いつも閉まってて、そういえばいまだに二階に上がったこと無い。(食堂のメニューにご当地的な特別な惹かれるものが無いっていうのもあるけど)

一階では「焼き芋ソフト」が売ってた。
んー寒いしなぁ、、と躊躇してたけど、JAFマークが貼ってあったので訪ねたら会員は50円引きだそうなので購入。知らなかった。ここでソフトは初めて食べたかも。

ファイル 1075-2.jpg

建物内の休憩コーナーで裏の栗山川を見ながら座って食べた。
おいしかった、けど体冷えた。温かい焼き芋の方が良かったな。。
(焼き芋も外で売ってて中で食べてる人がいた)

そして物産店を見てまわった。
多古はブランド米の「多古米」の地で、新米とか売ってた。一度食べてみたいけど、今自炊してないしな。。

ファイル 1075-4.jpgとか思ってたら、多古米で作ったという「焼きたて多古米だんご」というのが眼を惹いた。
んー米の団子じゃ固そうだなぁ、、とか思って手にしてみたらまだ温かい!ホントに焼きたてだったみたい。ってわけで3個入りを購入。

団子だけじゃなんだからおにぎりも買って、また休憩コーナーに戻って食べた。(今度は日の当たる席で)

おにぎりも多古米の物だけど、炊き込み御飯だったからよくわからなかった。。まあ普通においしかった。
白米にしてみれば良かったかな。。「おかずのいらない米」なんて謳ってるもんな。

ファイル 1075-3.jpg

んーおにぎりでよくわからないんじゃ、みたらし団子なんか更に無意味かな、、とか思いながら団子もパクリ。
したら、、これはうまかった!
歯ごたえあって弾力と伸びの食感よく、白い部分で美味しい上に、タレも醤油の風味が残ってて焦げ目との磯辺な風味を感じられた。
普段、スーパーとかの安っすい団子ばかり食べてるもんだから余計においしく感じただけかもしれないけど、これはちょっと感激。
二本は残して家で食べようと思ってたけど、ついついパクパクと平らげちゃった。

タグ:餐:冷 餐:飯 食:串 道の駅

レストラン水産センター

ファイル 1064-1.jpg成田市北須賀の464号沿いにある印旛沼漁協直営の川魚料理店。
二度目の来店。
何やら国道沿いに「印旛沼うなぎの蒲焼き」の幟が並んでて誘われて来てみた。
花輪まであって、新装オープンだそうだ。
見た目全然変わらないけどね。。

で、店内に入ったけど、やっぱり店内も全然変わってなかった。一人でも入りやすい雰囲気はそのまんまで安心した。
で、メニュー見ると、、
あー、値段は変わってた。それはそうか、養殖とはいえ今時のウナギ事情からすれば仕方ない。ま、たまにはいいでしょ。
と、普通にうな丼を頼んだ。

ファイル 1064-2.jpg

どーん。うなどーん。
あ、美味しくなってる!
前来た時の味をはっきり覚えてるわけじゃないけど、前はそんなでもなくてイマイチな感じしてた覚えがある。
ちょっとご飯の量が少ないのが難だけど、鰻は美味しく程よく柔らかく満足。

会計の時にちょっと聞いたら、店は変わらないけど料理人が変わったので心機一転って事なんだそうだ。なるほど。

そして食後トイレに行ったら、トイレの入口に水槽があってモロコが元気に泳いでた。
(あ、違うな。正直言うと水槽見たかったからトイレに行ったんだ)

ファイル 1064-3.jpg

これ、前からあったかな?気がつかなかったな。
それにしても、餌入れたわけでもないのに元気すぎる。一日中こうなのかな?
よく見るとブルーギルの子供が数匹混ざってたのが気になった。。

ファイル 1064-4.jpgそして外に出ると水産物の売店が抽選所になってた。
食事したレシート見せると一回クジが引けるそうだ。
引いてみたら4等当選。ハンドソフトをいただいた。
5等のティッシュでも良かったんだけどありがたい。
ちなみに1等は米だった。

その横の漁協組合の建物を見たら「北千葉道路インフォメーションセンター」とあってご自由のご覧くださいになってた。
あ、そうだったんだっけ、知らなかった。

ファイル 1064-5.jpg

北千葉道路はここのすぐ脇を通る成田新高速鉄道の線路に沿って延びる予定の464号バイパス道路。
今建設中の印旛沼に架かる橋の模型なんかもあった。

この道が成田まで開通したら、ここの前の道通らなくなっちゃうかも。。

タグ:食:丼 餐:魚 動:魚 楽:催 観:館 観:模

大山千枚田

ファイル 1003-1.jpg

ファイル 1003-2.jpg鴨川市大山にある棚田。
くにさん案内で房総を回るときは殆ど毎回来てる気がする馴染みの棚田。
見慣れたせいか、他のあちこちで棚田見て来ても、やっぱりここが一番纏まり良く見渡し良くお気に入り。

そんなわけで点景登場も三回目だけど、
前回は刈入れ後(→)
前々回は田植え時期(→)
なので、稲穂が実った今回でコンプリートって感じで満足。

ファイル 1003-3.jpg棚田の上の道沿いには、ちょっと異様なカカシが並んでた。
かかしコンテストとかそういうものらしい。
流行りものもとか時事ネタとか色々あって(ランドセルを持った「タナダーマスク」っていうのが一番ウケた)ネタ的には面白いんだけど、如何せんどれも造形がやっつけな感じで残念。というか正直言って不気味。
チーバくんは千葉の形してて欲しかった。。

くにさんが来月で千葉を離れてしまうので、ここもしばらく来ることなさそうだな、、と思い、見納めにじっくり眺めた。

ファイル 1003-4.jpg

タグ:楽:眺 観:農 観:飾