記事一覧

旧吉田家住宅

ファイル 819-1.jpg柏市花野井にある江戸時代後期建築の豪農屋敷。
国の重要文化財ということで駐車場も広く整ってた。

見学無料でガイドの人までいてくれて至れり尽くせり。
フラリと立ち寄ってみただけの予備知識ゼロの者としては案内があるのとないのとでは全然違うよね。
ありがたいありがたい。

で、まずは入口の大きな長屋門。
綺麗だったからそうとは思わなかったけど、これが一番古い天保時代の建築。
豪農の屋敷ということで門番の部屋をではなくて倉庫だったらしい内部は、珍しい斜めの木組みの土塀。

ファイル 819-2.jpg

「新蔵」は名前は新だけど長屋門の二年後の築。
こちらは木の壁の造り。
ちゃんと中にも入れて、古い写真とか飾られてた。

ファイル 819-3.jpg

そしてメインの「主屋」は嘉永時代の黒舟来航の頃に建てた物。
これはとにかくでかくて立派。
屋根の藁が多重で分厚くその断面や曲線も凄い屋敷。
脇の薬医門もさりげなく重文。

ファイル 819-4.jpg

屋敷の中も広く柱も立派ながら、かなりの趣向と贅を尽くした文化遺産。
こまかく説明してもらって感心するばかり。
話は建物だけじゃなく柏市の歴史風景など興味あることも広くわかりやすい解説で楽しかった。

で、意外なのは、これだけの重要文化財ながら、この屋敷はレンタルできるそうで、ドラマやCMの撮影から将棋の大試合に使われてたりするそうだ。
再放送だけどちょうど前日に見てたドラマ(仁)でも使われてたそうでビックリ。

いやいやいやいや、こんな近場でこんな興味深く楽しめる物があったなんて知らなかった。
もう今日は柏メインって事でいいやね。

タグ:観:屋 観:門 楽:話 観:ロ

白井の湯

ファイル 818-1.jpg白井市中にある天然温泉のスーパー銭湯。
工業地帯の中にあるので週末とか割とすいてて子供も少なく好印象で、ちょくちょく来てる風呂。
スタンダードすぎてもちろん今まで点景にしたことなんかなかった。
今日は珍しく食事までしたのでアップ。

さてさて、正月休みというのはこういうところはやっぱ混むのかね?
暮れに入った友人宅近所の風呂も友達曰く「こんなに混んでるの初めて」ってくらい混んでたし、今日来たここもやっぱりこんなに混んでるの初めてってくらい混んでた。
車だっていつもは入口近くに停められるのに今日は奥の方。。
ロッカーも変なところしか空いてなかった。

ちょっと落ち着かない感じで風呂を上がると、食堂はそんなに混んでなかった。
ので、たまにはいいかな。とおもった。

ファイル 818-2.jpgで、前々から気になってたのが、屋外の看板にも出てるおすすめメニュー「日本一旨い ばりうま ぼっかけ カレーうどん 温玉入り」
で、「辛さが選べます」ともあった。

ので、「全然辛くないくらいでお願いします」
とたのんだら
「じゃあ普通ですね。席でお待ちください」
「え??」
「辛さは、普通・中辛・大辛とあるので一番辛くないのは普通になります」

なんでここで「じゃあいらない」とはっきり言えなかったんだろう。。
いつもいつも辛いの苦手という自分に対しての恥ずかしさというか
情けなさというか面倒くささというか、、
そんな反発もありいの。
変にこだわって思い込んでないで、もっと苦手意識捨てて立ち向かって慣れていければ、、
という挑戦もありいの。

と、うじうじ悩んでいるうちに出てきちゃいました。

ファイル 818-3.jpg

なんか、うつわでけー。
っていうか、温玉入ってなくない?


で、食べてみると。

かれー(;_;)

。。。あたしって、ほんとバカ

風呂入った以上に温まりました。
さうなよりきくかも

こんな年明けですが今年も呆れずよろしくお願いいたします。。

タグ:楽:湯 餐:麺 餐x辛x

とら食堂松戸分店

ファイル 816-1.jpg松戸市紙敷の松飛台駅前にある白河ラーメンの店。
あの白河の有名店「とら食堂」の暖簾分け店。

いやぁ実は前に来て美味しかったけど、日曜の昼時に店内ガラガラだったので正直閉店しちゃってないか心配だった、、、って思ってるくせに来る機会もなくやっと二度目の来店。

で、来てみたら店の前に列出来てるじゃありませんか、、
おお、繁盛してる。
嬉しいけど、並ぶのやだなぁ、、やめようか、、なんて軽薄に思ったけど、取敢えず車停めて来たら、前の人たちがぞろぞろ店に入るタイミングで、1組待ちくらいになったからまあいいやと並んだ。

で、少し待って入店。
メニュー見たら、期間限定の「とらミート」なるメニューがあったり、塩ラーメンがラインナップに増えてたりした。
少し迷ったけど「塩」でワンタンメンにしてみた。

ファイル 816-2.jpg

おお。透き通った汁はモロ塩の味。
本場白河には塩ラーメンなんかどこにもなかったから、どんなもんかちょっと不安だったけど、白河の醤油ラーメンの持つエッジの効いた感じが塩で表現されてて秀逸だった!
最近のおいしい塩ラーメンはとかく円やかさとかダシの濃さとかに走りがちなところを、敢えてドライにさっぱりと突き進んだような塩の味わいがとても美味しかった。
へー。いいじゃん。


ところで、帰ってから過去ログを見直してみたら、前に来たのはほぼちょうど一年前だった。
んーこの時期に食べたくなるのかな?
また次に行くのは来年の今頃だったりして。

タグ:餐:ら

木村ピーナッツ

ファイル 798-1.jpg館山市下真倉にある落花生専門店。
(じつは木村ピーナッツというのは社名で「ピネキ」というのが店の名前らしい)
ここはも去年来て食べて感激したピーナッツソフトで有名な店。
何度でも来たいと思ってたけど、とんねるずのテレビ番組でやっちゃてたのを見て、わーこれは混みそうだなぁ。。と思ってた。
地元のくにさんによると、店はそんないつも列になるほど混まないけど駐車場がいっぱいで別のトコに停めて歩かなきゃならないって話。

だけどこの日はタイミング良くすいてて店の裏の駐車場があいてて、四台みんな停められた。ラッキー。

で、迷わずピーナッツソフト。

ファイル 798-2.jpg

んーやっぱりおいしい。
濃厚でピーナッツ凝縮。

店内はとんねるずの番組でのことを大々的に貼りだしてた。
いやぁ番組で取り上げられなくてもこのソフトはうまいし大好きだ。

そしてまた前回と同じく自分用土産で「しょうゆ味の揚げピーナッツ」と「ピーナッツみそ」を買って帰った。

(ピーナッツみそで御飯食べるのなんて子供の頃以来で不安だったけど、意外と甘香ばしくて美味しかった。ハマりそう。。)

タグ:餐:冷 楽:集 楽:買

大房岬自然公園

ファイル 797-1.jpg南房総市富浦町多田良にある岬の公園。
大房は「だいぶ」と読むんだっけ。何回も来てるのにすっかり忘れちゃってた。。

駐車場から歩くとまずは展望塔。
森の中に頭を出した螺旋階段の塔。
また登るのは自分だけかな?とか思ってたら、みんな登ってきた。

360度の展望。
今日は嘘みたいに風が無くて穏やかで展望が楽だった。

ファイル 797-2.jpg
↑click:2000×460

展望塔をおりて、公園内を歩く。
この大房岬は幕末から昭和まで砲台が置かれた場所。
昭和初期に「東京湾要塞」として陸軍が要塞化したものが残ってて見て歩ける公園になっている。

ファイル 797-3.jpg

「弾薬庫跡」は灌水してて入れず。「砲台跡」は公園らしい感じ。20mmの巡洋艦の砲台が置かれてたそうだ。
「掩灯所跡」はバイク置き場になってた。。??「発電所跡」も半分埋まって中には入れなかった。
まぁ深く探索ってわけではないので楽しく歩き回れた。

そしてずっと坂を下って「不動滝」に行った。
「がっかりスポットだよ」って言ってたけど、期待もしてなかったからガッカリでもなく、それより層を成した岩壁や館山湾の海の眺めが良かった。
対岸遠くに館山市街が見え、岩礁の小島「雀島」の先に館山城が見えてた。

ファイル 797-4.jpg

また坂を登ってキャンプ場を抜けて要塞跡を歩く。
ラストは一番要塞っぽい「探照灯跡」
ここは広く長く真っ暗なコンクリの地下通路を進める要塞施設跡。
一番奥は吹き抜けになってて、往時は探照灯を昇降させてたらしい。

ファイル 797-5.jpg

最後に第二展望台で海を見た。
夕陽の方向は雲が覆って夕焼けも富士山も見えなかった。。

広い岬の公園を軽くゆっくり歩いて回って気持ちイイ午後だった。

ファイル 797-6.jpg

タグ:楽:歩 楽:集 観:園 観:楼 楽:眺 景:海 景:岬 景:島 景:崖 景:陽 観:軍

道の駅 三芳村

ファイル 796-1.jpg南房総市(旧三芳村)川田の県道沿いにある道の駅。
混んでたら通過の予定だったけど空いてて楽に停められた。

ここはソフトとバーガーのおいしい道の駅。
バーガーは並ぶから今回はソフトだけの休憩。
月代わりのメニューの美味しいソフトだけど、今回のソフトマスターくにさんのおすすめは月代わりメニューではなくスタンダードメニューのヨーグルト。
何回も来てるけど、スタンダードメニューを食べるのは初めて。
今日は朝雨降ってたからか雨の日割引の50円引きだった。ラッキー。

ファイル 796-2.jpgで、受け取るとコーンを持っただけでヨーグルトの匂いが香る濃厚ソフトだった。

おお、これはおいしい。
爽やかな酸っぱさで、まんまヨーグルトのすごいソフト。
今まで食べたヨーグルトソフトの中で一番美味しい。(とは言っても滅多に食べないけどね)

タグ:餐:冷 楽:集 道の駅

大山千枚田

鴨川市大山にある棚田。
千葉県では唯一「日本の棚田百選」(南関東でも唯一)の棚田。

ここきたのは4回目かな。点景は2回目。前回は春だね

ファイル 795-1.jpg

少し先に歩いて車の写真撮ってたら、友達がカエルの話しながら歩いてきた。
どういうカエルの話なのかよくわからず話に加われなくて寂しかった。。(カエル好きなのに)

ファイル 795-2.jpg

今日は何か空いてた。
いつもなら写真撮る人がなかなかどかない石碑の周りも、今日は誰もいなくて何の石碑か落ち着いて読めた。

なんかいろんな棚田見てるけど、形の変化と峰一面上から全部の棚田で、ここはかなり好きだな。

晩秋の苅られた稲穂から勝手に生えた穂が収穫と関係なく揺れててのんびり冬を待つ風景。

ファイル 795-3.jpg

タグ:楽:眺 楽:集 観:農 観:選

漁師料理かなや

ファイル 794-1.jpg富津市金谷の127号沿いにある海鮮食堂。
ここは隣の風呂には入ったことあるけど食事に来たのは初めて。
保田の「ばんや」から知名度を下げただけの充実の海鮮食堂。

駐車場はバラバラながら普通に停められて、思ったよりも空いてた。
店の中は広く悠々席に着いて、盛り沢山のメニューに存分に迷った。

友達は刺し盛の「かなや定食」とか「地魚づけ丼」とか大きな天ぷらの「天盛丼」とかにしてた。
僕は地味目に「穴子と貝の味噌玉丼」なんとなく気になった。
あーやっぱ刺身系だったかな、、、いやいや天ぷら系にすれば良かったかな、、、なんてたのんでから思ったりもして。

ファイル 794-2.jpg

いやいや、これ、穴子の風味が出てて旨かった。
貝は五種類入ってるそうで、どれがどれか分からなかったけど大きくいい歯ごたえのアクセント。
味噌玉の味も良く、ナイスな組み合わせ。
おいしかった。これにしてよかった。

ファイル 794-3.jpgさて、食堂は出口を進むと土産売場に出た。
観光地かよ。。。

でも、「かじめの味噌汁」の試飲が出来てうれしい。
かじめは金谷でよく採れる名物の海藻だそうだ。
熱くてなかなか飲めなかったけど相変わらずヌメヌメでおいしかった。

タグ:食:丼 餐:魚 餐:汁 楽:集

袖ヶ浦海浜公園

袖ケ浦市南袖の東京湾上の埋立地にある公園。
ここは四度目かな。
前の車の最後のドライブで来て以来。
今日は集まって房総ドライブの集合場所。朝から雨降ってたけど、ここはやんでた。(ちょうどやんだトコかな)

少し寒かったけど風は強くなかったので、しばーらく立ち話。
特にここには近隣在住のぺこが子供連れて来てくれたので、久々なのとお初なのとで嬉しかった。

ファイル 793-1.jpg

で、せっかくだから僕は展望塔を登ってみた。
みんなとは言わずとも誰かしら来るかと思ったら、誰も来なかったw
いやぁ、ドンヨリとは言えこの展望で無料は嬉しい。

ファイル 793-2.jpg

ファイル 793-5.jpg南には東京湾アクアラインの橋梁区間(アクアブリッジ)が良く見え、船のような人工島の海ほたるもクッキリ。
北には工業地帯の煙突。ここから北が京葉工業地帯になる。
正面遠く対岸にスカイツリーも良く見え、異質の高さを誇ってた。

足元の広場も見え、高所恐怖症の人にはキツイかな?

ファイル 793-3.jpg

遅れてた一名も到着し全員集合、またしばーらくのんびり。
いやーうちらは全然変わらずで、自分なんか進歩も成長もなくダラダラ過ごしてるけど、久々にあったぺこが立派に親になっててなんて姿見ると、時の移ろいを感じずにはいられないね。
そして意外とみんな子供好きなのと、子供がおっさん苦手なのが面白く、でも泣きも駄々もないいい子だった。(すぐ飽きちゃうかと思ったけどそれもなかった)

ファイル 793-4.jpg駐車場に戻ると、鳩だらけ。
ちょっと食べ物こぼすとワラワラと集まってきた。
ハト恐怖症の人にはキツイかも。

そんな感じでゆっくりして、11時に出発。
少しづつだんだん天気も回復してきたみたいでいい集合休憩になった。

タグ:観:園 観:楼 楽:集 楽:眺 景:海 景:島 観:橋 観:工 動:鳥

ラーメンたかはら

ファイル 788-1.jpg松戸市内のラーメン店。
うちの近所、、だけど歩いていかない距離ってとこかな。
(バス停で5個ぐらい)
裏に3台分の駐車場があった。

こっちの方は最近そんなに通ってなくてここにラーメン屋が出来てたのは全然知らなかった。
たまたまコンビニで立ち読みしてた千葉のラーメン屋の雑誌で見かけて最近知ったばかり。

で、店に入ると券売機があり、項目の一番上が塩ラーメンだったのでそれにした。
塩がウリかぁ。いいなぁ。

ファイル 788-2.jpg

まず汁を吸うと、一瞬、鶏ガラの天一っぽい感じがしたけど、変な癖は顔出さずにクリーミーな味わいが包んで、くどくなくて美味しかった。
麺も短めだけどしっかりした感触でおいしくなかなかのラーメン。
チャーシューもしつこくなくて肉の感じ良く、次回はチャーシュー麺でもいいかなと思った。


もう少し賑やかなトコで営業すればいいのに勿体無いなとも思いつつ、空いてたほうが嬉しいし、近所でまた来れそうでありがたい。

タグ:餐:ら