記事一覧

川内川渓谷 大滝

ファイル 1201-1.jpgむつ市川内町の県道沿いを流れる川内川にある滝。

県道沿いには大滝公園という名のログハウス風休憩所のある駐車場があった。
これはどうやら「川内川渓谷遊歩道」の一部という形の休憩所のようだ。とくに公園ぽい造りになっている訳ではなかった。

さて、そんな休憩所の裏から音が聞こえている滝が見えるのかと思いきや、、
木々に隠れてよく見えなかった。。

あ、、 滝を見る公園ではなくて、滝の近くの休憩所ってことか。。

ファイル 1201-2.jpg

ファイル 1201-3.jpgせめて渓谷だけでもよく見える場所ないかな、、と少し歩くと、すぐ先に橋が架かってた。
お、橋からなら見れそうだ。

橋はセキレイ橋という遊歩道の歩道専用橋。
小さな橋にしては立派で贅沢なアーチ橋(ローゼ橋)だった。

そして思った通り橋の中間から大滝が見えた。

ファイル 1201-4.jpg

休憩所にあった説明によると、竜神のすむ信仰の地だったそうで、昔は修行僧が荒行で滝壺に飛び込んでたそうだ。
あー飛び込んでみたくなりそうな高さだね。。だから滝に下りる道は造らなかったのかな。

滝よりも橋の反対の下流側の川内川渓谷が、静かな岩の瀞場になってていい眺めだった。
滝の景色とは裏腹に流れがなく、鏡のように緑と空を水面に映していた。

ファイル 1201-5.jpg

橋を渡ると「ようこそ川内川渓谷遊歩道へ」との案内。
他にも景色いい場所あるのかな。。いやいやいやいや、今日はもう歩かないよ。暑いし。

ファイル 1201-6.jpgってわけで橋を引き返した。

駐車場に戻る途中で、いい形の赤いキノコを見かけた。
うわぁこれ絶対に毒だよな。
とか思いつつ、写真撮って眺めた。

(帰ってから調べたら、これは「タマゴダケ」という名で、毒は無くとても美味しいらしい。へー)

タグ:景:滝 景:川 景:谷 観:橋 植:茸

尻屋埼灯台

ファイル 1200-1.jpg下北半島の東に尖った尻屋崎の突端にある灯台。
初めての来訪。道が一本で往復同じ道を戻る形のスポットは行ってないところが多いのだ。

広い草原の岬で根室の納沙布岬にも似た感じのする最果ての岬の灯台。
白く形はシンプルながら快晴の青空に映えて堂々と見えた。

ファイル 1200-2.jpg残念ながら参観灯台ではないので中には入れず登れず展望はできない。
それと土木遺産とか産業遺産とかの標と馬に対する注意書きはあるけど、灯台の説明版みたいなものは全然なく少々面白味に欠けた。

帰って調べれば、明治初期点灯の東北で初の灯台だとか、日本で初の霧鐘や霧笛が設置された灯台だとか(その霧鐘は何故か千葉の犬吠に展示されてるとか)戦時中には破壊された筈なのに灯りが点った「まぼろしの灯台」だとか、面白そうな来歴の灯台なのにね。

ってわけで灯台はパーッと眺めつつ、その周りの岬の草原を歩いてみた。

ファイル 1200-3.jpgここは馬(寒立馬)が放牧されてるので、あちこちに馬糞が落ちている。潮風のおかげか臭わないので余り気にならないけど、気にならないだけに踏んじゃいそうで要注意。
こんなに落ちてるのに肝心の馬を一頭も見かけないと言うのは運が悪いのかな。(ウンを避けないで踏んづけるくらいじゃないとダメか?)

灯台の先にちょこっと海に突き出た岩場があったので、そこが岬の先端かと思って行ってみた。
岩場には墓石の「第二進徳丸殉難者の碑」があり、登った上の頂点に地蔵があった。
目の前の津軽海峡は海難事故の多発海域なのだそうだ。
今日は天気良く海も穏やかで、とてもそんな海域には見えなかった。天気的には運がいいんだろう。

ファイル 1200-4.jpg

眺めよくしばしここで眺望。透明度高い綺麗な海面が見えていた。
目の前の海には岩が続いて並んでた。これがこの岬の先端かな。
少し先には岩の島が浮かんでた。(トド島というらしい)

ファイル 1200-5.jpgそしてのんびりと逆光の灯台に向かって戻り、通過して今度は灯台の東側を歩いてみた。

こっちは幾つもの石碑が点在してた。
全部見る程の興味はなく一番手前の石碑「本州最果地尻屋崎」を振り返って灯台を背景に写真撮った。
ああ、こうして写真撮るための石碑なのね。確かにこっちから撮るのが光源的にも見映えいいわ。

ファイル 1200-6.jpg


ファイル 1200-7.jpg灯台の前の道の向かいには売店が一軒ポツンとあったので行ってみた。
けど食堂メインな感じだったので(腹減ってないし)覗かずにその裏に広がる草原を眺めた。

けど、やっぱ寒立馬は一頭も見当たらず。。
周りに綺麗に咲いてた撫子の花だけ撮って車に戻った。

タグ:観:灯 景:海 景:岬 景:岩 景:島 景:原 植:花

蕪嶋神社

ファイル 1199-1.jpg八戸市鮫町鮫にある陸続きの島「蕪島」の頂上にある神社。
ウミネコ繁殖地として国の天然記念物に指定されていて、他にはないウミネコだらけのスポット。鳥が嫌いな人は絶対に来れないね。

僕はここへは二度目の来訪。
前来た時より鳥の数が全然少ないなぁ、、と感じたけど、説明を読むと七月下旬に飛び立ってしまうんだそうだ。
で、中には残って越冬する居残り組もいるそうで、八月入った今いるのは居残り組らしい。そう考えると、時期の割にはまだ沢山いるように思える。

そういえば前来たときは売店があった筈だけどなくなってた。
津波の被害か、、はたまた「ウミネコにエサをあげないこと」というルールの為か。。

ファイル 1199-2.jpg

参道の石段を上る分に邪魔にならないくらいだけど、すぐ脇の燈籠に停まってたりやっぱり間近。
始めてきたならこれでも十二分にウミネコだらけの鳥の巣島に思えるだろう。

ファイル 1199-3.jpg上にのぼると神社の周りの道に「運開きめぐり」というのを見かけた。(前来たときはあったかな?)
島を三周まわってからお参りすると運が開ける、、だそうだ。
景色イイから廻るのはいいけど、三周かぁ、、
と気が引けたものの、取り敢えず飽きたらやめようってくらいの気持で歩いてみた。

歩き始めてすぐの島の東側に「七福の岩」というのがあった。
ん?どれだ?この足元の岩かな?(対岸から見るとそう見えるそうだ)

ファイル 1199-4.jpg

島は神社の先も北側の海に延びる形。
でもウミネコ繁殖地なので立入禁止。自然のままの姿かな。
この島は戦時中に海軍が埋め立てるまでは完全な離島だったそうだ。

かなり近づいてやっと飛び出す鳥の列を追いながらゆっくりぐるっと回った。
ウミネコは凛々しい姿勢と鋭い嘴で、写真では怖い感じもするけど、鳴き声が「にゃーにゃー」なのでやっぱりかわいい。
そんな鳴き声だらけで賑やかなおかげで、頭の中では「チャコの海岸物語」の出だしのフレーズ「抱きーしーめたーいー」までが何度も何度も繰り返されてたw

そして正面の石段側に向かう時に停めた自分の車を見下ろして一安心。前回来た時は鳥が乗るわ囲まれるわで大変だった。

ファイル 1199-5.jpg

なんだかんだで結局三周まわっちゃった。
さすがに三週目は飽きた。鳥に対する遠慮もなくなって早く歩けたと思う。
つまり沢山のフン(運)を踏んで(身につけて)廻るとかそういう事なのかな?とか思った。

そしてお参り。

ファイル 1199-6.jpg

拝殿の前には「かぶ」と「ひょうたん」があって、これを撫でてから参拝するといいらしい。(前来た時は無かったよな?)
カブはカブ島だから分かるけどヒョウタンは何だ?

ファイル 1199-7.jpgそうそう、ここに「かぶあがりひょうたん御守」という「株」が当たるというお守りがあるそうで、「株」をやる友達におみやげ、、とか思ったけど、まだ早朝で社務所は開いてなかった。
でもなんか生々しくてヤだな。。評判とか資質としての株が上がるとかいうほうがいいな。

取り敢えず、みんなの「株」が上がりますようにと拝んで来た。


あ、ちなみに前回来たのは七月上旬だった
やっぱ前回のほうがスゴイな。。

タグ:動:鳥 楽:歩 楽:眺 景:島 景:海 景:岩 観:飾 観:宮

陸奥湊駅前朝市

JR陸奥湊駅の前の県道を封鎖するような勢いで賑わう市。
気が付けばテレビなんかでもよく見かける場所だけど、テレビで見る前に一度通ってて(08/07/05)気になってた。
その時は駐車場を見かけずに通過しちゃってたので、今回も停めるトコ無かったらやだなぁ、、とか思いつつ来てみたら普通に通りに面した有料駐車場があったので無事停めた。

さて、目的は食事。
どこで食べられるかうろ覚えだったので、まず駅前の案内所へ行った。
駅前には「イサバのカッチャ」の像が微笑んでた。

ファイル 1198-1.jpg

したら案内所の人が教えてくれてるのにかぶせて通りがかった(「イサバのカッチャ」みたいな)おばちゃんが更に細かく教えてくれた。
好きな食材買って御飯と味噌汁で食べるのは目の前の市営市場の奥。ちゃんとしたセットの定食物なら少し歩いた先に人気の食堂があるそうだ。
目的は「好きな食材~」の方。市場の建物内の店だけじゃなくてここら辺の市の何処の店で買った物でもいいらしい。

なので、少し通りを歩いて見てまわってからその市営市場に入ってみた。

ファイル 1198-2.jpg

通りで売られてるものは普通に持ち帰りの量だけど、市営市場の中は買って食べる用の一食サイズのものが多く、もう朝飯用な市場に思えてきた。
幾つか迷いながら買って奥に行った。

ファイル 1198-3.jpgそして、奥のセルフ食事コーナー「朝飯処 魚菜」で御飯と汁を買う。
一応メニュー見るとウニ丼とかイクラ丼とかそういうのもあるみたいだけど、やっぱり自由にいきたいね。
ここで魚も沢山焼いてたりして、うまそうだったので更にシャケ追加。

そして席に付いた。いただきまーす。

いやー、おかず買いすぎ。
まず青森の朝食で外せないのがスジコ。スジコだけでスジコ丼にしたかったけど、塩分とか体のことを気にしてタラコとの皿盛サイズにしといた。
らば、タラコの方がしょっぱかった。。でもどっちもおいしい。タラコはしょっぱいのがいいよ最高。

この中では地味になってしまった刺身は八戸産のヒラメ。さっぱりして濃い味の食事の合間合間に丁度よかった。

ウニは蒸しウニ。本音は生ウニを柵で買ってウニ丼にしたかったけど、昔、妹が八戸に来たときにそれやって寝込んだ話を思い出してヤメといた。(先月宮城でウニ丼食べたしね)
蒸しウニは、、んートロッと感がなくてイマイチ。でも御飯にかけたらイイ風味。贅沢飯だぁ。

シャケはもういわずもがな。これだけで飯何倍もいけそうなのにね。

そしてエビ入り汁。これが意外と薄味でさっぱり。濃いものの連打の後でそう感じただけかなw

ファイル 1198-4.jpg

タラコスジコ300 ウニ250 ヒラメ210 シャケ150 シル200 メシ大150 計1260 金額的にはもっといってもいいくらいけどこれ以上の贅沢はイケナイ。大満足の濃い朝食になった。


そして食後も少し市を見て回って、持って帰れそうなものをちょこっと買った。
店のおばちゃんには八戸の祭りの話を聞いた。
今夜もやるから是非見てってとのことだ。んー見てみたいけど、夜まで八戸でのんびりしちゃったら明日キツイよなぁ。。

タグ:餐:魚 観:市 観:鉄 観:像 楽:買

東根の大ケヤキ

ファイル 1197-1.jpg

東根市本丸南にあるケヤキの巨樹古木。

巨樹古木があるのは絶対神社だなんて思い込んでたせいで遠回りして迷いながら何とか来れた。
小学校だったか、、
入って大丈夫だよな、、通報されないよな。。最近怖いから、、まぁ夏休みで児童なんかいないから平気かな。。なんておどおどしないように堂々と見て周った。

うん、これは立派な樹。
ケヤキって一本真っ直ぐ伸びてる印象だけど、これはぶっとい大幹で太く大きく葉も多く生き生きしてた。

ファイル 1197-2.jpg

ファイル 1197-3.jpgあちこちに沢山ある案内によれば、この大ケヤキは樹齢1500年以上。幹周16m、直径5m、樹高28m。
国の特別天然記念物で、日本三大欅のひとつ、番付では東の横綱だそうだ。なるほどね。

明治中期までもう一本生えてたけど枯れてしまったそうだ。
でもこの樹は全然元気で緑青く力強かった。

そしてこの小学校のある場所は南朝時代に築かれた小田島城の本丸跡なんだそうだ。
あー城跡ってよく学校とかになってるよね。
そんな城が出来た頃でももう200年の大木だったようだ。
城は江戸初期に廃城。国敗れて何とやら、ケヤキは残って良かったね。

さてそして、小学校の前には大きな池のある公園になってた。
「龍興寺沼」というらしい。
丁度池の先に西日が傾き水面に映って眩しかった。

ファイル 1197-4.jpg

タグ:植:樹 観:城 観:園 観:池

與次郎稲荷神社

ファイル 1196-1.jpg東根市の市街、JRさくらんぼ駅の近くにある神社。

ちょっと咄嗟に窓ガラスを拭きたい状態になって(鳥糞)たまたま立ち寄った。
窓だけ拭くだけのつもりだったけどちょっと入口の由緒とか読んでたら面白かったので寄ってみた。

なんでも秋田藩主佐竹公の飛脚を勤めてた那珂與次郎がこの地で暗殺されて、恋人のお花が葬った場所を後に幕府の奉行が神社にしたという事だそうで、その與次郎さんを祀った神社だそうだ。
(帰ってからWebで見てみたら、與次郎は大狐の使いだったとか、幕府の陰謀でとか、暗殺後にかなり祟ったのでとか、いろいろ書かれてて面白かった)

ファイル 1196-2.jpgさて、神社は、まず目に付くのが入口の石の鳥居。
妙に小さくて狭いけど太くどっしりしてて味がある。
「六田の石鳥居」という市指定の文化財。

そしてその後に続く稲荷神社らしい赤鳥居をくぐって進むと、途中で少しインターバル開いた先に「パワースポット スポーツの神」と掲げられてた。
おお、みずからパワースポットと名乗っちゃう神社は初めて見たよ。

ファイル 1196-3.jpg

ファイル 1196-4.jpgそして拝殿で拝んだ。

スポーツはしてないけど、健脚には憧れるからいいよね。
また沢山歩ける体に戻れれば嬉しい。

タグ:観:宮 観:石 観:伝

道の駅 河北

ファイル 1195-1.jpg河北町谷地真木の287号沿いにある道の駅。
ちょっと変った形の建物。初めて寄った。そういえば287号のこの区間は滅多に通らないからね。(347号で河北からの287号というのはよく通るけど)

時間は4時を過ぎてたし駐車場も空いてたから、もうお店は閉まっちゃったかな?とか思ったけど、全然やってた。

中に入るとソフトを食べてる人が何人もいてそそられた。
んー冷たいもの続きでお腹大丈夫かな?と思いつつもソフト購入。

ファイル 1195-2.jpg買ったのは「道の駅河北限定 秘伝豆ソフトクリーム」
JAFで50円引きだった。

「秘伝豆」というのは河北特産の大豆の品種名らしい。
最近よくある豆腐ソフトとか豆乳ソフトみたいなポサっとした感じではなく柔らかい甘さで大豆らしくて美味しかった。

食べながらフラフラしてたら四階が展望台と出てたのでエレベータに乗って上がってみた。

ファイル 1195-3.jpgけどエレベータは三階まで。
其処からの階段は灯りが消えていた。。あ、またこれは滅多に上がる人のいない展望台ってパターンか?
と思いつつ登ってみたら案の定、上の階は物置状態。

気にせず更に螺旋階段を登ると、その上が展望台になってた。
ジグザグのガラス張りの変な展望台。。締め切ってて空調もなく暑かった。。手元のソフトが一気に融け出し慌てて舐めた。

で、勝手ながら隅の開く窓を開けてみたけど入る風は弱かった。。

ファイル 1195-4.jpg

メインの展望は目の前の287号の最上川を渡る谷地橋かな。
のんびり展望したい状態ではなかったので、ソフトを食べ終わったらさっさと下りた。

三階はレストラン。来たとき見たけど営業中でガラガラだった。
んーどうしよっかな。ここで食べてっちゃおうかな。ってことで入った。

メニューは色々あって秘伝豆の「豆腐ステーキ定食」とかも惹かれたけど、やっぱ河北名物の「冷たい肉そば」を食べることにした。

ファイル 1195-5.jpg

「肉そば」は河北町内で二回ほど食べたことあったけど、冷たくなく常温だったりしてイマイチな印象だった。
けど、ここのはちゃんと冷たかった。
おおナイス。展望台で汗かいたので冷たくてありがたいw

麺もちゃんと蕎麦の風味あっておいし、、、いと思うんだけど、なんかイマイチなのは汁の味かな。
汁は和風のさっぱりした味だけど、、なんだろう、あんまし好きな味じゃないんだよね。
んー、これは、、、何だっけ、、、あー、切干大根だ。
普段、弁当屋の弁当でついつい邪魔でいつも残してる切干大根にしみた汁の味わいだ。食べられなくはないけどあまり箸が進まない風味。
でも一応汁まで飲み干して完食でごちそうさま。

なんか今日の食事はDisってばっかな気がするけど、いろいろ話したい気にさせるいい食事だったと思う。

タグ:餐:冷 観:楼 観:橋 楽:眺 餐:麺 道の駅

おやじラーメン

ファイル 1194-1.jpg山辺町山辺にあるラーメン店。

この店の斜め向かいに山辺名物の「すだまり氷」が食べれる店があったらしいんだけど、エステの店に変っちゃってて、あれー?あれー?と行ったり来たりしてたら、この店に「かき氷」の幟を見かけたので立ち寄って見たという次第。

そしてよく見ると「すだまり氷」の看板も立ててあった。

ファイル 1194-2.jpgけどね、、
ラーメン屋でラーメン食べずにかき氷だけで入っていいのだろうか、、とちょっと躊躇。
かき氷は150円と出てた。150円だけの客ってどうだろう、、
でも「どうぞお気軽にお入りください 店主」とも書かれてた。

「あのー カキ氷だけなんですけどいいですか」と入ってみると店のおばちゃんは「どうぞどうぞ」と快く招いてくれた。

店の中では中高生のあんちゃんが漫画を読んでいた。暫くしたらもう一人来て漫画を読み始めた。
近所の暇な学生が(何も食わず)漫画を読みにフラッとやってくる休憩所的なスポットなのかな?とか思った。

さて氷は「すだまり氷をお願いします」と言ったら「味は何にします?」と聞かれた。
「え?種類あるんですか?」
「すだまりだけっていうのでもいいけど、イチゴとかメロンとかにすだまりをかけて食べるほうがおいしいわよ」だそうだ。
そうだったっけ。。Webで見たのも随分前だったからすっかり忘れちゃってた。
取り合えず一番人気というイチゴにしてみた。

どんなのが出てくるのか楽しみに待ってたら、普通のイチゴ(赤シロップ)のかき氷にすだまりの瓶が添えられて出てきた。
ああ、自分で好きにかけるスタイルなんだっけ。

ファイル 1194-3.jpg

この瓶の先の杉の葉は、出過ぎないようにする栓なんだそうだ。醤油みたいにさーっとかけずにパラパラっとかけるもんなのかな?

で、お味は
んー ん? んー? んんんー?
言葉にするなら珍妙な味。正直なトコまずくない。けど、うまいともいえない不思議な感じ。

氷の白いトコにもかけてすだまりオンリーでも食べてみた。
うん、これは酢醤油。単独だとおいしい。好きな味。
けど、シロップと混ざった感じはなんとも独特で珍妙。甘いシロップにエッジが立って輪郭がハッキリした感じ?
甘いだけのシロップより飽きずに食べられると思う。

ゆっくり食べてたら、店の主人が車で帰ってきた。
ああ、この人がおやじラーメンのおやじか。
「どう?おいしい?」という答えが難しい質問に始まって「どちらから?」と感じよく声かけてくれて親しみやすいおじさんだった。

アットホームな感じのいい店で、150円だけの会計に申し訳ないような気持ちで店を出た。
次来ることがあればラーメンも食べてみたいな。

タグ:餐:冷 楽:話

栄屋本店

ファイル 1193-1.jpg山形市本町にあるラーメン店。
山形名物「冷しらーめん」の元祖発祥の店にして人気店。
以前、北山形の分店には行ったこと有るけどここは初めて。
店に着いたのは1時半前で、少し昼の時間を外せたかなと思ってたのに行列になってた。平日でもこれか。人気なんだ。。

他の店探すのも面倒なのでおとなしく並んだ。
まぁ、雲っててそんなに暑くなく苦にはならないくらいでよかった。炎天下だったらさすがに考えるよな。

とりあえず20分くらいで席に着けた。

さて、食べるのは勿論「冷しらーめん」
注文してたら、後ろに並んでて隣に相席になったおばちゃんは「私は味噌ラーメン」と注文。。
「すみません今味噌ラーメンはやってないんですよ、、」と店の人。
「え?味噌ラーメンがないんだって、珍しいわねー」とこっち見て困り笑顔してたから「この店は『冷しらーめん』というのが人気の店なんですよ」とつい一言。「じゃあ」とそれを頼んでたけど、それで良かったのかな、、余計なことしたかな、、それにしても知らなくて並ぶ人もいるもんなんだね。

で、「冷しらーめん」

ファイル 1193-2.jpg

これは思った以上にいい味わい。
味は薄くなく、かといって濃くもなく、醤油もさっぱりと仄かに甘く、冷やしというのを考えて試行錯誤を重ねたような初めての味だった。
あれ?「分店」のとは別物?
向こうのを食べた記憶ではもっと普通のラーメンが見事に冷えてる感じだったと思ったけど、これは特製って感じで凝った感じがした。

で、ペロリと完食。汁も飲み干して冷ややかでイイ夏の昼食。
(おいしかったけど個人的には「分店」の方が好きだな)

店を出るときも隣のおばちゃんと一緒になった。
「どうもありがとうごちそうさま」と言って貰えて良かったけど、(ごちそうしたわけじゃないけど、、)果たして口にあったかどうかはわからない。

店を出るともう列はなく、入口で一組待ちとかそんな感じだった。来るなら2時か。

タグ:餐:ら 観:本

道の駅 喜多の郷

ファイル 1192-1.jpg喜多方市松山町鳥見山三町の121号沿いにある道の駅。
ここは大峠トンネルが121号として通れるようになったくらいの結構前から、日帰り温泉のある道の駅として何度も立ち寄ってる道の駅。
だけど、いっつも風呂だけの立ち寄りで食事することは殆んど無かった。
一回だけ発売当時で話題になってた「喜多方ラーメン丼」を食べてみようと食事したことがあるけど、「これ食べるなら素直にラーメン食べた方がイイや、、」という残念な結果で以後も風呂にしか寄ってなかった。

で、今日は暑いから山形で冷やしラーメン!と思ってたので、じゃあここらでは変化球ネタの食事でもいいかな、、と思って珍しく食事の立ち寄り。

その後も何故か続々と出るラーメンネタの一品、話題の「喜多方ラーメンバーガー」を食べてみた。 ネタとして。
具はチャーシューか会津地鶏の二種類。地鶏の方にしてみた。

ファイル 1192-2.jpg

これはバンズの部分が麺で出来ているという凝った物。
感想は、、、

んー


やっぱ変。
会津地鶏はおいしかったけど麺が気持ち悪い。
やっぱ「これ食べるなら素直にラーメン食べた方がイイや、、」

支払いのレジ前には「喜多方ラーメン丼」が売られてた。まだあるってことは好きな人もいるんだろうな。人其々だね。

その後、残念な気分を癒すようなものないかな?と売店を見てまわった。
「喜多方ラーメンチップス」「喜多方ラーメン煎餅」、、なぜか喜多方ラーメンもじりの土産物ばかり目に付いちゃった。

ファイル 1192-3.jpgそんな中で一番気になったのが「喜多方ラーメン生大福」
他の生クリーム大福「蔵の雪」と並んで冷凍で販売。
夏だしヒンヤリしたものがイイね。

ってわけでひとつ買ってみた。
そして、もしハズレだった時の為の保険で1個スタンダードな生クリーム大福も買っておこうと思い、餡や抹茶など5種類あって迷ったけど「黒ごま」を買った。
「自然解凍で20分から30分後に食べて下さい」との事ですぐには食べれなかった。
そうそうこの手のヤツはいっつも固いまま食べて失敗するんだよね。。

そしてこの道の駅の脇には「八方池」という貯水池がある。
何となく知ってたけど、いつも風呂だけなので見たことなかった。
ので、低い堤を上ってみてみた。

ファイル 1192-4.jpg

白鳥や桜の季節が見頃なんだろうけど夏の緑に囲まれた池もなかなかよかった。
水もきれいで、覗くと小魚が沢山群れて遊んでた。
(けど写真じゃ色混ざってよくわかんないな)

暑い日の静かな水辺はイイね。


さてさて、
そして出発して20分後、(もう山形県に入っちゃったけど)
そろそろいいかとさっきの「喜多方ラーメン生大福」を食べてみた。
ら、
これは結構おいしかった!
みたらし風の醤油餡に胡椒のアクセントでラーメンと言われれば確かにラーメンぽく、クリームとも合ってていい味わい。
喜多方ラーメン系の変わり種食品で唯一の大アタリ。

ファイル 1192-5.jpg

口直しの保険なんていらなかったな、、もう一つ「ラーメン」でも良かったな、、
なんて思いながら食べた「黒ごま」は、あにはからんや、絶品。
こりゃうまい。
逆に他のも全種類買ってくれば良かった、、と思った。(安くないけどね)

ホンの一口の幸せ×2で、バーガーの失敗も楽しく思えるくらいの気分にさせてもらった。結果往来。ナイスナイス。

タグ:餐:ば 餐:冷 楽<残 観:池 動:鳥 動:魚 道の駅