記事一覧

17.05.06 仁淀54

三間~松山道~宇和島~320号~鬼北~381号~窪川~56号~土佐~高知道~高知

高知~33号~仁淀川

仁淀川~439号~大豊~32号~三好~192号~美馬~県道~松茂~11号~鳴門~神淡鳴道~淡路

雨と晴れの土曜日。GW五連休の四日目。
今日は高知で集まって景勝地を歩く企画に参加する予定なので、まずは集合時間の9時に高知市街までのドライブ。
朝は真っ暗な4時半前に起きて、青く明るくなりだした5時前に出発。
この三間ってどこらへんだっけ?位置がよく分かってなかったので、取り敢えず昨日の続きで松山道(無料区間)に乗って宇和島まで走った。

さて、海沿いの56号をまわるのは大回りっぽいし毎度のコースなので今回は四万十川に沿って谷を抜けようと思ってた。ので宇和島からは320号で市街を抜けた。夜白んでいたけど城はチラリとしかみえなかった。

ファイル 154-1.jpg

走りやすい山間の道をスイスイ進むと鬼北町に出た。(あとから地図見たら三間から県道を進めばすぐに鬼北町だったようだ、、)
ここの道の駅が昨夜寝ようと目星つけてた場所で30分くらいの距離だった。もう寄るつもりはなかったんだけど、なんか朝から腹の具合が緩かったのでトイレに立ち寄り。大きな鬼の像が怖いので夜に来なくてよかったw(鬼の肩にキジが乗ってたけど、、寝返った?)それだけなので点景は無し。

鬼北からは381号に折れた。
その先少し進むと隣の松野町にも道の駅があった。ありすぎーとか思ったけど腹が緩かったので丁度よくトイレ休憩。ここは点景にしようかな。

道の駅を出て谷間の道を進むと県境。そういえば高知県に入ると路肩の青い線がなくなった。愛媛限定なのかな?
そして朝日は見えずに霧雨がまい出した。。うわー昨日あれだけ暑かったのに今日は天気悪いのかなぁ、、と思いながら進んで江川崎で四万十川に出た。

霧がかった四万十川もいいもんだな、、なんて思いながら進むと、すぐ先に沈下橋を見かけたので横道を下ってみた。
川への下り坂の途中でバイクの人が写真撮ってたので写し終わるまで停車してから橋へ下った。
「長生沈下橋」という橋。
沈下橋とは増水時には沈む簡素な橋のことで、この高知県が国内で一番多く、特に四万十川は多く「日本最後の清流」のイメージとも相まって印象的。ゆっくり川を見ながら渡った。

ファイル 154-2.jpg

四万十川は晴れたときにしか来た印象がなかったけど、たまにはこんな天気も乙なものである。
簡素な橋はたっぷり景色を眺められて「渡ってる」って実感できて楽しい。けど、やっぱ着座位置が高めの車だと細い道は若干足元不安だね。
天気良ければ川原を歩いたりしたいトコだけど、はしゃぐ明るさでもないので車を止めずに対岸で転回、折り返して国道に戻った。

少し進んで道と川がカーブする途中に駐車場があった。眺めいい場所とかかな?と思って寄ってみた。

そしてまたここもすぐ先に旧十和村に道の駅があった。やっぱり少々不安だったのでトイレ休憩。ここでも川を眺めたりしたけど点景は無し。
ここでまだ6時半。まだ早いからいろいろ寄りたいけど生憎の天気。よくならないねぇ、、
すぐ先の十川では川に鯉のぼり(こいのぼりの川渡し)が懸けられてて、こいのぼり公園というのもあったけど、雨の鯉のぼりはしおれて見えてたので通過。。

しばらく進んで土佐大正で「大正商店街」というのが気になって町に逸れてみた。
けど、別に大正時代っぽい町並ってわけでもなくサラリと通過。でも町はずれに国重要文化財の案内があったので向かってみた。ら、町の裏の谷に「旧竹内家住宅」という古民家があった。

381号に戻って少し進むと、道の駅の向かいに「轟公園」というのがあった。ずいぶん手前から「石の風車のある公園」と案内を見かけてたので興味持って駐車場に入ってみた。けど、駐車場から坂を歩くみたいだし霧雨が小雨になってたのでヤメ。車から降りずに国道に戻った。晴れた日に又来れたらいいね。(駐車場前の「ヤイロチョウの森ネイチャーセンター」というのも気になった)

後はしばらく小雨の四万十川沿いドライブ。
海の方に進んでるからなんとなく下流に向かってるような気がするけど実は逆で、思い切りくねってる川の上流方向に進んでいる形。なんか不思議。

ファイル 154-3.jpg

最後にさりげなく川を渡って四万十町の窪川で56号に出た。
56号を北に折れて少し進むと道の駅の手前に朝からやってるドライブインを見かけたので寄って食事休憩した。

さて食事もしたしあとは高知に向かうだけ。すぐ先のから56号のバイパス的に延びる高知道無料区間に乗った。
スイスイ進んで無料区間が終わる須崎西ICで降りたのが8時過ぎ。ちょうどいいくらいの時間かなーなんて思いつつ、集合場所をナビで検索してみたら、、到着予定時刻9時半。。え?ダメじゃん。あれ?須崎から高知ってそんなに離れてたっけ? 走ってる内に予定時刻縮むかなーなんて思ってたけど、ほとんど縮まずに道も混んできちゃった、、ので、ヤムなく次の土佐市から高知道に乗った。
びゅーっと飛ばして高知ICで降りて、集合場所にはギリギリ2分前に到着。セーフ。

もちろんもうみんな集まってて、、、あれ?
なんと主催者が遅刻。で30分遅れるとか、、 高速乗らなくてもよかったじゃん。
見知った人やお初の人と楽しく話しながら待ってたら少しづつ天気良くなってきた。

ってわけでここからは、
りりこちゴールデンミッション高知観光ツアー「大自然の奇跡★仁淀ブルーを捉えろ!」
に参加。主催者の到着は何分後だったっけ、、出発は10時前になった。
九人の一行で車は五台。主催車先頭に各自の車で後ろについて行った。
出だし僕は二番目。方向も行程もピンときてないままに後ろについて高知市街を西に進む。

普段のドライブ仲間のオフ会のクセで常に後続が付いてきてるかが気になってたけど、先頭はわりとお構いなく変わりそうな信号でも渡って行っちゃってたりして焦った。。

道は高知北環状線から鏡川橋で33号に出た。うちのナビ地図では途中で切れてた新しいバイパスで仁淀川下流部を渡った。

ファイル 154-4.jpg

バイパスが終わって下の33号に出て、日高村のコンビニで一旦休憩。
その休憩の間にちょっと抜けて手前のスタンドまで戻って給油した。
急いで戻ってきたけどまだまだゆっくりしてた。「まだ先長いけど食べ物買わんでええの?」って言われて「朝、四万十ポーク食べてきたから平気ー」って言ったら笑われたw

引き続き同じ隊列で33号をドライブ。高知からすぐかと思ってたら意外と走るんだね。
33号は何度も通ってる見知った道。だんだんと山間に進み、越知町で仁淀川沿いになると、山の上の方まで家が建ってる四国らしい景色になった。
特に印象的な銀の鉄橋の寺村橋で仁淀川を渡るといよいよ仁淀川町。

ファイル 154-5.jpg

古い橋の上で土曜市が開かれてるのを横目に見つつ、もう少し走って中津渓谷の入口の県道を鋭角に曲がって坂を上った。
そして駐車場はすぐ上の廃校の校庭に誘導された。(車高の低い車は廃校への急坂が無理で県道沿いに停めさせてもらえてた)走り始めから1時間40分の隊列ドライブ。最近はドライブ仲間とのオフ会でもここまで走ったりしないのでちょっと楽しかった。
そして中津川渓谷へ歩いた。

ファイル 154-6.jpg二時間ちょいかけてゆっくり歩いて回って車に戻ったのが2時。。(この時点で予定より二時間の遅れだったようだ)
ここで合流した人含めて人11名、車6台の列で出発。順番はラフに変わって後ろの方を走れた。

道はまず県道を33号に戻る。そして33号も少し戻って途中にあったドライブインの食堂に立ち寄った。ここで食事休憩。

再出発。33号を少し戻って439号に折れた。
439号のこの区間は仁淀川支流の土居川に沿って進む道。酷道で有名な439号もこの区間はぜんぜんちゃんとして悠々走れる道で気分よく隊列ドライブ。
土居川は分離した494号に沿っていくけど追わずにさらに支流の安居川に沿って県道に折れた。

ファイル 154-7.jpg

この県道は割と細めの区間が多く、くねくねと渓谷沿いや村落内を通過。みんな運転は慣れた人達のようで、車高低い車も遅れることなくスイスイとドライブ。楽しかった。けど、思った以上に奥の奥まで進んで、まだかーまだかーと思いながら3時過ぎに駐車場に到着。安居渓谷を歩いた。

駐車場に戻ったのが5時半前。当初はこの後もう一カ所「ニコ淵」ってトコに行く予定だったようだけどそれは中止。いやいや充分楽しめた。
最後は少しまったりし話したり(駆けっこしてたり)しつつこの場で6時の解散。観光散策にドライブまで楽しめて満足の企画、ありがとうございました。そして集まった皆さんごくろうさま。ぜひまたお会いする機会があることを願いつつ、一足先に出発。長い渓谷の県道をカッとんで戻った。

15分で439号に戻り東に進んだ。なんとかなるだろうと最後までいちゃったけど途中で抜けるべきだったかなー。最終日前の夕方に高知ってやっぱキッついよなぁ、、とかうじうじ考えながらもスイスイ進んだ。

ファイル 154-8.jpg

あれ、そういえばこの439号はどの区間が酷道なんだっけ?194号に折れて西条に抜けて高速使うべきか?と迷いつつ、ままよとそのまま進んでみたら、その先もずっと細くなる区間はなくスイスイ走れていい道だった。
日が暮れても不安な区間はなく、あれ?そうだったっけ?と拍子抜けしつつ、まだ若干明るい7時前に大豊で32号に出た。

ここもすぐに高速に乗っちゃうべきだったかなー、、なんて思いつつ吉野川沿いの32号をスイスイ走って7時半に県境。高知県を抜けて徳島県に入った。
池田で192号と合流すると、後はいつでも高速に乗れる道で少し安心。慌てて乗ることもなくそのまま192号に進んで東に走った。

192号は途中、貞光の道の駅の前の土手上の並木が白いイルミネーションでキレイだったので、ちょこっとだけ休憩しようかなーと思いつつ通過。ノンストップで黙々ドライブ。

ファイル 154-9.jpg

向かうのは徳島じゃなくて鳴門だからと美馬で吉野川を渡って県道で東方向。何度か通ってる馴染みの道。今回はもう徳島ラーメンとかも頭になくまっすぐ進んで、松茂で11号に出て鳴門で高速に乗ったのが10時前。優秀!
神戸淡路鳴門道(いい略称は無いものか、、)に進み、大鳴門橋で四国を抜けて淡路島。

あとは翌日不安のない圏内まで進んで寝るだけ。
出来れば本州まで戻りたいトコだけど、実は明石海峡大橋を渡ってからどう進むのか高速の道筋が分まったくかってないし(いつもは橋渡ったらすぐ降りてるから)、眠気もあるし、11時で時間もちょうどイイから橋の手前の淡路SAに入って車を停めた。
もうここまで来れれば一日で帰れる圏内だよね。トイレがてら少し明石海峡大橋を眺めてから就寝。

寝たのは11時半前。
充実した一日で楽しかった。夕方高知でもなんとかなるもんだ。(特例として次回の参考にはしたくないけど)

五日目につづく

タグ: f 四国 f高知 f愛媛 d 近畿 d兵庫 つらなり おおまわり とまり

17.05.05 三次53

広島~2号~大竹~186号~加計~433号~三次~184号~尾道~317号~向島~しまなみ海道~今治~県道~大西~196号~松山~県道~伊予~378号~長浜~県道~大洲~松山道~三間

天気いい金曜日。こどもの日の祝日。GW五連休の三日目。
今日はゆっくり5時半起き。このくらいがちょうどイイ。周りがうるさくても眠れるもんだ。

6時前の出発で取り敢えず引き続き2号を南西に進む。すぐにバイパスが終わって宮島が見えた。空はやや曇ってたけど、GWだけに人通り多く賑やかだった。
っていうか、JR山陽本線は宮島口の先で併走した列車を見たらギュウギュウ詰めの超満員。。朝の6時からすごいなぁ、皆さんどこへ行くんだろう?

2号は広島の端の大竹まで進んで186号に折れた。

ファイル 153-1.jpg

186号は油見トンネルで市街を抜けるとあとはずっとクネクネの小瀬川沿いの道。あまり憶えのない区間。。(前回通ったのは01/4/28の夜?)この小瀬川は県境になってて対岸が山口県。まさに広島の端の道。
細い区間もなくスイスイ進んでいると「蛇喰磐」という案内が続いてて気になった。天然記念物らしい。と、思ったら駐車帯があったので、ちょっと停めて歩いてみた。

引き続き186号を進む。他に車はおらずずっと独走。
小瀬川から県境が逸れても川に沿った林の道を進んで、しばらく走った先に道の駅があった。
実はここが昨日寝ようと思ってた場所。通過したのが7時半前、今日の走り初めから一時間半弱。夜に無理して来ないで良かった。。

その先で434号と合流。
この434号は何度も通ってる道でここからは見知った道。地図で見ると中国道に沿って走る道。しばらく進むと朝日さして朝らしくなってきた。あさだーー。っていうか眩しい。。

前に杉が気になって立ち寄った神社のある筒賀の町を抜けると、ずっと手前から案内が出てた「井仁の棚田」への入り口があったのでちょっと曲がってみた。

ファイル 153-2.jpg

細目の県道をぐんぐん登って、ちょっと怖いトンネルを抜けると「井仁の棚田」の村落に出た。どこから見たら一番いいんだろ?と探りつつ、何ヶ所かで車を停めて清々しい朝の棚田を眺めてみた。

来た道を戻ってまた186号を進むと、すぐ先に戸河内の道の駅があった。
ここはよく寄る道の駅。よく寄るからスルー、、といいたいトコだけど、思った通り朝から店が開いてた。9時前でやってる店はここ以外になさそうなので寄って食事休憩した。

満腹で出発、尚も186号を進む。
筒賀からのこの186号はJR可部線の03年に廃止になった区間の廃線路沿いの道。廃線から14年たった今でも駅が残ってるトコって珍しくない?
そして加計からの186号は島根県に向かってしまうので、433号に折れて町を抜けた。

ファイル 153-3.jpg

この433号はなかなかの細い区間が多い酷道。その割には何度も通っている馴染みのコース。山陽でも山陰でもない中間の山中で東西を横断したいときに要となる道。っていうか他に東西に走る国道はない。(普通の人は中国道を使うんだよねきっと)
さっそく細い区間に入って山中をグネグネ進んだ。
よくまぁこんな道を好んで通ってたもんだ、、と呆れつつ、やっぱ車高低い車の方が細い道は安心かも、パワーもあったからグイグい楽しめたし、、と昔を羨みながら通行。対向車も多かった。。

この区間の狭路はそんなに長くなく、ウォーミングアップ程度で普通の道の戻る。しばらくのんびり田舎道を進むと「吉川元春館跡」に「戦国の庭歴史館」というのがあったので寄ってみた。

30分ほどのんびりして出発。433号での寄り道は初めて。
引き続き433号。ちょこっと261号と合流して別れた先の江の川沿いに出た辺りからまた酷道区間に突入。ここは長めの本チャン区間。前回は確か通行止めだったんじゃないかな。
一生懸命運転に集中するからドライブしてるって実感が濃くて楽しくなってくる。
そして抜けた後の開放感がいいねー。すいてて爽快。

ファイル 153-4.jpg

433号ラストの高宮町は広域農道でショートカットできるって言うのを忘れてて素直に進行。忘れてたって事がちょっとくやしい。

そして途中ではぐれてグネーーーっと曲がってきた江の川を渡って375号に合流する。
この375号の江の川沿いの道も狭い区間多かった筈だけど、工事中ながら道広げられてて走りやすくなってた。。嬉しいような寂しいような、、
途中に「江の川発電所跡」なんていうのがあったのでちょっと寄り道。上からじゃ分からなかったけど、下に降りる階段は荒れてたので降りなかった。

さてその江の川沿いの道は半分くらいは前の侭で、細い区間もちゃんとあって、対向車もちゃんとあった。よし納得。

そして昼チョイ前に三次市街に出る。今日もまたサメ料理行っちゃおうかなぁ?とか思ったけど、さすがに連続はやめておいた。
国道に沿って市街を進みつつ、途中で給油した。
スタンドのあんちゃんに「ここら辺で車停めやすくておいしいお好み焼きの店ある?」と聞いてみて、教えて貰ったのが駅前の店。駐車場に停めて食事休憩した。

三次からは184号に出た。ちょこっとだけ昨日の道を重複しつつ馬洗川沿いの道に進む。

ファイル 153-5.jpg

昼には海に出て「しまなみ海道」渡れるかと思ってたけど全然ダメだね。少し焦って184号は寄り道せずに(途中、世羅でまた山の上の城っぽいのが気になりつつ)尾道に一気に進んだ。

尾道の街は少々渋滞。連休らしくなってきた。
あ、しまなみkdに行くなら2号バイパスに曲がればよかったのか、、と気付いたのは、河口に瀬戸内海が見えたあたり。まぁ渋滞もイイか、、と呑気にトロトロ。ちょっと思いついてスマホのYouTubeで「さびしんぼう」を検索して流しながら進行。懐かしい気分を盛り上げつつ2号で駅前抜けて町を抜け、317号尾道大橋で向島に渡った。

あまり島っぽさを感じさせない向島は317号を進むだけですぐにしまなみ海道に乗った。
GW午後おそめのしまなみ海道も混んでるかなぁ、、と思ってたけどスイスイだった。対向車側が所によって詰まってた。
気持ちよく島と橋を縫って走って広島県ラストの生口島の瀬戸田PAに寄ってみた。けど、昔はあった売店は無くなっててトイレと展望のみのPAになってた。(ここの塩ソフトが好きだったのに、、)ので、休憩せずにすぐに出た。

ファイル 153-6.jpg

多々羅大橋の影をくぐって渡ると愛媛県。全然明るいけどもう4時前になってしまった。。連休半ば過ぎた夕方にやっと四国かぁ。。
とりあえず島嶼部を抜けて四国に渡ったばかりの来島海峡SAで休憩した。

この来島海峡SAはそのまま今治北ICになっているので、本線に戻らずにすぐに降りた。しまなみ海道は毎回ここで下りてるかも。

下りてすぐの317号は今治市街には進まずに北に折れてみた。
日が暮れる前に海沿いドライブしときたいし一箇所くらいは寄り道したいしね。

波止浜港から極端に細い軒先の道になるこの国道は、タンカーが見える細道で港に出て途切れる。昔はここから渡し船が出てたのかな。
そのまま県道に進んで波方半島を進んでみた。
北の端の大角鼻と、西の端の梶取ノ鼻のどっちかに行ってみようと思ってて、やっぱり西日がよく見えそうな方がいいなと梶取ノ鼻に向かってみた。

、、、けどこの脱腸のような岬は、手前の村落の先から通行止めだった。えーまじ、だったら手前の大角鼻に行っておけばよかった、、と思いつつも戻る気はなく半島を南下、大西町で196号に出た。

ファイル 153-7.jpg

196号は2年前にも走った斎灘沿いの海辺の道。その2年前は曇ってたけど今日は夕日見れるかな、、なーんて思ってたら、まだ日が高くて一番眩しくてキツイ角度。。でも真正面に向くのは一部だけだったので、そんな苦でもなく、照らされながら心地よくドライブできた。
その途中で前にも寄った道の駅で休憩した。

道の駅を出てもまだ明るく夕焼けには今少しってタイミング。あ、ちょっと失敗したかな。夕陽を見る前に海から離れて松山市街に入っちゃった。

日が暮れてたらまた道後温泉でも寄りたい気分だけど、まだ6時過ぎたばかりで明るいので松山市街はスルー。国道から逸れて松山北環状線を南に進む。真横に自分の車の影と松山城を見ながらドライブ。
極端な渋滞はなく流れて順調、、と思えたが、うっかり56号を曲がりそびれて行きすぎた。慌てて地図見ながら重信川沿いの外郭環状線に出た。ここが一番の夕日だったかな。んー残念。

ファイル 153-8.jpg

56号は突き抜けて一本西の県道を進み、伊予で378号に出た。
すぐに海かとおもいきや意外と出るまでには距離があって、海岸に抜けたときには日が沈んだトコだった。辛うじて明るく仄かに赤い海沿いを夜に向かって走った。
まぁ、前回来たときは夜&土砂降りの朝だから全然イイ。それに海沿いはしばらく青く、長く続く車のライトの列も悪くない。

長い海岸の道を一気に走り、伊予長浜で県道に折れた。
最初は八幡浜まで進んで八幡浜ちゃんぽんを食べよう!と思ってたんだけど、日帰り湯を検索したら大洲がヒットして、風呂か食事か迷ったんだけど、そんなに腹減ってないので風呂を選んだ。(ていうか翌日のためにも風呂を抜く選択はないよな、、)

街灯少なめで真っ暗に感じた大洲市街に進んで、「臥龍の湯」という日帰り温泉で入浴休憩。
食事もできて丁度よかった。

ファイル 153-9.jpg

さてあとは寝るだけ。道の駅を検索して出発した。
大洲市街を出てすぐに56号バイパスに乗った。 が、、すぐ先で、うっかり降りるの忘れてそのまま松山道に進んじゃった。。
うえー、最近ホント夜はダメだなぁ、、すぐ先の料金所で「まちがえちゃって、、」などとグチったら「料金はこの1区間だけであとは無料ですから」と慰められた。っていうか、そうなの?西予宇和の先も地図では無料区間になってないけど、、

ってわけで、すぐ降りようと思ってたけど、何か悔しいからこのまま宇和島まで行っちゃおうと進んだ。
けど、、若干の眠気。ホント真っ暗だしね。変化ないとつらいよね。道の駅のマークが見えたので、その次の三間ICで降りてみた。
IC出てすぐ前の新しく大きな道の駅はガラガラ。GWの四国でこんなトコもあるんだ!と悠々停めた。

9時半前とまだ少し早い時間だけどもういいや、明日はハードになりそうだから早く寝よう。
今日は広島と愛媛二県だけのドライブだったけど充実した一日で満足で就寝。

四日目につづく

タグ:e 中国 e広島 f 四国 f愛媛 おおまわり とまり

17.05.04 境港52


八鹿~9号~米子~431号~境港~県道~美保関~431号~松江~432号~庄原~185号~三次~54号~広島
広島~2号~廿日市

天気いい木曜日。みどりの日の祝日。GW五連休の二日目。
朝は3時に起きた。八鹿の道の駅は山も近く寒い印象の所なんだけど、ちょうどイイくらいの温度で窓の曇りも薄くて準備が楽だった。軽く拭いて半の出発。

今日は最近ネットでよく見てる配信ルームのイベントに「ドライブ中で行けたら行くね」って言ってたので、昼過ぎに広島市街を目標に一回り。
とりあえず真っ暗な9号を黙々と進む。夜明ける前はガラガラでトラックも飛ばしてるしスイスイなんだけど、たまーに起きてるかー?ってくらいゆっくりな車がいて困る。

ファイル 152-1.jpg

45分走って県境、鳥取県に入った。昨日のうちに進みたかった岩見の道の駅まで1時間。無理しないでよかった。
バイパスで悠々と鳥取市を抜け、コナン空港を過ぎると海に出た。少し明るくなってきた。

去年佐賀に行ったときに寝た羽合の道の駅は5時に通過。1時間半の負けか、、でも出発早くて30分の勝ち。
更に今日は天気良く、その先で大山がきれいに見えたし、橙色の光をミラーに注いで背中から朝日が昇ってた。

スイスイと9号山陰道無料区間のバイパスを走ってたけど、まだ5時半過ぎ、あれ?早過ぎないか?ちょっと寄り道するか、、とか思って米子ICで下りてそのまま431号に進んでみた。

431号は走り初めに城の天守が見えて、あれ?こんなトコに城あったっけ?と思ったら、大きな菓子屋の店舗だった。。
この区間の431号は久々で(隠岐の帰り以来?)そのまま欅並木の道を進むと、あちこちに「水木しげるロード」の案内が出てた。妖怪ってそんなに一般的に受け入れられるもんだったのか?(殺人事件とか現実ならイヤな題材が多いね)

ファイル 152-2.jpg

弓ヶ浜沿いの松林沿いの道では、朝日が海の先から差し込んでて、どこかで浜に出て休憩しようか、、と思ってる内に浜の先まで走りきってしまった。
けど、出っ張ってた埋立地っぽい方に曲がってみたら、その先に「夢みなと公園」と言うのがあった。おお、ここで休憩と思ったけど釣り客だらけで駐車場満車、、、諦めようと思ってたら丁度一台出て無事駐車、ナイス。潮見休憩した。

さて、境港はちょっと気になってた場所があるので、境水道大橋に昇らずに431号を逸れた。ら、その袂近くに「台場公園」と言うのを見つけてちょっと寄ってみた。ここが気になってた場所ではないけど朝の散歩休憩。

少し境水道の港沿いに進んでみた。赤い灯台がかわいかった。
そして折角だから途中からちょこっと「水木しげるロード」を通過してみた。色々あって面白そうだけど停めて歩くほどの興味はなく徐行で通過。げげげの鬼太郎は見てたしスタンダードだけどね、、好きってほどじゃないんだよね。

それより興味あったのはその先の中海の島に架かる「江島大橋」。手前で給油してから橋を渡った。

ファイル 152-3.jpg

「ベタ踏み坂」との愛称がついたこの県境の橋は、壁のような急勾配で海外でも話題になっていたらしい。
、、けど、やっぱいざ渡ってみると、たしかに眺めいい高い橋だけどそこまで急には感じなかった。。逆から通ったからかな?
拍子抜けしてたら、島根県側のその先に江島大橋用の駐車場が用意されてた。ああ、橋の写真撮る人が多いからね。逆から走行するために転回だけしようかと思ったけど折角だからちょっと停車。他の人に混ざって写真撮りに歩いてみた。

そして一応こっち側からからも登ってみた。
んー。やっぱ写真の撮り方ってだけだね。べた踏みも大げさに思う(けど、MT車で渋滞登坂の坂道発進はイヤだな。。)。ドライブとしては眺めいい橋なので楽しかった。鳥取側ではコンビニに寄ってまた引き返して戻った。

で、江島からは北に折れて中海の中の湖上の橋みたいな道を進む。
この道は前に一度通った事ある道(00/12/30)だけど、CR-Xで来た時よりよく見えるし、今日の方が天気良くていい気分。朝日に照らされた江島大橋を横目に、左右とも真っ青な湖の中を爽快にドライブ。

ファイル 152-4.jpg

431号に出て西に進む。少し車増えてきたけどスイスイ進んで松江市街に7時半に進入。
久々に松江城も登りたいけど今日はパス。たしかここは門から有料なので朝は入れなかった筈。また今回も朝の松江市街は通過するだけでまっすぐ南に進んで432号に出た。
これであとは広島に南下するだけ、まだ朝早いから余裕だね。

この432号は通ったことあったかなぁ?市街の感じも抜けた郊外の感じも見憶えない走り易いキレイな道。ひょっとして初めて通る国道かも!と新鮮な気分でスイスイドライブ。(本州の国道で通ったことない道ってあったっけ??)
番号の割に堂々と安定した国道だなぁ、、と拍子抜けしてたけど、山に差し掛かると途端に細くなって400番台らしい国道になった。
あ!この細い区間で思い出した。何度も通ってる道だった。
この細い区間は夜にも通った記憶あるし、その先の星上山への道が気になって登ってみたこともあった(上はキャンプ場だけだった)
クネクネ狭い山間をループ状に回って上ってその星上山への口を過ぎると道はマトモになった。この区間は新しい道つくらないのかね?と思ったけど、つくられたら思い出せなくなるかと思うと、このまま残ってほしいなぁとか思った。

ファイル 152-5.jpg

山を下って広瀬町に出ると町の先の山の上に城跡らしきものが見えて気になった。(何度も通ってた道だけど今まで気にしたことなかった、、)
うおー、登ってみたいカッコイイ山城。あれは月山富田城。戦国時代の尼子の城。あの戦国時代の1ヒーロー山中鹿介幸盛が活躍して攻防した城だった。わー登りたい。けど、時間も体力もそこまでの余裕はなさそうなので未練を残して通過。町内のバスも山中鹿介幸盛のラッピングだった。

広瀬の町を抜けてまた山間に差しかかり、布部ダムの湖沿いに進むと湖上に架かる歩道の吊り橋が見え、公園みたいに駐車場があったのでちょっと立ち寄って休憩。少し歩いてみた。

引き続き432号。ガラガラの道をスイスイ独走。山も里も走り易くて爽快にドライブ。道沿いの森に沢山咲いていた藤がキレイだった。けど緑の中の紫の花は写真むづかしいね。。

奥出雲町に入ると道の駅があった。ああ、以前寄って腹たててた道の駅だw 少しは道の駅らしくなったかな?とか思って寄ってみた。

9時の出発。ここからは少し車が増えてゆっくり走行。
30分も走らない内に県境の玉貫峠、広島県に入ったけん。(最近、広島弁も好きになった)

広島側は田圃が広がってて山間でもなだらかでのんびり。いつの間にか前車も消えてまた広々と独走できた。
田圃は田植え作業風景がみれ、鯉のぼりも掛かってた(やっぱ鯉の国じゃけん)

ファイル 152-6.jpg

スイスイ進んで庄原に出た。このまま432号を辿ろうかとも思ったけど、真直ぐ広島市街へと思って183号に折れた。
少し走って三次に出た。ここにはネタ帳に載せてた気になる店があるので国道から逸れて向かってみた。

ナビの誘導でマツダのテストコースの裏の宗裕池を通り、ちょこっと375号を進んで廻神町で折れた県道の町内の店へ到着。ここで食事休憩した。

さて、満足の面白い食事で気分はふらふらドライブモード。もう広島市街に向かうのやめてこのまま適当にドライブを楽しもうかなーーって思い始めてたけど、、広域農道のイイ道で三次に戻ることなく54号に出れたのでやっぱ広島に行くだけ行ってみようと思い直した。

時間はここらで11時半。広島に1時くらいを考えてたので丁度いいくらい。
だーけーどGWだからね。昼時に都市部に向かう幹線道路が混まないわけないよね。ましてや広島はフラワーフェスティバルで混雑が予想され「余裕もって来てねー」なんて言われてたので、渋滞で無理そうだったり気分がのらなかったりしたらすぐにでも諦めてドライブしよう!なーんて思ってた。

けど、アニハカランヤ。どうしたことかぜーん全渋滞しなかった。車はどんどん増えてきてたけど、詰まるというほどの事はなく流れて順調に進めた。関東の感覚とは違うんだね。

ファイル 152-7.jpg

ってわけで、なんと予定通りの1時に広島市街。
混雑しそうな中心街は避けて西区に進んだ。最後にフラワーフェスティバルの会場にもなってる平和大通りを横断するとこくらいは混むかと思いきや、西区の方は会場から遠く離れててガラガラ。拍子抜けするくらいスンナリと到着。1日最大料金とかで事前に調べてた駐車場に車を停めて市街を歩いた。

夕方に戻って少し広島市街をドライブ。「この世界の片隅に」の最初の舞台の江波あたりをフラフラ、、、、
ってつもりだったのに、

ついつい楽しく周りとも馴染んで最後の最後までいて駐車場に戻ったのは9時。で、となりのラーメン店がまだかろうじて開いてたので食事した。

まぁたまにはこういうのもいいね。楽しんだし。
日帰り湯を検索して静かな市街を出発。もう暗いので不審な徘徊もせずに2号に出て西に進んだ。

ファイル 152-8.jpg

2号バイパスを五日市(佐伯)で降りて県道を進み、「五日市天然温泉ゆらゆら」で入浴休憩。
さすがにGWで混んでたこともあるけど、ここはこの数年で3本の指に入るくらいの悪印象。更衣室びちゃびちゃ。他いろいろとウンザリ。ササっとすませて逃げるように出た。

さて、後は寝るだけ。
一番近そうな道の駅は、、と検索して出発。2号バイパスに戻った。

ら、すぐ先の廿日市市に佐方サービスエリアがあった。あーそっか、あったねぇ。一応寄ってみた。
ここは何度も寝てる場所、以前は1日で突貫で一気にここまで走ってきて疲れ切って寝るってスタイルだったけど(我ながら無茶したな)、休憩しながら余裕もって回るようになった現在でこんな騒がしいトコで眠れるかな?と不安もあり寝床候補から外してた。。
けど、寝てみたらスンナリ寝れた。就寝は10時半過ぎ。

実質半日だけのドライブだったけど充分濃く楽しめた。そして広島でも楽しめて良かった。

三日目につづく

タグ:d 近畿 d兵庫 e 中国 e鳥取 e島根 e広島 おおまわり とまり

17.05.03 木曽51


松戸~6号~東京~首都高20号~茅野~152号~高遠~361号~高山~158号~福井~8号~敦賀~27号~舞鶴~175号~福知山~9号~八鹿

天気いい水曜日。憲法記念日の祝日。GW五連休の初日。
朝は4時の出発。早く出たかったけどこれが精一杯。少々遅めなのにまだ暗かったもんだからうっかり都内に進んじゃった。。
けど、出だしは道も空いていてスイスイで、いい感じで進めた。
でも油断はしないように少し時間かせごうと四ツ木から首都高に乗った。ら、乗ってすぐ中央環状線はつまってた。ので、6号向島線から4号新宿線に進む。このまま中央道で八王子くらいまで行こうかと思ってたけど、新宿からは詰まり初めて中央道も石川まで17km渋滞と出てた。。ので、永福で下りてあとはえんえん20号を進んだ。

ファイル 151-1.jpg

まだ5時前だったので下道は比較的すいてて流れて6時には八王子を抜けて高尾で一車線になった。
高尾山口もスイスイで余裕かと思いきや、その先で渋滞。。チョロチョロしか動かず、爪が切れたw
20分かけて県央道高尾山ICを抜けるとまたスイスイ。ここの出口の国道側の信号が極端に短くその為の渋滞だった。なんとかしろ。。

6時半に県境で神奈川県。大垂水峠もスイスイだったけど相模湖でまた渋滞。相模湖ICまで30分かかった。
あとは流れてすぐに県境、7時過ぎに山梨県に入った。まぁまぁ順調な方かな。群馬周りだったら三時間でどこまで行けただろうか。

あとは順調。大きく詰まることはなく20号甲州街道を進む。大月で富士山が見えた。今回唯一の富士山写真撮れた。

ファイル 151-2.jpg

8時には勝沼からの甲府盆地のバイパスに出て、頭の白い南アルプスの山を見ながら走って、半には甲府を抜けて釜無川沿いに出た。
双葉の塩川大橋を渡ると一安心。都市部を抜けてホッとするし、この橋でまだ朝っていうのは順調な目安。
山梨県内で少し休憩したいなぁ、、と思いつつも、何も思い浮かばず通過。白州の道の駅も入口で少し詰まってたからよけて通過。

9時四半過ぎに県境で長野県に入った。
そのまま進んで茅野から152号杖突峠を登る定番コース。今日は峠で休憩しなかった。
ここまでの間で桜が咲き残ってる箇所が幾つかあったけど、杖突峠の桜はもう散っていて、もちろん高遠も散り終わってたので今回も城に寄らずに通過、361号に進む。

ファイル 151-3.jpg

伊那の市街に10時半。ここらで食事したいなぁと思いつつ、またローメンじゃ芸がないか、、と通過。(どうせまだ店やってなさそうだし)伊那の西の直線の長い上り坂の芝桜を期待してたけど、もう全然咲いてなかった。タイミングなのか?ヤメちゃってたのか?
権兵衛トンネルを抜けて19号に出た。

19号ですぐの旧日義村の道の駅でやっと休憩。ここで食事した。

11時半前の出発。19号の木曽は桜が咲き残っていた。さて、この一日目は西に抜ける移動メインのつもりで、普通に黙々と19号、21号と思ってたけど、ずっと幹線道路っていうのも面白くないなーと思い、木曽でまた分離する361号に逸れて開田高原に進んでみた。

こっち区間の361号はタマに通るくらいの道。あーそういえば芝桜が濃く咲いた神社があったよなぁ!と期待して進んだけど、その神社の芝桜はたいしたことなくなっていた。。残念。
やがて開田高原にさしかかると、頭の白い御嶽山がチラチラと見えだした。

ファイル 151-4.jpg

その御嶽山は開田村の峠道でよく見えて、撮影ボイントみたいな駐車帯は満車っぽい感じだったので通過。走りながらでよく見えてるから充分だ。とか思ってたけどその先にも少し小さい駐車スペースがあって誰もいなかったのでこっちで寄り道。展望休憩した。

昼の出発で引き続き361号。そこから15分走ると県境。岐阜県に入った。
少し進むと高根ダムのダム湖沿いに出た。この辺りは通る度に野猿を見かけてて遭遇率が高い区間なので、今回も飛び出してくるかも、、と速度落として進んだけど、今回は珍しく一匹も見かけなかった。(屋根空ける車の方がよく気付くのかも?)

その先に道の駅があったので寄って小休止。ここは初めて寄るトコだ。

ファイル 151-5.jpg

ぐんぐん山を下ると大きく枝垂れ桜の案内看板が出てたので、曲がってみたら見事に咲いていた。神社前で車を停めて小休止。

この旧朝日町内はあちこちで枝垂れ桜が沿線を彩っていた。他にも大きな樹があるようだけどもう充分なので駆け抜けた。

そして高山に出たのが1時半。(あ、前に群馬周りで来たときより遅いわ、、)158号高山清見道路で一気に清見に走った。

この清見から荘川の間の158号はいつもガラガラすいすいで、道も緩やかなカーブで気持ちよくドライブできる区間なんだけど、今日はここに来て眠気が出てきてしまってイマイチ気分も乗らなかった。。やっぱ東北の疲れが残ってるのかな。。

ガム噛んで歌いながら進んでたけど、どうにもよろしくないのでその先の荘川の道の駅で休憩、座席を倒して仮眠をとった。

ファイル 151-6.jpg

30分寝て少し休憩して3時前の出発。
もうばっちり、、と言うほどではないけど、まぁまぁ普通かな。蛭ヶ野高原を下って白鳥町で給油。
ここらの道の駅には寄らずにループ橋を登る。

油坂峠道路を登ると県境。4時前に福井県に入った。
九頭竜湖は意外と水溜まっていた。

九頭竜の道の駅は相変わらず混んでそうだったので通過。九頭竜川に沿った谷間の道も走りやすく気分のいい区間なんだけど、なぜかパトカーの後ろになってしまい、ゆっくり走行。。
でもそのパトカーは越前大野の盆地に出る前に捌けたので、大野の片側二車線道路は悠々走れた。

その越前大野はこの季節、あちこちで田圃の畦に芝桜が咲いていて、毎度ながらやっぱりきれい。
今回も横道に折れて芝桜の田圃道をグルッと回ってみた。

ファイル 151-7.jpg

そして158号に戻って大野を抜ける。この抜けるところでも国道沿いに芝桜。素敵だね。

西方向は太陽眩しく、田圃の水にも反射して更に眩しく、取り付けサングラスを装着してドライブ。
福井まで走って8号バイパスに出た。

片側二車線の道路はどうしても車線争いになっちゃって忙しない。それで最近は旧国道を通ることが多い気がするけど、今日はそのまま進んだ。
何度か出し抜いて鯖江まで進むと道も空いた。
バイパスが終わったところで、前にも入ったことある店に寄って食事休憩した。

店を出たの6時半前。もう夕暮れ。
あー敦賀湾の海沿いに出る前に日没かなー、、なんて思ってたけど、8号進んで、登坂車線も踏み込んで大型トラック越して急いでみたら、ぎりぎり日没前に海に出れた。

ファイル 151-8.jpg

水平線前ぎりぎりで雲間に落ちる夕日だったけど、仄かな夕焼けと静かな海を見ながらドライブ。

空の赤みも半島の裏に隠れて、夜が来る寸前の青い間に敦賀市街に突入。27号に出て西に進む。
バイパスで市街を抜ける頃にはトバリが下りて一気に暗くなった。
あとは暗闇ドライブ。今日はホントに暗く感じた。

30分走って7時半前に若狭町の何度も来てる日帰り湯「みかた温泉きららの湯」で入浴休憩。30分でさっとあがった。

そして黙々と暗闇の27号。この区間いつも長く感じるんだよね。。
9時にやっと県境で京都府に入る。
舞鶴から175号で福知山、9号に出て、10時半前に県境で兵庫県。

あとは時間を見て行けるだけ進むだけ。
気持では鳥取県まで抜けたかったけど眠気的に全然無理で、割とよく寄る八鹿の道の駅で停車。GWだから混んでるかと思ったらそんなでもなかった。
寝袋に入って寝たのが11時前。まぁまぁかな。

二日目につづく

タグ:a 関東 a千葉 a東京 a神奈川 c 中部 c山梨 c長野 c岐阜 d 近畿 d福井 d京都 d兵庫 おおまわり とまり

17.04.30 二本松33


安達~4号~二本松~459号~岩代~349号~水戸~51号~佐原~356号~印西~県道~白井~県道~松戸

天気いい日曜日。三連休の最終日。
朝は4時過ぎに起きて5時前の出発。
今日は夕方までに帰ってオイル交換したかったのでもう帰るだけ。とはいえもう福島なのでそんなに慌てるほどでもない、っていうかちょっと気張って戻り過ぎちゃったかな。。まぁゆっくり寄り道しながら南下すればいいかな。

とりあえず4号福島南バイパスを進む。
早朝ガラガラ。高速みたいな長い道路を独占で悠々と駆け抜けた。

ファイル 150-1.jpg

そしてバイパスのすぐ先が二本松。そうだ、二本松城って行ってみたかったんだ!と思い出して市街への道へ逸れた。
市街の真ん中にあるのかと思ってたら意外と奥で、大きな坂を越えた裏の方。城の前の道が細く一方通行だったから、また昨日の九戸城みたいな感じか?と不安になった。。
けどその先には広い駐車場がいくつもあって安心して駐車。登城休憩した。

これが思った以上にいい城で見どころ沢山で二時間かけて廻って7時の出発。
あとは、、きれいに見えてた安達太良山に廻って猪苗代、、ってコースも考えたけど、いいや、城歩きで疲れたから素直に帰ろう、、と、二本松市街を抜けて459号を東に進んだ。(一般的には素直じゃないかなw)

ファイル 150-2.jpgこの区間の459号は普通の田舎道。
朝から意外と車多くほぼ列走行だったけど、まぁまぁなペースだったのでのんびり流れた。
途中の沿線では桜が咲いてるところがチラホラ、散ってるところがチラホラ、「合戦場のしだれ桜」の案内がずっと出てたので、散ってなければいいなぁ、、と期待しつつ向かってみた。

30分弱走って旧岩代町の現地に到着。車を停めて休憩した。

すぐ先の道の駅「さくらの郷」でもトイレ休憩。ここの周りの桜はほとんど散ってた。

ここから先の459号は帰宅困難区域で通行制限中とあるので349号を南下。
この349号はよく通る馴染みの帰り道。でも桜のイメージはなかったからこの季節はあまり通ってないかな?あちこち咲き残ってて、途中には「小沢の桜」とか「永泉寺の桜」とか名称標示のある桜が咲いているのが沿線に見えたけど、「合戦場の~」に寄ったばかりだから遠慮して、横目に眺めて通過した。
だのに、随分手前から案内が出てた「夏井千本桜」というのは気になってついつい横道折れて寄り道。

ファイル 150-3.jpg

一本の大樹じゃなければ感じも違っていいかな、、と向かった先には河川敷のソメイヨシノ。ちょうど満開の桜祭りのようで、誘導してた駐車場は有料だった。。ので通過。小野新町に廻って349号に戻った。

しばらく349号はガラガラですいすい。対向車もほとんどなく、もちろん信号もなく、悠々ドライブ。
いつもは長く感じる区間だけどあっという間に駆け抜けて、正面の山が印象的な古殿の町に出た。
そして道の駅に寄って休憩した。

ファイル 150-4.jpg

出発したのがまだ9時半。やっぱ早過ぎか。。まあいいか肩慣らしだし。
と、余裕たっぷりな気分で引き続き349号。鮫川村に出る手前で渓谷沿いに出た。いい景色だけど窓の映り込みで写真撮れないなーと思ってたら駐車帯があって遊歩道とか見えたので、たまにはと思って停車。渓谷散歩休憩した。

30分ほど歩いて車に戻った。まだ10時。余裕余裕。
鮫川村のバイパスを過ぎると道は少々細くなる。それでも前に比べたら全然走りやすくなったもんだ。
どこかでイベントがあるのか、やたらと消防車を見かけてて、細い区間で何台もの赤い車輌と離合した。

そしてしばーらくは何もない低い山間の田舎道。すいすい通過。
昔、雪で滑って荊に突っ込んだのってどこだったんだろう?ここかな?ここかな?と毎回通る度に考えるんだけど、分からないままに通過。

ファイル 150-5.jpg

そして矢祭に下り、118号と入れ替わるように走りやすい道になると程なく県境。11時過ぎに関東茨城県入り。
茨城もしばらくは山間だけど段々と平らな水田区間が増える。田植え作業の車が多かった。
今日はまだちゃんと食事してないので、どこかで食事、、と思ってたんだけど、増えてきた車の列から抜け出すことなくおとなしく走行。

12時過ぎに水戸市街まで走りきった。
水戸から6号で真っ直ぐ帰るのはあまりにもつまらなく思えたので、市街を水戸駅に進んで51号に出てみた。

51号は6号バイパスをくぐり抜けた先で少々渋滞。まぁ昼時なので仕方ない。原因分からずいつのにか流れた。

ファイル 150-6.jpg

大洗はスイスイで海を見ながら通過。
大洗の海岸は遠目からもすごい人出で海岸が賑わっていた。日差し強くて夏のように暑かったから「あれ?海開きか?」なんて思っちゃったけど、冷静に考えれば潮干狩りだよねw

長く広い片側二車線の海沿いの道を走った後は、一車線合流地点から渋滞。理由が分かる場所なので納得。
その先の51号は時折つまり気味になるものの大凡流れてユッタリ走行。けっきょく食べるトコもなく空腹のままドライブ。51号も沿線に道の駅ひとつくらいは欲しいよなぁ。(たまに見かける飲食店はどこも満車って感じだった)

海が近いのに生垣のような林で視界が狭い鹿島の道を抜けると、鹿島のスタジアムは今日試合あるらしく賑わっていた。(試合ある日に通過したの初めてだ)

ファイル 150-7.jpg

潮来の道の駅で食事、、と思いつつ折れるの面倒になって通過。

利根川に走って県境。2時過ぎに千葉県に戻った。
そして356号スーパー堤防の土手の道。ここはもう庭先感覚。
神崎の道の駅で食事、、と思いつつ、もうここまできたら別に道の駅で食事とかじゃなくていいじゃん、って思って通過。いや空腹は空腹なんだけどね。

印西木下で給油。
そして県道で白井に進んだ。その途中のよくいくラーメン屋で食事。ふつーすぎ。

ファイル 150-8.jpg車屋には4時に到着。意外と時間かかって丁度よく予定通り過ぎた。
そしてオイル交換。
ちょうど1000kmオーバーの4000km走っちゃったけど3000で補充したオイルはほとんど減っておらず優秀だった。

あとはいつもの裏道を海自の下総航空基地の緑青々した桜並木を抜けて帰った。もう関東では桜の花は完全に時期はずれ、遠いところから一気に帰ってきたって実感できた。

5時過ぎに自宅到着。
こんな時間に帰れたのは初めてかも?勿体ないような気分はまた三日後からのGW五連休へ繰り越しで元気チャージしときましょ。


四月の三連休ドライブ

今年初の遠出ドライブは東北方向。そういえばってくらい腰の痛みを忘れて走り回れた。
そして岩手をメインに美味しい物食べてまわり、桜は福島でとことん包まれて、時間も余裕あって満足の三日間。開放感と爽快感。あーやっぱ遠出はいいわぁ。
、、、だけど、
翌日、意外なほど疲れが残った。今までもこんな感じだったっけ?二本松の城登りの影響?いやいや城なら去年も米子城とか登って汗かいたしなぁ、、やっぱ歳のせい?こんなんで五連休は平気か?
と、 少々不安も纏いつつ、やっぱり遠出の楽しい感覚の方がそれより上なので、気負わず無理せず今年も楽しむぞー!と勢いづいた。

もどる

タグ:b 東北 b福島 a 関東 a茨城 a千葉 おおまわり

17.04.29 久慈32


石鳥谷~4号~盛岡~4号~二戸~県道~九戸~県道~久慈~県道~野田~45号~仙台~4号~安達

天気いい土曜日。昭和の日の祝日で三連休の中日。
朝は4時に起きたんだけど、暗いからまた寝て、起きたら6時過ぎだった。。少し寝すぎたけどまあいいか。
暗い内から出発しなかったのはオイル点検したかったから。普段は交換するように心掛けてる3000kmを過ぎてしまってて、途中での点検は忘れちゃいそうだったからね。
見てみたらオイルの量はゲージの下の穴くらいに減ってたから、500ml補充。安心して窓拭いて7時前に出発した。

道は引き続き4号を北上。
空いてる道をスイスイ進んで横から朝日もさして気分よくドライブ。

ファイル 149-1.jpg

薄く霞んだ岩手山を見ながら盛岡に進んで、4号からそれて市街に進入。
盛岡市街の中心には7時半前。県庁近くの以前にも入ったことある駐車場に停めて少し歩いた。
ちょこっとだけのつもりだったけど、気分よく散歩できて盛岡城も歩いちゃおうかなーとか思ったけど、それは次回に残して神社で引き返した。

8時前の出発。市街を北に抜けて4号に戻った。
この時間で、青森まで行くつもりもなければもう気分も余裕で、おもいきり岩手県を走り回れるな!と意気揚々。

まだまだ道も空いてて気分よく、上下線別になって四車線化した岩手牧場の脇の新しい区間では広くクッキリ岩手山が見えた。
いつ見ても立派な山だね。

ファイル 149-2.jpg

でも、渋民のバイパス前から車が列になって、、速度下がると共に空も曇りだした。。
で、小雨もパラつきだしたりして気分落ち着き、黙々と列に従って幹線道路の移動。ナビ地図見て曲がっちゃおうかと思ったトコに限って前の方の車が曲がって捌けたりしてたので、そのまま進む。

男神岩が見えたトコで4号をそれて二戸の町に出た。
これ以上進むと青森県になっちゃうし、二戸では行きたいトコもあったのだ。

まず駅前通りのネタ帳にも載せてた店へ行ってみると、丁度シャッター上げてるトコだった。 
けど、まだ開店は30分前だそうで、、そんじゃあ、先に城歩き。県道を進んで少し北の市街へ進んで「九戸城跡」に来てみた。
駐車場がどこか分からず案内もなかったので寺の前に停めて歩いた。

雨が降ってきちゃって10時過ぎに駆け足で車に戻った。
で、また駅前に戻って「8ビートバーガー」で食事した。

さて、食事して、近くの本屋で買い物したりしてる内に雨はやんだ。よかった。11時前に出発。

ファイル 149-3.jpg二戸からは県道で東へ進んだ。
これは初めて通る道。
岩手県内は国道路線が充実してるから県道を走ることが滅多になかったのでどんな道かと覚悟はしてたけど、全然走りやすくて国道でもいいくらいの道だった。
しかもガラガラで、途中の小峠の下りは眺めイイ所もあって気持ちよく快走。あっという間に九戸村に下って340号と合流。ああここか。
少し北に進んでまた県道に折れると道の駅があった。お腹はいっぱいだったけど寄ったことないトコなので休憩してみた。

引き続き県道を東に進む。
うわーこれから海に向かうのにもうすでに満腹。。今日は海産物食べられないかも、、

道は久慈市に入りスイスイ進むとやがて久慈川が連れてきた281号に合流する。
この281号は何度か通ってる道だけど、あれこんな感じだったっけ?横を流れる久慈川の渓谷がイイ感じで、道も走り易く、遅めのトラックがいても抜かしどころ多くて苦にならなかった。
少し雲ってはいたけど、あんましスイスイ走り抜けずに、途中で見かけた「鏡岩園地」くらいはちょっと寄ってみてもよかったかも、、道からもデカい岩盤の鏡岩が見えててぶち当たるようにトンネルに入るのが面白かった。

ファイル 149-4.jpg

12時ちょい前に久慈市街に着いて駅前まで進んだ。
市街はいまだあちこちに「あまちゃん」の絵を見かけて、駅前もドラマの放送当時に来た時以上に「あまちゃん」濃度濃く感じた。
この久慈市街で寄りたかったのは「まちなか水族館」という無料のミニ水族館。でも分り易い場所にある筈が見つからなかったので、「観光案内」と出てた「あまちゃんハウス」に寄ってみた。

そういえばさっき近くを通過した時にイベントをやってるみたいだった市街にある道の駅に行ってみた。
駐車場待ちがいたけど、丁度出る車が何台もいてすんなり停められたのでこちらでも少々休憩した。

久慈からは1時前の出発。45号には出ずに海沿いの県道を進む。
この道もドラマ「あまちゃん」の放送当時に来た道で、番組のオーブニングで流れる岩場の海岸の絶景コース。ドラマを抜きにしても荒々しくイイ景色で、所々名前の付いた岩では止まって見たりしながらドライブ。

ファイル 149-5.jpg

そしてその先の以前より堤防が高くなった小袖漁港に進んで港に停車。少し歩いてみた。

1時半の出発。
道は細めの道で小さな半島を越えて野田村で45号に出た。前に来たときより明らかに復興進んで、立派な堤防が続いてるところもあれば、逆に昔より海がよく見える区間も長くなったと思う。
海を見ながらさっき港の露店で買ったホタテを食べてみたら、うまくて止まらなくなった。ホタテを噛み噛み味わいながら駆け抜けた。

ファイル 149-6.jpg

道はところどころ三陸道の無料区間が繋がってて走り易く、天気も変化多く時折日差し出たりしながらも、景勝地への曲がるトコではドンヨリしてたので黙々と直進。どこも寄らずにホタテ食べながら三陸を南下した。

宮古の町に入ると雨が降って来た。。宮古市街は新しい建物も増えてて車も多かった。
宮古からはしばらく雨が続いて、時折本降りっぽくもなったりしたものの、山田町まで来ると空が割れて晴れだした。
ホタテは1パック食べ終えても腹にたまるほどではなく順調に腹が空いてきてたので、船越湾沿いの駐車場で停車。景色を見ながら久慈で買った弁当を食べた。

その先も引き続き45号。今度は九戸で買った南部せんべいを食べながらのドライブ。食べてばっかw

ファイル 149-7.jpg

釜石、大船渡と進んで岩手県ラストは陸前高田。
ここだけはいまだに新しい建物が見当たらず盛り土だらけの何もない現場の合間に、他ではもう見かけなくなったそのまま残った廃墟もあって、まるで奇跡の一本松と共にメモリアル的に残された町みたいに感じた。。

けど、県境越えて宮城県に入ると、同じような地区が続いて見受けられたので、単に被害の大きさという事のようだった。
5時半に気仙沼を過ぎて、交通量の多い夕方。そういえば線路後の専用車線を走るBRT車両は初めて見かけたかも。

夕焼けはもやっと薄く雲に覆われる感じで暮れた。少々混んでた道も元吉から先は空いてスイスイだった。

ファイル 149-8.jpg

日が暮れて暗くなりかけギリギリで三陸町。
志津川の旧市街跡は、街灯も建物の灯りも何もない中にキラキラ輝く唯一の灯のような商店街を見かけたので寄ってみた。

更に45号、去年も来て記憶にあたらしい津山を抜けたけど、思ってた以上に暗く感じたのは通ってきた道の印象のせいかな。
柳津で北上川に出ると、他の車はみんな無料区間の三陸道の方へ折れて行った。僕は燃料が不安だったので乗らずにそのまま45号を進んでみたら、その北上川沿いの区間はガラガラで、対向車も滅多に来ずに真っ暗だった。
最初に見かけたスタンドで給油。値段は覚悟してたものの思ったより安かった。安心したとこですぐ先の道の駅「上品の郷」で休憩。まだ7時半で日帰り温泉はやってたので入浴休憩した。

ファイル 149-9.jpg

尚も45号、石巻の市街に入ると車も増えて普通に夜の街道だった。
松島でもいつも逸れる県道には出ずに45号で突っ切って、塩釜、多賀城と進んで仙台市。
太い4号バイパスに出たのが9時半。いつも混んでるこの道もこの時間はスイスイで右左折車線含めて片側8車線の広い道をのんびり通過。
今日は朝からおなかいっぱいだったけど、夜はタイミング逃して食べれなかったなぁ、、なんて思ってたら岩沼手前の沿線に牛タンの店を見かけた。気まぐれに寄ってみたらまだ営業中だったので遅い時間ながら食事休憩した。

さて、あとは寝るだけ。
宮城県の南部は道の駅ないんだよね。。と、黙々と4号を南下。
県境を越えて福島県。すぐの国見町に新しい道の駅が、、、まだオープンしてなかった。。(5/3からだそうだ)
福島市街を抜けて、高速のような長いバイパスの途中の安達の道の駅で停車。ここで就寝。ギリギリ日付跨ぐ前に到着して寝たのは12時過ぎ。
とにかく美味しいイイ一日だった。

三日目につづく

タグ:b 東北 b岩手 b宮城 b福島 おおまわり とまり