記事一覧

18.10.14 河内

ファイル 325-1.jpg曇った日曜日。
今日も今日とてのんびりしちゃった休日。家を出たのは昼過ぎて1時半。。
この車で走るのももう数えるしかないのだからたっぷり走っておきたいところ、、なんだけどね。まぁ有りがちな日曜日。

取り敢えず大津川コースで手賀をまわった。(あーいけね、日曜ならカンナコースをまわればよかった)

走っててススキっぽい穂を見かけて、秋だなぁ、、とか思って(ブタグサも多くて困るけど)、ススキのたくさん見れるトコってこっち方向だとどこだろう??と考えた。
やっぱ利根川脇の与田浦のあたりかな?(ススキというよりカヤだね)

ってわけで356号利根川土手の道に出た。(何も考えてなくても出てただろうけど)
栄町のちょっと土手から離れた区間では「どらまめ」(黒大豆)が旬らしく沿線にテントの販売所が幾つも出ていた。年々テントが増えてる気がする。買ってみようかなーと思いつつ通過。

ファイル 325-2.jpg

取り敢えず食事は佐原の道の駅かな。。久々に短冊うどん食べようかな。。と考えてたんだけど、空腹はそこまでもたずにもっと近くの河内の天丼が思いついたので進路変更。矢口の先で408号に折れて長豊橋を渡って茨城県に進んだ。
で、すぐ先の農産物直売所にある「和たや」で食事休憩。(三度目の来店。点景は去年書いてるので割愛)

ならば霞ケ浦の茅原風景を見てまわろうかなと408号を北に進んでみた。
けど、相変らずのドン曇りでなんかやっぱり気が乗らず、食べるもん食べたから後は風呂入って早く帰ろうか腰いたいし、、というのと、いやいやススキでしょ、、という気分がせめぎ合って、中間とって新利根で県道を東に折れてみた。

ファイル 325-3.jpg

けど結局、125号に出たトコで浦方向には進まずに県道を南下しちゃった。神崎大橋を渡って千葉に戻り、356号を折り返す。
土手道からは先の方で雲が割れて日がこぼれてるのが見えたけど、昨日ほどの天気の回復は無さそうで夕日にもならなさそうだったから、もう帰りでいいやと納得できた。

大回りする気もなく途中からは来た道を戻るコース。往復になる道程を嫌がる自分にしてはためらうこともなく進んだ。
木下街道で白井に進んで「白井の湯」で入浴休憩。
真っ直ぐ帰って6時半の帰宅。

タグ:a 関東 a千葉 a茨城 ひとまわり

コメント一覧