記事一覧

20.12.29 境

ファイル 260-1.jpg薄曇りの火曜日。
昨晩から明方まで部屋片づけてたのでゆっくり起床。で少し続きの片付けしてたらすぐに昼過ぎた。
軽く食事と風呂だけくらいのつもりで1時半の出発。
昨日東だったから今日は北方向。取り敢えず野田に進んだ。

野田で風呂と思ってたけど、先に食事だよな、、とか思って進んで、3時に県境の境大橋渡って茨城県。
いかんいかん、茨城まで来るつもりはなかった、、けどまぁだったらと境の道の駅で停車。
沖縄そば食べようと思ったけど売り切れになってた、、ので、奥の小洒落た方の店で食事した。弁当を買って店内で食べる方式だった。

3時半の出発。食事済んだので折り返し、354号に出て東に進んだ。
そういえば天気は晴れてきてて西日が暖かく、また窓少し開けてのんびり走れたのでこの区間は気分良かった。
で、途中で「さしま健康交流センター 遊楽里」の案内を見かけてその風呂に行ってみようかと広域農道に曲がってみた。 けど閉まってた、、、??(コロナで臨時休館だそうだ)

ファイル 260-2.jpg

県道で折り返して岩井に抜けて、芽吹大橋で4時に千葉に戻った。
なんか久々の夕日の芽吹大橋って気がした。

さて、野田に戻るのは面白くないので風呂は諦めるか、といつもの帰り道。柏の葉に進んでたけど、ああ、だったらたまには柏の「極楽湯」でも久々に行ってみようかと思いついて16号に曲がってみた。

けど、その極楽湯のすぐ手前の交差点で「みのりの湯」という案内も見掛けて気になった。ので、ぐるりと裏から戻ってそっちに行ってみようかと思ったらショッピングセンターの渋滞にモロにハマってしまって大失敗。。
しかも渋滞越えて行ってみた「みのりの湯」は大衆演劇のショーがある健康センター。料金的にもパスで通過。。やっぱり今日は風呂はいいやと諦めて、そのまま裏道を縫って帰ってきた。

自宅到着5時半過ぎ。(本日の走行距離は92.2Km、燃費は20.1㎞/h)

タグ:a 関東 a千葉 a茨城 ひとまわり

20.12.28 牛堀

ファイル 259-1.jpg天気いい月曜日。
今週いっぱい年末年始の休日。
例年はこの28日まで出勤だけど、土曜に出勤で日曜からの休み。やっぱ一年の疲れが出るのかね、昨日の日曜は出掛ける気もせずグダってた。
で、今日もゆっくりで午後1時過ぎからの外出。取り敢えず軽くひとまわり、大津川コースで手賀の道。
日差しで車内は温かく窓少し開けるくらいで心地よくのんびりドライブ。フラフラするだけでいい気分。

いつも通り印西木下から356号利根川土手の道。今日はまっすぐ佐原まで走って51号を折れて茨城県に進んだ。
例年なら歳末は自分のご褒美とウナギを食べてて、今年は夏に来て好印象の牛堀の店で食べようと思ってたんだけど、実は土曜日に職場でウナギ食べちゃってて続けて食べるのはやっぱり有難味薄れるよなぁ、、と直前まで迷って通過した。

ファイル 259-2.jpg

じゃあ何食べようか、、と考えて、ずーーッと前に北浦で食べた行方丼が思い浮かんだ。北浦はナビ地図で見たら鹿島まで行かずに潮来市(旧牛堀町)内で曲がった方が早いようなので、(一本逃しつつ次の)県道を曲がってみた。

ら、この道の曲がるトコから「島崎城跡」という大きい案内が目についてて、道の先にも立ってて分かりやすく気になったので横道に逸れて向かってみた。
道は細めで城跡はナビ地図にもなく少々不安だったけど、進んだ先にはちゃんと広めの駐車場があってホッとした。停めて城歩き休憩。

思った以上の立派な城跡で一時間以上歩いて、車に戻ったのが4時過ぎ強。もう日が暮れようとしてた。
入って来た細道を眩しい夕日から現れる対向車に気を付けながら低速で戻った。
そして県道に戻ってやっと北浦に向かった。

ファイル 259-3.jpg

たしか前に食べたのは北浦大橋の手前の店。それらしい店はあったけど記憶と違うような気もしたし、暗くなる前に北浦をドライブしたい気もあって通過。。(日誌見返すと前に来たのは09/01/12で店はそこであってたっぽい。感想が「味濃くてイマサン」というのはすっかり忘れてた。。)

なので暮れなずむ薄ピンクの北浦大橋を渡れた。気温下がってもや―っとした湖面も感じよく、橋の上には月も見えた。

橋の先で県道を北に折れて北浦に沿って進み、354号で曲がって今度は鹿行大橋でまた北浦を渡って折り返した。
まだ空は明るく湖面も明るいうちに渡れた。

その鹿行大橋を渡った先の食堂も確か前からチェックしてた店で、ここで食事!と思ってたんだけど、作業上がりっぽい風貌の一行が店に入るトコを見かけたので怯んで通過。。
もうどの店でもいいから見かけたら寄ろう、、と思いつつ、その先で見かけた店も通過。あーダメだ食事できないパティーンだ。。

ファイル 259-4.jpg

354号で玉造に出てそのまま霞ケ浦大橋を渡った。まぁ食事に寄れなかったおかげで暗くなる寸前の橙色の湖面の霞ケ浦を渡れた。
その先も二店くらい躊躇して通過しながら土浦に進んだ。

土浦市街で少々渋滞。普段の週末に比べれば全然軽い渋滞だった。あ、今日は平日か。
いつもの荒川沖では曲がらずにそのまま県道で南下、牛久の先の前に寄ったラーメン店には絶対入ろうと決めてたものの、駐車場いっぱいっぽくて通過。通過する時見たら手前側は空いてた。。

ダメダメな気分ながらその先で見かけたディスカウント店には寄れて買物。スタンドで給油、スルー洗車もした。
いつもの龍ヶ崎の県道に出て南下。利根町の何度か来てるラーメン店でやっと食事休憩できた。

栄橋の渋滞は皆無でスイスイ戻り、手賀大橋を渡り和名ヶ谷から県道で帰った。
自宅到着8時過ぎ強。(本日の走行距離は179.5Km、燃費は22.2㎞/h)
食事はともかくドライブ的には程好いひとまわり。まさかの城歩きでいい散歩にもなった。

タグ:a 関東 a千葉 a茨城 ひとまわり

20.12.20 多磨

ファイル 258-1.jpg天気いい日曜日。
今日は朝8時半出発からの妹乗せてドライブの予定だった時けど、妹「午後からにして」ということで午前中は一人でフラフラ。
もう都内に向かってたのでそのまま6号に出て西に向かった。

道は流れてたけどまぁまぁ車多くて9時前に東京都入り。そのままスカイツリー見ながら言問橋、都道に進んで鶯谷から東大に抜けた。
要所要所で青空を背に黄色い紅葉の銀杏の葉が風に舞い落ちてキレイだった。もう大分盛りは過ぎてたけど天気いいからいい感じ。

水道橋から外堀を四谷で20号で新宿をぬけた。

ファイル 258-2.jpg

首都高下からケヤキ並木。そして調布の多磨霊園に10時前強の到着。
今年はなんだかんだコロナを理由に一度も行けてなかった墓参りにきた。実は妹たちが11月頭の連休で来てたので雑草などはほぼなく片付いてて、少し整えるだけの簡単な墓掃除だったけど年内に来れて良かった。

11時の出発。あとは適当にフラフラしようと霊園はいつもと逆の北口から出て東八通りkら小金井街道と進み、五日市街道に折れたトコでうどん屋の看板が気になったので新小金井街道でまた曲がって「小平うどん」で食事休憩。

おいしい食事で満足して11時半過ぎの出発。そろそろ戻る方向かなと思ってたら妹から「やっぱ調子悪い」と連絡あった。。

ファイル 258-3.jpg

えーじゃあもっと西に進むかぁ、、と青梅街道を西に折れると暫らく渋滞。30分トロトロで瑞穂を抜けて流れた。
そのままなんの考えもなしに青梅市街に進み街ブラしようかと思いつつ止まらずに通過。(赤塚不二夫会館て閉館しちゃってたんだね)
でもそのまま411号に出ると青梅からはスイスイで気分よくのんびりクネクネ進めた。
奥多摩湖まで進んで小河内ダムの駐車場で停車し休憩した。

2時の出発。そのまま411号を眩しい奥多摩湖を見乍らゆるーり進んで、丹波山の道の駅まで行こうかと思ったけどやっぱヤメて奥多摩周遊道路で折り返した。

ファイル 258-4.jpg

あまり飛ばす気もなくゆっくりめのバイクの後ろでのんびり走ってたけど、途中で先を譲られちゃったのでじゃあ仕方ないと気合い入れた。今年初めてのスポーツモードでメーター赤くしてグイグイ登ってたけど後ろからポルシェに追いつかれたので駐車場に逃げた。
寒かったけど軽く展望休憩。

下りはゆっくり。もう飛ばす歳じゃないわい。
でも更にゆっくりの車に追いついて少々イライラ。後ろも列になってたので抜かせるとこで抜かして五日市までツルツル下った。

そして帰りは五日市街道。横田基地を裏から覗きつつのんびりずっと五日市街道。混んでたけど詰る事はなかった。多分青梅街道ほどは混まない道だと思う。

ファイル 258-5.jpg

でもさすがに吉祥寺では渋滞。ってか、やっぱ都内は人通り多いねぇ。疫病とか感じないくらいの人込みだった。
関東バスの後ろをゆっくり進み、変わってしまった昔の地元を抜けて新高円寺で青梅街道。新宿も賑やかだった。靖国通りで市ヶ谷から外堀通り、蔵前橋に進んで三目通りから6号に出た。

妹んとこ寄ってこうかと思ったけど連絡してもレスがすぐつかなかったので通過。真っ直ぐ帰って自宅到着7時過ぎ強。(本日の走行距離は241.0Km、燃費は17.7㎞/h)
久々の東京ドライブ。もっとフラフラと通った事ないような道を迷う様に廻ろうと思ったのに結局は奥多摩をひとまわり。芸がないような気もするけど、まぁ好天をのんびり楽しめたので佳。

タグ:a 関東 a千葉 a東京 まいり ひとまわり

20.12.19 小林

ファイル 257-1.jpgやや晴れの土曜日。
今日はゆっくり午後遅く3時半前からの食事の外出。
軽くいつもの大津川コースで手賀の道。
印西木下から利根川土手に出てすぐ先で逸れて、お気に入りの店「優善」で食事した。

店を出るともう5時で日も暮れて暗くなり始めてた。
ので、もう今日はこれで折り返し。
356号を小林で折れて牧の原に進み、464号を避けて県道で千葉NTへ出た。

また白井の湯で風呂入って帰ろうと思ってたんだけど、たまにはこっちに入るかと千葉NTの「真名井の湯」で入浴休憩。わりと空いててゆったり入れていい湯だった。

後はまっすぐ帰って自宅到着7時半前。(本日の走行距離は61.6Km、燃費は19.2㎞/h)

タグ:a 関東 a千葉 こまわり

20.12.15 豊橋55


名張~165号~白山~農道~芸濃~県道~亀山~農道~小山田~県道~四日市~23号~川越~伊勢湾岸道~東海~302号~名古屋~23号~蒲郡~県道~御津~23号~豊橋~1号~沼津~246号~世田谷~首都高~葛飾~6号~松戸

天気いい火曜日。
出勤制限の休日による五連休の五日目。
今日はもう帰るだけだけど、朝のTVで寒波寒波言ってて天気予報も雪の地域が多く、帰り道でとくにまずいのは愛知県で平野部でも積もる可能性があるとか報じてて焦った。「うわ、昨日のんきに高知に戻ったりせずに素直に帰る方向じゃなきゃマズかったかな、、」とか後悔しつつ、なるべく早くその雪予報地域を抜けるべく寄道せずに急いで帰ろうと思った。

ファイル 256-1.jpgシャワー浴びて朝食食べて7時過ぎの出発。
素直にホテル前の165号を東に進む。

朝の通勤の車で交通量は多かったけど、みんな出たり入ったりで長い距離は走らないし、ペースも良くストレスはない。
山間部では「気温0度」だったけど、交通量あるから凍結もなさそうで安心。スイスイ進めた。

青山峠を越えて津市に入ったあたりからナビ地図をよく見て、白山町から延びる広域農道っぽい道に折れた。
んーなんか以前に曲がったトコと違うような気がしたけど、進んだら広域農道「グリーンロード」の標示があったので合ってたようだ。

ファイル 256-2.jpg

車は列になってたけどまあまあの流れで行進。でも長い直進の坂道はもう少し速度あげて欲しかったなぁ。
途中で見かけた資材置き場の盛られた砂が富士山みたいでカッコよかった。

ずっと進んで8時半前に亀山に出た。市街の丘を上って下って306号に出た。
鈴鹿山脈から西の暗雲が禍禍しかったけどこちら側はすっかり晴れていた。ここらは何度も通ってるのでもう馴染みのコース。少し進んで広域農道「フラワーロード」に逸れた。
花より茶畑の印象が強いこの道は、さっきの農道よりもすいててのんびり走れてあっという間に終点の四日市郊外に出た。

ファイル 256-3.jpg

そこからがいつもいい道ないかと探りながらこちょこちょ進む面倒な区間で、なんかかったるいから今日は素直に県道で四日市の市街に進んだ。

思ったほどは混まずに9時過ぎに市街に出て1号は通過、23号に出てあとはずーっと行きと同じ道。23号も思ったほどは混まずに流れてて川越から伊勢湾岸道路に乗った。
そして行きにも寄った長島PAでトイレ休憩。入った個室に財布の忘れ物があってどうしようかと思ってたら忘れ主がすぐ取りに来たので面倒にならずに済んだ。

再出発ですぐに県境、10時前に愛知県に入った。
で、三重県は眩しいくらいに晴れてたのに、その問題の愛知県は入った途端にドン曇り、、
そして車も一気に増えてトラックだらけで囲まれちゃった。窮屈なまま進んで東海ICで降りた。んだけど、、
ETCのバーが上がらなくて焦った!
え、なになに?
出てきた係の人にカードを渡すと「入口での読み取りエラー」だそうだ。。。っていうか、そういえば入口でバーあがったっけ?ひょっとしたらETCじゃなくて一般の入り口をスルーして来ちゃてったかも。

ファイル 256-4.jpg

10分くらい手こずってICを抜けて高架下の302号から23号に出た。高架下を抜けると小雨が降ってた。
走ってて小雨がやんだかな、、と思うとチラチラと雪っぽいのが降ってきてて、全然ビビる程じゃないけどこの先でどう変わるか分からないから緊張しつつ流れて黙々と進んだ。

道は流れて順調で、西尾くらいまで来ると先の方ではこの厚い雲が切れて明るくなってるのが見えた。あそこまで行けば抜けられるーと少し気が楽になった。
でもまだしばらくは小雨降ったり小雪舞ったりの繰り返しで、蒲郡まで来てやっと三河湾の雲が割れて海に陽光が零れてるのが見えた。

そして別に行きと全く一緒のコースにこだわったわけじゃないけど、やっぱりそれが早い道かと思って蒲郡からは山を抜けて御津に出た。そして引き続き23号バイパス。豊橋港までは道も混んでて小雨降ってたけど、その先は道も流れてだんだん雲が割れてきた。
昼前だし無事に愛知県を抜けられそうなので豊橋の道の駅で休憩した。

ファイル 256-5.jpg

食事して落ち着いて出発。少し進むと県境、12時半前に静岡県に入った。
トンネルを抜けた遠州灘はもう完全に晴れて青空のいい天気。ホントに天気悪いのは愛知までだった、、
車の多いまま浜名大橋を渡って、そのままやや渋滞気味のバイパスで浜松に進んだ。

あ、燃料ヤバいわ、と気づいたけど暫らくスタンドがなくて袋井まで進んで給油した。
あとは順調にそのままのんびりと1号を東に進む。行きには市街を通った掛川から藤枝も帰りはシンプルにバイパス通過。もう天気の心配もなさそうだから少しは寄道してもよさそうなもんだけど、とくに何のアイデアもわかずに淡々と静岡を超えた。清水では名物の「とき味噌ラーメン」を食べてみたかったんだけど、腹減ってないから通過。

富士山は静清バイパスから見えていたけど、清水を過ぎて大きく見えて天晴な姿。ん?でも全然雪がなかった。
あれ?そうだっけ?行きに見た富士山も最近飛行機から見た富士山も上の方は雪があったような気がしてたけど、、

そして行きにも寄った富士の道の駅でトイレ休憩。

3時過ぎ強の出発。午後も遅くなって道も混み始めてきた。あー沼津も渋滞だろうなぁ、、と覚悟したけど、246号に曲がる手前までは詰らずに進めた。

ファイル 256-6.jpg

246号に出たのが4時前。少し進んで裾野で見た富士山はカッチリ半分の東側だけ積雪で白くなってた。あーそういうことか。なるほど。

御殿場を過ぎて山間に入り、4時半過ぎに県境で神奈川に入った。
昔の休日の大渋滞の印象が強い246号だけど、平日なのでしばらくは普通に流れてていい感じだった。サイドミラーに映る富士山の姿を眺めながらツルツル進んだ。

ファイル 256-7.jpg

けど、やっぱり秦野からは渋滞。。やっぱダメだね。あー大井松田で東名に乗っちゃえばよかった。
まだ5時半の夕方だし仕方ない、と、大人しく渋滞にどっぷりハマってトロトロと246号を進んだ。
厚木では129号と合流する手前で間違えて県道に逸れちゃったけど、すいてたからまあいいかと進んだらその先で246号に戻るトコが大渋滞。素直に出られそうにないので少し廻って十分かけて警察署前から246号に戻った。

246号もまだしばらく渋滞。中津川を渡るあたりから流れ出した。あー昔はこんな渋滞でも怯まずに毎度246号を通ってたもんだったよなぁ、、とか思い返しながら、そう言えば毎回厚木を抜けた先で牛丼食べてたっけ、、とか思い出して、座間の牛丼店で食事休憩。昔はどこ行っても吉牛かマックだったなぁw

町田で踏んだ県都境は別として多摩川渡って東京都に入ったのが7時半過ぎ強。
都内に入った方が道は流れてた。首都高の高架下を右折車にだけ注意しながらスイスイ進んで三軒茶屋から首都高に乗った。

ファイル 256-8.jpg

後はスイスイ帰れるかと思ったけど、クネクネ面倒な都心環状線を避けて中央環状線にまわったら途中からコッテリ渋滞。。トンエンル内の事故で抜けるのに十五分かかった。
後はスイスイ、ぐるっとまわって三郷線にと思ったけど、最後に下りてから三郷で渋滞してたらヤだなと思って四ツ木で降りた。
6号もまぁまぁ混んでたけど詰るほどではなく、土産あるから妹宅に寄っていこうかなーとも思ったけど腐るものでもないから今度でいいやと通過した。

江戸川渡って千葉県に帰り、そのまま6号で真っ直ぐ帰った。
自宅到着9時過ぎ。(本日の走行距離は508.7Km、燃費は21.2㎞/h)真っ直ぐシンプルに帰って来たけど渋滞のおかげでやっぱこのくらいの時間かぁ。


十二月の週末からの連休五日間

最近のパターンで適当にまわって気侭に寄って思ったほど距離伸びなかった印象の五日間。やっぱりねぇ、平日は道混むので難しいわ。そしてさすがに山側は入りたくなくて東海道山陽とコースも限定で自由度低く最終日は初日の道をなぞって帰って来てしまった。
でもまぁGotoのおかげで気楽に宿とれたし、天気いい日が多く気分良くまわれた。今回は割りとのんびり走ることがメインな印象。あとトイレがやたら近かったのとラーメンかなw
でもやっぱり五日間とかだと出掛ける前に最終日までの天気は考えづらく、行った先で「寒気がくるらしい」とか言われたり積雪の可能性の予報を聞くのはつらいよなぁ。。やっぱり冬はオフシーズンなんだよなぁ。
でもそれは大雨とか台風とかも一緒か。常に気を付けてうまく廻るべきなんだよね。

そして今年は四国で始まり四国で終わる年でした。飛行機では何度も行ってたけど〆の高知は車で行けてよかった。
五日間通しての走行距離は2518.2Km、燃費は21.1㎞/h。

今回は「高知」という表題の割には高知市ではオフ会で寄っただけで他は素通りだったなぁ、、という感じなので、前の週に空路で来た高知をダイジェストで上げてオマケとしました。
こんな感じで高知で忘年会して街歩きしてたので、今週は九州に向かってもよかった気分だったし、高知市も素通りでも充分だった。
 
まず土曜は、焼き肉屋で忘年会、日本酒ガンガン、二次会でジェンガ失敗の罰ゲームリップ、ホテルで食べた安兵衛の餃子
 
ファイル 256-9.jpg
 
朝は日曜市で食べた中日そば、ひろめ市場で食べた藁焼き塩カツオとドロメと津野山ビール、時間が余って行ってみた龍馬の生まれたまち記念館、イマイチだったけど上町模型だけは佳、坂本龍馬誕生地はビルの狭間
 
昼からのオフ会の土佐茶カフェの親子丼、淹れ方を聞いて入れた本日のお茶、うまかった
裏の「服を脱ぐ」像のある公園でまったり、人生初のチョコバナナ、薬の関係でホントは食べちゃいけない文旦だけど、死ぬ気で食べた水晶文旦うまかったw

 
扉にもどる

タグ:d 近畿 d三重 c 中部 c愛知 c静岡 a 関東 a神奈川 a東京 a千葉 うえのり しくじり おおまわり

20.12.14 香美54


阿南~195号~香美~県道~香南~55号~日和佐~55号~小松島~県道~徳島~南海フェリー~和歌山~県道~岩出~24号~橿原~165号~名張

天気いい月曜日。
出勤制限による五連休の四日目。
朝はゆったり風呂入って食事して7時半前の出発。チェーンのホテルだけど凄いよかった。Gotoさまさま。

今日は朝の内にフェリーで和歌山に渡って紀伊半島でもゆっくりまわろうかと思ってたんだけど、よく考えたらまだ二日あるからもう少し四国をまわってもいいかもと気が変わった。四国の方が道もすいてて走りやすそうだし。
ってわけで旧国道を南下して阿南の町を縦断。この朝は天気よかったけど風が強くて自転車通学の学生さんは大変そうだった。

そして阿南の先で195号に折れた。天気いいから55号の海沿いを南下しようか迷ったけど、なんとなくこっち。
朝日を背にのんびりした山里に進むと、すぐにダンプに追いついちゃった。あー平日はこんな感じかぁ。
那賀(鷲敷)で一旦ダンプが捌けた。道は川に沿ってクネってるので朝日が正面だったり背中だったり慌ただしく、雲に隠れて小雨舞ってきたりもしてた。

ファイル 255-1.jpg

クネクネと進むと少し先でコスモス畑を見かけた。え?12月でもまだコスモス咲いてるの?昨日の桜よりも驚いた。
その先の川口ダムの細い湖で工事の信号で列になった前車は、すぐ先の道の駅で一斉に捌けてラッキー。。とか思ったけど、そうじゃなくて自分もトイレ行きたかったから寄ればよかった。。

もう一台残ってた前車はしばらく一緒だったけど、出合橋に曲がって行って捌けた。。じゃなくて、ここは自分も曲がるトコロ、、193号に進んで少し先で転回して戻った。この193号がまともな道ならなぁ、、徳島県にこだわって大きく廻れるのになぁ。酷な道にすき好んで入り込むような気概はもうなくルートとして除外。195号に戻った。

あーどっかトイレないかなーと思いつつしばらくは独走。あまりスイスイ進んでるとトイレある駐車場とかあっても通過しちゃいそうだな、、(なかったけど)とか思ってたら木頭でダンプに追いついちゃった。ゆっくり走行でもダンプの後ろは後ろでトイレが見つけられなそうで困る。。(なかったけど)

それはそうとこの木頭の赤い草の斜面はいつも気になってる。この一区間だけなんだよな。なんて草なんだろ。うっすら白いのはよく見ると白い花だった。どうせダンプの後ろなら停車してちゃんと花とか写せばよかったかな。

ファイル 255-2.jpg

そんなダンプはすぐ先で捌けた。トイレがないから解放感はまだおあずけ。もう車止めて野ションか、、とか思ってたら、なんかいきなりカッコいい建物が現れた。「未来コンビニ」とか嘘のような店。神だ。迷うことなく寄った。

解放感w ゆっくり休憩して9時半前の出発。
少し進むと県境の四ツ足峠トンネル。トンネル内で工事だそうで片側相互通行。徳島県側だけだった。
ここは県境の表示が路面にあってわかりやすかった。実はこのトンネル、県境の壁に窪みがあってお地蔵さんがあるそうだ。窪みまでは気付いたけどお地蔵さんはよく見えず通過。9時半過ぎに高知県に入った。

高知側はもう完全にガラガラ。前者も対向車も見ずに昔夏に足ポチャした物部川を眺めながら悠々と進めた。
そして永瀬ダムの湖まで来ると日も差してきた。赤いトラスの大栃橋を渡って湖が覗けた。
と、
気分良く進んでたらその少し先で渋滞してた。。これは先で道をふさぐくらいの事故か何かあったのか全然動かず、たまに動くのは前の方の車があきらめてUターンしただけのようで、少し様子見て自分も転回。ナビ地図見ながら少し戻って川の対岸に渡る県道に折れてみた。

ファイル 255-3.jpg

ら、
この県道がなかなか狭い道で、しかも対向車が来るわ来るわ、、きっと迂回して来た車だろうね。難儀した。
川岸まで下りて一安心。揺れる橋を渡ると対岸もまた川の上に登る間は細い道で、警戒しながら急いで抜けた。
坂の上の対岸の道はもう普通に通り易い県道。ほんのチョコっとの険道だけど楽しかった。険しいのはもう充分。(193号なんかもう進めないよなw)

追いついた前の車とともにすぐ先の橋で195号に戻った。
あとはスイスイ。もこーーーっとした変な雲を見ながら進んでたら道の駅通過しちゃった。トイレまだ平気かと思ったけどすぐ行きたくなって後悔した。。(近すぎる、、)

土佐山田まで進んで県道に折れた。急いで進んで龍河洞に到着。ガラガラの駐車場のトイレに駆け込んでセーフ。(近すぎる、、)そして休憩した。

11時過ぎの出発。ここで折り返し。195号には戻らずにそのまま山に登って4月にレンタカーで逆から通った龍河洞スカイラインをドライブしてみた。

ファイル 255-4.jpg

元有料の山の上の道。曇ってきちゃってたけど眺めのいい箇所のある道でガラガラで快走。
4月は「逆から通ったらもっと眺めよさそう」と思ったけど、そうでもなくて4月の方が展望きいてたような気がした。 けど、それはスイスイ駆け抜けてたからだろうね。
ラストの洋館みたいな廃墟もやっぱりカッコよく、RAINBOWの「銀嶺の覇者」を脳内再生して下ったら(リズムの早いライブ盤の方だったけど)ギターソロまで行かずに下り切ってしまった、、、

3月に来た動物園を通過して懐かしく思いつつ野市の町に進んで55号に出た。
すぐにバイパスに逸れて夜須も迂回。今年いろいろまわった高知の思い出を背にして東に進んだ。

すぐ先の安芸でそういえば気になってて行たかった「伊尾木洞」に寄るか少し迷ったけど、曇ってたので通過した。
安田からの馬路村とかも行きたかったけどまた次回。しばらく先の「吉良川の街並み」も気になってたトコ。沿線に駐車場がありつつもやっぱ曇ってたので通過しちゃった。

ファイル 255-5.jpg

けど、室戸岬手前の下ってくる室戸スカイラインが見えたあたりから雲間から日が差し出して眩しくなった。
室戸岬はトイレのある駐車場で停車。ナイス。少し歩こうかなーとも思ったけどすぐ出発。そして岬をまわると東側はすっかり晴れていた。

実はここまで寄り道ひかえて通過通過で来てたのはこの先の「むろと廃校水族館」に寄ってみようと思ってたから。だーのーにー意外と案内表示少なくて気が付かずに通過。。
まぁいいや天気よくてドライブ気持ちいいから、、とそのまま進んだ。

ファイル 255-6.jpg

ダンプを何台も追い越して、1時半に県境で徳島県に戻った。ここの県境はトンネルとトンネルの間の外だった。めずらしい。
徳島に入ってすぐ先の宍喰の道の駅でトイレ休憩。(近すぎる、、)

タイミングずらしてダンプはいなくなってスイスイドライブーとか思ってたけど、今度は低速の軽トラの後ろになった。。
カーブが続いて抜かせず、まあいいかとのんびり那佐湾や淺川湾の内海みたいな穏やかな海を眺めながら進んだ。

牟岐の町でやっと軽トラ捌けて解放。道は海沿いからは離れたけど自分のペースで悠々走行。
日和佐で山の上に見えた城を気にしつつ道の駅でトイレ休憩。やっと食事もできた。

で、ちょっと寄り道、その日和佐城に向かってみた。
町の裏の河口のマリーナの小さな橋を渡って、また細い山道。。まぁ午前中の道や日生の道に比べれば全然通りやすいくらいの道で、ぐいぐい上ると頂上の駐車場に出た。

ファイル 255-7.jpg

3時の出発。もうあとは徳島に進んで船に乗るだけ。ここでやっと船の時間を検索してみたら次の便は4時半。。うー微妙。その次は7時前、、まぁ乗れなきゃまたラーメン屋まわりだ!なんて思いながら慌てずに55号に戻った。

日和佐からの55号はすぐにバイパスに出て割とスイスイスムーズ。ナビの予定到着時刻の5時過ぎというはどんどん削れていけそうな気がしてきた。
30分弱で阿南に進みもっと広いバイパスに出た。日和佐の寄道をする前は55号からはずれて県道でゆっくりまわって徳島に向かおうと思ってたけど、間に合いそうなので素直に55号。予定到着時刻も4時半を削ってきた。

小松島からは車が多くなってきて、夕方の渋滞が心配だったけど削った分は戻さずに進めた。
勝浦川の手前で県道に折れて川に沿って港に向かった。
徳島市に入って旧国道に合流すると詰まるほどではないけどやや混雑。もう少し55号を進むべきだったかなぁ、、とか思いつつ進んで、勝浦浜橋を渡ったのが4時、そこから5分で徳島港の広末大橋を渡れて勝利宣言。間に合った!

ファイル 255-8.jpg

出航の15分前にフェリー乗り場に到着。むしろ丁度いいピッタリの時間。ここの乗船券はドライブスルーで買える楽楽形式で慌てることもなくスムーズに券買ってそのまま止まらずに乗船。素晴らしい。

ってわけで二時間の航路。窓際の座席で外見てくつろいでたら出航してすぐ眠りに落ちた。
一時間で目が覚めたので、のんびり宿の検索して予約、それと和歌山ラーメンの店も検索した。
 
 
和歌山港には6時半過ぎの到着。下船してすっかり夜の和歌山市街に進む。
いつもは和歌山港からの県道を真っすぐ進んで24号バイパスに出るけど、今日は途中で折れて柳通りを北に進んだ。
あんまし和歌山の市街はフラフラしたことがなくてちょっと新鮮に思いつつ、そのあたりのラーメン店も気にせず通過して紀の川沿いに抜けて六十谷橋を渡った。
そして紀の川の北側の太い県道沿いのラーメン店で食事休憩。

7時半の出発。ちょっと小雨降ってきた。あとは名張でとった宿まで一気に走行。とはいえ24号京奈和道路に出る方向で進んだ裏の県道は、また少し細めの軒先道だった。

ファイル 255-9.jpg

遠く感じた岩出根来ⅠCから無料の京奈和道に上がって進むとすぐに小雨が本降りに変わった。
残りの和歌山県はほとんど雨で、橋本でやんで県境、8時に奈良県に入った。

そのまま一気に奈良県を北上。そういえば船を降りてからは不思議なくらい尿意がなくトイレ寄らずに文字通り一気に走行。
橿原から165号に折れて東方向。桜井で市街を出るとホント真っ暗で、横の棚田の上を走る近鉄の列車が銀河鉄道に思えた。

9時過ぎ強で県境。三重県に入った。
30分は走らずに名張の市街に出て、「名張プラザホテル」到着。何度か泊ってる宿。三度目かな。
思ったより早く着いた。(本日の走行距離は469.2Km、燃費は21.1㎞/h)
昨日までの予定通り紀伊半島だったらどうだったろうか、和歌山は天気悪かったみたいだし平日の42号も混んでそうだね。まぁまたいずれ。
 
 
扉にもどる

タグ:f 四国 f徳島 f高知 d 近畿 d和歌山 d奈良 d三重 わたり おおまわり とまり

20.12.13 高知53


福山~2号~尾道~317号~向島~西瀬戸道~今治~317号~松山~56号~大洲~197号~須崎~県道~高知
高知~32号~三好~192号~徳島~55号~阿南

天気いい日曜日。
出勤制限の休日による五連休の三日目。
今日は充分寝れて5時前に起きササっとシャワー浴びて半の出発。

道は昨日来た2号には戻らずに町の北に進んで山手橋を渡りつつその先の県道に出てみた。ら、これが何とも細い宅地の道で、しかもまだ暗いのに対向車もちょいちょいあって気が抜けなかった。。中国地方の県道は要注意だなぁ。
そんな県道をずっと進んでから旧国道のちゃんとした県道に出た。そしてそのままバイパスの下をくぐって尾道へ進む。あ、このバイパスの下から先は現役の国道なんだね。バイパスからは降りられないけど。。
東尾道の先の造船所のクレーンは暗い中にも見えていた。初めて広島に来た時に見た印象的な景色を確認して尾道水道。橋の下をくぐってから317号に折れて尾道大橋に登った。

ファイル 254-1.jpg

で、その元有料の尾道大橋を渡って向島に進んだ。橋で追いついた前の車の列はずっと一緒かなと思ってたけど向島の町で捌けてスイスイと進めて、向島ICから西瀬戸道のしまなみ海道に乗った。

こっちもすいてて、前に見える車がいても追いつくこともないペースで流れてた。
因島、生口島と渡っている内に少しずつ空が明るくなってきた。島内の道は真っ暗だけど、橋では島の形や海が見えるようになって東の海が赤っぽくも見えたのでトイレがてら瀬戸田PAに寄ってみた。

ファイル 254-2.jpg

7時前強の出発。しまなみ海道で一番カッコいい多々羅大橋は県境。渡って愛媛県に入った。
大三島、伯方島、大島と渡って来島海峡が島並のラスト。第三まで連なる真っすぐな橋を一気に渡って7時過ぎの四国入り。
で、渡ってすぐの今治北ICで降りるんだけど、その出口にある来島海峡SAにも寄った。ホントなんかトイレが近くて嫌になるわ。

ここで食事もできて7時半ちょいの出発。そのまま降りて317号に戻った。
そして日曜朝の静かな今治市街を横断。大きなスクリューの置かれた公会堂前を過ぎて317号をトレース。
196号との交差点では海沿いにまわる196の方が松山の案内になってた。けどそのまま317号を直進。紅葉交じりの山を越えた。

ファイル 254-3.jpg

途中工事区間があって列で下ったけど、まぁスムーズに流れて8時半に松山市街。石手寺の小山の上の弘法大師像を見ながら変なルートの317号をトレースして進んだけど、最後は県庁の方へは進まずに石手川沿いの道を真っすぐ進んでみた。
これは市街に入らずに石手川緑地の公園に沿って進めるいいルート。松山城や路面電車くらい見ないと松山に来た感じはしなけど去年も来てるから別にいいし、途中竹を組んでへちまみの短冊を吊るした島型オブジェ(正岡子規の俳句にあるへちまを模した庭園だそうだ)を見かけて面白かったし、初めての道だし。
11号を跨ぎ、ずっと進んで33号も跨ぎ、出合大橋の56号に曲がって川を渡った。

56号をスイスイ進み、伊予を抜けると山になる。犬寄峠を越えた先に道の駅があった。丁度またトイレに行きたかったので寄って休憩した。

今日はここでGoToクーポン券が消化できてひと安心。9時半前の出発。
少し進むと前の車に追いついちゃってトラックが蓋下列で低速進行。道沿いに屋根付き橋を見かけて。寄ろうかと思ったけど駐車場は無かったのでゆっくり見て通過した。

ファイル 254-4.jpg

内子の道の駅はいつも寝るだけで店に寄れるチャンスだけどパス。そしてほどなく大洲に出た。
ここらで10時、今日は午後2時までに高知に行けばいいので大きく廻って行こうと思ってたけど、まず足摺岬は間違いなく無理だな、、宿毛までも微妙だしずっと56号なら去年通ってるし、、宇和島くらいは廻れそうだけど四万十に抜ける道で海洋堂に寄り道の余裕はないのは悔しく思えるからやっぱやめて、この大洲で197号で余裕もって高知入りしようかなと思った。

ってわけでホンのちょっとだけ56号バイパス乗ってすぐ降りて197号に折れた。
この道はさすがにガラガラでやっとしばらく独走。肘川沿いの道をスイスイと快走。愛媛らしい路肩に青い線の入った道は気分的に爽快感増して感じるね。
そんな肘川の道の駅は去年点景にしてたから通過。ここらでやっと前の車に追いついちゃった。少しペース落として進んで次の城川の道の駅はたしかうどん屋が気になってた所(かと思ったら全然違った。。町中の川沿いの雰囲気だけで小田の道の駅と勘違いしてた。。)、でも腹減ってないので通過。

でも食べるのはともかくトイレだけでも寄っておけばよかった。。と思いつつ進むと次の鬼北町でも道の駅の案内があった。
それよか交差点にあった「ようこそ鬼北町」の看板の色っぽい女鬼が子を抱いてるのが気になりつつ197号に沿って鋭角に曲がった。(ここを曲がらずに380号を進んだすぐ先がその女鬼の像がある道の駅だったらしい。。トイレ的にもネタ的にも気づいて進むべきだった)

その先の197号は沿線に桜が咲いていた。桜だよなこれ。。(冬桜だそうだ)桜は春の到来の嬉しさもあってこそだと思うけど面白い。これが一カ所だけじゃなくて何カ所も沿線に咲いてて不思議な気分だった。

ファイル 254-5.jpg

高研山トンネルで県境、10時半過ぎ強で高知県に入った。(高知側には桜は一本もなかった)
幾つかのトンネルを抜けて梼原町。去年屋根付き橋の神社に寄った町。洒落た街並みが気になっててちょっと寄ってみようかとも思ったけど、それよかトイレ、、すぐ先の道の駅へ急いだ。
けどこの坂の途中の斜面の変な道の駅は、トイレがどこなのかわかりづらくて参った。。行ったり来たりしてて、こんなに漏れそうになったのは久々だった。

つらい思いの後はすっきりまったりw ゆるやか―な気分で津野山の茶畑を見つつ流れながら山を下った。
そして最後の獺がいた新荘川に沿って進んで昼前に須崎にでた。そういえば以前は来るたびに毎回寄ってた須崎の道の駅もここのところ久しいなぁ、、と思い眺めつつ56号を跨いで通過、市街への県道を進んでトンネルの先の鍋焼きラーメンの店に直行。手前の駐車場に車を停めて食事休憩。

ファイル 254-6.jpg

12時半の出発。凄く余裕かと思ってたけど全然で丁度いいくらいだった。
あとはゆっくり高知まで。でも56号バイパスには出ずに旧国道で県道に抜けて「横浪三里」の浦ノ内湾への道を進んだ。

この穏やかな内海の道は岸に沿った道だけど、ずっと堤で海が隠れてて、覗ける箇所も眺める休憩地もないのが惜しい所。逆に途中から道が細くなった先は、ガードレールになって海が見えるようになったけど、対向車もあってゆったりは出来ずに惜しい所。聖地の某水産会社も通過して宇佐に抜け土佐湾に出た。

仁淀川河口の長い橋から高知市。渡ると長い直線の土佐海岸沿いの道。ここも堤で海は見えない。
またトイレ行きたくなったので4月に寄ったこの道沿いのトイレに寄ろうと思ったけど、それは曲がろうと思ってた市街への県道の交差点よりも全然先だった。。

ファイル 254-7.jpg

県道を折れてすぐ先のコンビニ入。こんなにトイレが近くなるとは、、
後はゆっくり市街に進んで高知港桟橋通。かつては東京からの大型フェリーの乗り場だったという桟橋の前の「わんぱーくこうち」に1時半過ぎの到着。チョコと早目だけどぼちぼち人集まってて手を振られた。
この「わんぱーくこうち」は動物園とミニ遊園地のある市内の公園ながら広い駐車場も入場料も無料という有り難い公園。さぞかし駐車場は混んでるだろうと思いきや全然空いてて余裕で停められた。3月に解散したグループの元メンバー主催のオフ会で集まってわいわい歩いてまわった。(俯瞰の写真がなかったので点景は割愛)
 
 
日が沈んだ4時半で解散。少しゆっくりして5時前に出発。
湊川の道をまわって56号鏡川大橋を渡って市街を北上。ここら辺は少し混んでたけど32号を跨ぐと一気にすいた。
そのまま地球33番地通りを北上、適当なトコで折れて195号バイパスで高知市街を出た。

ファイル 254-8.jpg

このまま195号で、、とも思ったけどやっぱり素直に32号に折れてコンクリ工場が印象的な根曳峠への坂を上った。
なんかホントに高知の出口という印象の峠道。さらば高知。またいつの日か。

でも県境まではまだ結構あって、暗いガラガラの道を一人くねくねと自分の速度でしばらく快走。
根曳峠から30分走って県境。6時に徳島県に入った。真っ暗だけどまだ6時かぁ、、
そしてそこから30分走ると三好市池田で192号と合流。ループして池田大橋に登るこのループの内側が電飾キラキラだった。真っ暗なトコを走って来たから余計にキレイに見えた。

で、すぐ先のコンビニでトイレ休憩(ホント近くて、、)+徳島からの船の検索と宿検索。
明日は紀伊半島をドライブするつもりだったのでコースは決まってて、夜の内に船で和歌山に渡ってから寝るか、、と探すとやっぱり和歌山は宿高め。早めに徳島あたりで寝るか、と少し広く探して選び、阿南の宿に決めて予約した。

さてあとは食事、、と思って進んだけど32号が逸れてそのまま192号を進むとやってる店は見かけなかった。。並木に白い電飾の道の駅も7時半では暗く静まってて通過。あーだったら前に寄った徳島ラーメンの「岡本中華」に寄ろう!と進んだものの見かけなかった。。(去年閉店したそうな)こだわらずに他に見かけたラーメン店に寄ればよかった。。

ファイル 254-9.jpg

徳島市街には8時半。思ったより時間かかった気がするけどこんなもんか。
南に折れて55号を南下。沿線にラーメン屋くらいあるだろうと左側の車線をゆっくり進んで、見かけた店は前にも寄った「ラーメン東大」だったけど、まぁいいかと寄って食事休憩。

後はそのまま55号進んで小松島を出る前に旧国道の県道に逸れた。
寝静まった町中の道を進んでトラスの那賀川橋を渡って阿南に進んだ。
着いたスーパーホテルは高いビルで目立ってて暗くても一発で分かった。今日はチェーンのビジホで安心の宿泊。駐車場も入り口前に停められてばっちり。
9時半過ぎのドライブ終了。なんだ丁度いいくらいに時間だったじゃん。(本日の走行距離は494.8Km、燃費は21.9㎞/h)
今日は午後の殆どがオフ会だったわりには、やっぱ日曜だからか四国だからかペースよく気分よくまわれてドライブも楽しめた。
 
 
扉にもどる

タグ:e 中国 e広島 f 四国 f愛媛 f高知 f徳島 うえのり ようあり おおまわり とまり