記事一覧

18.11.24 高知42


徳島~55号~阿南~195号~高知

天気いい土曜日。祝日と有休での四連休の二日目。
5時前に起きてどっちへ進むか考えながら朝から風呂入ってチェックアウトは5時半。

今日は昼からのイベントに駆けつけようということで高知までの移動だけの行程。
でも少しくらいはドライブして回る道の方がイイかな、、いやいや中途半端に回り道せずに真っ直ぐ向かっちゃうべきか、、と迷ってた。
まっすぐ行くなら192号→32号、山道を楽しむなら438号→439号、海沿いを楽しむなら55号。
山の酷道は時間が読めなさ過ぎなので却下。海沿い楽しみつつ493号ならそんなに大回りじゃないかな、、と思い海にした。

道は市街を横切って55号に出て南下。
去年の10月に来て車で寝た那賀川の道の駅はまだ暗い6時に通過。
バイパスを南下してたら正面の海の方に高架線のような帯状の雲がずっと続いてるのが見えた。

ファイル 8-1.jpg

阿南まで来て、去年登った津峯神社の山と月を見てて気が変わった。イベントへ寄り道っていつも焦って時間気にして向かってるから、今回はもう半端な回り道はせずに真っ直ぐ向かっちゃおうと思った。(駐車場も気になってたし)
ってことでバイパスの切れたトコで195号(去年の10月に津峯神社に行った後に進んだコース)に折れた。

月は「よしよしそれでいいのだよ」とでも言ってるかのようにずっと見えてて、空が明るくなってきてからも暫らくくっきり見えていた。

195号は最初のうちからダンプの後ろで、谷に入ったら捌けるかな?とか思ったけどそうはいかず、ずっと前を遮られてた。そっか、連休中日でも今日は普通の土曜日だから仕事の車も多いのか。迂闊に大回りしなくてよかった。
鷲敷から那賀川沿いに出ると、鷲敷ラインというゴツゴツの岩の溪谷の川の水から湯気立ってもやーっとしてて現像的だった。(写真はうまく撮れなかった、、)

もう日が昇ってるくらいの時間になっても谷間の道でずっと日陰。山の上の方だけ朝になってたりした。
部分的に眩しいくらいの朝日が降り注いでる村落とかもあって面白かった。

ファイル 8-2.jpg

ずーっと前にいたダンプも木頭出原あたりでいなくなって、後は気楽にスイスイドライブ。
だけど、、「外気温低下注意」というアラートが出たり、温度が-1℃とか出てて「まじ?」とか思ったけど、明るくなってみると、周りの川原や草むらや畑などが霜で真っ白になってた。。ひえー
集落の民家も屋根が真っ白だったり、家先の車が完全に凍ってたりして冬な景色だった。

そして8時前に四ツ足峠トンネルを抜けて高知県に入った。
高知県側は、白っぽい舗装の部分が多く、その白さが凍結してるかのように見えて不安が大きく、慎重に飛ばさずに走行。
じっさいここらも周りの草木や集落の民家屋根など白くなってたので霜の白さもあったのかもしれないけど、対向車は平気で飛ばしてすれ違ってたりしてたのでそんなにビビることもなかったのかもね。

ファイル 8-3.jpg

永瀬ダム湖に架かる赤い大栃橋を渡ると、谷を抜けた感じで少し広くなって(白っぽい舗装もなくなって)一安心。あとは悠々な道だけどその分車も増えて軽トラの後ろになっちゃったので、美良布の道の駅によってトイレ休憩。
アンパンマンミュージアムの前にある道の駅でいつも混んでるから寄った事が無かったけどさすがに朝8時半はすいていた。したら、朝からもう食堂もやっていたし惣菜も多かった。。少し迷いつつ食事は高知に着いてからと思ってヤメて出発した。

道は土佐山田からJR土讃線に沿って進み、後免からは土佐電に沿って走る。
土佐電は路面電車だけどこの区間は道路と線路が別れている。別れてはいるけどすぐ脇なので少々緊張する。なのに、その線路との脇を自転車が通ってたり、前にトラクターがいたりと気が抜けなかった。
32号を跨ぐ辺りの信号待ちで、その脇を走る自転車がサイドミラーにぶつかりながら通り抜けていきやがった。こわれてはいないけど腹立たしく、その後追いついて謝らせた。(後でゆっくり見たら傷になってた、、)

ファイル 8-4.jpg

高知市街の区間でも本数の多い土佐電を眺めながら195号を進み、高知港と五台山がのぞけそうな葛島橋を渡って広い32号と合流。
更に本数が多く頻繁に行き交う色とりどりの土佐電を眺めながら、はりまや橋まで進んで高知駅方向に折れた。

ファイル 8-5.jpgJR高知駅って始めてきたかも。こんな感じの駅だったんだ。
駅前を折れてすぐ先が今夜予約したホテル。でも朝からは駐車場に入れられないのであらかじめ調べておいたすぐ向の横道のワンデイ駐車場に行ってみた。
ら、無事に二台あいてて停められた!ナイス。
自分が停めてるうちに一台停めに来て満車。わぁ、やっぱり脇目ふらずに真っすぐ来てよかった。(ホテルの駐車場は元々有料で台数少なく夕方にチェックインした時には満車になってたので24時間の安い駐車場のここに停められて一番都合よかった)

ってわけで、真っすぐ高知まで来てドライブ終了。
まだ9時半だけど、その分高知ではゆっくり行動。ドライブは中休みで日誌としてはイマイチだけど充実の1日だった。
おまけで朝の寄道


 
三日目につづく
扉にもどる

タグ:f 四国 f徳島 f高知 おおまわり とまり

18.11.23 木曽41


松戸~6号~東京~20号~茅野~152号~高遠~361号~木曽~19号~土岐~21号~米原~8号~豊郷~県道~守山~(琵琶湖oh経由)477号~途中~367号~京都~171号~西宮~43号~神戸~阪神高速第二神明神淡鳴道~鳴門~11号~徳島

天気いい金曜日。勤労感謝の日。祝日と有休での四連休の初日。
多分これが今年ラストの遠出になるだろうからと、少し気合い入れて3時の出発。
この時間は久々かな。日誌を降り返っても前のZの初遠出より30分早く、これより早い出発は2014の五月(寝付けなくて2時半に出掛けてた)。あ、その時も愛媛だ。 

いつもの道を東方向、いやいや早朝だからと馬橋で6号に出た。
思ったよりも車はいたけど30分からずに県都境で東京都。でも同じ6号でも都内はトラックだらけで混んでいた。こんな早朝から。。
もう首都高乗っちゃおうかなーと思ってたけど、四ツ木入り口で右車線を走ってたので通過。そのまま下で都心に進む。

都心は竹橋から千鳥ヶ淵の道が通行止めになってたので少し大回り。最初から靖国通りに曲がればよかった。。
半蔵門から20号に出て4時過ぎに新宿を抜けた。

その先も(中央道夜間工事通行止めもあって)結構車が多かった。

ファイル 7-1.jpg

5時過ぎに八王子。ここら辺は車も少なく、紅葉でまっ黄色のイチョウ並木も気持ちよく通過。ここは昼間だったら混んじゃって大変だろうね。

大垂水峠を越えて5時半前に神奈川県に入った。少し夜白んできた。
相模湖からは霧も出てて少々混雑。列で大人しく進行。都内の混雑であまり良くない平均燃費を挽回することもできずにゆっくり進んだ。

6時前に山梨県に入った。上野原を抜けてやっと明るくなってきた。
大月バイパスの途切れたところで正面に白い富士山が見えた。
明るくなるとこの先の笹子川の河原や草原が霜で白くなってるのが見えた。うわー冬だ。

ファイル 7-2.jpg

山間を抜けて甲府へのバイパスに出てすぐの一宮で給油。(前回給油からの区間燃費は19.6)
甲府に7時。さすがに少々渋滞。「あ、だったら甲府で寄りたかったパン屋にでも寄っていこうかな」と思い、ネタ帳見てみたら開店7時から!でバッチリだったけど、金曜日は休み。。

双葉まで来るとスイスイでやっと気分よく、青空の下、ミラーに映る富士山を見つつ、脇の壁のような崖の上の紅葉を見上げつつゆったり走れた。
いつも写真撮る穴山橋で7時半前。最近ではここで午後とかが普通なので今日はさすがにいいペース。
「現在北杜市 凍結の恐れ」なんてアラートがナビに大きく出たけど、幹線道路は平気だろうと気にせず進んだ。
「長野県内タイヤチェーン必携」という案内を見つつ、丁度8時に県境。長野県に入った。

長野県に入ると日が昇ってても外気温1度とかの標示で、峠道はやばいかなーとか思いつつ、茅野から152号で杖突峠を登るいつものコース。
丁度朝日が眩しくサングラスかけたので4割増しの紅葉した山道をスイスイ登れた。沢山写真撮ったけど、実際にはさして紅葉してなかったw
前の車に追いついちゃったのと、路面の舗装がガタガタなのと、凍結も考えてゆっくり走ったので眺めもバッチリだった。ので、峠の展望台の喫茶店は寄らずに通過。

ファイル 7-3.jpg

高遠に下って361号に折れた。そのまま152号を直線の車ばかりだったのでこの先もスイスイだった。
雪と雲をかぶった中央アルプスの山を見ながら伊那の町に下り、そのまま権兵衛トンネルへ進む。ここの長い直線の登り坂がガラガラでいい気になってたら一気に電池なくなって焦った。
そして登坂車線が終わったすぐ先にトロい車がいた。そういうもんだ。まあいいかとゆっくり追従したけど、19号に出てからもしばらく一緒で、どこか抜かせるとこで抜かしておけばよかった。。

19号の木曽もやっぱり眩しいいい天気で、周りはいい感じに紅葉して、、あ、サングラス効果だった。ここでも沢山写真撮ってたけど、窓の映り込みも酷くて残念な画像だらけ。ドライブ用サングラスは映り込みもなくして影もクッキリだからほんとに心地良い。でも部分的にはちゃんと赤い紅葉の葉も写ってる写真もあった。

沿線の道の駅で食事しようと思ってたけど、どこも割と最近寄ってるしなーとか躊躇してそのまま通過。
10時半に県境。岐阜県に入った。

ファイル 7-4.jpg

午前中に岐阜県って久々だよな。車はまあまあ多かったけど山間を抜けて中津川からの片側二車線の道で一気に前に出ると、長い下り坂もスイスイで気分良かった。外気温も10度を越えてポカポカになって来た。

恵那の先から若干渋滞。ここはいつも詰まるんだなぁ。道がすいてたなら「竜吟の滝」とか寄ってみたいものだけど、対向車側側だからもちろんパス。

ゆっくり進んで抜けて土岐で21号に折れた。
グングン坂を上って長い登坂車線で何台も追い越したけど、坂の上の峠の道の駅で休憩。食事した。

30分ゆっくりして昼過ぎた。12時四半過ぎの出発。
ここらで夜で後は寝るだけって事が多いから余裕余裕。ん?でもそういえば前に坂祝で午前中に食事したことあったけど、それよりは全然ペース悪いのか。

引き続きサングラスで割増しの紅葉を楽しみながら21号を進む。
日本ラインの木曽川を渡った美濃加茂では248号に進みつつ、坂祝バイパスで各務原に出た。坂祝の景色のいい川沿い区間をパスしてしまってドライブ的にはどうかと思うけど、バイパスのラストで正面に犬山城がよく見えるのでこれもアリかな。

そしてまた幹線道路。「ひそねとまそたん」の空自基地を抜けて岐阜へのバイパス。横目に遠く岐阜城が見えた。
ずっと天気よかったけど長良川を渡る穂積大橋辺りから見た西の山々は厚い雲がかぶさってた。

ファイル 7-5.jpg

一応そのまま岐阜県の関ケ原まではいい天気だったけど、2時過ぎに県境で滋賀県に入ると雲の下。。
一気に曇ってドンヨリだった。そして進んでたら部分的に小雨も降ってきちゃってた。そして道も混んできた。

米原で8号に出てすぐに湖岸道路の方に逸れようと思ってたけど、滋賀と言えば!前回食べてなかった近江チャンポンが食べたいなぁーと思ってそのまま8号を進んだ。

すぐ先に童夢の本社を見かけて、(展示車の見学ができる筈なので)寄ってみようかなと一瞬思ったけどそれよりちゃんぽんと通過しちゃった。。
そしてここでは彦根城を横目に見つつ陸橋を渡った先で306号に折れて近江ちゃんぽん本店、、のつもりだったけど、そっちの道は渋滞で左折レーンも詰まってたのでついつい通過。。
まぁ、支店は沿線に何軒もあるからとのんびり進んで豊郷町の店に行った。ここでおやつ休憩。

3時半の出発。もう幹線道路からはいち早く抜け出したくてすぐ先で県道に逸れた。
日が差してみたり小雨降ったりの変な空の下、稲枝駅を抜けて湖岸道路に出た。ちょっとしばらく湖が見えない区間だったけど、近江八幡市で沖島の浮かぶ琵琶湖が見えた。

ファイル 7-6.jpg

曇って寒々しい感じの琵琶湖だったけど、走っている内に比叡山方面に暮れる太陽が顔出して黄色い夕日が差した。
守山で少々混雑。廃墟寸前と話題になってたピエリ守山ってけっこう客入ってんじゃない。

このまま大津に廻るのは気が重いので、477号に折れて有料の琵琶湖大橋を渡った。やっぱり湖面が全然見えない橋だった。

そして橋を渡ると日は隠れて暗くなる。そのまま477号を進んで161号湖西道路、、と思ったけど、もっと上手く迂回できるかな?とそのまま進んで、途中トンネルの367号に出て京都に向かってみた。
すぐに県府境で5時ちょい前に京都府に入った。

暗くなってからの酷道477号なんかには曲がらずに367号を進むと大原の三千院。秋だから混むかな、、って気もしたけどナビでは渋滞になってないので進んでみたら、少々の混雑だけで抜けられた。(いろいろと不満の多いナビながら)渋滞情報だけは意外と頼りにできるかも。。とか思った。

その先の京都市街はもうあちこち渋滞。まぁ夕方5時半じゃ仕方ない。おとなしく367号に沿って南下しようと思ってたけど宝ヶ池から白川drに出ちゃって、道が分からなくなる前に戻りたかったけど渋滞で曲がれずに北大路drで367号に戻った。けどまた曲がれずに国道から逸れて、どこだここは?と思ってたら金閣寺に出たので場所がわかった。
西大路drで南下。この位置も所々渋滞で九条の171号は曲がれそうにないから一旦通過、御前dr、久世橋drと廻って171号に出た。

ファイル 7-7.jpg

あとはずっと片側二車線の171号。右折車だけ気を付けて進み、7時前に府境。新幹線に抜かされながら大阪府に入った。
途中で折れて宝塚に進んで六甲の山でも走った方が都市部より早くぬけられるかも?とか思いつつも冒険せずにそのまま171号。8時前に兵庫県に入った。

そこからはすぐに西宮に抜けられた。混雑した2号には曲がらずに43号に出て、すぐに阪神高速に乗っちゃおうと思ったけど、入口と逆車線側を走ってて通過(左車線側だった)。。神戸市まで43号を進んで深江ICで乗った。

少し進むと京橋PAというのがあったので食事できないかなーと思って寄ってみた。

15分の休憩で出発。引き続き阪神高速神戸線。そのまま第二神明に進んだ。ここの接続の急カーブが赤青の灯りでキレイだった。
すぐにまた阪神高速に逸れて垂水JCTで神戸淡路鳴門道に出た。ETCだと気にしないけどここって料金どうなってるんだろう?

そして明石海峡大橋。この橋は夜は神戸方面の夜景が見える逆車線はキレイだけど、淡路島方向だと橋の灯りしか見えないね。。一気に駆け抜けて渡った。渡ってる途中で灯りが緑から赤に変化するのはキレイだった。(ちょうど9時になったから変わったのかな?)

ファイル 7-8.jpg

真っ暗だけど月明りだけ明るい淡路島も一気に駆け抜けて、鳴門大橋を渡って徳島県には9時半過ぎに進入。思ったより早かったので淡路島は下おりて28号でもよかったかも。。

鳴門ICで降りて11号に出た。
あとは徳島でとってた宿に向かうだけ。11号沿いには何軒か徳島ラーメンの店を見かけて、夕食食べてないし食べて行こうかなぁ、、と思ったけど、午後に近江ちゃんぽん食べてラーメン連続だしなぁ、、と躊躇。結局そのまままっすぐ徳島に進んだ。

10時ちょい過ぎに市街の宿に到着。でも宿の駐車場は満車だそうで、付近の駐車場をまわって少々ふらふら。結局少し高いけど、すぐ近くの駐車場が一台だけあいてたので戻って駐車。本日のドライブ終了。(車を降りるとそんなに寒くなかった。車でも寝れたかな?いやいや深夜から明け方は厳しいでしょう)

チェックインしてすぐに宿の近所に見かけた徳島ラーメンの店へ行って食事した。

宿はホテルではなく「NEXELリラクゼーション&スパ」という温浴施設。夏に四日市で失敗してるので全然期待して無かったけど、ちゃんと個室になってて快適だった。部屋着が小さいのと意外と風呂の浴槽が入りづらいのが難点だけど、24時間入浴OKなのでまずます満足。ぐっすり寝れた。

二日目につづく
扉にもどる

タグ:a 関東 a千葉 a東京 a神奈川 c 中部 c山梨 c長野 c岐阜 d 近畿 d滋賀 d京都 d大阪 d兵庫 f 四国 f徳島 おおまわり とまり

18.11.18 本埜

ファイル 6-1.jpg天気いい日曜日。
今日はゆっくり起きて昼までだらだらしたよくある日曜。で、昼過ぎに何か食べに外出。1時過ぎの出発でいつもの東方向。
いつものコースと言ってもこの車では初なわけだけど、とくに違和感もなく少々混んだ高柳を抜けて白井の農道からのカンナ街道コース。

木下街道に出た先のラーメンショップで食事、、と思ってたけど、ついつい前の車を見て走ってて通過しちゃった。(ヨタハチじゃしかたない)

木下に進んで356号を利根川土手道に出た。けど、すぐに逸れて、最近お気に入りの蕎麦屋に入った。先月来た時は休みだったけど今日はやってて食事休憩。(前は半休とった木曜日だね)

店を出たのが2時半過ぎ。まだ早く栗源くらいまで廻ってもよさそうな時間だけど、なんかもう西日傾いて夕方みたいな雰囲気。
古い方の356号を進んだけど、先月来た時と同じように安食までは進まずに長門川の手前の県道に曲がって折り返した。

ファイル 6-2.jpg

(先月書いたけど)この県道は江戸時代に築かれた水防対策用の「桜土手」という堤上の道で、細くクネクネしてて細かいカーブが面白くてCR-Xに乗ってた頃によく通ってた道。で、今回は前を走る車もなくスイスイくねくねと楽しめた。
けどやっぱ見通しが悪くて速度は控えめ。あまり電池も使わずに流れた感じ。(あ、それで以前は夜に来てたんだったっけ)やっぱりCR-Xの頃の様には走れないなぁ。

そして印旛から464号千葉北道路。下の道でスイスイ抜けた。
千葉NTの先で上の道との合流は珍しく混んでなくて驚いた。まだ3時とはいえ休日でこんなに流れてるのは初めて見たかも。

すぐ先で折れて木下街道に抜けて白井の車屋に行った。(前の車のフロントボックスに忘れてた物を受取りに)

ファイル 6-3.jpg

そして白井の湯に廻って入浴休憩。早い時間だけに少し空いてた。

上がったのが4時半過ぎ。もう暗くなってた。。
帰りはちょこっと16号に出てカー用品店に寄ってこうと思ってたら、ここは大渋滞。ちょこっとの区間ながらトロトロで本日の平均燃費19.7だったのが18.0まで落ちた。
そしてカー用品店での欲しいと思ってた小物は意外と高くて、買わずに帰った。。

近所も普通に渋滞してて自宅到着6時前。
今日の走行距離は77.7㎞、平均燃費は18.3km/l。
軽いひと回りも、とくに前車と変わらない何気なさで気負いなく自然に廻れるのが分かった。昨日楽しかったし来週には連休もひかえた週末なので、こういうあっさりした日曜日も大切。

タグ:a 関東 a千葉 こまわり

18.11.17 谷中

天気いい土曜日。
今日は僕の車のお披露目という名目で会合。僕が幹事なわけだけどどこへ行くとも思い浮かばず(山方向は紅葉で渋滞しそうだから集まってなんかいきたくないし)近場でのんびりできる感じがいいなと考えて、渡良瀬遊水地でススキの紅葉とかどうだろう?という事になった。

で、朝は8時過ぎに出発。まずは近所のスタンドでスルー洗車。拭きあげても10数分のロスくらいで出発できた。
道はほぼいつもの道。朝の渋滞で混みそうな気がする野田橋だけは避けて手前の玉葉橋で埼玉に渡った。

ファイル 5-1.jpg

江戸川沿いに北上しつつ広域農道に出て幸手。大利根に進んで埼玉大橋で利根川渡って渡良瀬遊水地の土手に出た。
集合場所の北川辺の道の駅には集合時間の11時より40分も早く着いた。渡良瀬遊水地を下見して来ようか、、とも思ったけど、別にいいか、、と思ってヤメ、のーんびり休憩して待った。
 
 
ファイル 5-2.jpg車四台友四人の集まりで、しばし車見てのんびり談話。

そして11時半に出発。僕先頭で道の駅の前の県道を北上。
群馬県を跨いで栃木県に入ったすぐ先の、お気にいりの蕎麦屋「下野茶屋」に食事に移動。
駐車場も丁度みんな停められて食事休憩。

食事の後はまた僕先頭で出発。
来た道を戻って、途中の渡良瀬遊水地北ゲートから中に入った。
青空眩しい茅の野原は広くて眺めいいけど、期待してたススキの紅葉にはまだ時季早く白い穂はあまり揺れてなかった。

ファイル 5-3.jpg

茅の間の直線を進んで、谷中村跡の手前の展望台で停車。
意外と他にも来てる車があって何とか四台ギリギリ停められて展望休憩。
奥の大きな駐車場にも移動。更にゆっくりしつつ湖岸を歩いたりした。

夕方で少々気温が下がってきたとこで出発。こんなに夕方っぽいのにまっだ3時半。日の短さを感じつつ来た道を戻って渡良瀬遊水地から出た。

ファイル 5-4.jpg

県道に出て南下、また三県の県境を跨ぎながら遊水地の土手沿いを進んで354号に進んで進み、三国橋で渡良瀬川を渡って四県目の茨城県。
古河の市街に進んでみんなお気に入りの餃子店「丸満餃子」に行った。夜の開店前だったけど、余裕で停められた駐車場も続々と来る客で埋まってたようで早く来て正解だったようだった。(今日は始終駐車場が不安だったけど、どこもみんな停められてよかった)ゆっくり食事した。

ここで長居するのも駐車場的に気が引けるので7時過ぎに移動。市内のファミレスに行ってデザート+DB。

10時半過ぎに店を出て解散した。
今日は全然ドライブするような場所ではなくて申し訳なかったけど、ポカポカ陽気で存分にのんびりゆったり話せて過ごせて楽しい一日だった。みんなどうもありがとう。

ファイル 5-5.jpg出発する時、完全に方向を勘違いしてて逆方向に出ちゃってすぐ先でターンしたりしたけど、しばらく4号はおがぴの後ろを走って利根川橋を渡って埼玉県に進んだ。
おがぴとは栗橋で別れつつ幸手まで進んで県道に折れて、あとは行きと同じ道で広域農道を戻った。

野田橋で千葉県に戻って12時ちょい前に自宅到着。
今回のドライブの走行距離は139.5㎞、平均燃費は19.2km/lでした。

タグ:a 関東 a千葉 a埼玉 a群馬 a栃木 a茨城 あつまり つらなり ひとまわり

18.11.11 マキノ22


西浅井~303号~マキノ~161号~敦賀~8号~福井~158号~高山~41号~国府~県道~丹生川~158号安房峠dr経由)~波田~県道~松本~254号松本tn三才山tn経由)~上里~県道~羽生~県道~幸手~農道~野田~県道~松戸

天気いい日曜日。
朝おきたらまだ夜が明ける前の薄暗い6時前。六時間の睡眠、顔以外は寒くなくぐっすり寝れた。
もちろん前の車ほどシートをフラットには倒せないけど、実は角度あるくらいの方が寝やすいのだ。遠出もバッチリだと一安心。

窓の曇りを拭いて支度して地図みて6時半過ぎの出発。
滋賀と言えば行きたかった場所があり、そんなにゆっくりしなければちょこっとくらい寄り道しても平気だよな、、と、303号に折れて西に進んだ。

あ、どうせなら奥琵琶湖パークウェイで行こうか!とか思ったけど、そんなに思いつくままに回り道しちゃったら帰るのキツくなりそうだからパス。
でもその先で遅い軽トラの列に追いついちゃった。。ゆっくりと雲海っぽい霧雲を見れたのはいいけど、ちょっと遅過ぎなのでその先で県道に折れて琵琶湖に出た。最初から素直に奥琵琶湖pwに出てればよかった、、

ファイル 4-1.jpg

で、パークウェイの先の海津大崎の半島をドライブ。
道はずっと桜並木で、葉はも赤く紅葉してていい感じ。
走っている内に向いのパークウェイの半島(葛籠尾崎)の上に朝日が昇り、琵琶湖には竹生島が浮いて見え、朝焼けの薄い桃色と朝日の黄色でモヤーっとしてた。

ゆーっくり進んで、先端の海津大崎でちょこっと休憩しようかな?と思ってたけど、岬はトンネルの先で日陰側だったし、釣り客大勢いたしで通過。まぁいいさ、のんびりしすぎはよくないし通過するだけで気分良かった。

そして161号に出てすぐ先のマキノ町に進んですぐに横道にそれた。その先が行きたかった場所「マキノ高原メタセコイア並木」。ちゃんと案内出てて辿って行けた。途中でサルが道を横切った。
すぐに着いて、そのまま並木を通り抜けた。

ここは日本紅葉の名所100選だそうだけど、残念ながらまだ全然紅葉していなかった。。
いやいやそれでも充分雰囲気のいい長い並木道、真っ直ぐ伸びた曙杉と緑の葉のトンネルはヨーロッパ風にも思える。
そして人気のスポットだけに、路上に人が出てて写真撮っててゆるい歩行者天国状態の区間もあったし路駐して撮ってる車もいた。並木の脇に駐車場もいくつか見かけたけど僕はやっぱり駆け抜けるのがいいので通過した。
そしてここでもまたサルが横切った。。快適な速度で一気に駆け抜けたいところだけど、ちょっと危ないので低速でゆっくり進んだ。

ファイル 4-2.jpg

一番奥の一区間だけ路肩が狭くやや細い道になってた。個人的にはこっちの方がローカル感あるし密度濃くて好み。通り抜けて並木終了。
そのまま高原に進んで161号に出ようと思ってたけど、せっかくだからと転回して並木道を戻ってみた。
細めの区間の途中にも駐車場があったので一応降りての写真も撮ってみようかと停まってみた。

復路は方向違って朝日の方向なのでまたちょっと雰囲気違って見えた。陽も昇って差してきてより一層朝な感じで爽やかだった。

今度はそのまま朝日に向かって突き抜けてサングラスかけて161号に出た。少しまた琵琶湖に出て行こうかなとも思ったけど、今日中に帰るにはそんなにのんびりしていられる場所でもないのでヤメて161号を戻った。

そして303号には折れずにそのまま161号を北上。
山間の谷の県境辺りは紅葉してて綺麗だった。茶系のサングラスを掛けたままだったので増し増しで赤く見えてたけど、外しても自然な感じで赤かった。濃い赤が無くても綺麗だよね。
7時半に県境で福井県に入った。滋賀側の方が紅葉してたけど、福井側は日が差して爽やかな朝だった。

ファイル 4-3.jpg

8号に合流して敦賀を抜けて今度は海、敦賀湾に出た。
よく通ってる道だけど、明るい時間にこっち方向から進むのは久々かな。多分いつもの逆からの方が海はよく見える気がする。
スイスイ進んで河野の道の駅で小休止。

8時半前の出発。後は福井廻りの定番コースを帰るだけ。8号をそのまま進んで並木のバイパスで福井に進み158号に曲がった。いつもは夕日が眩しい道が今日は真逆の方向で朝日が眩しかった。けどサングラスしてたので問題はなかった。
山の裏から朝日差しているのが、杉林の朝靄の合間から「天使の梯子」みたいに幾つもの筋で差して見えていい眺めだったけど、写真にしたら窓の映り込みと眩しすぎる陽の光で何を撮ったんだかわからない写真になってた。。 残念。

ファイル 4-4.jpg

ガラガラ二車線の越前大野をスイスイ抜けてまた山に差し掛かると紅葉がまたいい感じだった。けど、ここも写真撮ったら眩しすぎるだけの写真だらけ、、紅葉もサングラスで増し増しだったのかパッとしない写りだった。。

九頭竜の道の駅に寄ってそばでも食べようと思ってたけど、思った通り観光バスも停まってて激混みな感じだったので通過。
しばらくまたまぶしい谷間を紅葉を見て進み、九頭竜湖に上って「あれ?湖岸に店とかなかったっけ?」とか思いながら湖岸を進んでたら湖の奥の方で一軒だけやってるドライブインがあった。ので寄って食事休憩。

10時半過ぎの出発。この湖の先の県境付近が紅葉も濃くてきれいだった。
岐阜県に入って油坂峠道路を下る。あーこっちじゃなくて旧道の方の158号を下れば面白かったかな。。とか後から思ったけど、天気いいからのんびり下れる方がいいかな。

ループ橋を白鳥に下って156号に合流。その先の道の駅も新しく大改装したアユ公園の道の駅も混んでそうだから寄るつもりなかったけど、通過する時パッと見たら混んでなかった。。あら。
まぁ寄道よりドライブ!長良川を見ながら気持ちよく流れた。

蛭ヶ野高原への登りも登坂車線で一気に抜かして清々しく独走。やっぱ登坂車線で抜かせるのは嬉しい。

ファイル 4-5.jpg

荘川で11時半。軽く温泉入ってっちゃおうかなーと思ったけど、前の車が続けて曲がったのでヤメた。
荘川から先は紅葉終わって枯葉も落ちた冬待ちの森。白樺の森とかはこの方がいい景色。道はガラガラでスイスイドライブ、、と思いきや給油アラート発令。エコエコドライブで清見からバイパスに乗った。

まぁ高山までは余裕だろうと、とくに焦りはなかったんだけど、終点高山でウッカリ逆方向に出ちゃった。41号バイパスは長いトンネルで一気に国府町まで廻って、旧国道を折り返した。
そして県道を東に折れて、158号に戻る丹生川で給油。35ℓちょいしか入らなかった。全然余裕だった。

そして158号、昼過ぎて車も増えてて列になってたけど、登坂車線で抜けるとペースいい列になった。

天気いいから安房峠は下道でスポーツモードだ!と思てったけど、もうすでに冬季閉鎖らしい、、(冬季閉鎖中のナビ表示は見やすくてわかりやすかった)えー残念。
仕方ないので有料の安房峠道路に進む。
本日唯一のETC。カード入れるの忘れてて慌てた。

安房トンネルで県境。1時ちょい前に長野県に入った。

ファイル 4-6.jpg

トンネル出てからは上高地の帰りのバスや車で混むだろうな、、と思ってたけど、全然混んでなかった。もうそっちの紅葉は終わってシーズンオフかな。
列にはなりながらもスイスイと進めた。前の車のペースにちょっと飽きてきたので沢渡のドライブインで小休止。

引き続き158号、山間を抜けても詰まることなくスイスイ進めた。
そのまままた松本市街まで進んじゃってもよさそうだったけど、やっぱりいつも通り波田で県道に折れた。梓川に沿って進んでアルプス大橋の254号に進んだ。

有料の松本トンネルでは「あ、ここETC無いんだ、、」と、逆に慌てた。。(細かいの全然なかった)

ファイル 4-7.jpg

そして254号はその先の三才山への区間の紅葉がキレイだった。
真っ赤というのはないんだけどいい感じで黄色や緑が混ざってて彩られてた。景勝地とかじゃなくても秋の山はいいもんだよね。

グングン登って次の有料道路、三才山トンネルに入った。
そしてトンネル抜けた先の谷を渡る橋から見た唐松の紅葉の山肌がスゴイよかった。
小雨の写真じゃわかりづらいと思うけど、オレンジに紅葉の下の覗けるマチ針のような樹の幹が並ぶ姿と相まって息呑んだ。

ファイル 4-8.jpg

ここの料金所だけは先に構えてたし手渡しなので慌てることなくスムーズに出れた。
グングン下って武石で152号と合流。でもマルメロの道には進まずにちょっと近道の旧道に逸れて、川沿いの途中で車を停めて岩を眺めた。

254号に戻って峠を越えると、少し細い区間は工事してた。さすがに道路を拡げるのかな。
坂を下って142号に合流したら、さすがに立科は混んでるだろうと思てったけど、ここも意外とスイスイ。。普通の日曜日はこんなもんなのかな?
なので、普段なら寄らない対向車側の道の駅に寄ってみた。

3時半前の出発。その先も混んでなくて気味悪いくらいに感じた。こっちからだとお尻のように見える浅間山を眺めながら長い直線を下った。
望月でも混まずにスイスイ長い下り坂を下った。浅科の道の駅は通過したけど佐久南の道の駅は寄ってみた。

佐久を抜けてきれいに片付いたコスモス街道は焚火で煙かった。
内山トンネルで県境、4時半前に群馬県。丁度日没くらいかな。荒船山の船の部分は明るかったからもう少しかな。

群馬県側はペース悪くやっぱり関東地方は車多いんだね。
下仁田からは少々詰まり気味。富岡に出るころには完全に暗くなっていた。藤岡でラーメン食べて行こうと思ってたけど、店も混んでそうで躊躇して通過しちゃった。

ファイル 4-9.jpg

6時に県境の神流川藤武橋を通過。埼玉県に入ってすぐに県道に逸れて本庄市街に進む。
17号を跨いでいつもの県道。真っ暗な道。しばらく進んでたら暗いなか道の裏にラーメン屋の灯りが見えて、案内看板も出てたので気になってすぐ先で曲がって行ってみた。真っ暗で細い道の入り口を過ぎちゃったけど戻ってくるときに解って無事に店に着けて食事休憩。

7時過ぎの出発。あとはどこも寄らず(寄るとこもないけど)に東に進む。羽生で水路の道には出ずに一旦122号に出て県道にまわった。

幸手に進んで広域農道。
江戸川の野田橋を渡って県境。千葉に戻ったのが9時ちょい前。自宅到着がぴったり9時半。まぁこんなもんかね。
今回のドライブの走行距離は1212.9㎞、平均燃費は20.2km/lでした。
 
 


十一月の週末ドライブ

いやまさか普通の週末で滋賀まで行くとは思ってなかった。
車乗り換えたばかりとはいえそこまではしゃいでたわけでも気合い入れてたわけでもなく、実は前日には友達から「夜に川原でBBQして車で寝よう」という珍しい誘いがあって面白そうとは思いつつ断ってたトコだった。(場所が北関東の川原で寒そうだし、友達の大きな車の隣でというのも微妙な気がしたので)で、寝るのは暖かい季節になってからでいいかな、、って気にもなってた。
なので、もし起きるの遅めだったり、起きてからだらだらしてたりしてたらまた近所のドライブだったと思う。(日誌の作業が溜まってなかったのも大きいかも)
 
っていうか、何となく適当に考えずに進んでたら滋賀くらいまで行っちゃうよな。
そのくらい行けるけど普段行かないのは、やっぱ二日で行って帰ってくるのは気分的に悔しいんだよね。丁度気分が乗ってきてがんがんドライブ三昧みたいなノリになった時には帰らなきゃいけない時間で、遠出の連休の初日と最終日の移動メインだけになりそうだからなんだよね。
でもなんか今回は、そんな行き帰りだけのひとまわりだったにもかかわらず、思いのほか充実して始終楽しく走れた気がする。これは多少はしゃぐ気持ちがあったからかもしれないなと思い、なんか少し若くなったような、まだまだ全然こんなことやれるみたいな充足と思えて嬉しかった。
やっぱり「どんな車でもあちこちまわれる」「それで楽しいんだから無理せずゆっくり」と軽自動車で甘んじてた昨日を振り払って、少しは年式の新しいしっかりした車に乗り換えた効果なんだろうな。水を得た肴。井を出た蛙。いやいやそこまでじゃないけど、自分にとっていい乗り換えになったと思えた。

 
扉にもどる

タグ:d 近畿 d滋賀 d福井 c 中部 c岐阜 c長野 a 関東 a群馬 a埼玉 a千葉 おおまわり

18.11.10 野洲21


松戸~6号~東京~首都高~横浜~1号横浜sd新湘南bp西湘bp経由)~箱根~1号~豊橋~23号~御津~県道~西尾~23号~河芸~306号~亀山~1号~栗東~8号~西浅井

ファイル 3-1.jpg天気いい土曜日。
朝は普通に起きて珍しくダラダラせずに出かけられそうだったので朝7時過ぎの出発。車で寝ようと思ってるのにこの時季にもう北方向はないよなぁ、、と思い、取り敢えずテキトーに西方向。
今日は燃費表示とオドメーターをリセットして出発できた。

路面濡れてたけど雨は止んでて霧が立ち、坂からの眺めも悪い普段の道で町を進んで松戸で6号に出た。
やっぱり土曜日なのでこの時間はもう混雑してたけど、別に遠くまで行くつもりも無いから構わない。ゆっくり流れて都内に進んだ。

都内も普通に混雑。詰まるほどではないけどやっぱりMTでの渋滞はかったるいし燃費悪いね。でも空は一気に晴れて青空になった。

このままずっと下でもよかったんだけど、やっぱ四ツ木から首都高に乗った。
初のETC通過。これが目的。ただでさえドキドキなのに坂の先の朝日が正面でサングラスしても眩しくて戸惑った。
ちゃんとゲート開いて無事通過。当たり前だけど初めてだからねー。

ファイル 3-2.jpg

中央環状線本線もずっと眩しかったけど、もう角度上なのでサングラスで快適。道も車多かったからゆっくり流れて悠々だった。
湾岸線は久々に追い越し車線。加速つく車はいいねー。でも一応燃費も見てて、そんなには飛ばさずに進んだ。

8時半前に多摩川トンネルの都県境で神奈川県。
そのまま横浜に進み本牧から狩場線で横浜新道。二度目のETC通過。まだドキドキww
下道の1号におりた時点で燃費19.9。20いかなかったかぁ。ここからまた渋滞。やっぱ神奈川はキツイ。
湘南新道への分岐で合流しなくても1号を進めるようになってたのは嬉しい。

別に遠くまで行くつもりも無いから、、とは思いつつも渋滞はかったるいので、贅沢に新湘南バイパスに乗った。
(料金高い分)道も空いてたし正面にきれいに富士山が見えてて気持ちよかった。
そして三度目のETC通過。まだドキドキwww あ、料金所もうひとつあった、、続けて四度目のETC。慣れずにまだまだドキドキоrz

ファイル 3-3.jpg

この茅ヶ崎海岸の料金所の先が出口まで混んで詰まってた。。
10分弱かけて134号に出て相模川を渡った。

そしてそのまま西湘バイパスに進むと、この道も大磯で工事してて最初トロトロ。
ゆっくり横目に海でも見ながら進んだ。
工事区間だけ過ぎればあとはスイスイ。気持ちよく海を見ながらのドライブだけどここは一度つかまってるので速度に注意。そして五度目のETC通過。さすがに慣れたw

小田原からは本当にガラガラで意外だった。秋だから箱根方面の車とか多いかなと思ったけど、箱根新道への道もスイスイだった。
そして箱根新道の登り坂。また一気に曇っちゃった。
ここは観光バスの後ろになっちゃたけど、思ったほど電池も食わずに普通に登れたし、登坂車線で追い越しできる嬉しさは実に三年ぶりくらいかな。Zでは追い越してもらってたからね、、

山の上の方は少し紅葉してたけど、まだまだこれからって感じかな。そっかだからまだ上の方より下の方の温泉地の方が混んでるのかな。
山間の谷の先でまた一気に晴れたので、じゃあたまには芦ノ湖で休憩でもしようかと咄嗟にICを下りて箱根町港に下ってみた。
1号に出たらバスターミナルの先の駐車場が空いてたのでちょこと停めて休憩した。

ここじゃなくてもうちょっと先の箱根関所の方が店とかもやってるかな?と思って移動してみた。ら、そっちは駐車場有料なので通過。。少し先で転回して、じゃあもういいやとそのまま1号を西に進んだ。

ファイル 3-4.jpg

遠くまで行くつもりも無いから箱根でもう少しゆっくりしようと、芦ノ湖スカイラインに進むつもりだったけど、前の車数台がこぞってそっちに折れて行ったのでヤメ。すぐに県境越えちゃって10時半に静岡県。

そのまま1号で山を下った。
少し下ったとこで山中城跡の案内を見て、ああそういえば一度は寄ってみようと思ってたんだっけと思って旧道に逸れて行ってみた。駐車場はまあまあ車停まってたけどすんなり駐車。おりて城歩休憩した。

軽食も含んで1時間の休憩。11時半の出発。眺めいい下り坂をスイスイくだるとすぐに電池も充電満タン。満タンの後って勿体ないよなぁ。もっと電池使うように走った方がいいのかな。

三島、沼津と少し車が多いくらいの片側三車線道路をツルツル抜けた。富士山は頭を出してたけど首から下は曇に隠れてた。
何か食べたいなーと思いつつ富士川を渡ると「給油してください」のアラートがバン!と出た。そんな緊急みたいに出なくても分かってるんだけどなぁ、、とは思いつつ、暫らくはスタンドなさそうで気になって、由比の海沿いの道もエコドライブ、、なんかヘタレ。

清水まで走って給油した。給油アラートが消えたら燃費20になってた。

ファイル 3-5.jpg

1号静清バイパスで静岡を抜けて宇津ノ谷の道の駅で休憩。食事した。

2時前の出発。眩しい西日に揺れるススキが輝いてたり、山肌の茶畑をスカイルーフにチラリと覗いたりしながら午後のバイパスをのんびりドライブ。藤沢や掛川の元有料のバイパスはトンネルが多いからオートライトはとても楽だわ。

浜松までは割とスンナリと感じるんだけど、そこから浜名湖までのバイパスが単調で長くて車多くて信号も意外と多くていつもかったるい。その分、浜名湖バイパスは空いてみんなペースよくなるから、ついつい調子のって速度あがっちゃうんだよね。Zの時は基本左車線だったけど、ついつい右ばかりになってちょっと懐かしい。

眩しい海を見ながら走って海から逸れたら県境、3時四半過ぎに愛知県進入。
今回は差し当たってこのいつも通過しがちな愛知県あたりが目標。ではあったけど、具体的には何も考えておらず、取り敢えず23号豊橋バイパスを普通に進んだ。

ファイル 3-6.jpg

バイパスが未開通でぶちっと切れた御津からは県道を山に進んだ。前は何度も通ってた道だけど、Zでは数えるくらいしか通ってないと思う道。やや細めの区間の離合も不安なく通過。

そして国坂峠からは元有料の県道、三河湾スカイラインに曲がってみた。
それまで何台か列になってたけどこっちに曲がる車は他にはおらず、この道はずっと独走!
スポーツモードに切り替えてぐんぐん走ってみた。
だ け ど、
落ち葉はつもり、苔生えてる所もあり、舗装もガタガタ。カーブの先は西日正面の目が晦むというキツイ状況の道。(前回来た時はキジがとび出てきた)だので注意しながらほどほどに気合い入れて走った。

ファイル 3-7.jpg

元々運転そんなに上手いわけではなくスポーツ走行とか言っても稚拙な走りしか出来ない程度だけど、二速三速メインでコマメに引っ張って回して走ると、それでもやっぱり大人しく走ってた時とは違う車の挙動とか楽しめた。
こうしてメーターだの燃費だの気にせずに走れば面白い車で、バランスよく操舵感も安定してて怖さが薄いのはむしろ危ないかなw
電池も思いきり使ってグングン走ってみたつもりだけど、意外と減ってなくて半分残った状態で山を下って程よくチャージできた。平均燃費も20.7が19.7になったくらい。もっと踏み込んでもよかったかな。
長いドライブ中、一ヶ所くらいはこうした道も走りたいと思える車でよかった。

さて、最後まで走っちゃったけどここはどこだっけw
バイパスじゃない方の23号に出たけど、バイパスはどっちだ?わかんないけど取り敢えず西方向に進めばいいか!とか思って近くの県道で西に進んだ。

この道は初めて通る道だけど、えらくキレイで真っすぐだった。けど、列の後尾のクレーン車の後ろになってしまいゆっくり走行。まぁ休憩みたいな感じでのんびり進んだ。

緩やかな坂が下りになるとまた西日のシャワー。道脇のススキが輝いていた。

ファイル 3-8.jpg

そして吉良というトコに出た。どこだ?一旦コンビニで止まって地図を確認。(この純正ナビは地図のスクロールがトロくてイマイチ、、)西尾をぬけて247号に出ようかとも思ったけど、やっぱ23号に戻ることにして県道を北に折れた。

暮れる夕日を横目に郊外の道を進んで23号バイパスに出た。しばらく入り口が無くて脇道をたどりつつバイパスに乗った。ら、すぐ先から渋滞してた。

名古屋市に入ったのが5時半。ツルツル進める区間もあったけどほとんど渋滞。夕方時だしサモアリナン。どっちに迂回しても同じ事、っていうか進む先も考えてないのに迂回もないよね。そのままおとなしく渋滞に参加した。

名古屋市を抜けたらスイスイ流れた。そんなもんか。
県境には6時過ぎ、三重県進入。 あ、愛知県抜けちゃった。。まあいいか。
その先の「クアハウス長島」で入浴休憩しようと思ってたのにうっかり通過。。まぁいいか。

そして四日市ではやっぱり渋滞。ここもいつも渋滞してるけど、日が暮れてから通る事はあんまりないかな?詰まってたので陸橋の上から工場の夜景がゆっくり見れた。
渋滞してるとはいえ、この時間でここらでこのまま進んでたら紀伊半島に進んじゃうなぁ、、とか思い、西にむかって滋賀くらいまで行っちゃおうか、、とかぼんやり思ってたんだけど、気がつけば津市に入ってた!あ、西だったら四日市で折れなきゃダメじゃん、、まぬけー。

ファイル 3-9.jpg

てわけで河芸で306号に折りかえした。
真っ暗な道を北上して亀山で1号に折れた。軌道修正完了。25号に逸れないように1号を進むとインターの手前にドライブインがあったので寄ってみた。けど、ちょうど8時の閉店時間で空振り。

少し進んで関宿の先には「亀山みそ焼うどん」が食べられそうな広い駐車場の焼肉屋があったけど、やっぱ辛いんだろうなぁと躊躇して通過。三重でも何も食べられなかった、、

1号はその先鈴鹿峠を越える。
ここは上下別コースで片側二車線の優雅な峠道。スイスイくねくねと楽しく登れてゆっくりな車も悠々とパス。またスポーツモードにしたけど加速を楽しむ間もなくすぐに登り切って鈴鹿トンネルの県境。8時四半に滋賀県進入。

滋賀と言えば来来亭(入ったことないけどw)。店を見かけたら入ろう!と思ってそのまま1号を進んでみたけど、意外とこの沿線には一店も見かけずに栗東まで来た。
じゃあ本店で食べようと思い、8号を北に折れた。そして野洲の本店で食事休憩。

9時半の出発。後は寝るだけ。(食べたばかりだけど、、)
最近ご無沙汰の定宿、草津の道の駅で寝ようかなーとか思いつつ取り敢えず進んだ。けど、草津は全然逆方向で大津の手前だったのに気がついたのは近江八幡まで進んでから。。どうする?湖岸道路で折り返すか?とか思ったけど、別にこだわることもないのでヤメ。そのまま8号を北上した。

で、彦根、長浜、木之本と進んで琵琶湖の北に廻り、旧西浅井町の道の駅で停車。
広く空いてたのでエンジンかけっぱのトラックから離れた場所に停められた。助手席倒して寝袋にもぐりこんで就寝。

二日目につづく
扉にもどる

タグ:a 関東 a千葉 a東京 a神奈川 c 中部 c静岡 c愛知 d 近畿 d三重 d滋賀 おおまわり ねいり

18.11.04 金谷

天気悪い日曜日。
今日は朝8時の出発。 といっても乗り換えた車でワクワクのドライブというわけではなく、10時からのイベントに行く予定で幕張へ向かった。

今日もまた素直に16号に出て後はそのまま真っ直ぐ進んだ。日曜だからまだそんなに混んでなかったし、どんより曇ってた空は少し回復して日差しがこぼれていた。
このままドライブに行きたい気分もやまやまたけど、前々から決めて券買っててそれはそれで楽しみでもあるのでまず優先。

順調すぎて9時過ぎに千葉で、かなり早く着いちゃいそうだった。
そういえば「千葉市卸売市場」の食堂ってあれば朝からあいてるかも?と思いついて市場の周りを回ってみた。

ファイル 2-1.jpg

けど、静まってて入りずらい雰囲気なのでヤメた。。(日曜はやってないらしい)
コンビニで軽く済ませ、幕張に到着。広いガラガラの駐車場で車の写真撮ったりしてからゆっくりメッセの会場に歩いた。
 
 
車に戻ったのが11時前。
着いた時よりもどんより曇ってきちゃったけど、ここからドライブ。

稲毛浜沿いの道から14号千葉街道に戻って367号からの16号に進んだ。
もう昼前で道はやや混んでたけど、詰まるほどでもなくゆっくり京葉工業地帯に進んだ。

ファイル 2-2.jpg

道は木更津で127号になって君津の市街を抜けて片側一車線になると一気に郊外のんびりした風景になって落ち着いた。

上総湊を過ぎて内房の海が見えたけど、天気はますますどんよりしてきててパッとしなかった。
じゃあ風呂でも入ってっちゃおうかなと、金谷の手前の大きな駐車場の食堂と土産屋に立ち寄った。ここにある温泉で入浴休憩。
 
 
丁度一時間ゆっくりして車に戻ったのが1時半過ぎ。雨が降ってきちゃってた。。
引き続き127号で海沿いに南下。小さいトンネルが続く道はオートライトで楽だったけど、抜けてから消えるのが遅く、高架や木の下でもライト付くのはウザかった。

ファイル 2-3.jpg

海はパッとしないし雨は小雨から本降りになって来たのでここらでもういいかと保田で県道に折れた。
県道の長狭街道は少し色づいた秋な感じの田舎道。晴れてたら和みそうな景色だけど、雨じゃイマイチ。低い房総の山間を東に進んで410号で折り返した。

410号は千葉にしてはやや上り下りのある山の道。
前に車がいて大人しく登っても電池は減るもんか、、とか、そんなでも下りでは溜まるもんなんだ、とか慣らしの様子見のドライブとしては丁度よかった。

ファイル 2-4.jpg

山を抜けて広域農道を経由しつつ410号を進むと圏央道の木更津東IC手前で渋滞してた。上が混んでるのかと思いきやそうではなく、入口にある新しい道の駅の渋滞だった。。(出来たのは去年らしい)
そこを通過したらスイスイだった。

409号に出て上総牛久の先から「うぐいすライン」に出るいつものコース。うぐいすラインは最初のうちガラガラの独走だったので、スポーツモードにして加速を楽しんでみた。(雨なのにw)
けど、二目盛りくらいしか消費しないうちに前の車に追いついちゃって終了。後はおとなしく進んだ。

潤井戸、誉田と進み千葉市郊外をまわって夕方5時前の四街道はさすがに渋滞。パネルの標示みてて渋滞は燃費悪いんだ、、と実感した。

印旛沼から千葉NTに抜けて帰って、近所のスーパー寄りつつ自宅到着は6時半前。雨でパッとしない日曜だった。

タグ:a 関東 a千葉 ひとまわり