記事一覧

島原武家屋敷

ファイル 60-1.jpg
島原城の西に残る旧武家屋敷の通り。
湧き水が流れる水路が真ん中にある涼しげな未舗装路。
いい雰囲気だ。

ファイル 60-2.jpg

ファイル 60-3.jpg通りには普通の家に混ざって数件の武家屋敷が残ってる。
観光用に解放されていて、靴を脱いで上がることが出来るようだ。
ちょっと覗いてみた。

ファイル 60-4.jpgところで、
島原の乱で島原城の城下町は一揆軍の農民達に略奪され焼討ちされたとあるけど、ここはどうだったんだろう?
ということについては一切触れてなかった。

っていうか暑くて腹減ってたので軽く雰囲気だけ見て歩いた。

そしてずっと歩いて戻るのは表の通りに出た。
さっき車で通った時に、途中に食事できる店を見かけてたのだ。

ってわけでその「食事処 菜かの」という店で昼食。
ファイル 60-5.jpg島原名物の具雑煮を食べた。(暑いのに)
普賢岳噴火の写真集を見ながら料理を待った。島原づくし。

この具雑煮とは、天草四郎率いる一揆軍農民が原城で籠城した際に食べてたものだとか。
へーうますぎ。
どこに感情移入して何を見て喜ぶか、、難しい町だね。

タグ:楽:歩 観:街 観:屋 餐:餅 餐:汁