記事一覧

川島食堂

ファイル 3083-1.jpg山武市蓮沼の県道沿いにある食堂。

よく通るビーチラインの蓮沼の店で、気にはなってたけど閉まってる事も多かった気がする。前に店頭のメニューをチラ見して何かは憶えてないけど創作的な定食で興味持ってた気がしてて一度は寄ってみようと思った店なので、通過する時に気付いての咄嗟の寄道で食事休憩。
外にメニューは出てなかったけど「地元の食材 オライのぎょーざ」という餃子の看板があって少し気になった。(「オライ」というのは蓮田の方言で「俺」)

店に入ってすぐは小あがりだけの客室で、増築したような横の部屋にテーブル席があった。そのテーブル席もコロナ対策っぽく壁向きに一人がけでレイアウトされてて、お一人様客には丁度よかった。

ファイル 3083-2.jpgさて、メニューを見てびっくり。中華料理の店だった。
あれー?海鮮系の丼とかで気になってたんじゃなかったんだっけ??そういえば看板は餃子だし、暖簾はラーメンだったっけ。。 まぁいいか

取り敢えずメニューは多く少し迷ったけど、サンマ―麺とかあって気になった。サンマ―麺て横浜のご当地ラーメンじゃなかったっけ? あ、でも元が中華なら他でもあってもおかしくないよな(いやいや実は完全に横浜発祥の和製中華なんだそうだ)と思い、横浜で食べた事無いけど初めて目にするメニューだから食べちゃおうかなーと思った。
サンマ―はラーメンだけじゃなくて、サンマ―丼とかサンマ―かた焼きそばとかもあったので、じゃあかた焼きそばにしよう!
ってわけで「サンマ―かた焼きそば」を注文。あ、それと追加でやっぱ看板が気になった餃子もつけた。

ファイル 3083-3.jpg

さてその「サンマ―」はもやしメインのあんかけ。さすがにサンマが乗ってる?なんて思ったりはしないけど、言葉の響きから酸味が強くきいたあんかけだとばかり想像してた、、けど、まるでそんな事は無く、ふつうのおいしいアンカケ。思ったほどの個性はなくて肩透かし。本場横浜のはどうだろうかという興味も薄く別に特別感なく普通においしい堅焼きそばを楽しんだ。

「オライのぎょーざ」は、なんか黒いな?と思ったら黒ゴマが入ってた。密度の濃い餡でおいしかった。

感想としては普通においしかった。インパクトはなかったにしてもまさか横浜の名物をまさかこんな千葉の外側で食べるとは思ってなかったので面白い食事ではあった。
普通にラーメン食べたい時は、、ここじゃなくて手前の450円のラーメン屋かなぁ、、とか思ったけど、この店も普通のラーメンは500円で何気に安い。メニュー多いから、中華な気分の時はアリだなと思った。

タグ:餐:焼 餐:餃

コメント一覧