記事一覧

田舎館田んぼアート

ファイル 2598-1.jpg田舎館村田舎舘中辻にある絵画風色分け田圃。

第一会場と第二会場とかあって第二会場は道の駅に併設されていて、第一会場がこの町役場の前にあり、城の天守が乗った奇妙な形の庁舎が展望室になっている。
この第一会場も前にも来た事あってこれで二度目。そのときは「なんだその建物!」と思ったもんだけど、やっちゃった感ある形の庁舎も展望台としての利用ならそうそう叩かれることもないだろうと思うと、ウマいことやったもんだと微笑ましい。

っていうか、最近こうしたインチキ天守型建造物に寛容になってみると、ヤケに色々と気になるところが増えて面白く、そんなわけでここもまた改めて来てみてもいいなぁと思えてた。
でも来たのはたまたまで、隣りの黒石でのんびりして無かったら102号でスルーだったと思う。

さて、案内されてその田舎館村役場の駐車場に停めて、庁舎を見ながら(「村の木サイカチ」というのも見ながら)裏にまわって展望台エレベーター入口に入った。
入場券を買ってエレべ―ターの列に並ぶ。2回目くらいのエレべ―ターに乗れた。

そして四階まで上がって展望デッキに出た。
あれ?前もこういう感じだったっけ?
見下ろした田圃アートは思ってよりも近くカメラのフレーズに一発では入らなかった。

ファイル 2598-2.jpg

今年の絵柄は「おしん」
なんで今になっておしん?高視聴率の有名なTV番組だったとはいえ、このドラマは見てなかったからピンとこなかった。
(昨日通ったあたりの最上川でのシーンだけど、それには気付いてなかった、、)
それと田圃アートは前見た時はもっと飛び出して見えてたような気がしたけど、それほどでもなかった。
けどやっぱ他の所の田圃アートとはやっぱりレベルが違って見えてさすがだなと思えた。

ファイル 2598-3.jpg混んではいたけどまぁまぁゆっくり展望した。
で、振り返ったら天守閣。あー四階からの三階櫓(実際は二階)なのね。

その天守閣は階段のみだけど更に別料金。。
館の人にちょっと聞いてみたら、この四階の展望デッキができたのは三年前にで、それまではみんな天守閣に登ってたそうだ。自分が前に来たのは、、八年前か。あーやっぱりね。
上からの方が遠いい分、絵が飛び出して見えて不思議な感じだったんだろうなー。
とは思いつつケチって上には行かずに納得。ここでエレベーターで降りた。

で、
外に出てまた振り返った。何度見てもやっぱり変な形。今日は田んぼアートよりもこの奇妙な天守閣を乗せた庁舎の方がメインかなw

そしてその道の向かいの駐車場っぽい所には「田んぼアート商店街」というのが出来ていて、プレハブの仮店舗が何軒も並んで観光地化していた。

ファイル 2598-4.jpg

暑い夏だけにアイスやソフトやかき氷が何店もで売られていた。蒸し暑かったから涼みたいトコだったけど、朝からお腹の調子がゆるめなのでやめておいた。
で、「しょうがみそ味ジャンボおでん」というのがあったのでそれにしてみた。
たしか生姜味噌のおでんは青森のご当地ものだったよね。
でも買うときに「冷たい味噌おでんもあるよ」と言われ、それは珍しいとそっちにしてしまった。

冷やしたコンニャクかなと思いきや、思いきり凍ってた。。冷菓を避けてたのに。
たまに見かける溶けないアイスみたいな感じで、味噌は思いきり濃い生姜味。
なんというか、とても変な珍妙な感じだった。

しっかり計算されて素晴らしい田んぼアートは、そんな変な食べ物と変な建物で調和されて一層不思議な感じのスポットだった。
 
 
感想や解説は八年前の前回の方がマトモっぽいw

タグ:楽:眺 観:農 観:藝 観:館 観:閣 植:草 食:串 餐:煮

コメント一覧