記事一覧

板前割烹 真亜房

ファイル 2570-1.jpg香取市佐原の小野川沿いにある料理店。

引き続き小野川に沿って少し歩いてて、少し人が減って静かになったあたりで見かけた店。
パッと見、普通な小さな旧商店な感じの店で看板に冷やしの五島うどんとか出てたので「ここで食事してっちゃおう」と気軽に入ってみた。

ら、
店内はキレイで洒落た料理店。
あまり気軽な感じじゃなかったけど、着物着た店のおかみさんの喋り方が独特で面白く、楽しい感じで席に着いた。

ファイル 2570-2.jpg妹はさっそくビールとか飲んでた。
(これの為に「芋ペチーノ」は一口だけにしてたらしい)

さて14年前に五島に行って五島うどんを食べなかったことを後悔している僕は迷わずうどんメニュー。あついから冷たい限定メニューで「恋する豚しゃぶうどん」、妹は「恋豚肉みそうどん」にした。
恋する豚は、栗源の道の駅の先にある「恋する豚研究所」の豚肉らしい。(行ったことはあるけど小洒落すぎてて退散した、、)

で、まず先にセットの茶わん蒸しが出て来た。お上品。熱いから冷まして待ってるうちにうどんがきた。

ファイル 2570-3.jpg

豚しゃぶうどんはサラダメインのような感じでゴマドレ効いてて、さっぱりしゃっきり。
うどんは細めのパスタの様な丸い麺。これが五島なのかな。もうサラダ感覚でおいしく食べた。
(でも少しもらった妹の肉みそうどんの方が好みだったかも、、)

食事は気が向いたとこですかさず入らないと逃して結局何も食べなかったなんてことが多いから、いいタイミングで店に入れたのは良かった。おいしかったし。

店を出てゆっくり店先の人形像や鉢の蓮を見つつ、折り返して小野川沿いの道を戻った。

ファイル 2570-4.jpg

来る時の対岸側の道なのでこっちはこっちでちょこちょこ店をのぞきながら歩いた。
まずすぐ先の「正上」という店で前から気になってた佐原名物のワカザギのいかだ焼きを買ってみた。(あれ?これ、買って帰ってから食べてないぞ、、どこやったっけ、、と見てみたら賞味期限8月下旬で余裕だった)

柳の葉の垂れる小野川を眺めると、あまりきれいな水ではないけど水草のコウホネの黄色い花が咲いていた。(「ナガバコウホネ」という千葉ではここでしか自生しない種だそうな)

川を眺める間、妹は寄ってもいない店のベンチで喫煙休憩。たいしたもんだ。

タグ:餐:麺 楽:歩 楽:買 景:川 植:花

コメント一覧