記事一覧

ドラゴンクイーンズフェスティバル

ファイル 2626-1.jpg竜王町大字岡屋にある竜王町総合運動公園で開催されたアイドルフェス。
98組ものグループが出演する大規模なフェスで11日と12日の二日間の開催。観覧は基本無料(最前エリアなど優待される高額チケットもある)だけど、駐車場が予約制の3000円でシャトルバスが1500円だったかな。それが入場料みたいなもんだった。

駐車場とか手前の道とか混むのかなーと思ってたら全然スイスイで普通に入れて止められて楽々だった。
やっぱり応援するグループの出演時間とかで来場時間もまちまちなのかな。
僕も応援するグループの出演時間が11時からなので30分前に着けばいいかな、、とか思いつつ1時間前に着いちゃった。

で、駐車場から会場に歩くとすぐに見知ったオタ仲間と遭遇して声かけられてホッとした。
98組ものグループが出演する大規模なフェス、、ではあるけど、実は僕はアイドルさんをよく知らなくて、応援してる「りりこち」以外は興味なくて、それだけ見に来てた。
ので、他にどんなグループが出演してるのか全然知らなかったし、一般的に有名なメジャーなグループは出てないようだった。
けど、やっぱり他の人達は他に何組も好きなグループがあって、5つあるステージのタイムテーブルを見ながら「この時間はどれを見ようか」なんて迷ったりしていた。

「りりこち」は高知のグループ。「高知家」という高知県振興キャンペーンを応援する地方アイドル。
大阪より東の遠征はあまりないので、滋賀遠征は是非駆けつけようと思ってた。あくまでもドライブがてらだけどね。

ファイル 2626-2.jpg

まぁ、他はわからないなりにもあちこちにステージがあってみんな歩き回ってて学園祭みたいな雰囲気は面白く、まだ時間あるから一応ひと通り各ステージを見てまわってみた。
メインステージの屋根付きグランドは半分が飲食ブースになってて屋台が並んでいた。まだ午前中だから食べてる人も少なかったけど昼過ぎたら並ぶのかな、、とか思って一通り見てみた。けど、なんかクソ暑い日には避けたいようなコッテリしたものばかりで、とりあえず惹かれるものはなかった。。
歩き回っているうちに半をまわってたので、「りりこち」の今日のステージへ行った。

キングフロアと名がついた体育館のステージで、まだ二つ前のグループがやっていたけど、ひとつ前の鳥取のグループは以前見てて知ってたのでそのまま見てた。

そして「りりこち」の出番。
オープニングのテーマ曲が流れるとしびれる。このオープニングが大好きなのだ。
毎回毎回このオープニングが一番心地良い。
儚いような輝くような優しいメロディーが流れて、それにリズムが乗る。
オタさん集まって円陣作って手を出して
「みんなで一緒にいっくっぞぉー」
でメンバーが一気にステージに出て来て溢れるように盛り上がる。
コールとかMIXとかいまだによく分かってないけど声あげて手を挙げてライブに溶け込む。
そして推しの姿を瞼に焼き付ける。

推しの子はHANABIちゃん。
初めはSHOWROOM配信を見て高知弁が素敵で心地よく、丁度その年に高知で行った場所がCDシングルのジャケ写を撮った所らしく楽しく話に参加できた。
元々、アイドルとかよくわからなく、最初は、ただただ遠くに住んでる普通の女の子の話を聞いてる感じで楽しんでた。
失礼な言い方だけど配信の話しはあまりアイドルっぽくなく、普通な素直な取り作った所作は感じない女の子で、アイドルを見てるという感覚はなかった。
 
けど
配信を見るようになって3か月後の春休みシーズンに東京遠征に来てて、せっかく高知から来てるのだからと一度無銭(無料)のライブを見に行ったら、小さくてよく動いてしっかりパフォーマンスしてて「何かスゲー」と思った。やっぱ実物は何倍もかわいく素敵に見えた。(実はそのライブに行くまで曲もちゃんと聴いたことなく、その日の物販でCDを買った)
それと四国から来てたオタさんも感じよくいろいろ教えてもらえて有難かった。
ってかんじで
興味なかったアイドルの部分にも魅力を感じて、それからは西日本方面にドライブした時と、彼女らが東京に来た時には駆けつけるようになった。
 
とはいえ
実はSHOWROOM配信を見始めた頃は新潟の子とこの高知の子以外にも、茨城弁の子、千葉の子、広島の子の配信を好んで見てたDDで、千葉の子と茨城の子のライブは各二回ほど行ったことがあった。
けど、茨城の子はいつの間にか茨城弁を話さなくなっちゃったし、千葉の子と広島の子は共にメジャーグループ(アプガ2とSTU)で人気が出るとコメントも読まれなくなってしまって面白くなくなってしまった。。それと、どのグループもその子以外のメンバーに興味が持てず面倒に感じたので追いかけずに離れた。
 
逆に「りりこち」は
他のメンバーも面白く話しやすく、それぞれ人として素直で魅力的で好感持てた。これが大きい。
やっぱり他のメンバーに感心が持てなきゃライブやイベントも何度も行かなかっただろうし、配信も行かないライブやイベントの話ばかりが続けば途切れていただろうと思う。

ファイル 2626-3.jpg

そしてライブのあとは物販。サインとかチェキとかでアイドルさんと接する時間。
裏のテニスコートが物販コーナーとなってて沢山の天幕テントが並んでいた。
12時から始まって半の終了(だったかな)
ちょっと短く感じたけどガチャでは「暑中見舞い券」あたったし最後のワイドの集合チェキまで楽しめた。

メンバーはこの後は大阪に移動して夕方からライブ。
このライブの予定が発表されるのが遅くて、てっきりこのフェスでもう1ステージあるか、滋賀で観光ツアーでもやりそうだと思ってて彦根の宿を連泊で予約しちゃってたんだけど、予想外れ。(知ってたらドライブを考えて和歌山か石川で宿とってたかも)
明日は10時からのライブ、、やっぱり帰りキツイから来ないので今回は1ステージだけの観覧。
大阪まで行ってもよかったんだろうけど、ドライブを優先。(そういう別のメインの趣味があるオタさんは珍しいんだそうだ)

今回のドライブは完全にこの滋賀でのイベントがなかったら出掛けてなかっただろうし、滋賀二泊という形でいつもと違う行程を楽しめた。ので、たまにはライブイベントもちゃんと点景項目に上げておこうと思った。(いつも項目としてあげてないのは、買い物や映画と同様にドライブとは別と思ってたのもあるけど、ライブ中はあまり写真撮ってなかったし撮ってもブレブレの失敗写真が多かったので)
アイドルオタというと眉をしかめる人もいるかもしれないけど、僕的には結果ドライブのパターンが増えて楽しめてるし、あくまでもドライブがてらという主義は変わらないので御理解ください。
そして周りのオタさん達はみんな行動力があり感じもよく乗りもよく素敵な人が多く尊敬します。まさかこの年になって、、と我ながら驚きもするけど、楽しみは多い方がイイ人生だと思います。

ばいばいまたねーと見送ってから、駅まで乗せてと頼まれた仲間と一緒に駐車場に戻った。

タグ:楽:催 楽:集 観:園

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定