記事一覧

19.03.31 上河内

ファイル 52-1.jpg天気いい日曜日。
予報では晴れの筈なのに朝はどんより曇ってた。
けど、晴れると信じて9時過ぎに出発。

まず先に近所の桜の道を廻った。
まだ五分咲きくらいだね。空も曇っててパッとせず、どうせなら来週までもってほしいなーとか思いながら通過した。

あとは何も考えておらず、取り敢えずいつもの道を北方向。
やっぱ年度末もラストの31日ともなればそんなには混んでおらず普通な日曜って感じで進めた。

野田の江戸川の土手の菜の花も咲きまくってて黄色に包まれた道だったけど、ここは前に車もいたしやっぱり曇ってちゃイマイチ。春に届きそうな手が何もつかめないような気分で北に進んだ。

ファイル 52-2.jpg

茨城県に渡って走ってるうちに少し雲が薄く明るくなってきてたけど、三和で125号を跨いだ先は前におっそいトラックがいてトロトロ。テンション低く結城に進んだ。

11時半前に結城市街を抜けて栃木県に入ると、日が差す部分も多く前に車もおらずやっと悠々と進行。
ポカポカの日差しと裏腹に先に見える暗雲がおどろおどろしかったりして、上三川でその暗雲の下に入って雨が降って来ちゃった。。

ファイル 52-3.jpg

けど、その暗雲もほどなく走り抜けたら、その先は驚くほどの青空で一気に晴れて一気に暖かくなった!
雨あがったばかりの路面は青い空を映してウユニ湖状態、それに周りの畑の土から立ち上った湯気が流されてきて雲の上のような不思議なドライブ!これは面白かったし気分良かった。
惜しむらくは前の車がずっと捌けずに飛沫あげてたので車体は汚れまくりだろうな、、とか気にしつつも、にやけそうないい天気で北に進んだ。

そしてそのまま「彼岸花ロード」。ここでは路面は乾いてきてて空を映すのは轍の筋だけになってたけど、前の車も捌けて気分良く長い道を快走。やっぱ早めから出掛けてて良かった。
けどもう後半のふるさと農道は曇り空に突入。畑からの湯気で雲の中の世界のようでそれも面白かった。

ファイル 52-4.jpg

上河内まで走り切った後は293号を西に折れた(いつもは東)。したらまたすぐに雲から抜け出ていい天気。気持ちよく少し進んで沿線のラーメン屋で停車、食事休憩。

満腹汗かき状態で1時過ぎの出発。もうしばらくのーんびり流れるだけでいいやと293号をそのまま進んだ。
天気はもの凄く良く、とくにこの時間は日差し眩しくキラキラぽかぽか。これだけ天気イイと花とか咲いてなくても春な気分で気持ちいい。サングラス掛けてのーんびり走った。

鹿沼市街を抜けて、西方の道の駅でトイレ休憩。
その郊外のスタンドで給油。手前で花まつりの幟を見かけて気になりつつ通過しちゃってた「大柿カタクリの里」のことを尋ねてみた、けど知らなかった、、

で、結局戻りはせずにそのまま293号を進んでたけど、ああじゃあ一度行ってみようと思ってた三毳山に行ってみようかな。。と思い、県道を折れて佐野市街を抜けて行ってみた。

付近で見かけた案内板には「かたくりの花まつり」は3/15~3/31までとあった。え、今日までなんだ。もう咲き終わりかな?と思いながら「万葉自然公園かたくりの里」に来てみた。
逆に開催日だから駐車場は有料だったけど、折角なので払って停めて歩いてみた。

ファイル 52-5.jpg

ちょうど一時間歩いて登って車に戻って四時半の出発。
三毳山をぐるっとまわって渡良瀬川に下ってよく通る帰り道。だけど、半月前に古河でこってりの渋滞にはまって印象悪いので(それと最後にちょこっと群馬と埼玉を跨ぐのも気持ち悪いので)避けて渡良瀬遊水地に折れずにそのまま進んで遊水地の北側を廻った。
滅多に通らない道だから新鮮で、遠くに筑波山や富士山も見えた広々した田舎道。たまにはこういう周り道もいいなと思えた。

県道を辿って野木を抜けて総和に進んだ。あくまでも354号に出ずに県道で東に折れて、沈む夕日を横目に岩井に進み、6時に芽吹大橋を渡って千葉に戻った。橋からも富士山がよく見えてた。

あとはいつもの道で柏の葉に抜けて素直に帰る。流山でスーパーに寄りつつ自宅到着は7時半。(本日の走行距離は276.5Km、燃費は20.8㎞/h)
朝は曇ってたものの昼から一気に晴れた面白い天気で、のんびり走りまわれていい日曜だった。

タグ:a 関東 a千葉 a茨城 a栃木 ひとまわり

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定