記事一覧

19.09.23 稲敷

天気なんだかぜーんぜん悪くない月曜日。秋分の日。有給足した四連休の四日目。
昨日帰ってきちゃって一日余ったけど、こんな青空見える天気ならゆっくりぐるぐる回って紀伊でも能登でも走ってくればよかった、、
とか思ったけど、一日余裕があるっていのはかなり楽な気分。老いたなぁ。

ファイル 112-1.jpgで、妹と墓参りに行くことになったけど、やっぱ体調悪いとかで中止。完全フリーで11時半に出かけた。

眩しいくらいの日差しで出だしからサングラスかけて、取り敢えずいつもの道を東方向。
まず近所の人気の玉子屋に寄ってみた。暑かったからミルクシェーキを買って飲みながら、、と思ったんだけど、もうそのメニューはなかった。。

そしてカンナ街道で印西に進み356号で木下から利根川土手に出た。
風が強く横の草がみんな横になって靡いてて波のようだった。試しに窓開けてみたけど気温は蒸暑くてすぐ閉めた。
車は多かったけどまぁまぁいい速度で進めてたけど、車より速い雲の影に追い越されたりして面白かった。

小林の蕎麦屋は先月行ったばかりだから今日はパスして、土手の途中の直売所しもふさにある蕎麦屋で食事休憩。

ファイル 112-2.jpg

佐原まで進んで51号に折れて茨城県。少し進んで広域農道カントリーラインで折り返す軽めの稲敷コース。
あちこち風に揺れる穂が面白かったので妙岐ノ鼻似寄った。
さすがに鳥はほとんど見ないけど広い茅原で風で流れる集団行動みたいな平原を眺めた。

その後は少し霞ヶ浦の浦岸を徐行で進んだ。
まぁ霞ヶ浦も日本二位の湖沼だけあって広いわな。もともとは「香取の海」という内海だから湖としての歴史は浅く、固有の魚とかはいないけど、日本三大神宮の内のふたつが面していたような歴史ある内海で船便が運輸のメインだった時代まではかなり栄えて賑やかだったんだろうな、、なんて想像しながら徐行。

和田岬から西の洲岬までの(昔は島だった)浮島の区間をまわって、カントリーラインの県道に戻った。

ファイル 112-3.jpg

あとはのんびり西日に向かって進んだ。
龍ケ崎を抜けて栄橋で千葉に戻り、多賀沼大橋を渡って大津川コースで帰った。
少し離れたスーパーだけ寄って5時の帰宅。(本日の走行距離は136.6Km、燃費は19.1㎞/h)
遠出のあとでも近場のドライブも楽しめる連休。このパターンもいいもんだ。休日が長く感じられた。

タグ:a 関東 a千葉 a茨城 ひとまわり

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定