記事一覧

17.12.02 長瀞

天気いい土曜日。
先週のドライブ中からひいた風邪で、つらかった平日をのり超えた週末。今日は通院日で、診療すんだら軽く食事がてら近場廻るくらいでおとなしくしてよう!と思ってた。
んだけど、、通院中に妹から「ひまだー」のLINEが入って通院後に連れてドライブ行くことになった。。まぁせっかくの天気だし、風邪もいくらかよくなってきてたかたらいいかな。(どちらにしても《食事がてら》みたいなもんだし)

ファイル 217-1.jpgってわけで薬局まで済んで出掛けたのが10時半。近所を抜けて都内の妹宅に11時で乗せてゴー。取り敢えず中川沿いに北上して埼玉県。
どこ行きたいか聞くと「ひもかわうどん食べたい」って話だったけど、今から群馬は遠いい気がしたので秩父方面で「おきりこみ」ってことになった。

師走の土曜日だけに道は車は多かったけど風もなくポカポカで、川の水面が波なく静かで妹が見るたびに「ウユニ湖みたい!ウユニ?ウニユ?ウニユ湖?どっちだっけ?」とか言ってた。。

道は岩槻に逸れるつもりだったのが、うっかり曲がり忘れて春日部に進んじゃって、結局いつもの広域農道で幸手に出ちゃった。
で、鷲宮を抜けて加須で125号に出た。

ファイル 217-2.jpg

125号バイパスからまっすぐ熊谷市街に入ったのがもう2時。11時出発だからこんなもんか。この時期の午後はもう傾いた黄色い日差しですぐに夕方っぽくなっちゃってイヤになる。。と言うと妹は「わたしは黄昏や夕方が大好き」だそうだ、、逆だな。

ファイル 217-3.jpg熊谷から140号に出るつもりでウッカリ勘違いで407号を南下してた、、すぐに気づいて西に折れて、140号バイパスに出た。のんびりしてたらマジで日が暮れちゃいそうなので「道の駅寄りたい」という意見は無視してまっすぐ走った。

寄居を抜けてやっと山と谷の景色に突入。有料道路のっちゃおうかと思ったけど310円けちってそのまま140号。
回り道なその分谷間の紅葉が見れるかと思いきや、カエデとかのあざとい赤はない自然な茶色い山の景色でそんなでもなかった、、

そして3時過ぎに長瀞到着。あ、無料駐車場は川下りの客だけなのね。。寒そうなので船に乗るつもりはなく無料は諦めた。駅前を抜けて300円の駐車場に停めて(他は500円が多かった)長瀞石畳を歩いた。

4時前に車に戻って出発。140号に戻って引き続き秩父方向に進む。
親鼻橋を渡るトコで正面に見えた蓑山は前に登った展望台。「あの山の上に展望台あって車で上れるけど行くか?」と聞いたけど「何か食べれる?」といわれヤメ。眺望はそんなに興味ないらしい。
橋のすぐ先に道の駅があったのでそこには寄ってみた。

ファイル 217-4.jpg

秩父の町は夕方4時半なのでまぁほどほどに渋滞。市街の道の駅は「来た憶えある」そうで通過。「あーあー秩父って羊山公園で来たわ」だそうだ。ゆっくり進んだけどいい店も目に留まらずにどこも寄らずに299号に折れて帰り道。
月が大きく見えてて妹が「ほらほら月でかい」というんだけど、運転しながらそうそう月ばかり見てられるわけもなく少しうるさく感じた。

一応すぐ先の芦ケ久保の道の駅には寄ってみた。長い編成の列車が駅に停車してて山の中とはチグハグに思えた。
思った通り食堂はとっくに閉まってて空振り。食べれるトコで食べちゃわないとダメなんだよね。

あとは暗い299号の道を程よい速度の列で走行。極端に遅い車がいなければスイスイの道。今日は楽だった。
高麗から県道に折れて日高市街の道。この道は渋滞覚悟してたけど思ったほどではなく、まぁまぁ流れてた方だと思うけど、いい店が見あたらないせいか妹はややイライラしてた。

川越から16号。素直に新大宮バイパスを回ると岩槻の手間で少々渋滞。「もう何の店でもいいいから入ろうよ」なんて話になりつつも沿線の店は「うーんパス、うーんパス」と妹の却下で結局通過。元荒川を渡ったトコで県道に折れた。

ファイル 217-5.jpg

で、行きに通ろうと思ってた道の逆走で松伏に進んでちょこっとまた広域農道。野田橋の下の交差点で、「あ、野田のうどん屋行くか?」と思いついて野田橋渡って行ってみた。
自分は何度か行ってて点景にもしてる「ゆでたて家」という店でやっと食事休憩。妹とはここんとこ他で何軒もうまいうどん屋に行ってるので「比べちゃいけないけど」とか二人で口そろえて言いながらおいしく食べた。

橋を戻ってあとは中川を南下。ちょうど9時に妹宅に送って折り返し、9時半の帰宅。
一日中マスクしてのドライブだったけど、いい天気だったおかげで苦ではなく、いざとなったら運転代わってもらおうという気楽さもあって何だかんだ一日楽しく走り回れた。

タグ:a 関東 a千葉 a東京 a埼玉 つれのり ひとまわり

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定