記事一覧

大多喜の町並み

ファイル 307-7.jpg町営の無料駐車場に車を停めて町を歩いた。
できれば駐車場に散策マップが欲しいトコだけど何もなかった、、
取り敢えず表通りに出たら「商い資料館」というのがあってそこに散策マップがあった。

さて、どう歩くか。。

その前に、せっかくなのでちょっと資料館も覗いてみた。

ファイル 307-1.jpg

大名奥方の贈り物の竹の猪口やソロバンや天秤などを管理のおばちゃんが説明案内してくれた。
と、そんな時に地震!
ここらはそんなに大きく無かったけど、おばちゃんが凄く動揺してプチパニック。そのあと地震の事から生活の事まで長々と話し込まれちゃった(^^;

建物は新しいけどちゃんと蔵造りで二階にも上がれた。
上には玩具や農具や生活品などが並んでた。

一階に下りるとおばちゃんは近所の人と立ち話「お客がいたから逃げ出す訳にいかないでしょう、怖かったわぁ」。。逃げていいですよ(そんな大きい揺れじゃなかったけど)
そしてまた長話に捕まった。。(^^;
やっぱり自粛で観光客は激減だそうで、大多喜名物旬のタケノコ狩りもキャンセルだらけだなんだそうだ。
この「商い資料館」も僕が今日最初の客だそうで、待ってましたって感じだったのかもしれない。

何とか話を街歩きにもってって(逃げるように)町の見所を聞いて歩いた。

ファイル 307-2.jpg先ずは旧街道沿いに文化財の家々を見ながら歩いた。
歩いてる人は他にはいなかったのでちょっと寂しい。

写真は「豊乃鶴酒造」と「大屋旅館」
そのまんま現役って感じで変に観光地化してなかった。
酒造は煉瓦の煙突もよかった。

ファイル 307-3.jpg町の奧の田圃の先まで歩くと「忠勝公園」があった。
物干し台位の展望台があったけど、裏の田んぼしか見えない。。?
その奧の墓地の奥に本多忠勝の墓があった。
あぁ、墓地に入りたくない人が遠目に見る用の展望台だったのかな。

脇の田圃はカエルが大合唱。
水を張ったばかりの田圃で気持ち良さそう。
近くで鳴いてたので、、
つーかまえたー。
かわいい。
雨蛙かと思ったら違ってて青蛙だった。

ファイル 307-4.jpg街道口の御禁止川に架かる三口橋に門みたいなのがあったので来てみた。
けど、これは町に入る車に向けた小江戸入口的なただのモニュメント?川や橋の説明の覚書があって石碑もあった。

駅の方への細道に曲がった。
この道は街道じゃないけどいい感じの道。
脇の小学校も小江戸っぽく?立派だったw

ファイル 307-5.jpg駅前の店「番所」でちょっと休憩。
大多喜の旬のタケノコが食べたかったので「朝どりタケノコ天ぷら」を食べた。
シャキシャキだけど柔らかくおいしかった。
やっぱ名物で旬なだけあってさすがだね。食べて良かった。

このあと友達と会う予定だったから軽い食事だったけど、ちゃんと食事すればよかった、、。
今年は山にイノシシが沢山出てタケノコの芽が食い荒らされた上に地震で客が減って困ってる、、なんて話し聞いたので、売りにしてた猪丼(十六丼)も食べればよかったなぁーと些と後悔。

あとはまた表の街道に出て、文化財の家屋を見て歩いた。
特に国重文の渡邊家屋敷は立派だった。(けど中は入れないし見れない。。)

ファイル 307-6.jpg

房総の真ん中のこんな所でなかなか小江戸な雰囲気あって良かった。
けど、
ちょっとまばらで密度が薄いのと、メインの街道が車道で落ち着かず、建物の中も見れず、イマイチな感じだった。
まぁ、カエルにもおばちゃんにも歓迎されたし、散歩には丁度いい感じだった。

タグ:楽:歩 観:街 観:屋 観:建 観:園 楽:話 動:虫 楽:触 観:蛙 餐:揚 楽<困

大多喜町薬草園

ファイル 306-1.jpg「城西国際大学薬草園」という城西大学が管理する大多喜町の薬草園。
大多喜城のすぐ隣にあった。
入場無料。
口直しというか気分転換に歩いてみた。
各コーナーの案内板はボタンを押すと音声案内が流れた。


先ずは民間植物区。
生活の中で古くから伝わって薬用に用いられる植物。
割りと馴染み深い普通の植物も多かったけど、どれも効能が書かれてて、楽しく見て歩けた。
結構枠もいい加減でタンポポなんかは枠から飛び出してあちこちで咲いてた。

ファイル 306-2.jpg

グルッと回ると温室があった。
中はやっぱり暑かった。
実を付けた物、花を咲かせた物といろいろあった。あとは蝶々が飛んでて欲しいなぁ。(沖縄を思い出した)

ファイル 306-3.jpg

ファイル 306-4.jpgその先は水生・潤生植物区。
裏の山からの沢沿いに作られてた。
(そういえば水生区はもう一カ所分かれて池があった)
この手前あたりに桜の樹があり、花びら舞ってて草花の上に降り積もってた。
草木をゆっくり見るには邪魔な感じ。。

次は局方医薬品植物区、漢方薬植物区と続く。
生薬としてよく使われるもののコーナー。

ファイル 306-5.jpg

目立ってたのは桃やカリンやツバキの花。キレイだった。
近くで見ると桃って艶かしく、カリンは可愛らしかった。
夏みかんとかもなってて賑やかな感じ。

最後は一番興味深かった有毒植物区。
そう思って見ると毒毒しく悪そうに見えるから面白い。

ファイル 306-6.jpg

間違えて食べるとヤバいものだそうで、微量なら薬として使えるものも多いらしい。
かの有名なトリカブトなんかもあった。

それと香料・染料植物区と言うのもあったけど、ここは他の人がゆっくり見てたのでバス。
っていうか、そこまではずっと他に客を見かけずに悠々と回れた。

そうそう。。さすがに麻酔植物区なんてのはなかったね。

なんかクマンバチがぶんぶん飛び回ってた。
この子らは別に刺さないから怖くないけど、見張られてる様な感じでまとわりついてくるのがうざかった。
それでもゆっくり歩いて一時間楽しめた。

タグ:観:園 植:草 植:花

千葉県立中央博物館 大多喜城分館

ファイル 305-1.jpg戦国時代、徳川の関東入りで三傑の本多忠勝が来て上総一の城になった大多喜城。

、、なんだけど、ここはその城跡に一般的な天守の形で建てられたという昭和製の歴史博物館。
千葉の城(天守型の建物)ってこういうものが多い。
そもそも天守があったかどうかもハッキリしないらしい。立派に書かれた絵図があるけど、いずれにしても幕末には無く、形は不明。
という城。
まぁ展望台としてと割り切って見れば良いかな?と思って来てみた。

入館料¥200。
中はさすがと言うべきか、城の形を一切忘れさせてくれる昭和の博物館。
二階三階の展示は撮影禁止。雰囲気をお伝えしたいトコだけど割愛。

ファイル 305-2.jpgそして四階。
あれ?
展望台じゃ無いの?
ガラス閉め切りの格子窓から覗くだけの展望だった。。

っていうか、博物館に撤するなら格子もいらないだろう、、(関宿みたいに)と、誰しもが思ったんだろうね、一ヶ所だけ格子の外された窓があった。
(「ちっ、しょうがねーな」って声が聞こえそうだ)

ファイル 305-3.jpg

入館する前からだけど、ニノ丸にある大多喜高校の部活の掛け声が響き渡ってた。展望のメインはその学校。どちらにしてもそんなイイ眺めじゃあ無いね。

久々にちょっとガッカリなトコだったけど、そこにあった城下町のジオラマ模型だけは立派で大きく細かくじっくり見て楽しめた。

ファイル 305-4.jpg

ファイル 305-5.jpg最後、出口脇に自由にかぶれる撮影用の兜があった。
せっかくだからちょっとかぶってみて、はしゃいでみて、自分撮りしてみて、博物館を出た。

だいたい思った通りだったけど、なんか力抜けた。
城に来たならそんな建物じゃなくて少し城郭を歩き回ればイイんだけど、そういう興味も失くなって駐車場に下った。

タグ:観:館 観:城 観:楼 観:模 観:具 楽:験 楽:眺 楽<残 景:町

佐倉ふるさと広場

ファイル 304-1.jpg印旛沼沿いのオランダ式風車のある広場。

ここは毎年この時期にチューリップの広場になる。
ずっと言ってみたかったけど、混みそうで敬遠してた。
最近、花とか見るようになったから今年こそ言ってみようかなぁ、、と考えて、んじゃ、朝早めにささっと見て来ちゃおう!と思って六時半くらいに来てみた。

さすがにこの時間ならまだ露店屋台の設営の人くらいで、花を見てる人はチラホラ。車もテキトウに停められて優々見れた。

ファイル 304-2.jpg

チューリップをこうしてマジマジと見たり匂ったりとかって、そういえば小学生の低学年の頃の理科の授業以来かも?
♪さいた〜さいた〜 の童謡から子供の頃は「お花」の象徴的な存在だったけど、そういえばそんな幼稚なイメージから見向きしなくなってた気がする。
あらためて見ると、一輪の花がカッコよく堂々として凛々しい花だね。

ファイル 304-3.jpg

ファイル 304-4.jpg♪あかしろきいろ〜 の童謡どおり色んな色の花が咲き、それが混ざっても決して雑多な感じでもなく良い花畑。
スネ夫みたいな尖ったやつとかも面白かった。

まだつぼみの部分も多いので来週再来週くらいでも楽しめそうな気がした。
ちゃんとした時間に来れば風車にも入れるみたいで、やっぱ暖かい昼間に来るのがいいのかな。
でもま、一人でサラッとなら静かな早朝が丁度いいね。

タグ:楽:催 植:花 観:園 観:装

ロッキーバーガー フレンド 関宿店

ファイル 303-1.jpg消滅したバーガーチェーン「ロッキーバーガー」の個人経営で残った店。
茨城県利根町の店はたまに行くけど、こちらは前の道を頻繁に通る割に寄らない。
と、いうのも、以前寄った時に「バーガーは昼すぎなきゃ作らない」と愛想なく門前払いということがあったので印象悪かった。

なんで今日行く気になったか不思議だけど、まぁ深く考えてなかったってトコです。

ファイル 303-2.jpg店内は駄菓子メインの雑貨店。
テーブルも一つあるけど店のおばちゃん専用って雰囲気で座る気にならず、っていうか何も聞かれなかったけどバーガーはテイクアウトがデフォらしい。
おばちゃんは相変わらず無愛想だった。
そんな雰囲気の店ながら、タバコやマンガ雑誌を買う客が頻繁に訪れてた。

ファイル 303-3.jpgさて、そんな凄い雰囲気は演出かのように徹底していた。
まず、テイクアウトの包みの袋が超雑貨屋風の無愛想な厚い紙袋。
包み方も無愛想。
いさぎよいww

ファイル 303-4.jpg買ったのは「オリジナル ロッキーバーガー(もち入り)
も、もちいり? 惹かれるでしょ(笑)
これ、ちょっと驚き。
どんな餅が入ってるのかと思えば、、
なんと大福餅。。。
すげー。
あんこの甘さが空気読めない主張のようで、ハンバーグとチーズとレタスとマヨの味のバランスを物別れにさせるような個性。
すげー。

ファイル 303-5.jpgもう一つは、オリジナル〜をたのんだら「ひとつだけ??」と言われ咄嗟に追加した「チキンバーガー」
こっちはマトモだろう。保険かけといてよかったww
と、 思いきや。
チキンて、 ナゲットっすか、、
すげー。
最後まで裏切らない(^ ^;Δ

最後まで独特というか頑なに無愛想を貫いた店だと思った。
ある意味、千葉らしさ全開って印象。
最近無愛想な店減ったからねぇ(いいことだけど)
面白い。

タグ:餐:ば 楽<残

万丈軒

ファイル 301-1.jpg松戸市のラーメン屋。
歩いてすぐの地元のラーメン屋。
えっと点景では二回目。

以前はちょくちょく食べてたけど、食事制限始めてからはドライブに搦めないとラーメン食べる事ないからね。
出掛けに寄ってみた。

いつものように「魚だしラーメン」と「日替わり小丼」を食べようと思ってたんだけど、春の新メニュー「もやしあんかけラーメン」というのが目についたのでそれにしてみた。

ファイル 301-2.jpg

多分、魚だしベースにもやしあんかけを乗せたものだと思う。
魚だしの感じも少ししつつ隠すように甘く包まれた味わい。
あんはトロミなく自然に融けてた。
うん、おいしい。意外と肉も多かった。
でもやっぱ普通の「魚だしラーメン」の方が好きだな。
次回は普通に食べよう。
(そういえば前回の点景も限定メニューとか食べてたなぁ)

タグ:餐:ら

印旛沼公園

旧印旛村の師戸にある丘の公園。
印旛沼を見下ろす展望台のある唯一の公園。何度か来てるけど最近は久々かな?

ファイル 291-1.jpg実はこの公園、そのまんま師戸城跡。
何故か公園の入口から駐車場に城跡という案内は一切なく、園内を歩いてて初めて師戸城跡の案内がある。

対岸の臼井城の支城だったそうで、上杉謙信とも激しく戦ったであろう城。
でも不明な点が多いからか、目立たない臼井城跡に遠慮してか、案内としては歴史的な部分よりも展望台と樹木草花がメインになってる。
。。んだけど、なかなかどうして、土塁も空堀もちゃんと整備されてて立派に「城」を感じさせてくれる公園で歩いてて楽しい。

ファイル 291-2.jpg広い三の丸跡には野球場があり、二の丸跡に展望台があった。
どうでもいいけど、展望台に「展望台」って標柱はいらないと思う。。(二の丸跡ってすればいいのに)
他にも「東屋」とか「水飲み場」とか見れば分かるよっていう標柱がいちいち立ってた。

南側の印旛沼がよく見えた。
でも昔はこの城の麓まで沼だったんだろうな。

ファイル 291-3.jpg
↑click:2800×530

ファイル 291-4.jpg本丸の側は何故か展望台になってない。
往時はそっちの方が正面の臼井城もよく見えていい眺めだったんじゃないかな?と思える。

土塁の上を歩いて回ってみた。
フト振り返ると堀切の間から印旛沼が見えていい感じ。

そして三の丸の端の梅林の先に東屋があり、ここでも展望ができる。
太陽の沈む方角なので夕焼け時に来るといい。

ファイル 291-5.jpg
↑click:2000×500

ゆっくり歩きたかったけど風が強くて寒くて、せっかくニンニクで暖まった体も冷えてきて!そういえば風邪引いてたんだ!ということを思い出して退散。
なんかここっていつも寒い時に来る事が多い気がする。。

タグ:楽:歩 観:園 観:城 景:湖 楽:眺

ラーメンすずき

ファイル 290-1.jpg印旛沼の双子橋近くのラーメン屋。
まあまあよく通る県道沿いで何回かラーメンを普通に食べてた事がある店だけど、ネットで見てたら「通」の食べ方があるというのを知って興味持ってた。
でも興味持つと逆に構えちゃってなかなか来れないもんで、久々の来店。
気が付けば店は県道の向かいに新装開店、洒落た雰囲気に変身してた。

食べるは「モツニン」と「ラーメン」
「モツニン」はつまりにんにくに漬込んだモツ。強烈です。
「ラーメン」は以前通りモヤシ炒めが乗っててそのままでも普通においしい。

ファイル 290-2.jpg

これを乗っけちゃって食べるのが「通」なんだとか。
っていうか、「モツニンラーメン」っていうメニューがあればいいのにとか思ったけど、豪快に乗っけて思い切り食べる潔さが「漢!」って感じでイイ!

ファイル 290-3.jpg

これはぅんまい!
強烈なニンニクと柔らかいモツがエッジを残したままラーメンに混ざっていい感じ。
おいしく一気に食べ啜った。

「周りに思い切り臭いって言われると思うけど元気出るよ」
と、髭の店主。
うん、ニオイを考えると今日みたいな翌日も特に予定がない土曜日に食べるのが懸命だと思える。。
うんうん、早速元気出て来た気がする。

タグ:餐:ら 餐:肉

北千葉導水ビジターセンター

ファイル 287-1.jpg手賀沼の西の奥にある施設。
何をする所なのか分からなかったけど、上まで上れたら眺めいいかも?と思って入って見た。

中に入るとパネルで「北千葉導水路」を説明してた。
手賀沼の利根川に注ぐ口の辺りから並ぶように作られた地下水路があって、二つの川を経て江戸川に繋がってる。

ココはその中間で、ポンプで水をあっち流したりこっち流したり沼に排出したりして、治水と水質を管理してるそうだ。
んーなんかピンとこないなぁ。なんで利根川の水を江戸川に引っ張るんだろうか。
質問しようと思ったら受付のお姉さんはナンクロの本に夢中になってた。。どうでもイイ気分になって最上階に向かった。

ファイル 287-2.jpg建物の裏に見えたこの池みたいなのが地下水路からの口。
ここから手賀沼に流したりポンプで江戸川方面に押し流したりするわけか。
鴨がのんびり泳いでて鵜が脇に巣を作ってた。

そして最上階はやっぱり一角が展望台になってた。

ファイル 287-3.jpg

ファイル 287-4.jpg駐車場もよく見えて自分の車が確認出来た。

フと気が付くと手元に双眼鏡があった。
おお!サービスいいじゃん。
でも双眼鏡って慣れないと見づらいもんだね。。

タグ:観:館 観:池 観:具 景:湖 動:鳥

道の駅 しょうなん

手賀沼の中央の手賀沼大橋の袂の道の駅。
ウチから一番近い道の駅だ。
よく来る。
けど、だいたいいつもトイレだけの休憩だな。

今日はちょっと中に入ってみた。
ら、「さくらソフト」なんてのが売ってた。
ので、ちょっと間食。
上着いらないくらいのポカポカ陽気でソフトかなんか食べたかったとこだった。

ソフト持ったまま奥の手賀沼に出てみた。
ら、ちょうど桜が咲いていた。

ファイル 286-1.jpg

河津桜かな?早咲きの色の濃い桜を見ながらペロリ。
(伊豆の河津の桜ソフトはうまかったなぁ。。)

ファイル 286-2.jpgでもちょっと落着かないので脇のベンチに腰掛けた。
ら、足元に雀が寄って来た。
え?雀ってこんなに人に近寄るのが平気な生き物だったっけ?
慣れちゃってるのかな。。
コーンの部分を千切ってあげたらついばんだ。
かわいい。

タグ:餐:冷 植:花 動:鳥 道の駅