記事一覧

食事処うずめ

ファイル 413-1.jpg旧干潟町、旭市鎌数にある食堂。
ネットで気になってた店。
カツが専門なのかな?メニューもフライもの中心で、トンカツがうまいらしいので興味もってたんだけど、来てみて店内メニュー見てたら「ロース網焼き」というのが気になって、惹かれて、、
んー、、でもトンカツってことで来たんだしなぁと迷ったけど、「ロース網焼き定食」にした。

ファイル 413-2.jpg

ファイル 413-3.jpgちょっと意外な大根おろしに隠れたロース網焼き。
やっぱトンカツにすれば良かったかなーとか思いつつ食べてみたら、
う、うまーい!
すげー柔らかくて豚肉のうまさバッチリで網焼きの芳ばしさとおろしポン酢のサッパリ感が面白くマッチ。これはイイ!
克てて加えて米もうまい。汁も具たっぷりで満足の食事。

絶対またこよう。
次はトンカツ?んー迷うなぁ(^ ^;Δ

タグ:食:定 餐:肉

桶松

ファイル 401-1.jpg佐原の創業95年の老舗食堂。
丼ものが特に評判だそうだ。
名物のカツ丼ってソースとかの変わりダネが多いけど、普通の玉とじカツ丼のうまいトコないかな?とネットで調べてて知った店。

さてさて迷わず注文はそんな評判のカツ丼。

ファイル 401-2.jpg

おお。これはおいしい。
でもダメだねぇ。。昨日から何も食べてなくてかなり空腹だった為にあまり味あわずに一気にたべちゃった。。
あー、いい風味のタレなんだな、、とか気付いた頃には完食寸前。
なんか勿体ない気がした。先に少しなんか口にしとけば良かった。
味噌汁だけはゆっくり味わえた。濃くてうまかった。

さて食後はちょっとだけ佐原の町を散歩。
ちょっと震災の影響で補修中の建物が多く痛々しかったけど、「あやめ」が見頃の時期らしく街も賑やかだった。きれいな浴衣姿の女の娘なんかも大勢いて彩り艶やかだった。

ファイル 401-3.jpg

ファイル 401-4.jpgさてさて、
じつはこの「桶松」には駐車場が無かったので、、すぐ先のスーパーの広い駐車場に停めちゃってたりした。
ので、ちょっと飲み物くらい買おうとか思ってスーパーを覗いた。

、このスーパー、安い安い(キャベツ¥50て、、)
思わず普通に買物。野菜やら魚やら買って帰った。またこよ。

タグ:食:丼 餐:揚 楽:歩 景:川 観:街 楽:買

雷本店

ファイル 398-1.jpg松戸市は6号沿い北松戸駅近くのラーメン屋。
あの『富田』の直営三号店だとか。
オープンした時から知ってたけど、食べたのは今日が初めて。
近所の馴染みの床屋情報で「二郎系」と聞いていたのであまり興味持ってなかった。

たまたま空腹で店の前の道を通ったので、まあたまにはと来店。
半端な時間でも休憩になってないのは嬉しい。

雷そば(並)と雷飯をたべた。

ファイル 398-2.jpg

先に雷そばが出た。
ああ、なるほど野菜だらけ。

卓前に食べ方が貼り出されてて、麺を掘り出して野菜を沈めて混ぜると味が整うそうで、素直にまぜてたら雷飯も出てきた。

ファイル 398-3.jpgてわけで、完成。
麺はえらく太麺。富田の麺の倍倍くらいな感じ。
うんなるほど、こうして混ぜれば野菜が煩わしくなく麺に集中して食べられていいね。
でもやっぱり「ラーメンを啜る」という感覚は薄く、「食べる麺類」って感じ。
味は意外とギトギトではなくイイ感じで濃くニンニクもがっつり効いてうまかった。

そして雷飯はチャーシューが大根おろしと海苔でサッパリしてて、麺後の汁と丁度よく食べられた。

二郎が嫌いな僕だけど、ここはOK。おいしかった。

タグ:餐:ら 餐:飯

大福元

ファイル 396-1.jpg地元松戸のすごく近所の人気の中華料理店。
まさかわざわざ自分の車で来る事があろうとは思わなかったってくらい近所の店。

いつも前を通ると混んでていっぱいの店だけど、さすがに四時半の来店だと空いてて悠々食事。
男二人でガッツリ中華。何品か頼んで取り合って食べた。

中華料理ってさ、目の前にすると凄く美味しそうでいい匂いで「わおー」って思うけど、写真撮って後から見るとあんまし美味しそうに見えないのが不思議。
この日食べた料理もそれぞれどれも美味しかった。

ファイル 396-2.jpg
「皮蛋豆腐」「黒椒排骨」「葱曝羊肉」「三鮮水餃」
味濃い系とさっぱり系と極端になっちゃったな。。

ファイル 396-3.jpgラストはチャ−ハンでもと思ったけど、ラーメンが食べたくなった。
ラーメンは分けないもんね、各自食べた。

ら、
「鶏肉麺」に入ってた唐揚げがデカくて多くて結構な質量。。
ちょっと厳しく、友達に唐揚げ手伝ってもらっちゃた。。
(友達は「台湾屋台麺」辛くなかったみたい。同じのにすればよかったかな)
まんぷくまんぷく。ちょっと食べ過ぎた。。
この週末はちょっと食べ過ぎだな、しばらくは引き締めないと。

気が付けば店は満席で待ちの客もいた。
五時以降は頃合だもんね

タグ:餐:肉 餐:豆 餐:餃 餐:ら

食事処 ばんや

ファイル 313-1.jpgラストは内房の人気海鮮店、ネットでも超有名な店。

この「ばんや」は保田漁港直営だそうで、とにかくいつも混んで普通なら並ばなきゃ食べられないらしい。

くにさん曰く「地元の人はまず来ないね」だそうだ。
でもやっぱりここもすいてて、やって無いんじゃないか?と疑った。。けどやっててすぐ席に付けた。

お勧めは特製の「イカ掻き揚げ丼」
刺身とかは「そういうのは他でも食べられる」そうで「むしろ金谷の方がうまい」そうだから掻き揚げ丼にした。

ファイル 313-2.jpg

その「イカ掻き揚げ丼」。
話通りのボリューム。分厚い掻き揚げ四枚分。ご飯が見えないw

ファイル 313-3.jpgイカもたっぷり入って、味も濃くてぅんまかった!
雪国の地面のようなご飯を発掘しながら一生懸命食べた。

うまくてもさすがに量が多くて最後の方は些飽きるね。。
しばーらく揚げ物は遠慮したい(^^;

タグ:食:丼 餐:揚

沖ノ島公園

館山市街の南西に浮かぶ無人島の公園。
自衛隊基地が埋め立て地なのか、元々の地形なのか、盛り上がった砂で地続きになっていて歩いて渡れる。(関東大震災の影響で隆起したんだそうだ)

こういう歩いて渡れる島って結構あるよね。
他は観光地っぽかったり明るい公園だったりするけど、ここは自衛隊基地の裏っていう立地からか自然いっぱい鬱蒼とした雰囲気。
一人だったら入り込みたくない感じだった。

ファイル 312-1.jpg

案内地図を見ると、「灯台-撤去しました」、、え、、灯台撤去しちゃったの?なんか珍しいトコだなぁ

ファイル 312-2.jpg島に入ると冒険気分の深い森。
真ん中の広場は野草と花の中にトイレがあった。
変な形だけど屋根にソーラー。新式な感じ。

森を抜けて海に出る。
うん、なかなかいい眺め。岩場も険しく面白い。

ファイル 312-3.jpg

少し森を戻って脇道に折れると掘られた壕の穴に入れた。夕陽が穴の先に見えてキレイらしいけど、ちょっと早かった。
銃座のような小部屋もあった。艦砲射撃で跡形も無くなりそうな壕だよな。

ファイル 312-4.jpg

少し森を歩くと案内地図に出てた大きなタブの樹もあった。
脇の神社の御神木のようだ。
小さな神社「宇賀明神社」はわりときれいになってた。
倉稲魂の神を祀ってるそうだ。
そしてまた海に出て海岸の岩場を伝って砂道に戻った。

ファイル 312-5.jpg

ちょっとした探険気分が面白い島だった。
海岸も森も険し気だけど危険を感じる所は無かったし、荒れた感じは無く楽に歩き回れた。
さりげなくちゃんと整備されてるんだろうね。
惜しむらくは撤去前の灯台を見たかった。

タグ:楽:歩 観:園 景:島 景:海 景:洞 観:宮 植:樹

木村ピーナッツ

ファイル 311-1.jpg館山の落花生製造販売店。
ソフト食べに行く?と言われてついてった先がココでちょっと意外だった。
けど、ソフトクリームマスターのくにさんの好きなソフトだから、かなりのものだろうとは思ったけど、やっぱさすがだった。

ファイル 311-2.jpgピーナッツ専門店らしい濃厚なピーナッツバターのようなソフト。
これはうまかった。
ピーナッツというソフトとしてはありがちな素材ながら、他では食べた事ない贅沢な濃度で驚いた。

千葉特産のピーナッツだけど、どちらかといえば千葉の北側なんだよね。だからこういう店はウチの方とか八街あたりにこそあって欲しいもんだ。


ファイル 311-3.jpgちょっと土産に小袋のピーナッツも買ってみた。
醤油味の揚げピーナッツ。
ちょっと小技きいてるよね。

タグ:餐:冷 楽:買 餐:豆

めがね橋

ファイル 310-1.jpg白浜町滝口の長尾川に架かる明治の石橋。
本名は「眺尾橋」というらしい。

東岸は小さい公園のようになってて駐車場も三台分だけあった。
ちゃんと階段で川に下りて橋が見れるようになってた。
おお!カッコイイ。
ココは九州か?って言うくらいチャンとした石橋で驚いた。
へー千葉にもこんなんあったんだ。

ファイル 310-2.jpg明治二十一年(1888年)竣工だそうな。
橋の脇には「明治貳拾壹年三月」とか「紀元貳千五百四拾八年築工」なんてあった。欄干もレトロな円が並んで珍しい。

関東大震災にも耐え、戦時中は戦車も通ってたらしい。
チハたんかな?写真あったら見てみたいなぁ(あるわけがない)
そかそか房総は米軍上陸に向けた防衛線だもんな。
気が付けば橋の前の岩壁にも壕のあとがボコボコあいてた。

ファイル 310-3.jpg

ファイル 310-4.jpg橋の上流側も階段で下りられた。
逆光だけどいい感じ。

橋桁の先もトンガっててかっこいい。
でも水流があるのでメガネの様に水面に映る姿は臨め無かった。

タグ:観:橋 景:川

道の駅ちくら・潮騒王国

ファイル 309-1.jpg千倉町千田の道の駅。
何度か来た事ある道の駅。

ここは例年ならまだこの時期は花摘み客で賑わって駐車場入りの車と路駐の列で大混雑の怒濤の区域らしい、、
、、けど、すいてて余裕ですんなり駐車。

ファイル 309-2.jpg先ずは、いつの間にか出来たご当地コロッケの売店に来てみた。
前来た時はこれ、普通のスナックスタンドだった気がする。。

けど、CLOSE。。がーん

「えーもう終わりですか?」って聞いたら
「ちょっとお時間かかるけどひとつくらいならいいですよ」と親切なアニメ声のお姉さん。
ラッキー。


ファイル 309-3.jpgってわけで、さざえコロッケバーガーをくにさんとひとつづつ買って、海を見ながら食べた。

んー普通においしいけど、コロッケだとサザエって分かんないなぁーと思ってたら、コリッといい歯ごたえ。
!お!ばっちりサザエが入ってた。
宝が見つかったみたいで面白かった。

食べ終わって少し歩く。
建物の中のイケスのある土産屋コーナーも人が少なかったなぁ。

ファイル 309-4.jpgサザエのUFOキャッチャーはまだ健在。
取れた人いるのかな?
ゲーム型の水槽ってトコだよね。
ガラスに張り付いたサザエって初めて見たかも。

朝飯の友的な何か買ってこうかな?とか思ったけど特にコレというものも見つからずに一回り歩いて出た。

外に出て道の向かいの花畑を歩いた。摘まない分には無料で見て歩ける。
ここも人はおらず悠々と歩ける。これだけ咲いてるのにねぇ。勿体無いけどお陰でゆっくり見れて有り難い。

ファイル 309-5.jpg

いやぁしかし売り物だけにどの花も鮮やか。
個人的には自生のさりげない花が好きだけど、たまにはこういう強いのもいいね。っていうか考えてみれば今日は朝から花だらけだ。。どうしちゃったんだろ(^^;
なんか、花に包まれてばかりいると昇天してそうなヤバい安らぎを感じちゃうね。

ファイル 309-6.jpg

タグ:餐:ば 景:海 植:花 観:装 動:魚 道の駅

魚見塚展望台

ファイル 308-1.jpg鴨川市街南部の小山の上の展望台。
前の県道は仁右衛門島に行く時によく通ってて気になってた場所。島にも長いこと行かなくなって忘れてた。

中腹の駐車場からはちょっと登る。
一山越えた先に新しい駐車場ができてた。。
そこまでの道は細くて旧勾配なので知ってる人専用っぽい。

来てみると「魚見塚展望台」に《誓いの丘》というサブタイトルが付いてた。。
塚とか丘とかいうけど山だと思う。

さて展望。おお! いやーここは凄い。
鴨川の市街から浜から海から島まで一望に出来た。

ファイル 308-2.jpg
↑click:3200×500

ファイル 308-3.jpgでもやっぱこうして海辺の市街を一望するとついつい千葉沖で大きいのあったら、、とか怖い想像が頭をよぎっちゃうね。。
テレビやネットで怖い映像沢山見てた影響だ、、
友達のくにさんは「そう?海辺近くに住んでるとそんなの当たり前だから怖いなんていちいち考えないよ」だそうだ。
そかそか。
いやぁ海を眺めるのもしばらくぶりだったからね。


ファイル 308-4.jpgそしてこの展望台の真ん中には大きい女の像が立ってた。
「暁風」という美術的に創造した仏の化身の女だそうな。(仏?素直に女神じゃ駄目なのか?)
展望台はそんなに広くないので見上げる形でよく見えなかった。。(胸の大きいのはよく見えた)

像の袂は鍵を掛ける柵になってた。よくあるカップル用スポットにしたいらしい。それで《誓いの丘》って副題なのね。
そーですかそーですか

タグ:楽:眺 景:海 景:町 観:像